Hiroさんの映画レビュー・感想・評価

Hiro

Hiro

ドラマ系を中心に鑑賞してます。実話ものが好きです。

映画(401)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

最後のライブは、自分もライブ会場にいるような気分になる。
映画に吸い込まれました。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.4

各場面の表現が激しくて、正直、見てて疲れた…。
でも、いろいろと考えさせられる…、もし自分があの家族の一人だったら…あそこまで強く生き抜けるかな。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

テンポ良く展開するし、コメディっぽい部分もあり、語弊があるかもしれないけど、面白かった。
でも、こう思えるのは、ほとぼりが完全に冷めた今だからだろうな…当時のナンシーからしたら笑えない話。
実際、本当
>>続きを読む

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.1

テクノロジーの進化はすごい…。
こんなにテクノロジーは発展してるのに…親が決めた相手と結婚しなければならないという慣習は慣習のまま…。
斬新なラブストーリーでした。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.1

レディガガの歌唱力が圧巻です。
マツコデラックスがこの映画のCMで、ベタを見に行け、堂々と!とコメントしていた理由が良く分かりました。

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.7

ラストが素晴らしい…笑
物事って意外とあっけない。
結果が報われなくても、その過程で得ることのほうが大きかったりするしね。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

独特の世界観で…入り込めなかった。
ラストが良いだけに、何かもったいない。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

プーさん、良いこと言ってる。
日々の仕事に疲れた時、見たら癒される…。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

みんな、いろいろ抱えてるんだなぁって思った。オギー以外の人にも焦点を当ててるところが良いね。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

なんだか懐かしい思いにさせてくれる…。
多感で不安定で不器用で、でも一生懸命で…こんな時期が羨ましく思えました。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

ハラハラドキドキするだけじゃなく、問題について考えさせられる内容でした。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.7

試合後のビリージーンの涙が良かった…。
いろんな複雑な感情が入り混じっていたんだろうな…。
ゼロダークサーティーのラストみたいでした。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.3

悲しすぎるストーリー…憎しみは憎しみしか生まない。
目には目を歯には歯を…か…。
ずどーんと気持ちが重たくなる映画でした。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.6

テンポ良くストーリーが展開するし、見やすかった。
気持ちが凹んでる時に見たら、勇気付けられる映画かも。
失敗したって良いや、もっと自由に生きようも思えた。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

キャプテンが渋くて良い。
実話だから、最後は本当に悲しい。
エンドロールでは、亡くなった隊員の紹介がされるけど、みんな20代から30代の働き盛りの若者たちで…それが尚更辛い。
日本には山火事は馴染みが
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

賭博のシステムがよく理解できなかったから、途中、少し退屈した。
最後の終わり方は良かった。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

首相として、真摯に国民と向き合う姿に感銘を受けた。
自分の地位や名誉だけを考えて、判断を誤るリーダーも多い。
この映画を見る限り、チャーチル氏は、国家、国民の将来を考えて最善の決断をしている。

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.3

こんな事があったなんて知らなかっなぁ。
過剰にアメリカ万歳!の演出がなく、しぶい映画となっている。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.1

素行が悪い主人公に共感できなかった…でも現実はこんな親いっぱいいるんだろうな。
貧困から抜け出せない…抜け出す努力もさほどしてない…。
娘を愛しているの分かったけど…。
子どもが子どもを育てているよう
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.2

コンパクトにまとまっていて、面白かった。
原作を読んでいなくても分かりやかった。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.6

ヘビーな内容を扱ってるのに、セリフがユーモアだから、笑いながら見れました。

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.5

ドラン監督の作品を何作か見ていますが、この作品はまだ見ていませんでした。
これを19歳で作ったなんて驚き。
思春期の頃の不安定さとか複雑な気持ちとか忘れてしまってたけど、これを見て、あー何かこんな感じ
>>続きを読む

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.6

残酷なシーンばかりで、目を覆いたくなった。でも、実際はこれ以上に酷いことがたくさんあったと思う。
差別はいけないと教育を受けていても、それでも未だに根強く残る人種差別…人間の弱いよな…。

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.7

力強い作品でした。
主人公マリーナを演じる女優さんの演技が素晴らしかった。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.2

良くもも悪くもなく、映画の中でもあったように無難な作品でした。
タイトルに惹かれましたが、ちょっと期待外れだったかな。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

お父さんの最後の言葉がこの映画の伝えたいことなのだと思う。
人を好きになることは、素晴らしいことだと。

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.8

みんなが良かれと思って暴走し、最終的にとんでもない展開になる。
ハッピーエンドではないけれど、最終的に全てが繋がるストーリーで面白い。

リベリアの白い血(2015年製作の映画)

3.3

シスコの故郷に対する複雑な気持ちが伝わる。同じリベリア出身のタクシー客から、多めにもらったタクシー代を返すシーンは、シスコの骨太さを感じた。

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.4

少年の気持ちを思うと、とても切ない…。でも、辛い時期があっても何とか前を向いて頑張って行けそうな感じにさせてくれる映画でした。

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.4

登場人物がそれぞれ問題を抱えており…静かなハラハラ感があった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

子ども向けの作品だけど、大切な事を教えてくれる。
デトロイトを見て、ずどーんとなった気持ちを明るく優しい気持ちにしてくれました。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

見応えある映画でした。
人間って脆いなぁと思う。
何より恐ろしいのは、同じような差別による殺人事件が現在も起きていること。
その愚かさにいい加減気づかないといけない。
映画は独特のカメラワークでリアリ
>>続きを読む

>|