boringmanさんの映画レビュー・感想・評価

boringman

boringman

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.5

マクガフィンを巡る主人公と敵側の戦いを描いた作品。なんというか、ストーリーはあんまりだった。目玉とも言えるマンハッタン島を封鎖する意味があったのはほんの一瞬だけ。ストーリー展開もそんなに新鮮味はなかっ>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.2

楽しいラブコメディだったなぁ。SF的な設定はともかく、世界観とか雰囲気は抜群に良かったです。リゾートっぽい明るい雰囲気のまま最後まで楽しめます。
下ネタ連発、ファックやシットなど汚い言葉が飛び交う映画
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

素晴らしい映像と音楽で緊張感のある映画だった。流石トレント・レズナー&アッティカス・ロス。
この映画の最後は愛が素晴らしい、という事で締められておりますが、その愛をアメリカのマイノリティにも分けてあげ
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.7

面白い映画でした。出版社における社内政治とそれに翻弄される人々、全て大泉洋の掌の上かと思いきや。。。
映画中盤までは盛り上がったけど、終盤は尻すぼみしたかな。
最後の結末、結局良い話に持って行こうとし
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

上質なサスペンス、映画を見終わった後にタイトル"get out"は色んな意味があるなとわかる内容でした。でも突拍子もなく笑えるシーンも沢山あって最高でした。やけにクオリティの高い脳みそとか、お兄ちゃん>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.7

アメリカの社会保障制度がもたらした、アメリカの闇。そしてそれらの人々を搾取するアメリカの大企業。コロナウイルスによる不況からアメリカ経済は回復している。しかしそれらの人々は増え続け、相変わらず搾取し続>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

久々に見ました。
最高でしたね、最高の悪夢。悪夢でしかない。
ペイモン万歳🙌
バンザイ\(^^)/

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

3.8

ビリーの父ちゃんと母ちゃんがビリーを愛する気持ちがとても良かったです。ビリーアイリッシュの事は勿論知っていたが、曲が暗すぎて1stアルバムはあまり聴かなかった。何故そういうアルバムにしたのかが劇中で説>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

20年前のとあるアニメを思い出す内容だった。だから坂本真綾がキャスティングされてたんだな。
庵野成長したなー。

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.9

舐めてた村が実は・・・という映画。
結末を見ると爽快感もありますが、何とも言えない気分にもなりますね。
ブラジルの現職の大統領がドナルド・トランプフォロワーという事もあり、極右政策を行っています。それ
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

4.5

良い映画だった。。。
出会いと別れや成長を描いた青春映画なんだけど、それだけじゃない複雑なニュアンスがある映画だと思いました。カルチャーとしてのアイドル、音楽、恋愛、東京という街に住む事、SNS、考え
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.4

なんだろう、この気持ちは表現出来ない。整理したら追記しよう。
女性の生きづらさは理解でき、映画swallowを思い起こさせました。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.8

サスペンスとして面白かった。流石現代の巨匠。目の据わったジェイク・ジレンホールは流石のヤバさです。
しかしながら、話の根幹にあるのはキリスト教的な価値観なので、僕には100%理解出来なかった。映画冒頭
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

非常に興味深い映画でした。元ヤクザで旭川刑務所から出所したての主人公、三上の心情にフォーカスを当ててるけど、これは"素晴らしき世界"だなという感想です。光と影、未来と過去、美しさと醜さ、映画全体を通し>>続きを読む

ジェイク・ザ・スネークの復活(2015年製作の映画)

4.5

最高のドキュメンタリー。
薬物・アルコール依存で没落した元WWEプロレスラーが復活を果たすストーリー。この映画、結末が本当に素晴らしい。なんというか話が出来すぎて。。。
内容的にはアルコール依存症のジ
>>続きを読む

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.5

出演者は魅力的。若くて将来有望な俳優さんが多数出演している。キャラクターは4人とも魅力がある。マジックは滅茶苦茶カッコいい。

繰り広げられるストーリーは何というかチグハグというか。終盤のテンポはあん
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

恋愛の有様を描く様は生々しいしすぎる、本作を見て僕は死にました。しかしこれは恋愛なのかはわからない。劇中でもそんなセリフがありました。
塚越すみれに人間味がありすぎて好き。

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.6

俺たちのリーアム・ニーソンが息子を助けるために深夜に奔走。いわゆる"舐めてた相手が最強の暗殺者だった"系のクライムサスペンス。中々楽しい映画でした。くたびれたおじさん役のリーアムは可愛い❤️

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.7

北野武の言葉、「拳銃を使った人間は幸せになれないようなシナリオにしている」に現代の社会情勢を盛り込んだ残酷な作品。
この映画「見る側・見られる側の視点」が凄く強い作品だなと。主人公山本、柴崎組長等々の
>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.9

オアシス解散からソロアルバムの制作〜ツアーを行う様を描いたドキュメンタリー。

ドキュメンタリーとしてはまあまあというか、巣のリアムが見られて良かったなと思いました。この映画でアガるポイントはやっぱり
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.0

美しい映画。劇中の映像、どこを切り取っても一つの絵になるぐらい考え尽くされてる画面構成でした。素晴らしい。
(ビートたけしの言葉を正に表してる)

ストーリー構成、所々に散りばめられた何気ない会話も後
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

4.5

sound of metal、音楽ジャンルというよりも"心のノイズ"みたいなものを指していて、心の平穏を保つみたいな話だと解釈しました。

非常に感銘を受けた。聴覚障害者が主人公の映画は初めて見ました
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.7

登場人物に個性があって好き。
白々しいロキにニヤニヤしてしまう。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

1.6久々に鑑賞

4.26に吹替で鑑賞
4.27に吹替で鑑賞
5.2にIMAX 3Dの字幕で鑑賞
胸がいっぱいです。ワクワク・ハラハラ・ドキドキ、そして涙。素晴らしい映画体験でした。スコアは2兆点!
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

久々に見ました。
シリアスな作品で、お祭り感のあるエンドゲームとは作風はことなってるなと。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.5

劇場鑑賞1作目
前作ほど好きじゃないかな。
・余りにも都合の良すぎるストーリー展開
・ラストのウェットにしすぎるシークエンス
・夜を舞台にしているから見づらい場面が多い。

アクション、ストーリーの作
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

今更ながら見ました。面白くて、興味深い作品だった。ブラッククラウンズマンとボラットを混ぜたような感覚。
コメディっぽい軽い作りで尚且つ一部モキュメンタリーなところが面白い。ヒトラーの格好をして市民にイ
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

4.1

なんというか、良い映画。エンディングは感動した。ストーリーを進めるのはビルとデッド、狂言回しは二人の娘が務めるという設定が良かったですね。ビルとデッドの娘が擦れてなく、とにかく良い性格なのが好感持てる>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

4.0

映画前半はクリスパインのアホ面を有難む映画。
後半はガル・ガドットの説法を有難む映画。"第四隔壁"を超えてきた時は困惑したけど、僕はこの演出は好きです。

個人的にこの映画は良くないところは、ワンダー
>>続きを読む

続·ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画(2020年製作の映画)

4.4

前作程ではないが、笑えた。人種差別、イデオロギーを煽って笑いにするのは最高だね。ジュリアーニ弁護士がハニートラップにまんまと引っかかって笑える。めちゃくちゃスケベなお爺ちゃん。
この映画は擬似ドキュメ
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.1

戦争と国家機密、そして"男"に翻弄される聡子が主人公の映画。
ストーリーが良かったですね。とある事で嫉妬に狂った聡子が旦那に詰め寄るが、そこから国家機密を知ってしまう。その事により軍からマークされるが
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

よくわからないけど、すごいなと思いました。
映画を振り返ると精神性は"マッドマックス 怒りのデスロード"でした。(多くは語りません)

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

IMAX verを鑑賞。IMAXでしか味わえないであろう、宇宙の美しさに感嘆した。この映画を見るたびに思うが、こんな壮大なストーリーなのに、親子愛に終始しているのってなんだかシュール。

>|