けいすけさんの映画レビュー・感想・評価

けいすけ

けいすけ

映画(12)
ドラマ(0)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.7

日本を意識した演出。
ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ達それぞれが持ち味をしっかり出せていて、迫力満点の決闘シーンでありながら、特撮時の子供同士のケンカみたいな軽さも感じられてとても良かった。
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.5

実話に基づく物語じゃなくて、事実の物語だからこれだけリアルなのもいいかなと思った。学生たちの視点つまり多くの視点から見られている物語なので真実とは?と考えさせられたし、これを実話だからと観にいくのは少>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

4.3

戦争放棄を謳った日本がどうやって戦争を捉えるか。これは避ける戦いではなく立ち向かう戦いの映画。戦争もしくは戦闘の賛否は論外で、今起き得る事態を真剣に考えさせられる作品だった。



艦船や戦闘機の映像
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.8

いろんな欲望を持ってる人の共通点、それは同時に葛藤を持っているといこと。それを分かりやすく、主人公が難題として提示してくる。やるかやらないかの二択を迫られているようで実は沢山の可能性を教えてくれている>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.2

本作は自分の勉強不足な分、セリフの内容が理解できなかったり、場面展開がぎこちなく感じるところが多少あった。
予告編ではコメディ調に作られていると予想したが、これもまた勉強不足で、恐らく面白いのだろうと
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

4.5

ワクワクな冒険で、しっかり感動できる。
大人なのにと思う人も数多くいると思うが、ど正論をただ突きつけるだけでなく、しっかり考えさせてくれる時間もあってとってもいい映画だった。

運び屋(2018年製作の映画)

3.9

昨年のパリ行きより観やすくなっている気がするので、大胆に生きるおじいちゃんの姿を是非若い人にも感じ取ってほしいという映画だった。
クリントイーストウッドのみが描ける王道ストーリーとなっていることが観て
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

勝手に主人公たちの絆や成長を描いているものと思っていたが、ユーモアもあって悲しい気持ちや楽しい気持ちを精一杯表現していていい意味で裏切られた。差別を主にしすぎないある意味アカデミーと感じさせない軽めな>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.6

緊急コールセンターの一室のみで展開されるこの映画は、主人公と同じように電話の相手のイメージを掻き立てることもできるし、主人公の行動に評価を下すような横柄な態度で観ることもできる。会話を通じて事件の真相>>続きを読む

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.7

この作品は仮面がひとつの場面転換となり、奇妙ながらもどこか風刺的で愛嬌のあるストーリー。

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.3

モータルエンジンは原作が面白いという情報を動画サイトで見受けられたが、映像の迫力がスゴくて見ごたえがあった。
ロングランは恐らくないので、時間の融通がきく今のうちに!