Fuzzzzyさんの映画レビュー・感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzy

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

投稿漏れ
”I can save today
You can save the world ”
声でてきたシーン泣けたわ。

Marvel も好きやけど、
ビギンズ以降のDCは、
なかなか深みがあっ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

トムフォード曰く、
「この映画は、人生の中で私達がなす
選択がもたらす結果。
そしてそれを諦めてしまうことへの
警告の物語」と評している。
と思うと、色々な伏線がはられた、
見応えのある映画だったな。

密偵(2016年製作の映画)

4.0

"殺人の追憶" 以来、大好物な
ソン・ガンホのシリアスドラマ。
予想以上に、これまた大好きな
スパイ映画に仕上がっていた。

列車に中、視線と表情で、
思惑と疑念が交錯する展開が
半端なくスリリングで
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

SNS の発達により、プライバシーが
なくなる。
近い未来に起こりそうな話だったな。
エマワトソンが美しかった〜

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.3

前作をはるかに凌駕する
映像とストーリーに奥行きのある
映画になっていた。
配役とドゥニ・ヴィルヌーブが
作り出す映像美は、退廃した世界と
物憂げな切なさが充満していた!

ゴズリングがいいなぁ〜
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

30年前とは思えない退廃した
世界観の作り込みは感じれたが、
合わせてB級な雰囲気も否めない。

根底にある題材が深い。
レプリカントと人類との共存。
ロイが最後に選ぶ選択肢は、
2049に繋がる意思
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

不快度100% キャッチコピー通りの
どうしようもない奴らの欲望が
重なりあう。

女を演じる蒼井優の演技と、
それを支える陣治の
阿部サダヲが光っていた。

竹野内豊のクズっぷりが、、。
ハンパない
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.1

熱量が半端なかった。
画面に飛び仕切る汗と血と、
グローブの弾ける音。
新次と祐二の時には、鳥肌がたち、
新次と健二の時には、涙がでた。

そして、壮絶なラストと、
全てのキャストの表情と叫びというか
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.6

アイデンティティー
と同じという事は
途中から気づけたけど、
全貌はネタバレ読まんとちょっと
理解できへんかったな。

映像の質感、登場人物が
少ないながらも、サスペンスとしては
魅力を感じれる映画だ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.2

題名に負けない荒々しくも
愛おしいそんな映画でした。
突っ込みどころない訳じゃないけど、
ちょいシリアス、ちょいギャグ、
ちょい下ネタ、そして、狂気。
良いバランスで盛り込まれ、
時間を忘れてみいった
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

役所広司と広瀬すずの怪演でした。
光の感じも、解釈を観客に委ねる感じ
結構好きでした!

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

「NASAでは小便の色はみな同じだ」
ケビンコスナー が
久々にみたけどシビれた。
ムーンライトの2人もいい感じ!
判事あんたの評決は100年後にも
きっと残る事になったようです!
前例を作るしかない
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

全ては、「結婚は忍耐」か。。。
完全なるサイコスリラー!
エミリーラタコウスキーが、
オープンユアアイズの
ペネロペクルスの再来かと思えた。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.4

どうどうたるヴィンテージカー勢揃い!
カーアクションは、やや控えめ 笑
なんで邦題かえたんやろか??
突っ込みどころ満載のクライムストーリー!
アナ・デ・アルマスの良さが
かき消されてる。。。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.2

安定の妻夫木と、
エロカワすぎる水原希子。
脇役名俳優陣の一発芸は必見。
yokumoku ゲロうま!

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.1

ダンケルク港で起きる
陸・海・空の3つのストーリーが
時間軸をずらして重なりあう。
今期1番楽しみにしていた、
ノーランの新作は、期待通りの
いい映画でした。

終始流れる、秒針の音が
1秒たりとも見
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.9

ASLという病気の進行の速さと
周囲に与える影響とか
知識がなさすぎて、ただただ、
怖くなってしまった。
奥さんが本当に凄いなとおもった。
現実を受け入れる瞬間の表情が
忘れられない。
NO whit
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.6

この教師役はゴズリングに
ぴったりに思えた。
麻薬中毒による、不安に怯える
物憂げな瞳や視線、薬のキレへの焦り
吸引したあとの安堵と変化、、。
寂しさを紛らわせようしても
心の本当のスキマは埋まらない
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

コーヒー&シガレッツ同様、
日常が、居心地のいい音楽と
光の加減と計算されたカット割り、
そして、なによりも
アダム・ドライバーの
なんともいえない優しい声で
読まれる詩によって、
とても心地よい大人
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

出だしの6分で虜になった。
The Jon Spencer Blues Explosion
が、たまらへんな。
映像と音楽の融合がかなりいい。
消えない記憶と耳鳴りをごまかすために、
絶えず聞き続ける
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.7

勢い余って映画館で鑑賞。
また、凄い子役が出てきたな〜。
寺島しのぶと浅野忠信の車の中で
会話シーンと、田中麗奈との
口喧嘩のシーンが印象的やったな。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

シリーズ新章!
甲高い声の、中学生にしては
ムキムキすぎるだろうという
ニュースパイダーマン。

小気味好いテンポと
コミカルなキャラ設定で、
すんなり見れたな!
アイアンマンが主役級に出てくるけど、
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.6

安定の戦闘シーンの凄さ!
ウォールバーグを脅かすほどの
ホプキンスの存在感が半端ない。
最後の騎士王、スターウォーズに
かぶせてきてんのかなと思うくらい
小ネタが仕込まれてたな。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

映画館で見たらよかったな〜
ゴズリングがいいなぁ。
切ない表情がたまらなくいいな。
楽しいだけじゃない、
いい映画やった。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

コズリング興味なかったけど、
めちゃ興味わいてきた!
80年代の雰囲気感じるロゴとか
全体的に色合いとか雰囲気がよかった!
キャリーマリガン いいなぁ。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

画面サイズと音楽の入りが
めちゃめちゃよかったな。
wonderwall ってのがたまらん。
スティーブ役の男の子もよかった。
切ないけど、余韻に浸れる映画やった。

You're gonna be
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

原作が好きなため、実写化が
どうなるかと思ってたが、
窪田正孝の演技力の高さに脱帽でした。
辞めたのが惜しいと思えるほどの
存在感を清水富美加が出していた!
しょっぱなから、蒼井優もはまってた。
役者
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

後味の悪い結末と
余韻がすごい映画だった。
別離も見てみようとおもう。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

一昨目よりも、さらに激しくなった
戦闘シーンと、キングスマンにも
少し近い、殺し屋業界のユーモアが
垣間見えて、面白かった!
しょっぱなのカーアクションが
なかなか凄い。
前作以上にスタイリッシュで、
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

信念に基づき、
仕事をコンプリートする
気難しい殺し屋という
設定がキアヌリーブスにはまっていた。
2 にさらなる期待!

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.1

映像も音楽も、いい映画やった。
ひとつひとつの台詞や言い回しが、
残る映画やったな。
パンクでありながら、あったかい
ストーリーでした!

殺人の告白(2012年製作の映画)

3.6

22年目の告白 を見た後に視聴。
コメディとカーチェイスがやや、
安っぽいものの、終盤や雨の中の
シーンが韓国映画らしくヒリヒリした
仕上がりに。
J 強すぎで、カブ速すぎる点が
ちょっと気になった
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

ドラマ 「リバース」でも怪演を
見せた藤原竜也のサイコっぷりがいい。
あんまり好きでなかった伊藤英明の
哀愁が感じれてとてもよかったな〜。
野村周平や夏帆、中村トオル、
演技力の高い人たちで
人物へフ
>>続きを読む

>|