Hayatoさんの映画レビュー・感想・評価

Hayato

Hayato

昔観た映画を追加しつつ、最近観たものも。 記録。
“and forgive me if I tend to romanticize the past”
-from “Radio days” by Woody Allen-

映画(638)
ドラマ(21)

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

-

告解と贖罪
言葉にするのではなく、行動で示すことこそが真の告解であると言わんばかりのラストでした

ヒットマンズ・レクイエム(2008年製作の映画)

-

そういう終わり方かぁー、、
コリンファレルがまだ情けないアイルランド出身の役なのがいい
そして同じ訛りのブレンダングリーソン
そこからレイフファインズ、、

あれ?ハリポタシリーズじゃない?笑
しかも
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

-

この組み合わせで、こんなことが。笑

回想で一瞬映ったクリスティンスチュアートのスーツ姿が良すぎた
あとどこにいてもジェシー君はあんな感じなのね。笑

エンディングの絵もスーパーのスモークもハイの人用
>>続きを読む

ビートルジュース(1988年製作の映画)

-

ユニバのビートルジュースのショーしか見たことなかったから、こんな話だったのかって感じ。

マイケルキートンって分からないな〜
ウィノナライダー変なのに巻き込まれる役多いね、ティムバートンの映画に出てる
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

マッドアイとスラグホーン教授だった

あとは2枚目俳優が完全にコメディ化してて嬉しい

SING/シング(2016年製作の映画)

-

声優陣が豪華。さらに言えば吹替版もなかなか豪華なうえに端役にちょこちょこ面白い人たちが、、笑

第七の封印(1956年製作の映画)

-

初ベルイマン
ウディアレンが色濃く影響を受けた監督作品ということで鑑賞

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

-

語り手が何人にも別れてるのが特徴やったけど、さすがにこれは集中しにくかったかも、、

内容はいつかくるくると思ってて、やっぱり来たからな、なんとか見れたけど、、

とにかくKKKが虐殺されるドB級コメ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

-

少しだけのキーラナイトレイとオーランドブルームの出演料いくらなんだろうとか考えてしまった
キーラナイトレイ の声が好きなので聞けなかったのが残念。

ウェイクアップ!ネッド(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アメリカイギリスで受けた理由が分かる気がする。いかにもアイルランドらしいキャラクターの描写とか、風景、出来事が一つ一つアイルランドの昔話。

マイケルがチャーリーとチョコレート工場のおじいちゃんでびっ
>>続きを読む

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)

-

スコティッシュゲール、バンザイ
ハイランダー、バンザイ
スコティッシュイングリッシュ、バンザイ

お母さんの声が途中でエマトンプソンだと気づいた時の嬉しさときたら!

シカゴ(2002年製作の映画)

-

ヴェルマとママがカッコいい。
リチャードギアだけもう少し何とかならなかったのかと思う。笑 (タップのところとか、特に)
映画にしたことに大変な意義があるのでは。
いつかブロードウェイで観たいなっていう
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

うーん、なんかなぁ、、、
スターウォーズは偉大であるべきだって妄想に囚われてる気はする。

songwriter(原題)(2018年製作の映画)

-

制作過程の中でどこが変更されたのかとかを聞きながら観れるのは楽しい
自分の通ってた高校でしてた話が印象的。
あとはこれから自分が下り坂だとしても÷が自分の今までの集大成と言えるってあたりとか、自分の賞
>>続きを読む

>|