Kaoruさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Kaoru

Kaoru

NO CINEMA NO LIFE
映画ってホントに素晴らしい♡

ハリウッドの映画も嫌いじゃないのょ。でもやはり欧州映画が好物です。最近は南米や中東などもいいなぁと思いつつまだまだ青二才。みなさんから勉強させていただいております。
日伊親善大使をしております。(自称)
最愛の監督はフェリーニ♡
好きな俳優さん女優さんはいっぱい!
モニカ姐さんを敬愛しております。

よろしくどうぞ♡

映画(216)
ドラマ(0)

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.9

イーサンホークの作品は、彼がとっても秀逸すぎて、他の役者さんを食っちゃうところご用心なのだけれども、サラスヌークの存在感のすごいことすごいこと!

ex wifeのユマサーマンもそうだったけれど、イー
>>続きを読む

コウノトリの道 心臓を運ぶ鳥 後編(2013年製作の映画)

2.0

なかなかないわょ。

前後編の作品で後編のほうが、評価が下がる作品w

いやぁ、もはや後半にもなると、こうのとりはどうでもよくなる。ほとんどこうのとりの出番もなし。個人的にはこうのとりに興味を引きつけ
>>続きを読む

コウノトリの道 心臓を運ぶ鳥 前編(2013年製作の映画)

2.3

ハリーくんがとってもステキ。この先どうなるんだぁと、ズブズブ見入るだけ見入らせておいて、油断すると置いていかれる作品w

邦題はちょっとアレだけれど、こうのとりが想像していたより、やたら大きくて怖くて
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

小学生の時に観て、中学生になってからも観て、高校生になってからも観たけれど、オトナになってからは初めて観たわ。

子供が観れば冒険モノ。
青年が観れば友情モノ。
オトナが観れば心の傷に共感でき、もっと
>>続きを読む

マフィアは夏にしか殺らない(2013年製作の映画)

4.8

70年代のイタリアマフィアがどんな感じだったかを手っ取り早く、そして面白く知れる作品でめっちゃオススメ!

イタリア作のマフィア映画ってのはね、政界や権力者までありとあらゆるところにマフィアの血が通い
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.7

良かったわ、とっても。ストーリーはあんまり良く覚えてないのだけれど(えっ!?w)この作品にちょいちょい出てくるシャレた仕掛けが気に入ったわ。

みなさんが書かれておられる通り、カメラの長回しに魅せられ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.3

ずっとずっと思ってたこと。

日本語で言う「違い」と、英語で言う「Difference」ってのは全く別の意味なんだな。
日本語の「違い」ってのは、正しいものから外れること、正誤を表すことが多いのに対し
>>続きを読む

PARIS(パリ)(2008年製作の映画)

3.3

おシャンティな作品ですね。例えばね、人物のセリフだけをミュートにできたとしても、映像と音楽だけでものが語れてしまぅのではないかってくらぃオシャレ。

でもね面白いのが、この作品には本当にたっくさんの登
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.2

リーアム兄さん今度は(今度もw)銃撃戦。今回は不仲だった息子を守るために一日中走る、逃げる、撃つ、ひっくり返る、みたいな。(雑な説明ww)

長い一日の出来事を撮った作品で、みなさんがおっしゃる通り、
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

よく「わざわざ劇場に行くよりもDVD」になるのを待ったほうがいい映画ってのを聞くけれど、アタシの中ではその逆もあると思う。
わざわざDVDで借りるまでもないけれど、劇場でだけで観ればいいっていぅ映画。
>>続きを読む

アナーキー(2014年製作の映画)

3.0

原作はシェイクスピアの『シンベリン』といぅ戯曲から。

狭いステェジで観客の視界のフレィムに収める必要がある「舞台」と、カメラを自在に操って様々な視点から詳細を伝えることができる「映画」っていぅのはも
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.0

詐欺師とペテン師には天と地ほどの差があると思うの。まぁどちらも同じ意味で、欺きを生業として生きておられる方々のことなのだけれど、ペテンの語源は中国語なのですって。そのあたりからも違いを想像してしまうわ>>続きを読む

パ・ラ・ダ(2008年製作の映画)

5.0

もうね、悔しくて悔しくて仕方がない。どうしてこんなに素晴らしい作品を劇場上映しないんだろうって思ってしまぅ。

何年も前にイタリア映画祭で鑑賞して、あまりにもいい映画だったからイタリア語ver.のDV
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

5.0

どうしてこんなにもこの時代の作品には名曲ばかりなの?

イタリア映画すべての中でアタシが最も多く観ている作品。もう脚本、キャスティング、音楽、そのすべてがこれだけマッチしている作品を観たことがない。だ
>>続きを読む

イヴの総て(1950年製作の映画)

5.0

アタシの中では、元祖どんでん返し映画。ん?これネタバレじゃなぃよね?笑
何度観ても好きな作品。これは特に女性のほぅがピンと来る作品に違いないわ。

初々しい駆け出し女優のイヴと、イヴを住まわせるベテラ
>>続きを読む

ザ・ギャンブラー/熱い賭け(2014年製作の映画)

4.1

アタシは好きだけれどなぁこの作品。

大学教授がギャンブル依存で、いろんな人を裏切っていく。しかもものすんごい裏切り方で。こんなの誰がどう見たって、理解は微塵もできっこない。

まず1つ思うのが、アウ
>>続きを読む

バッド・マイロ!(2013年製作の映画)

4.0

どうしようもなくくだらない映画を観たい時ってありません?笑
そういう時にオススメの、でもそういう時以外には絶対に勧められないB級作品。

人間関係でストレスが出てくると、assからモンスターが出てきて
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.5

前作でいろいろあったジェレミーがすんごくキーパーソンになっておられてよかったわ。

個人的にはロバウトダウニーJr.は当たり前として、ソー役のクリスたんがイケメンで大好き。
イケメンは正義!!(確信)
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

白状すると、あんまりハリウッドの映画は得意じゃなくて、でもやっぱり米国は世界一のエンタメ大国だから嫌っちゃいけないよね…と自分に言い聞かせ、2のための予習で鑑賞。

観るといっつも思うけれど、やっぱり
>>続きを読む

幸せのバランス(2012年製作の映画)

4.7

これだからイタリア映画はやめられない。(単にイタリア贔屓なだけなのだがw)地味なのよ、とても。だけれども静かに心を揺さぶってくれる優秀作です。

この作品を他人事としてしか観ることが出来ない人がいたと
>>続きを読む

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング(2004年製作の映画)

3.6

ベネさんほど知性に溢れた役が似合う人はなかなかいないと思う。

みなさんおっしゃる『博士と彼女のセオリー』との比較ですが、アタシは博士と〜を観てないので、それが良かったのかもしれなぃ。

純粋にホーキ
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.1

何度か書いていることだけれど
この世の中で1番強い結束は
オトコ同士の友情だと思う。

コメディだから最初から最後までもれなく笑わせてくれる作品なのだけれども、なんだかんだとアランを中心にみんなが結束
>>続きを読む

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

2.6

ルークがくっそカッコいぃ♡
ジョンキューザックが主演したポー最期の5日間(題名うろ覚えw)で確かこの人刑事役をされていたのよね。それで一目惚れ。イケメンは目の保養!とってもステキでした!!

アタシの
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.0

まったくアタシもスレたもんだと感じてしまった。指を落とすシーンや耳に菜箸を突っ込むシーンを平然と食事をしながら観ていたんだもの。(これはほぼCSIのせぃ)慣れって恐ろしい…

それはそうと、邦画をほと
>>続きを読む

緑はよみがえる(2014年製作の映画)

3.4

イタリア映画祭にて鑑賞。

エルマンノオルミ監督の1番の特徴はどの作品にもやさしい自然と人間との絶妙な距離感を描いていることだと思う。

戦争の映画です。すごぃですょ、この作品。イタリアと国境を挟んで
>>続きを読む

スイミング・プールの少女(2015年製作の映画)

3.2

イタリア映画祭にて鑑賞。

とてもとてもかわいそうな家族の話だった…。ローマの海の綺麗な郊外、シンクロナイズドスイミングの選手権に出る夢を持った姉と小学3年生の幼い弟。ママンが亡くなったことを責め廃人
>>続きを読む

レオパルディ(2014年製作の映画)

2.6

イタリア映画祭にて鑑賞。

レオパルディは詩人の名前。イタリアで今でも愛唱されるロマン主義の思想家。ただ蓋を開ければとんでもなくネガティヴだしペシミスティック。何故かというと…という理由が描かれた作品
>>続きを読む

黒の魂/黒い魂(2014年製作の映画)

3.3

イタリア映画祭にて鑑賞。

イタリアの中でも最も貧しい州と言われるカラブリア州の中年三兄弟のお話。原作では少年三兄弟なので、その後のお話という位置づけなのだとか。

麻薬ディーラーの三男と、その資金を
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

人生初の4Dで鑑賞。って言うても、マッサージチェアのごとくブルブルってなって、ちょっとユラユラするだけなんじゃなぃの?ってお思いでしょぅ!?

とーーーーんでもなぃ!!
煙は出るし、水しぶきは出るし、
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.5

この作品を観られて気になったかたへは是非ベルトリッチ監督の『ベルトリッチの分身』という作品を合わせて観ていただきたいです。

どちらもドストエフスキーの『分身』をテーマに描かれております。

こちらの
>>続きを読む

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014年製作の映画)

3.2

出た!下半身丸出し!この監督の作品、だんだん下半身丸出しがデフォルトになってきた感否めませんw

余談だけれども、これ、海外で放映される際はモザイクどぅなっているのでしょうね?ヨーロッパなんかだと芸術
>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ(2013年製作の映画)

4.0

昔のイタリア映画が得意とする象徴的なシーンの羅列で美しくアートな作品です。

イタリア映画は何を隠そうアタシの専門。このソレンティーノさんという監督も、主演のトニさんも最近のイタリア映画でよくお目にか
>>続きを読む

ランナーランナー(2013年製作の映画)

3.3

カジノと裏社会ってのはホントに作品になるものよね。カジノ界の暗い一面を感じれる作品。

アタシが若かりし頃(今だって充分若くてよ?w)インシンクといぅバンドでとってもカッコ良かったジャスティン。アタシ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

2.8

デンゼルさんよりクロエちゃん!この作品は絶対クロエちゃんっ!絶対絶対クロエちゃん!!

デンゼルさんのアクションや、またもやこの粗野な役柄は定番なのだけれどもストーリーや役より設定が面白かったですねっ
>>続きを読む

泣く男(2014年製作の映画)

2.5

韓国映画は片手に収まるほどしか観ていないアタシが気の利いたレヴューなど書けるワケはないけれど、チャンドンゴンさんならいいかもしれない、と、パッケージの肉体美に誘われて鑑賞してみました笑。

チャンドン
>>続きを読む

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

4.0

一体この子をどこから見つけてきたのかしら?またまたすんごい女優を見つけてきたものだわ。

人の記憶に入り込んで事件を解決するという探偵と少女の話。

昔むかし、アメリカとかロシアあたりでは本気の本気で
>>続きを読む