yuuuumiさんの映画レビュー・感想・評価

yuuuumi

yuuuumi

映画(128)
ドラマ(42)

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.6

ある日、孫のポールがローマで誘拐されたと報告を受ける大富豪ゲティ。ポールに対しての身代金1700万ドルを、ポールの母ゲイルに支払うよう犯人から要求されるが‥。

とにかくこのゲティという人物が凄い。
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

5.0

偶然列車の中で出会ったジェシーとセリーヌの二人。
この映画が素敵すぎて、始まりから終わりまで目が離せなくなってしまいました。
二人は一緒に過ごすことになり、冒頭からの会話はセリフなのか、アドリブなのか
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

4.7

タイトルに図書館とか、ブックがあるとなぜか気になってしまいます。
この物語は、ホームレスという世界が抱える社会問題について提起しています。

図書館にはホームレスの出入りがあり、水回りを占拠し出す場
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

第二次世界大戦時、全ユダヤ人はユダヤ人居住地域の狭い地区へ移動させられ、ドイツによるユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)が行われました。
その中、ドイツ人実業家であるオスカー・シンドラーが事業を拡大させ
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.3

カナダ人工作員マックスはフランス人工作員マリアンヌと出会うが‥。

ブラピとマリオン・コティヤールの大人な二人がほんとに素敵で、冒頭の距離感にもドキドキしっぱなしでした。

銃で躊躇なく目的を達成
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.5

オープニングからなんだか不安を煽る音楽で始まるワクワク感。
ヒッチコック監督初鑑賞が嬉しくてたまらない冒頭からの不穏な空気。

主人公マリオンは大金を手に恋人の元に車で向かう途中、警官から不審者扱い
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.0

静かな風景描写から始まり、主人公ダニーは恋人や友人と一緒にスウェーデンへ旅立ち、目的地『ホルガ』へと向かうが‥。

とても神秘的な土地で荘厳な式典が開かれている様子。
なんだかダニーが情緒不安定に見
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

4.3

この映画の主人公フレッドのセリフに、『許すとは決断すること、自分の心を決めるのは自分』だという素敵な言葉があります。
父親との間に問題を抱える記者のロイドはフレッドを取材する事に‥。

ロイドの父親
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

4.0

1929年ニューヨークでの実話の物語。

編集者パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれるところから始まる物語。『傑作を読者に渡すのが務め』と、トム(トマス)の作品を出版する事に‥
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

4.9

球団のGMであるビリー。
野球の勝ち負けは試合をする前から、球団の力ですでに決まっているという問題提起があり、打開策として、データを基に、選手にではなく勝利に対して対価を払うという理論的な考えに‥。
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.8

この作品をレビューされている皆さんのレビューをきちんと読ませていただいていたにもかわらず、内容の感じから、この作品を洋画だと普通に思ってました。
そしたら韓国映画だっただけでなく、EXOのDO(ディオ
>>続きを読む

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

3.9

登場人物それぞれの人間ドラマが描かれているジョン・グリシャム作品がとても好きです。

ある日自殺を目撃してしまった11歳の少年マークが、何者かに狙われる事に。
頼る人がいないマークは1ドルで弁護士を
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

4.0

突然体調に異変を感じるスザンナ。
言動もおかしくなり、順調だった仕事にも影響が出てきて‥。

スザンナの母ですら、違う人格みたいと危惧し出し、奇行も目立つようになるスザンナに何が起こってるのか不安な
>>続きを読む

ハッピーログイン(2016年製作の映画)

4.0

それぞれの登場人物のラブストーリー。
ジヌ役のユ・アインが韓流スターの役そのままの設定で、特にカン・ハヌルはとても演技が上手いなと感じました。

3組の恋愛を描いたこの物語、中でも一番好きなエピソー
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

4.8

ダコタ・ジョンソン、トレイシー・エリス・ロス共演のこの映画。
鑑賞前から気になっていて、大阪駅からルクアイーレを横切る足取りが軽やかに感じられました。と、大阪の街を少し紹介。

ハリウッド音楽業界の
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.3

『新感染ファイナルエクスプレス』の前日譚となるアニメーション作品で、『新感染半島』監督作品です。

この血だらけのおじいさんから、韓国が感染半島になったのかと、最初は全然被害もなかったのに、映画を観
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.8

✨あけましておめでとうございます✨

前作『新感染』から4年後の世界を描いたこの作品。

前作を観て、韓国のゾンビ映画にハマり、韓国ドラマでは『キングダム』にまたハマり、韓国のゾンビ達の凄さに驚愕
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.5

マンハッタンの信託銀行に入った強盗が人質を取って立てこもる事件が起こる。

人質みんなに、同じ服を着せて、目的は?
解放された人質からの事情聴取と、並行して立てこもりの場面が映し出されて話が進んでいく
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.6

1800年代後半のロンドンの街や、衣装が好きです。建物も重厚感や趣を感じ、心が惹かれる風景。
いかにも何かが起こりそうな曇り空。

死体が何故生き返ったのか、なかなか抜け出すことのできない状況に追い込
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.7

インドのムンバイで起こったテロリスト集団による五つ星ホテルの占拠事件。

開始早々テロリスト達が容赦なく目の前にいる人達を標的に無差別に殺戮していく緊迫した情景がとても恐怖。

劇中ずっとテロリストか
>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.7

『この話を信じてくれるかな?』

スリンという少女の証言から始まる物語。
ある日ソンミンという少年との偶然の出会い。
自然に一緒に過ごすようになり、二人にしかわからない文字での会話や、やってみたい事を
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.0

ジェイク・ギレンホールの怪演が素晴らしかったです。どうしたら、あんな含みのある表情ができるんやろ?

事件が起こった事を聞き付けるとすぐに飛び付く様子。
より『刺激的な画』を求めて一秒を争って現場に駆
>>続きを読む

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.3

近未来の世界。何らかの理由により、人類滅亡の危機に。
ある日、科学者のオーガスティンは北極の天文台に取り残された少女アイリスと出会う。
宇宙船と交信を試みるも、通信が途絶えてしまっている。

一方、宇
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.6

今日、クリスマス作品をアップした方がいいのか自分と葛藤してましたが、私もマイウェイでいこうと決めたんですが、たまたま観てしまったのでレビューしてしまいます😅✨メリークリスマスです🎄
この作品、純粋にと
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.5

レビューを拝読させていだいて、とても観たくなったこの作品。
ラブストーリーかと思いきや、そういう話ではなく、人の生についての衝撃的な話でした。
この話、誰かの為には善で、誰かの為には悪でという、はっき
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

4.0

作品の中に出てくる言葉で
『読書のあとに続く鮮明な夢を見ているようなひととき』とありますが、
これこそが読書や映画鑑賞の醍醐味だと感じます。

夫に先立たれたフローレンスは本屋を開くことに。
街に住む
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

5.0

この映画のほんとの主役は、ミルズでもサマセットでもなく、目に見えない『罪』なのか?と感じました。

まず冒頭からの、尋常ではない死にかたをした死体の描写からジワジワと引き込まれていきました。
どうして
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

この映画をなんでもっと早く観てなかったんやろうと思ったぐらい素敵な映画!

原色が散りばめられた衣装や、色彩がとても綺麗な印象から始まる映画。

特に素敵だと感じたのが、セバスチャンが演奏するピアノの
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

アメリカのクリスマスでは、毎年この映画が放送されるそうです。
クリスマスも近いし、今回レビュー100本目は絶対にこの映画と決めてました。

クラシック映画は私にとって、敷居が高く、お堅いイメージだった
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.9

とにかく美しくて素敵なブレイク・ライヴリー!

この映画を観ている時間、この映画に恋してしまったと錯覚(笑)するぐらい繊細な雰囲気のこの作品に惹かれました。

事故での奇跡によって、アデラインの体は時
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

公立学校へ転向することになった高校生のコナー。
ある日兄とミュージックビデオを観たことがきっかけで自分でも作ることに。

『シングストリート』というバンドの仲間集めから活動していく様子が目覚ましいです
>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.7

ユ・アインの作品は面白いのが多いので、鑑賞してみました。

通貨危機や、ロールオーバーという言葉が飛び交うこの映画。タイトル通り、国家破産危機の様子が描かれています。

わずか一週間で国家破産の危機に
>>続きを読む

評決のとき(1996年製作の映画)

4.7

ジョン・グリシャム原作の法廷映画。

白人青年が10歳の少女に暴行する事件が原因で、法廷で、少女の父が犯人を銃殺する事件が起きてしまう。

白人が黒人を弁護する事によって、家族も被害に遭ったり、人種間
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.0

気象学者のジェームスと、操縦士アメリアの壮絶な空の世界に感動しました。

空から眺めるロンドンの景色は穏やかで、とても美しいです。
雲の中から浮かぶ気球は一枚の写真を切り取ったかのように感じました。
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

4.0

ミュージカル映画は苦手意識がありましたが、メリル・ストリープや、ニコール・キッドマンに惹かれて観たら華やかな世界で純粋に楽しめました。

恋人とプロムに行きたい女子生徒エマをプロムに参加させてあげる為
>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.8

イ・ジョンソクが好きで鑑賞。

初めての悪役を演じたと聞きましたが、ほんとに怖かった。
モザイクがかかっていて、多分モザイクしてなくても目を覆いたくなるシーンがショックで、この映画は二度と観ることがで
>>続きを読む

>|