無花果さんの映画レビュー・感想・評価

無花果

無花果

映画(463)
ドラマ(5)
アニメ(0)

散歩する惑星(2000年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず血のない粘土で作り上げた人と部屋。マジシャンの手でノコギリによる不慮の事故を思い出して、眠ってる時に喚く様子に笑えてしまったけど、この映画で起こったことすべて、映画という平面では笑えても、抜>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

祈るような思いで観ていた…。これから起こる恐怖を想像する、鼻まで赤くして、「宿題やっておいたからね」という言葉で溢れた温もりは涙と同一の物。ラストのお花も素敵です。

トラベラー(1974年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

例えばこの空を飛べることを、いつまでも夢見て駆け出してしまうのが少年という者。

FLIRT/フラート(1995年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

”初見のハルハートリー作品を観てる”状態に、静かに心の水が沸騰してきたポツポツした音を聞いた。嬉しいという気持ち。
どうして、これは彼の作品なんだろう、と思うわけをじっと考える時間も楽しく、なんとも美
>>続きを読む

愛の昼下がり(1972年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

暮らしにおいて、働くことがこんなにも軽かったら素晴らしいよなと、よく思う。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2度目
コーヒーと煙草だけなんて、体に毒だよ

わたしだったら
日向と読書
紅茶と遅いモーニング
午後2時とお菓子作り

ゴダールの決別(1993年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2度目
取り立てて感想は出ないものの、空気と自然の音、必要のなくなった自転車から手を離してしまえる様子がやっぱり良い。
このように言葉が多いと次回が楽しみだなと思いながら観ていた。回数を重ねただけで、
>>続きを読む

天使の涙(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2度目
久々に王家衛を浴びる...。こんな金城武はいやだって途中まで思ってた。ザラザラしたネイルと、あとなんだっけ、ひとまず前回からは想像できないほどに理解した。

シンプルメン(1992年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

3度目
エンドクレジットの緩やかさにこの映画が優しく染み渡る。春だから、エリナのボーダーが見たくなる。

2度目
ギターの弦を弾く音に合わせて現れる登場人物のクレジット 控えめなフォント から、まず、
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2度目
心を洗いたくて、サチエさんのさっぱりを浴びに。今は生地を発酵させていて手持ち無沙汰な時間、あのこはこの後シナモンロールになる。

ムーミンのふしぎなごっこ遊びをちょうど読み終えたところだった。
>>続きを読む

クレールの膝(1970年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジャンクロードブリアリ、あんなに髭もじゃになってもわかるものだな。晴れた日の湖は荒削りなゼリーのようで、曇りの日に飛び出した彼はミルクの上を走っているようだった。ベアトリスロマンの少女時代、少年時代か>>続きを読む

モード家の一夜(1968年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1、2日間で展開する物語が久しぶりすぎて、黄金に輝くシロップのように尊い、ある日の、出会い、会話。声をかけてもかけなくても何にせよ人生は展開するほど些細な出来事で、走ったり寒がったりすることは最高だ。

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ
ひとまず、ショーンコネリーさん お疲れ様でした。とりあえず初代、だったけれど、愛嬌をものすごく感じられた気がする。素敵なジェームズボンドでした。新シーズンも楽しみに。だんだん、アクショ
>>続きを読む

女王陛下の007(1969年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ
彼が今作だけの出演となったということに加えて、007史上こんなにロマンスに溢れた作品があっただろうか、かなり特別な作品ですね。彼女とのいくつかのデートシーンどれも瑞々しくて つい、00
>>続きを読む

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ
日本までぶっ飛ぶ大砲ボンド。小さ過ぎるマスクのみっともなさ、「この国ではまず男が先。女は後だ」に気分を害す。ジェームズボンドはショーンコネリーは、もっと格好よく見せられる。

007/カジノ・ロワイヤル(1967年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ
何よりも、本人たちが、100%ふざけて楽しんでしまった結果。パーティーが過ぎる。奔放度にイタリアみを感じた。女嫌いなボンド、アメリカからの援軍が西部から遥々やってきて、ベルモンドー!!
>>続きを読む

007/サンダーボール作戦(1965年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ
雰囲気が桁違いなシネスコ、そうそう、これだな、007シリーズは美しい大海原を越える。

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

発明家Qによる、とんでもガジェットの中でも、とんでもカー(car)が一番好き。優雅に戦えるのがいい。皮膚全てを金で埋めると息ができなくなるってなんでだか知っていたけど、どこかで見た知識だろうか。

007 ロシアより愛をこめて/007 危機一発(1963年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

悪役の金髪に、拷問されているダニエルクレイグの色の抜けた睫毛を思い出したり、横を向いた時にくりんとした睫毛の存在が光を浴びて飾られてるって感じを思い出したりした。罠で寝た彼女から、目的物への詳細を録音>>続きを読む

007 ドクター・ノオ/007は殺しの番号(1962年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛すべき、ジェームズボンドよ。Double O 7(007)シリーズはダニエルクレイグのものしか観たことがなく、面白かったら続けて観ようなんて、仰々しくって、ごめんなさい。ダニエルのボンドが感情を情熱>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

シネマスコープ

敵も味方もネクストジェネレーションズがボンドに憧れて、その場に立っていて、生身なのにあり得ないくらい強くスマートな佇まい、義眼調査中Qの「カッコいい」という呟き、全て戻ってきた感覚。
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2度目
シネマスコープ

最新作を観るため復習。

コレクションする女(1967年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2度目
まろやかなブルージーンズ、刺繍みたいなクレジット。

緑色と青、3層のノースリーブドレスが可愛くて、こんな水着があればいいのに。垂れ目にぽってりした唇と柔らかいショートヘアの、アイデ。車に乗っ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2度目
先日、原作を読み始めた時、わたしの想像力の中で動く彼女たちはケイトブランシェットだったし、ルーニーマーラだった。数年前にこの映画を観たイメージが、強く痕を残していく。瞳と瞳を合わせること、光の
>>続きを読む

風の中の牝鷄(1948年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

鏡台にうつる自分の姿よりずっと遠くへ飛んでいってしまってる時、顔を覆った瞬間、流れた歓楽街に流れる音の響きが軽すぎて。

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のクラシックって、結構他の映画でもやっていたっけ?たまに流れるあれに、パリのランデヴー アコーディオン弾きを思い出し。佇まい、それが、だらしなく感じるかセクシーに感じるかの違いだろうけれど、話がど>>続きを読む

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだか物凄く、あっという間に終わってしまった。エンドの予感を全く感じていない中、映画が終わる感覚が久しく、その後のことを続きを考えたくて、しばらく余韻の中にいた。キムミニの簡単な装い、細い腕時計、サ>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ビルマーレイが出てたと聞いて観た。

踊らん哉(1937年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

リンダの仮面をつけて踊るレディーズ、一斉に放り投げな…。

艦隊を追って(1936年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

セーラー・アステアの長い脚に、セーラー・シナトラを想起。

有頂天時代(1936年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『トップハット』同様、ヘレンブロデリックさんのさっぱりした感じが面白かったな

青い麦(1953年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

『ベルリン天使の詩』のはじめの朗読を鮮烈に思い出す、「子供は子供だった頃」。こんなに幼いのに、という言葉は間違っているかもしれないけれど、こんなに幼いのに、物語があってその中で激しく生きている。「帰り>>続きを読む

トップ・ハット(1935年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ここら辺から、アステア主役物語がスタートしたのかしら、勘違い恋愛ばかりね。友人の夫への冷め方に、新婚スイートルームに笑い。軽やかに燕尾を翻し踊るアステア、歌より何よりアステアの踊る姿には、この身一つで>>続きを読む

BREAK THE SILENCE: THE MOVIE(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

全てのことを取っ払って、わたしはわたしでいい。みんなの素敵なメッセージから、大きな花火を見ながら春の日を聴くラスト、泣いてしまうよ。心から、みんなが幸せで過ごせますように。

>|