Finisterreさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

Finisterre

Finisterre

映画(298)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

IT化が進む世界で、十分あり得ることだと思います。今後どうなるのか、何を選択するのか考えさせられます。

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

2.6

いろいろな意味で意外な展開でした。まさかそんなベタな…という背景設定で、最後まで進んだことに驚き。でもこういう映画もたまには良いかなと思います。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

ライフガードとか関係なく、楽しめます。迫力だけではなく、ストーリーもあり、人物もみなそれぞれ魅力的。ちょうど、ビーチ近くの街から移動する機内で見たので、また良かったです。続編があったら観たい!

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

2.3

映像も、その時代を意識した質にしていて、当時はこんな感じだったのかな、と思わせます。その分、質は陳腐に見えますが…。最後は、涙、でした。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

2.0

現実にいたら、どちらも微妙…。映画だから観られるストーリーかな、と。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

2.0

学生だなぁ、というストーリー。最終的にはこの人と…という、少し不思議だけれど、人生ってこうなのかな、と思わせる。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

2.7

観ているうちに、女の子がどんどん可愛く見えてくる。天才なのに、数学以外はごく普通の小さな女の子。一生懸命な姿に涙します。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

最後まで見て始めと繋がる。
フライトで観たので、何度か巻き戻しながら観ましたが、映画館で観たら、ストーリーを追えなかったかも…。
でも、戦闘シーン等は見応えあり。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たいと思っていた映画。吹替だったのが残念ですが…。
観る前は、ラビリンスのストーリーが残酷なのかと思いましたが、残酷な現実から逃れるために少女が夢みた世界。ずっと一人孤独で、救いを求めていたの
>>続きを読む

ナタリー 〜絡みつく愛の記憶〜(2010年製作の映画)

2.2

映像は綺麗で悪くないけれど、テーマがイマイチわからない。。

クロエ(2009年製作の映画)

2.5

クロエの美しさが、映画の神秘さを助長している

愛の犯罪者/ラヴ・イズ・パーフェクト・クライム(2013年製作の映画)

1.3

監督が思入れを持って作製したのだろうというような作品。故に、楽しめるかは人次第。

メビウス(2013年製作の映画)

2.7

背景設定が複雑で、前提無くして観るとわからない部分があり。でも、映像や雰囲気、恋愛のストーリーは悪くなく、楽しめました。

殺意は薔薇の香り(2013年製作の映画)

1.5

あらすじ読むと思い出すけれど、オチが思い出せない。ラスト、どんなだったかなぁ。。。

フルスロットル(2013年製作の映画)

1.9

リメイク版。悪くないけれど、アルティメットの方が面白かったかな。

レイクサイド マーダーケース(2004年製作の映画)

1.3

原作は面白いのかもしれないけれど、映画はイマイチ。伏線も回収されず…。

晩秋(2016年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

古き良き映画。
何も出来ないお父さんに、息子が一から家事を教え、一人でこなせるようになったり、二人で遊びに繰り出したり、親子っていいな、と、しんみりしました。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

96時間、3部目。映画レビューで酷評。。始めに奥さんが死んでしまうのは確かにイマイチ。最後のアクションも、あっけなく、かつ、美しくないストーリー。シリーズものだから観るけれど、という感じ。

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

新しいお父さんが何とも受け入れ難い。。面白かったけれど、細部まで思い出せないのは、シリーズが似通っているからかな。

96時間(2008年製作の映画)

2.5

アクションものとしてはなかなか。映画レビューで見る通り、1作目が一番良い。