愛さんの映画レビュー・感想・評価

愛

映画(89)
ドラマ(0)
  • 89Marks
  • 134Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

Red(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画は不倫とか浮気などの非道徳的な事を本気の愛として描くので、共感するか否かという観点でそもそも見ない。

率直な感想は夏帆と妻夫木聡の演技と音楽が素晴らしい。冒頭から作品に入り込める。登場人
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

やや異常なストーリー(実話ではあるものの)やキャラクターが誤魔化される美化されるほどのカメラワーク音楽キャストの存在感、これが岩井監督世界観なのかと思った。
虚構のようだけど現実味のある話。

前半の
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2人の関係を所謂”恋人”なのか、普通の恋愛とは違うものがあり、そこが良かった。

お互いに告白したりキスするシーンが描かれないからか、2人の間には一般的な”愛”というより人間としてお互いに感じていた必
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

人が何を大切にして生きるのかなんて他の人が決めちゃいけない。世界が社会が周りの人がどう言おうとそんなの知らない。
自分が決めた人生自分で責任を持つ。
そんな言葉が聞こえて来る。

家族の森での暮らしや
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

想像より中身は薄め、ビートルズは偉大。

その時代にその4人であの名曲を作ったからこそ社会現象とも言える大ヒットを産んだのであって、その曲を他の誰かが演奏するという事の意味のなさ、責任の重さに主人公は
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

“結婚”とは、が主題。
赤の他人である2人が一生を共にする事を誓う、お互いの性格や価値観がそのままで一緒に暮らしていけるなんて不可能に近い。
結婚する事で自分が成長する事もあれば、自分自身を失うことに
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

WW2ナチス時代、ユダヤ人の女の子を匿う半ナチス主義(平和主義)の母を持つとナチス主義で空想の友人ヒトラーを持つ子供ジョジョの話。

前半ではナチス軍での子供への軍事、心理教育が影響している様に、ナチ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

続編の制作自体に疑問を感じていたし、7でハンソロが殺された時点で何度この作品を恨んだか分からない。
けど、8,9と進むにつれて過去のキャラクターは勿論、レイフィンポーベンソロ、新しいキャラクターも同じ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

話は恐らくフィクションだけど、社会問題やそれぞれの家族の姿、人物の人間性は全て事実だから、起こり得ないとは言い切れないフィクションな感じ。

初めは様々な問題に触れているものの、コメディとして見れる部
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初めに思ったのはこの実際に起こった史実がまだ約100年前で、この人達のおかげで今の女性参政権があるのだという事の再確認。
そして、形は違えど女性に対する固定概念が今も根強く残っているということ。

>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

観光コンサルタントの授業で鑑賞。
炭鉱産業の危機に観光施設であるハワイアンズセンターがどう復興の役目を果たしたか。

昭和40福島いわきにハワイアンセンター建設計画が立つ。オイル輸入で石炭はもういらな
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カメラワークが独特でピントが中々合わなかったりよく動く。敢えてこうする事でゴッホの情緒不安定さや人とは違うものの見え方をしている様が表現されているよう。
ゴッホ役の俳優の演技が良かった。
表情の変化や
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

曲は前作の方がいいかな
Into the unknown だけインパクトがある感じ
ストレートじゃなくて複雑だったいい意味でも悪い意味でもない

・前作からのストーリー設定
1を見た後に続編が見たいと
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

皆んなに理解してもらえるように賞が取れるようにって言う目的じゃなく、自分が撮りたい映画、伝えたいメッセージ、描きたいイメージがあって、一緒にやりたい人がいて完成する作品は本当に面白いと思った。
国際映
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー展開は予想できる。
フィリップの母が悪でマレフィセントは善であり、オーロラは未熟で純粋であるが故の曖昧な立ち位置に置かれている。

ジェンダー的目線
前作は悪役が男性であったため、女性をメイ
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

1時間未満なのでもっと長くやって欲しいと思った。桜ちゃんがどうなったのかとか、あの後今田美桜がどうしたのかとか。

先生のlgbt教育の甘さ
生徒に相談されて、頼まれた訳でもないのにそれを授業としてそ
>>続きを読む

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

内容が薄い感じがしたので本を読む。

描いていた憧れの結婚生活とは程遠かった事だけが不道徳行為へ走った理由なのか。毎日同じ生活をしピアノや縫い物家事しかする事がなく、旅に出たり芸術に好きな時に触れるこ
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大人の事情や理不尽さによる子供の権利の制限や不自由さをコミカルに描いているだけでない。
終わり方も当事者の子供やその家族周りの大人がみんな幸せになるという現実離れしているが、フィクション映画としては許
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

芸術において傑作を生み出すひとは異常な私生活があってこそ通常だなと思った。

太宰治の人並外れた人生と小説作品、周りの人物がいてこそのこの映画であるから、映画自体の良さや面白みとしては、実在の人物をど
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

同情や共感なんかより、他の人と同じように優しくされ、からかわれ、怒られ、心配される事が一番大切で難しい。

障害者に対する接し方って色々だけど、自分がその状況にいたら優先されたり特別扱いされる事が一番
>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

終わりは何となく予想出来てたけど、最後の母さんはずっと一緒だよって言うセリフが何ともこの世の人ではない感じ、予期している感じ。少し怖いけど、リアル。

初めは2人の何気ない会話や回想シーンから温かみの
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ビデオテープで録画とか横浜のクラブ、世界観が全体的に古い。

ゲイやトランスジェンダーのセクシャルマイノリティーの苦痛や苦労を一方的に書いているわけではなくて、それによって影響を受けた家族目線でも描か
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

何とも言えない感情になる、美

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

全然ハリーポッターと違っていい
関連もあって楽しい

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

不器用な感じがいい

>|