GTさんの映画レビュー・感想・評価

GT

GT

映画(100)
ドラマ(0)

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.7

「不屈の男」ドノヴァン弁護士が、米ソの両方のスパイの架け橋となる交渉を愚直に、頑なな姿勢で行なっていく。リアルなスパイ、工作員は地味で目立たないのだと思うし、この映画もそのテンションで地道なやり取りを>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.5

「天才詐欺師」と、彼を追うFBI捜査官の姿を、痛快かつ人間味豊かに描いた、実話をもとにした傑作!小切手偽造からパイロット、小児科医、弁護士…なりすましの天才と、追いかける捜査官。名前や職業を変えていく>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

本当に観て良かった。最後、モノクロからカラーになる色彩の鮮やかさで、穏やかな気持ちになれました。傑作です!「一人の人間を救う者は、全世界を救う。(Wer einen Menschen rettet, >>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

やっと観にいけた〜
煉獄杏寿郎の映画!カッコいい!
伊之助も男をあげた👍
IMAXでもう一回観たいな!

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

3.0

スパイ養成学校、通称‘’D機関‘’。原作とは全く別物として観ても…派手なスパイ映画、題材と世界観が一致しなかった。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.0

ホグワーツ魔法魔術学校、第3章。成長した3人、特にハーマイオニーは逆転時計で大活躍!人狼ルーピン先生、ヒッポグリフのバックビーク、鼠のピーター・ペティグリュー、個性豊かなキャラクター、主役トリオの成長>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.5

ホグワーツ魔法学院2年生、ハラハラするシーン多かった〜💦不死鳥フォークスが大活躍!ダンブルドア校長の心に残る名言、『It is not abilities that show what we trul>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.5

ファンタジーの傑作!ハリー、ロン、ハーマイオニーのトリオが可愛い。梟、猫、蛇、一角獣、竜、三頭犬…世界観に自然と入れて、何度でも入り込める 。>﹏<。

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.6

こんな相棒が欲しい!名犬バックの物語。CG、犬の習性や動きはちょっと雑な印象。ただハリソン・フォードがそれを補う名演で、流石!動物同士のセリフがないのも良かった。

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.0

清王朝、最後の皇帝。溥儀の生涯を通して色々感じることがあるけど、映画の完成度が高くって何回か観たい。
1980年代でこの映像美、凄い!
ラストは救われた気持ちで終わって良かった。

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.7

キュラソーは、子ども達と友達になれて、
良かった最期なのかな。。

(1960年製作の映画)

5.0

脱獄劇の傑作。
冒頭に出演者の一人が「友人ジャック・ベッケルが私の体験を忠実に映画化しました。1947年 サンテ刑務所で起きた出来事です」と言って幕を開ける。実際の脱獄犯が演じる実話。

BGMは一切
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

3.5

傑作。なんだけど、感情が入り込めなかった。ロシアンルーレットのウォーケンの静かな狂気の表情が残った。
マイク:ロバート・デニーロ
ニック:クリストファー・ウォーケン
リンダ:メリル・ストリープ

ターミナル(2004年製作の映画)

3.7

楽しかった!空港という場所は、非日常な感じがするから好き。待つことは、ただ待つだけではなく、その中で自分のできることをやることが大事だなぁ、と。
トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、スピルバ
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.8

小説の東京ロンダリングの映画版かと思ったら、違うのかな?内容は似てるんだけどね。池田エライザさんの弛く影のある演技は、良かったぁ。「泣くな、笑え」!
こういうお仕事もホントにあるのかな??

ガタカ(1997年製作の映画)

3.8

遺伝子操作によって優性子か否かが判断される近未来。DNAでは測ることのできない、人間の可能性を描いた、ヒューマンサスペンス。静かに、ハラハラしながら、テンポ良く。努力は自分を裏切らない、と信じたい。>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.7

原作を読んでたので、映画はどうかなと思って観ましたが、良かったです(ΦωΦ)
ナナとサトル、愛と友情は種別を超えて分かりあえる感動作。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.5

恋は、
いつだって自分を欺くことから始まり、
他人を欺くことで終わる。
これが世間でいうロマンスというものである。
爽やかに騙されて、スカッと爽快!^ ^
ダー子、ボクちゃん、リチャード、最高!!

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.7

現代の進化は、現実の方が奇なりかもしれない時代になるかも。。2000年当初にこの映画が創れた監督は凄いですね。
AI、ニューロネットワーク、ブレインコンピュータインターフェース、ゲノム編集、データ監視
>>続きを読む

さいはてにて やさしい香りと待ちながら(2014年製作の映画)

4.5

優しさ、強さ、哀しさ、切なさ、悦び、色んな感情がゆったりと流れ、大きく包みこまれている安心感と繋がりが感じられました。
青、碧、藍の映像美、役者さん含め、とっても美しい映画。珈琲飲みながら観ました!

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.0

こんなコーチに出会いたい!
チームを変え、学校を変え、地域を変えてしまうスッキリした!頑張ろって思える映画ですね。

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

5.0

こころが熱く、温かくなる映画^_^
実際の写真がエンドに出てきましたけど、本当に良い家族に出会えて、マイケルの努力と奇跡のような話しでした。
個人的には卒業式のシーンにグッときました!

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

5.0

最強の夫婦!!
アクション凄いし、スッキリする映画!
5点じゃなくて、10点(笑)!

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

ワンピース20周年!記念に観てきました。
ラストは感動でブルッときました〜!

キングダム(2019年製作の映画)

4.5

王騎の存在感、山の王の美しさ、見応え十分で、時間を忘れてしまいました!
続編に期待です!漫画、読みたいなぁ。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

観終わった感想は、脳が疲れたー!
主人公と同じ仕事した気分。。
緊急通報指令室でSOSを受ける、ワンシチュエーション映画。88分の上映が短く感じるような、長いような。。
劇場で観たほうが絶対にいい映画
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

豪華キャストがテンポよくストーリーが進み、時間があっという間でした!
ホテル物は好きなので楽しめました^ ^
たしかに星付きホテルは非日常空間なので映画を観て、またホテルに行きたくなりました。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

静かに感動する実話を元にした映画。
Captainの判断を中心に、正当性の是非を裁いていく静かな緊張感。
ニューヨークの良心がラストの感動を呼びました。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

心地良い余韻が残る、エンドロールまでゆっくり観られる映画。特に後半は穏やかな気持ちになりました。モード・ルイス女史の画は命の躍動を感じる画に思います。

GAMBA ガンバと仲間たち(2015年製作の映画)

3.3

昔のガンバは怖い印象だったけど、
この映画はPOPな冒険物語。
シッポを立てないのはなんでかな?

南極物語(1983年製作の映画)

4.0

感動するも犬たちを想うと辛いなぁ。
実話だからより感情移入してしまう。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8

家族の絆、親と子の在り方、夫婦とは、正解のない物語だから、余韻が続く映画でした。

>|