erikoさんの映画レビュー・感想・評価

eriko

eriko

邦画洋画問わず色々と見ています。
基本dTVで視聴しています。たまに映画館へ行きます。

映画(59)
ドラマ(0)

渇き。(2013年製作の映画)

-

ひたすらバイオレンス。役所広司、めっちゃ体張る。小松菜奈はモンスターでした。その笑顔凶器。

グリーンマイル(1999年製作の映画)

-

不思議な力の使い方、
良い使い方、悪い使い方。

クスッと笑えて面白いけど、後半30分が怖くなってしまった。

私の男(2013年製作の映画)

-

深く歪んだ愛に恐怖さえ感じた。
最後まで男は私の男だった。

二重生活(2016年製作の映画)

-

理由のない尾行…興味深かった!

門脇麦ちゃんが美しかった。

Dressing UP(2012年製作の映画)

3.8

97年の神戸連続児童殺傷事件を題材にした作品。

私自身、元少年Aの書いた手記「絶歌」を読んだのだが、その中の彼にある「醜形恐怖症」や「自分がモンスターになっていく」様子が盛り込まれており本人の景色や
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.0

怖いもの知らずな子どもたちにドキドキハラハラさせられて目が離せなかった。
保安官とトランクの中身との関係性や背景が謎に包まれており、ストーリーが展開されていくにつれわかるものかと思ったので食い入るよう
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

-

ディズニーって何気ホラー…魂ない時のピノキオの目が怖い。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

-

スティーブがとてもかわいくて愛おしい。母親はスティーブを深く愛しているけれどスティーブを手放さなければならない。両者の葛藤に胸が苦しくなった。

くちづけ(2013年製作の映画)

-

知的障害者が集まって暮らすひまわり壮。そこで暮らす彼らの日常会話にクスリと笑えて暖かい気持ちになりました。
障害者の子を持つ親の悩みや不安心配、本人自身の苦悩、世間からの理解…など描かれており福祉のあ
>>続きを読む

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

-

めっちゃくちゃでちょっとかなしい。

モヒカン峯田すげぇいいと思った。陰キャの下克上

初体験/リッジモント・ハイ(1982年製作の映画)

-

くっだらなくて笑えた!
ショーン・ペンがいい役してた。くそイカれてる。笑

コドモのコドモ(2008年製作の映画)

-

んなことあるわけ!

でもこども同士でこどもを必死に守っていろいろ大切なことに気付けたんじゃないかな?

主人公の笑顔とってもキュート。

劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ(2011年製作の映画)

-

今や人気女優の二階堂ふみ、とってもかわいい。
神聖かまってちゃんの世界観や、神聖かまってちゃんによっていい方向へ人生が進んだ人々のいい話だった。

>|