USOさんの映画レビュー・感想・評価

USO

USO

サスペンス、パニック系、そんでもって疲れた時にはロードムービー。これです。

映画(173)
ドラマ(19)

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.7

役割を与えると子供は成長するっていうけど、13才のファニーは大人にさえ全うできそうもない責任を与えられる。

ずっとずっとずっとファニーは頑張ってる。
どんな困難にぶち当たっても、与えられた自分の責任
>>続きを読む

ウェイバック 脱出6500km(2011年製作の映画)

3.9

過酷すぎる話なので、好きだの嫌いだのって表現もどうかと思うけど個人的には好きです。

冒頭で収容所のソ連軍が警告した通り、捕虜たちにとって一番の敵となったのはアレでした。
一行は自由を求めて信じがたい
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.6

騙される系のやつだって前情報を得ていたからかなり慎重に観てたのに。
結果的に半分あってて半分騙されるという。

なんかすごーくサッパリしてる。

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.3

人との深い関係を築く段階になると、傷つく前に関係を終わらせちゃう。そんな難儀な自分を持て余すオリヴァー。
決まって思い出すのは幼い時のあの場面。

登場人物みんないい人で、みんなちょっと悲しい。
そん
>>続きを読む

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

3.0

わかったから早よスーパーパワー使ってくれよって私なんかは思っちゃって。

ペイチェック 消された記憶(2003年製作の映画)

3.1

記憶を消された3年間の謎とは?手にした20のアイテムが語るメッセージとは!?
ってアイデアは面白そうなのに、見終わった感想としては何か…うん。

別にアクションしながら謎解きでも全然いいんだけど、結果
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.6

まさに週末自宅で大して観る気もないのに観始めて止まらなくなるやつ。

とにかくチャニングテイタムめちゃつよで、スカッとする。
シークレットサービスこの人一人で良くないか。

また犯人があいつなもんだか
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

小学校も、先生も、仕事も、子育ても、ママ友も、自分が子供だった頃の思い出も、全部真っ只中の自分にとっては、内容を思い出すだけで涙が出てきてダメだ。

「ぜったいやってきます!!」
涙を流しながらあの
>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

3.6

フォローしてるユーザーさんのレビュー見て「面白そう!」ってなって手に取った作品。

舞台となるのは超高層ホテルの地上135階。序盤で起こる数々のトラブルが、ちゃんと「嫌な予感」を植え付けてくれる。
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.7

ある筋からの話が面白くて、オチどころかあらかたのストーリーを先に聞いた上で観てしまった。

観終わった後ふと、もしかしたらオチを知ってたから妙にスッキリしたけど、知らないで観たら自分はちょっと納得いっ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.3

こっれはすごい映画だなぁ。

ホロコーストについていくつかの角度から考えさせられる。その想像は日常に潜んでるかもしれないマインドコントロールの恐怖にまでつながって。

でもこの映画がすごいのはそれだけ
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

おバカですね〜 笑っちゃったけど。
ゾンビ達だってちゃんとついてるものはついてるってこと、この映画で学びました。
勉強になります!

ゾンビ退治を通して壊れかけた友情を取り戻し、オトコにもなる!
なる
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

3.7

サスペンス好きの友人がおすすめしてて、プライムで発見したので観ました。

ポスターからはシリアスなスリラー寄りなのを想像してたんですが…いい意味で裏切られた〜!
これはなかなかの痛快ハラハラサスペンス
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

4.0

テレビドラマを含め、いろんな役者や監督によって何度もリメイクされる泣く子も黙る超名作。ですが今回が初見。
父子が村を追われて旅を続けるシーンが素晴らしいと聞いていたので、せっかくならシネマコンサートで
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.4

子供の時に観てたらきっとずっと楽しかっただろうなぁという意味でちょっとせつなくなる。
世界観が好きなだけに、うっすい内容がどうにも惜しい。

でもメイクと衣装がとっても素敵!
特に黒ひげとタイガーリリ
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.3

それでも懲りずにアベンジャーズ。
まだどこかで自分を信じたい。



…結果的に感情が無になった。

ちゃんと順番を追わずやみくもに観るから楽しさが半減しているのだよという結論を出すとする。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.5

今さら感満載、時代と逆行してるって分かってるんですが、どうにも食指が動かず。
でもやっぱ食わず嫌いは良くないよなと思い自分を奮い立たせて観た。




…自分で自分が心配になるくらい何の感情も動かなか
>>続きを読む

陪審員(1996年製作の映画)

3.2

たしかにハラハラドキドキの部分とかあるんだけど…なんだろう、展開が早いのか?イベント盛り込みすぎなのか?あれよあれよという間にいろいろ起こって、結局どこが一番の見どころだったのかよく分からない。

>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

3.4

ある筋から「こりゃあお子さんにもってこいのやつですよ」って勧められてパッケージ見て「はーい、りょーかいでーす」って右から左に流してました。

結局手違いでみることになったんですが、小学生ふたりが夢中に
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

良かったです。なんかもう全部が素直に「ほんっとうまいわー」ってなるわけです。ココの顔のシワがリアルすぎて、アップになったらもはや実写です。

隣で観てた娘がこのまま死者の国に旅立つんじゃないかってくら
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

なるほどスイスアーミーマン、いいタイトルだわって感想は観終わった時のもので。
冒頭のタイトルコールには何か既視感を感じてしまい、その正体が女囚さそり的な往年の東映系のやつなんじゃないか、じゃあなにか、
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.8

私まだゾンビギナーなんで、これ面白かったです!

ゾンビ映画のセオリーよく分かってない自分が見ても「これはゾンビ映画の入門編だ」と感じるくらい(いい意味で)かる〜い感じで見やすいです。
展開にも二転三
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.5

ずっと黄色味がかってるインドの風景と気の利いた音楽と、大人になりきれないどうしようもない三兄弟がいい。
旅はダラついてるのに三人は始終ドタバタしてて。

ウェスアンダーソンの作品はロイヤルテネンバウム
>>続きを読む

孤島の王(2010年製作の映画)

3.6

今となってはリゾートアイランド並にゆるい刑務所があるというノルウェーのバストイ島。
でもかつてそこには、悪さした少年たちが送り込まれるいわくつきの矯正施設が存在した。

そんな場所にエーリングという一
>>続きを読む

サブウェイ・パニック(1974年製作の映画)

3.5

最近の映画だったらこのセリフもあのキャラクターも後の展開の伏線になるんだろーなってことが、そうはならない。
だから逆に「え、この人??」ってなことになって変な戸惑いが。

しかしラストのインパクトでか
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.6

911の緊急通報指令室のスタッフがワルモンから提示される無理難題にもとっさの判断で解決しながら可哀想な市民を電話1本で救うという遠隔操作の救出劇サスペンスかと思ってました。

そういう意味では決して近
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

3.5

これは感じたままに感想を書こうものなら知らないうちにネタバレしてる可能性あるのでむずい。

とりあえず久々に生き方がダサダサ、いやだっさださの人を発見したこと。

ただダサいならいい。でもこの人間の都
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

人生はやり直しがきかない。どんなに消したい過去があってもそれをなかったことにはできないし、戻ってもう一度やり直すこともできない。

でも人間は何度でもやり直せるんだよ、と。ただ人間をもう一度取り戻すに
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

黄泉の国と、そこに運ばれるまでの世界観が素敵だった。死後の世界というテーマが今ドンピシャらしい小5の娘にとっては細部の設定まで「わわわー!」とか「やっぱりー!」となるみたいで、いちいち楽しんでた。>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

死の宣告を受けたお母ちゃんは言う。
「私にはまだやらなきゃいけないことがある。」

やらなきゃいけないことって、そういうことだったのね。
お母ちゃんの筋の通し方は強く、そして愛に溢れてる。

つねに人
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.8

これフツーに面白い。
結構地味だけど、結構静かだけど、結構ジワジワだけど、最後がいちばん「おもしろー!」ってなる。

でも何か感想言おうものなら、それがネタバレにつながっちゃいそうで語れない悲しさよ。
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.5

削ぎ落として削ぎ落として、最後は音も色までも削ぎ落としてモノクロにしたら、メッセージだけが残りました。

そんな映画。

1カットも見逃しちゃいけなんじゃないか、全編通して息吸っちゃダメなんじゃないか
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

予告編なんか観なくてもこの映画がどんな映画かは98.3%くらい分かるわと思って全然興味なかった。
なのに観てしまった。

猫派の自分は猫がどう思ってるかを考えようと試みたことはあったけど、犬がどう思っ
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.4

この映画を最後の最後までゴッリゴリのサスペンスだと信じ続けた私が悪いんですね。
この人じゃないあの人じゃないと真犯人を楽しみに待ってしまった。

要はそこじゃないんだと。

ローリスクハイリターンによ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.5

それはそれはしんどい映画。

血ぃなわけないやん!
こんなスルスルと次の展開に進めるか!自分ならきっとジタバタしちゃうよとか瞬発的に思ったけど、この時点で自分に子供側の視点が抜け落ちてることにハタと気
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.9

チリに実在するドイツ系移民のコミュニティ(表向き)『コロニア・ディグニタ』。
今は名称も指導者も全て一新してるらしいけど、こんな恐ろしい場所が存在してたなんて。

映画としては恐ろしいだけじゃなくて、
>>続きを読む