なおすけさんの映画レビュー・感想・評価

なおすけ

なおすけ

映画(1146)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.3

開始1秒で物語の結末はもう出ている
でも初見でそう理解するには最後まで観なきゃわからない
相棒ニールの存在がややこしい

例のパーツ、テロ事件の時に押収したものとあちらにあった完成品とで2つ存在してな
>>続きを読む

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.7

スケール広く、ストーリも複雑に
個性的なヒットマンも出てきます
シラットの強さは相変わらず、圧倒的

我らがジャパニーズヤクザは新旧地元マフィア抗争の単なる媒介みたいな存在だったのが少し残念
大暴れし
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.5

「映画が好きなだけなのに〜」だって
うるさいよw

友達がいて孤独ではないのが救い

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.5

主人公達を除いて、5分間のウルトラマンになろうとする人がいない
みんな自己満か、悪いことばかり考えてる
かなしーね

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

5.0

面白かったなぁ〜
パーティー会場に辿り着くまでの珍道中はバカバカしくて楽しいし
会場についてからは普遍的な青春のすべてが詰まっていて胸に迫るところもある
「もっとツルんでいれば良かったな」って台詞は切
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.7

仲良しグループが異性の登場でギクシャクするのはよくある話
彼女にとっては初めて経験する人間関係のややこしさかな

なんやかんやあっても、帰る場所があるっていいね

閃光少女(2017年製作の映画)

3.3

カット割りのツギハギ感と演出のイナたさはあったけど楽しかった
中国伝統音楽はかっこいいね、楽器もユニーク
オタク文化は日本式、かなり浸透してるんですね

中国は、古いものは古いもので時間が止まっている
>>続きを読む

ボヤンシー 眼差しの向こうに(2019年製作の映画)

3.5

少年のハードな職業体験
過去の話ではなく今なお続いている奴隷制

子供ってのは、社会の事なんか気にしないでウンコチンコでゲラゲラ笑っているだけでいいのに…

こんな事で回る社会なんて不健全!!

この世の果て、数多の終焉(2018年製作の映画)

3.7

派手なドンパチはないけど惨殺死体やおちんちんが包み隠さず出てきてギョッとする

坊主少年が一瞬だけ見せた笑顔が怖すぎ

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.3

「良い映画」の雰囲気満点だったけど
掴みどころのないモヤッとした内容でした

無職の父親
12才の息子に養われているオレだってツライんだ!とか泣き言言ったり
ついに見つけた稼ぎ口は大麻の栽培だったり(
>>続きを読む

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(2019年製作の映画)

3.7

ハメはずし過ぎてヘマすると知られたくないことも知られちゃう危険があるから
くれぐれも慎重にね

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.5

死の能力と、生の能力
これが真相と関係している

半径15mってかなり広範囲だよねぇ
東京だったらあっという間に滅亡するね

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス(2020年製作の映画)

3.7

ウルトラマンの映画を劇場で観るのはこれが初
71分って短いね、子供の集中力の限界?
そんな短い時間の中で沢山の要素がギュッと詰め込まれていた
僕が一番気になったのは、タロウとトレギアの関係!
トレギア
>>続きを読む

わたしはわたし ~OL葉子の深夜残業~(2018年製作の映画)

3.4

めがねが似合うイモ子と、インランどすけべ女を演じ分けられのは、いっちーしかいない
ナイスキャスティング!

「妄想代理人」に似たようなキャラがいたのを思い出した
同じようなサスペンス展開になるのかとド
>>続きを読む

乳酸菌飲料販売員の女(2017年製作の映画)

3.7

高校生のわりにおじさん感があったのでエロへの期待値は高かった

おちんちんに支配された男の子
性春真っ盛り!!

>|