キイチさんの映画レビュー・感想・評価

キイチ

キイチ

映画(79)
ドラマ(0)

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.5

個人的にかなり来ました…音量上げろタコを観たばかりだったので、序盤はギャグロック系か…と心配になりましたが、こちらはかなり良かったです。

「地獄×ロック」という意味不明を最初から植え付けられたのが良
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

アニメ映画はオリジナルストーリーが好きですが、今作には携わった方々の愛を感じました。

展開は分かっていても楽しめました。ギャグ、バトル、泣かせのバランスも絶妙です。

特に評価できたのは、泣けるシー
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.5

あいみょんの作った主題歌を元から知っていて、映画もいつか観てみたかったんです。名曲だからエンドロールで泣くつもりでした…

吉岡里帆と阿部サダヲの出会いのシーンでギャグ映画だと分かって、どうやって泣け
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

4.0

概要は巨大組織と戦う王道ストーリーですが、三作も観ると個々のキャラクターに愛着が湧きますね。それを抜きにしてもアクションシーンはなかなかしっかりしていると思います。

SWORD協定により何百人という
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

SWORD協定が結成されたのが熱いですね。バトルシーンは衰え知らずです。

ただ敵役の魅力が少なかったのと、PCの画面がチープだったのでこのくらいの評価です。

蘭丸は魅力的でした。

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.5

前田公輝さん目当てで観ました。
ドラマは観たことがなかったのですが、基本は勢力争いのストーリーなので理解ができます。

素手のバトルシーンが豊富で見応えがあります。ファイトスタイルやギミックが様々で、
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.9

3Dを楽しむ映画です。
機器、建物、人間の表情、精密によく描かれています。
スーツや武器は3D化したことによって「こんなディティールだったのか」とか、「これってこういう攻撃だったんだ」と初めて分かった
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

普通のクライム、アクション映画といった印象でした。

「この作品が一番好き」という人は少ないかもしれませんが、休日にサブスクやDVDで観るにはいいかも、そんな感じです!

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ドラマは観たことなかったんですけど、皆さんのレビューを信じて、いきなり映画から観てみました!
ちゃんと楽しめてよかったです。

それにしてもやられましたね。
どんなストーリーかも知らずに観たのもあるか
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

劇場で観ることができました、夢のようです。

昔から好きな映画といえば「千と千尋の神隠し」を挙げていました。大人になって劇場で見直してみても、好きな理由は変わりませんでした。

この映画の雰囲気が好き
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

1.5

内容がサッパリ理解できませんでした。
そんな状態で2時間半も見続けるのは苦行です…

見方や理解力の問題はあると思いますが、素直な評価をさせてもらいます。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.0

こちらが公開された年の夏は大々的に宣伝されていましたね。
踊らされてまんまと観にいったわけですが…やられました。宣伝と作品がつりあっていない作品です。

タイムワープはとてもいいと思うのですが、発動条
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

5.0

最初はSMAPの曲で知りました。
彼らは「俺たちに明日はある」と歌っています。
次は映画にちなんだカクテルが飲めることで有名な、八月の鯨というバーで見かけました。
なんか印象的なタイトルだし、八月の鯨
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

DVDとテレビで二回観ました。
コメディが多めなので誰でも楽しめて、アン・ハサウェイに焦点を合わせれば特に女性が、会社という視点で観れば働くすべての人が楽しめる作品だと思います。

僕もただの会社員と
>>続きを読む

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

2.0

公開された小学生の頃は見に行けなかったんですよ。
周りの友達は話題にしていて、よっぽど面白いんだなと思ってました。お台場冒険王ともコラボしていて、当時の小学生はみんなが名前を聞いたことあるくらいの知名
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

長瀬くんが主役なのでひたすらに熱い映画かと思いましたが、暑苦しくはなかったです。
終始冷静に観ていられます。ちゃんと感動もします。
個人的にはサザンオールスターズの楽曲がスクリーンで聴けて最高でした。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

映画館と飛行機で二回観ました。
“I was born to love you”を劇場で聴きたいと思っていましたが、最初はソロでリリースされた楽曲なんですね…

エンディングで流れることを最後まで期待
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

飛行機で観ました。
見た目から勝手にスパイダーマンのライバルだと思いこんてんいました。

映画は普通によかったです!
最初は相いれなかった相棒と悪を倒すというストーリーですが、シンプルなだけに嫌悪感を
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ミュージカル劇団の話かと勘違いしていましたが、フリークスの話だったんですね…今までにないテーマで一気に引き込まれました。

一人の男の成功と挫折、そして差別を受けていた者たちが自信を取り戻していくさま
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

4.0

就活のときに観ると鬱になると聞いたので、社会人一年目に観ました。

確かに就活時に見ると、人によっては社会が怖いものに思えてしまうかもしれません。具体的に大人に虐められる描写があるわけではなく、登場人
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

観る前は「難しいんだろうな」と思っていました。個人的にキムタクが好きなのがきっかけだったのですが、なかなか良い映画でした。

一般の人にも分かりやすいように作られています。専門用語が少なめだったり、凝
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

高校の先生がこの作品について話していたことと、ミスチルの楽曲にあることから、ずっと気になっていました。

高校の先生は図書館のおじいちゃんの話しかしていなかったので、序盤は「この若者が主人公だったのか
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

2.0

主題歌を担当したミスチルはライブに行くほど好きだし、映画にもめちゃめちゃ期待してたんですよ…

これも「宣伝が独り歩きした映画」というイメージになりました、僕の中では。

九太の成長はよく描かれていま
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

今まで観た映画を遡ってレビューを書いていましたが、ついにこの作品について書ける日が来ました。

拙くとも、僕の文章が皆さんの目に止まって、ひいてはこの映画を好きになる人が増えると思うと嬉しくてたまりま
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

元恋人が自分の知らないところで大活躍しているってどこか切ないですよね。

セブも彼なりの幸せ、成功をおさめているのは分かりますが、卑屈な自分はセブの立場で、切なさを感じてしまいました。

映画は人の人
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.0

レオンのような無骨な主人公、いいですよね。
怖い人に見えて、女性を助ける人情を持っているという…
何より「絶対負けない」という点が良いです。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.0

クールなスパイ映画だと思っていましたが、なんとまあ下らない映画だったとは…良い意味で裏切られて最高です。

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.0

息子は父親のことをあまり良く思っていなかったと記憶していますが、父親の生涯を紐とこうと行動したあたり、根底では父親のことをずっと気にしていたんだなと思います。

きっとどの父親と息子にも当てはまります
>>続きを読む

>|