Fuzzzzyさんの映画レビュー・感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzy

映画(804)
ドラマ(0)

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.5

救われない話の中に、
唯一の光が人を思いやる気持ちが
あった事かな。
そこのみにてというより、
そこぐらいしか拠り所がなかったのか。。
ラストシーンは綺麗な反面、
残酷な気分になったな〜

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

忘れていた。。。
魚人がマイノリティの象徴であったり、
セックスレスの結果の自慰行為であったり
世情の風刺や、ミュージカル要素など
沢山の伏線が盛り込まれた、
愛の物語でした!

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

いや〜面白かった。
原作は知らないんだけど、"渇き"の時同様
ぶっ飛んだ役の役所さんはいいなぁ。
"警察じゃけぇ、何してもええんじゃ〜"
たまらんでした。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.1

リアリティがあって好きな
作品だったな。
子供達のあどけなさと奔放さ、
それを助長するかのカラフルな映像。
きれいに見える世界に相反する、
未来への不安みたいなものが
漏れてきていた。
ブリア・ヴィネ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.6

冷たい流し目といい
冷徹に所作していく
佐藤健のサイコパス具合が
かなり良かった。
久々にみた、ノリさんも漫画とは違う
味があってよかったな。

アベンジャーズ
ready player one と
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

数多くの名作映画のキャラクターが
出てきたり、日本意識だなと感じてしまう
場面が数多く、楽しめる作品。
ダイトウの"俺はガンダムでいく"は
めちゃめちゃテンションあがった!
スピルバーグの映画への
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

待ちに待った最終章の幕開け。
初日に我慢できず鑑賞。
アベンジャーズだけでなく、
ギャラクシーチーム、ドクターストレンジ、ブラックパンサーと総動員し、
銀河をかけた戦いの
シーンは迫力のある仕上がり!
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

青年2人が織りなすひと夏の経験は
美しい情景やったな。
ティモシーシャラメのラストの表情と
焚き行く炎の音が切なくて切なくて、
素敵な映画でした!

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

最後の決断は、少し予想できたものでは
あったけど、好きな終わり方でした。
久しぶりに邦題が的を得た良作でした!

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

ディカプリオの若い頃に似てる
デインデハーンとカーラデルヴィーニュの
コンビはなかなか微笑ましかった。
イーサンホークとリアーナの配役もよかったな〜。
愛の力で救ったのは、千の惑星というより
一種族な
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.6

スカジャンが欲しくなった!
ARATAの関西弁が少し違和感 笑
賛否は別れそうだけど、どうしようもない
見てくれだけのいいダメな男達の物語は
個人的に好きな感じでした。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

ダンケルクに繋がるストーリーは
秀逸でした。
地下鉄にて、民衆の声をきくシーンに涙してしまった。
"言葉を武器にかえた" チャーチルを演じた
ゲイリーオールドマンが見事でした。
どの国でも、大昔から政
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

全体的にサイコパス度が
足りなかったけど、時間軸を
うまく使ったストーリー構成は
なかなか好きな感じでした!

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

スパイアクション映画やと思って
鑑賞したら、官能的知的サスペンスでした。
東欧とロシアの儚げな描写というか
少しスモーキーな街の景色とかが、
妖艶とグロさを増長し、緊張感のある
仕上がり。そして、ラス
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

全くブレのない男を演じたアミールカーンがよかった。20代から60代まで演じていた。
娘ギータとバビータとのハートフルな
スポ根に涙しつつ、最後はすっきり。

本当の強さとは絆とはなんなのかを
インドら
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

納得のラストでした〜
詩暢との頂上対決みたいな、浅い
ラストやったらどうしよって思ってたけど。
見る年代などを考慮された
練られたストーリーと思えた。
青春という僅かな時間の中で、
個を認めつつも、和
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.8

そう遠くない未来に
自分が父親の喪主になるとして
自分がどこまで父親の事を知ってるかなと
少し、考えさせれた。

映像の質感と音楽が結構好きでした。
役者の配置もいいな〜。
映画を撮るって凄いことやと
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

ラストのテンションは、それまでとは
180度違う緊迫したスリリングな映像が展開。
列車内におけるカメラの視線の位置が
より臨場感とリアルな緊迫感を煽っていた。
当事者が演じる事での、はじめての
感覚を
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

黒人社会の抱える問題や、
女性社会の在るべき姿や、
MARVELらしからぬ、よく練られた
メッセージ性の強い作品でした!
音楽もケンドリックラマーで
とてもよかった!

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.9

邦題はボーダーライン、原題は sicario
メキシコ語で暗殺者という意味。
"sicario 2" が、
2018年にあるみたいやけど、
正義か悪かのボーダーラインでゆれる
ケイト出てこないっぽ
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.8

苦手なドキュメンタリーは
寝るんじゃないかという不安を他所に、
素晴らしい色使いのファブリックと
庭園に咲き誇る花が映像美となり、
#radiohead のコリン・グリーンウッド
の音楽が心地よい映画
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

メインの場面、
大体、CMにでてしまってたな〜笑
ゼンデイヤが美しかった。
ヒュージャックマンの出だしの声も
セクシーでした!

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

兄弟姉妹の成長過程などに
相手に感じ続けたコンプレックスの
陰湿な部分をニッチェの江上が
1番表現できてた気がする。
遊園地の顔芸は反則でした!笑

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

原作未読だけど、
最後までは結構好きやったな。
ラストのあれ落ちるのちょっと 笑
その手前までは、結構気に入ってたのに。
松田龍平と優香が、よかったな!
錦戸くんもいい味だしてた。
キャストの演技力
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

日本にすむ自分には
一生感じる事のない緊張感が
出だしから映画に張りつめていた。
まるで、"es" の看守と牢人のような
構図でエスカレートする不当な尋問は
凄みがあった。

当時を知らない CAST
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

"赦し" が、事件を解明に導いていく。
すべてのキャストに思い入れが
出来そうな、しっかりした映画でした。
ラストはもうちょっと続き見てみたかった気もするけど、あれで終わるから、
いいのかもなー。
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

完結作は、加賀恭一郎の凄みよりも
周りを構成するキャストがかなり
よかった。本人が出てこず、
溝端淳平が進める出だしや、
過去の回想シーンからラストに
至るまでの小日向文世。
全ての登場人物がしっくり
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

視野見
脳内だだもれ
脳内召喚さえできない
男もあるけどな〜妄想癖
希望がいりじまった妄想が否定された
瞬間の絶望っぷりが伝わる。
いつだって、理想と現実ということか。
"勝手にふるえてろ"
良い映画
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

個人的には、エグジーの成長過程がみえる
前作の方が好きなんだけど、
今回は、マーリンの"カントリーロード"
にはやられたわ!
スパイは都会の方がいいかな。。

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.2

中世の世界観の中で、
繰り広げられるアクション自体は
カッコよかった!
若かりしマグニードの
マイケル・ファスベンダーが渋い。

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.2

ジョン・デンバーの曲が、喧騒の中で
際立って、良い感じだった。
ナルシストな伊達男オード
(アーミー・ハマー)
みたいな悪役いいなぁ〜。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

ギレンホール演じる
ディヴィスがiPodを聴きながら街で
踊り狂うシーンカッコよかった!
Carhart のダックパンツに
黒のチェスターコートを
合わせたくなった。
ラストシーンも素敵な作品でした。
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

正義と悪
信念を曲げてアンバランスを選ぶ
ポアロも人間くさくていいわ〜。

(2016年製作の映画)

3.4

ジェフミルズ音楽がやっぱり斬新というか
すごいズレを感じるんだけど、
そのズレが映画自体のもつ
不気味さみたいなものを強調してたな〜

主演の2人 憑依がすごいな。
女性2人もよかった!
子役の紅甘、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

初日に鑑賞。
総じて、楽しかった!
おじさんになった ルークも。
悩み生き抜く レイも。
新たな何かになろうとするカイロレンも。
よかったかな!

ただ、時間が経つと、
結構ツッコミどころもあるように
>>続きを読む

>|