Hiroさんの映画レビュー・感想・評価

Hiro

Hiro

映画(364)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.2

途中、うとうとしてしまいましたが…。
歴史や世の中の出来事を正しく理解することって大事…。
今の日本にも言えること。
昨日、オウム真理教の幹部や殺人事件を起こした実行犯の死刑が執行されたけど、オウムの
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

独特の世界観…。
好みが分かれそうな作品、何とも切ない終わり方でした…。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

子育てって難しいなぁ…結局、結果論であーだこーだ言われるしね。
普通に良い映画でした。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.6

怒りは怒りを来たす、か…。
誰もが被害者であり加害者にもなっていた。
登場人物の行動がはちゃめちゃ過ぎて、ちょっと冷めてしまう部分もあった。
でもこの映画で、許すことも大切だと教えてもらった。
挿入音
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

風景が美しい。
悲しいエンディングだけど、気持ちを前向きにさせてくれる。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

テンポ良く展開する。
久々に面白い映画見たなぁ。
最後、正義を貫く姿がカッコイイ。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

報道のあるべき姿を教えてくれる。
ただ、予め、ペンタゴンペーパーズ、ニクソン政権、ベトナム戦争について予習しておいたほうがなお楽しめます。

いつも心はジャイアント(2016年製作の映画)

3.0

独特の世界観。ローランドが良い男だった。しかし、この映画のメッセージが何だったのか…よく分からない。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.3

そうだったのか…とマクドナルドが世界的ファーストフード店になった経緯が知れて良かった。

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

2.5

ドラマなのかサスペンスなのかホラーなのか…中途半端なまとまり方でした。
クリスティンの美貌と演技に救われている映画…という印象です。

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

残念ながら、途中で眠くなりました。好みが分かれるかも。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.1

少し期待し過ぎたかな…あっさりした内容で淡々と進む…。
ボブが可愛い。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.6

自分がフリアンの立場に立った時、もしくは、トマスの立場に立った時、どんな行動をとるだろう…友情って大切。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

リズム良くストーリーが展開する。
分かりやすく、良い映画…。
前向きになれる。

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.2

静かなストーリーで派手さがないけど、なぜだか吸い込まれた。主人公の全てを受け入れて生きて行く姿に勇気をもらえる。

ビリー・リンの永遠の一日(2016年製作の映画)

3.5

この世に戦争をテーマにした映画は溢れるほどあるけど、結局、戦争の惨劇やそれによる悲しみ、苦悩は体験した者しか分からない…そう思わせる映画でした。

スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記(2015年製作の映画)

2.5

突っ込みどころ満載なので、ある意味退屈することなく見れました。

静かなる復讐(2016年製作の映画)

3.1

あまり面白くなかったかなぁ。
地味に淡々と進むので、途中眠くなりました。

オリーブの樹は呼んでいる(2016年製作の映画)

3.1

イマイチでした。
主人公の暴走行為に入り込めませんでした。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

事前にダンケルクの戦いがどういったものかを調べてから鑑賞するべきでした。
音楽の使い方や海、陸、空のシーンの切り替え方が素晴らしい。
最後に空軍のパイロットが、海兵隊から空軍は何をしてたんだと責められ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.4

期待したほどでもなかった…。
思春期は思春期でみんな必死なんだな〜。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.3

普通に面白かった。
何も考えずに笑いたい時に見るのが良いと思います。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

あんな異常な状況の中、武器を持たず、ただひたすらに負傷兵を助ける主人公…真の勇気、優しさ、強さを持ち合わせてなければできない。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

映画館で鑑賞したかったけど、しなくて正解でした。号泣でした。
ケイシーアフレックの演技が見事です。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

サルーの育ての両親に対する気遣い、実の家族に対する思いとの葛藤に胸が苦しくなりました。
良い映画だった。

こころに剣士を(2015年製作の映画)

3.3

良い映画なんだけど…なんだろ…子ども向けにわかりやすく作られた映画?という印象を受けました。
ストーリーが良いだけに、なんだかもったいない感じがする…。

サラエヴォの銃声(2016年製作の映画)

3.0

難しかった…。事前にサラエボについて勉強しておかないと、しんどいです。

ウーナ 13歳の欲動(2016年製作の映画)

3.1

重い内容の映画でした…、ルーニー マーラーの演技は素晴らしい…傷を負い、情緒不安定な女性を見事に演じてます。

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.3

淡々と描かれていたので、もっと各場面を掘り下げてほしかったなぁ…。

ブラックボード 戦火を生きて/戦場のブラックボード(2015年製作の映画)

3.7

あまり期待していなかっけど、とても良かった。無駄に派手な演出がないから、逆にリアルに感じ、ハラハラした。
女教師のマックスや子ども達に対する愛に感動した。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.3

意外と面白かった。
高校の先生が良い味出してたなぁ。
思春期に戻りたい大人が楽しめる映画かも。

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.9

台詞が少なく、静かな映画。
しかし、しっかり大切なことが伝わる映画。

>|