Rottenはやとさんの映画レビュー・感想・評価

Rottenはやと

Rottenはやと

映画(338)
ドラマ(1)

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

3.0

かわゆい〜♡
間違っても拗らせて「どど、童貞ちゃうわ…」みたいなタイプにならんで欲しい

One Step(2018年製作の映画)

1.0

製作者サイドにリスペクトはあるが、酷い作品。実際に虐められたり、関係したりする人物の言い回しではなく、リアリティに欠ける。お気楽学園もの過ぎて観ていられなかった。虐めと恋愛要素を掛け合わせちゃいかんの>>続きを読む

逢魔ヶパレヱド(2017年製作の映画)

3.5

某ジブリ映画を思い出した。
世界観は好き、アニメーションに合わせてトップハムハット卿のラップを聴きたい

マーティン・エデン(2019年製作の映画)

5.0

稀代の作品に出逢ってしまった。
『マーティン・エデン』


公開初日ということで、主演ルカ・マリネッリがベルリンから、監督ピエトロ・マルチェッロがナポリから参加し、スクリーン上でオンライントークイベン
>>続きを読む

Code Elektro's "Shinobi"(原題)(2018年製作の映画)

1.5

勘違いクールジャパン。鼻血といい目からビームといい笑わせにきてるのかと

暗闇の中で(2017年製作の映画)

3.1

地獄の3チャンネル番組みたいな感じ
これはキメてますわ

夜の車/トゥー・カーズ、ワン・ナイト(2004年製作の映画)

3.8

第77回アカデミー賞短編映画賞にノミネートされた作品。

カメラワークと表情天才過ぎ、、
エモの極み、、よくこんな味が出せるな、、

コメントにもあったけどNZ訛りが凄い、最初フランス語かと思った。(
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

いつかのワナビー

レイが大人で、夜を使い果たしてスケボーするシーン惚れた。心が通っていた。

デッキテープ貼るシーンも素敵でしたわ。とてもソーセージパーティーの監督とは思えない

ビキニ・カー・ウォッシュ(2015年製作の映画)

2.7

いいかい学生さん、ビキニカーウォッシュをな、楽しめるくらいになりなよ。
それが人間偉すぎもしない、貧乏すぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

腐敗しすぎた氷菓を観てる気分。
ビラばらまくシーンは"ふがいない空を僕は見た"を思い出した。

主人公は、痛いと周りから疎まれている秋好を最初は救ってあげたつもりだったのだろう。付き合ってあげている、
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

主人公7、8人居た
でも1番は矢野〜😭😭
タッチアップを迷宮入りさせるくだり好き

あえて映さないからこそ改めて感じたけど、金属バットのバッティング音って良いね

アグネス(2014年製作の映画)

3.9

可愛すぎ。1シーン1シーンが印象的。
ココアの混ぜ方って性格出るよね

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

色彩美 
途中結構サイケデリック

「心を込めて縫い合わせた」って言葉も良かったが、気を失って無防備な彼女を前に欲に負けなかったことが何よりの愛の証明。

カニバリのサイコパスを"いい奴"にみせちゃう
>>続きを読む

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

メイド×タバコ×武器最高じゃあないですかぁ…(新たな癖の扉が開いた

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

-

すこし早とちりなペンギンとか、食べて〜って逆に追いかけちゃうとんかつとか、ブランデーを傾けながら「たかだか大麻、ガタガタ抜かすな」って吐いてた脱法ハーブもみんなみんな可愛かった。

心が疲れた時に観た
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.3

これはコメディ、でも泣けた。(ホラー映画を観ての感想

>|