山口さんの映画レビュー・感想・評価

山口

山口

備忘録

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

娯楽性を捨てていた。ノーランの狙い通りダンケルクの戦場に連れていかれる。戦史を描いてるんじゃなくて、二次大戦中の、ダンケルク作戦時の、個人に焦点をあてていることがそうさせるんだと思う。そういう意味では>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

5.0

住みやすい穏やかな村でおじいさんおばあさんがライフルや2丁拳銃をぶっ放し、血が噴き出す。お気に入りはスーパーのカートで突っ込むシーン。それと調子はずれのLovefool。テンポよし、カット割りすごい、>>続きを読む

アイムクレイジー(2017年製作の映画)

-

ああいうテーマを扱うなら中途半端にしないでほしい。踏み込んで、上映する責任をちゃんと持ってほしい。
また別の話、古舘くん、こう受け取っちゃうけどいいのか?とも。。

少女邂逅(2017年製作の映画)

-

色んな想いをめぐらせてしまう映画だった。ビジュアルの美しさだけじゃない目をひく何かがある保紫萌香とモトーラ世理奈。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

生活だった。日々色んなものに囲まれて生き急いでる自分の毎日をちょっと見直したくなる。

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

-

首藤監督の作品ってこと途中で忘れそうになったけどやっぱり首藤さんの作品だったわ。。ボロボロ泣いてる自分に引く。。

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

冒頭とラストではジョーの顔が変わったのが印象的。でもケリー的にはパトリックなんだよね、わかるう〜〜〜。

ZOOM ズーム(2015年製作の映画)

4.2

おもろい〜!!!ラブドール作家、モデル兼小説家、映画監督、それぞれがお互いの世界を創り合う。実写×実写×アメコミなアニメーションで画面が賑やか。くだらない下ネタ満載だけど、ただのコメディで終わらない。>>続きを読む

リアリズムの宿(2003年製作の映画)

4.0

ジャームッシュ感。異邦人のイントロにワキワキするのやめたい。一緒に歌うよね。くるりの家出娘も物語に組み込まれてて、最高かて〜

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

4.2

相当よかった。こんな風にブチ切れたいし、一目惚れして走り回りたい。フィリップ・シーモア・ホフマンの電話のシーン腹抱えて笑った

ローラ(1961年製作の映画)

4.5

巡り合わせ、つまるところは運命なのかも、単純にタイミングなのかも。ドゥミの映画はどれもドラマチック。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.0

映画に出てくる登場人物たちのことも、みている人たちのことも、全部抱きしめて肯定してあげているやさしい映画の粗探しをする気にはなれなかった。。

アリーキャット(2016年製作の映画)

2.0

窪塚とkjということでみたけど、個人的にダメだった、、

役者の無駄遣いすぎやしないか、そんなクサいダサいセリフ言わせないでよ。子どものセリフとかも声あててたよね?アレなんで?効果音もチープですごく違
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

最初はまんまと乗せられて読み間違えてたので、決定的なターニングポイントを経て頭の中で話が繋がった時にスケールのでかさに感動。。このスケールのでかさに対して主軸は一人の人間なんだよ?すごない?

(2017年製作の映画)

3.4

この作品を撮ろうとした理由はすごく納得できるものだったし、河瀬直美が撮ったことによって音声ガイドの存在をより多くの人にしらしめたってことは素晴らしいなあと思うけど、それだけかも。
『あん』だったからこ
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

4.8

最高すき!みたいな頭悪い感想しかでてこない。
認めるの悔しいけどアンナカリーナに翻弄された。会話禁止→書名で罵るやつやりたい。本はいっぱいあるんだけどな〜相手がな〜残念!

はなればなれに(1964年製作の映画)

4.8

イケてた。ルーブルダッシュもダンスシーンも参加型1分間の沈黙も。
アンナカリーナはなんであんなに可愛いんだろう?ちょっとおかしな髪型なのに。前髪なにあれって感じなのに。
こういうお洒落映画にでてくる女
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.5

言葉って呪いだと思った。「俺って変だから」周りからお前変だよって言われ続けて自分を守るにはもう自分でもそういうしかなくて、自分で言う度に傷ついてきたんだろうな。
この二人はお互い出会ったことによって、
>>続きを読む

気球クラブ、その後(2006年製作の映画)

4.5

大学を卒業して社会人のフリをしているような気分でいるのはどのくらいの期間で、いつからそれは生活になってしまうんだろう。
翳りゆく部屋、全然思入れのない曲なのに、最後の最後に泣かされた。
そしてうわの空
>>続きを読む

くすぐり(2016年製作の映画)

3.8

ある記者が軽い気持ちで”くすぐり我慢大会”の動画の取材をしようと思ったら、とんでもない闇にぶち当たった話。
これがドキュメンタリーで、しかもこの黒幕2017年3月13日に突然死したらしいから本当に怖い
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.8

どうしたって見栄は張っちゃうし、誰かに依存しちゃうし、歳はどんどんとっちゃうし。でもやりたいことはやりたいし。
まだこの映画に心をザクザク刺される歳ではないんだな。まだ。あとすこしかなあ。

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.0

田舎、閉塞感、JC、プールって、またかよ感あったんだけど、テンポよくて画面賑やかで面白かった。細部までのこだわりがスゴイ。あと、ひとつ言えるのは画面中のJCは現実にもいる。まじおっかねーです、大人より>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.8

映像と音楽の高揚感変わらず!ボーンスリッピーのイントロにどうしても期待しちゃうけどそれは過去で、過去はどんなに願っても戻ってこなくて。
取り巻く環境は猛スピードで変わっていくけど、人の気持ちは若いまま
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

このドラッギーでサイケなアニメーションは、「ちびまる子ちゃん 〜わたしのすきなうた〜」思い起こさせるなあって。そしたらなんとあの映画の強烈歌パートも湯浅監督だという。。(あの傑作映画いつかはDVD化し>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

前見たときはイマイチはまんなかったんだけど、、あれ?ゴズリンかっこよすぎでは、、、、???
エレベーターのロマンスからのバイオレンスは若干トラウマ。
レフン作品の音楽と映像がピタッとハマってる感じ本当
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

-

メッセージ性の強さにドキュメンタリーを見ているようだった。規則って誰のためにあるんでしょう、、
こんな生きづらい世の中であと何十年も生きてかなきゃいかなきゃならいことに悲観的にならざる得ない。明日は我
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

人種や性のマイノリティにスポットが当てられているように受け取ってしまいがちだけど、この映画の本当の言いたいことは、とても普遍的なものだと思った。アートな映画でもあって、映像でみせるシーンも多くあった。>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

5.0

それぞれの大切な人への想いが画面いっぱいに伝わってくる。第三者にまでこんなにちゃんと届くってすごいことでは。たくさんの人に愛されている映画にはちゃんと理由があるんだなあ。友情や愛情は人を想う優しさから>>続きを読む

殯の森(2007年製作の映画)

4.0

死生観をテーマにした映画は自分の好きな映画のひとつの分野だし、河瀬直美の映画を見るたびに自分が22年間日本で生きているのに全く知らなかった儀礼だったり習わしだったりを学ぶなあ。

殯、日本の古代に行わ
>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.8

ベンアフが不憫な扱いを受けてて、マコノヒーがちょっと気持ち悪いマッチョだった。マッチョで気持ち悪いんじゃなくて、気持ちの悪いマッチョだった。語順は大事。
リンクレイター作品でいつも思うのが、なぜこんな
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

5.0

発掘良品の一番上の棚にいつみても借りられてる上下巻一巻ずつだけのVHSがあって、ずっとみたかったそれをリマスター版で劇場で観れるなんて。スコセッシに感謝!

尺的にも映画館でないとちゃんと見れないとお
>>続きを読む

>|