もんたさんの映画レビュー・感想・評価

もんた

もんた

目指すはDr.マンハッタン。感想と採点はノリ。
53→162↓

映画(286)
ドラマ(16)

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

お助けAIかと思いきや、感情の無いヴェノムでした。
気持ちワル良いカメラワーク、過激な暴力描写、斬新な無機質アクション等を使って、ありがちな設定をちゃんとアップグレートしてくれてる!
続編を妄想するだ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.6

掟破りは許されねえよ……
馬も犬も防弾技術もインドネシア勢も頑張ってます。
要素がどんどん増えてまいります。

007/美しき獲物たち(1985年製作の映画)

3.3

上は大火事、下は地震、中はステロイド。
馬が可愛い。マニーペニーも可愛いよ。
本日のボンドガール:株主公務員

天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント~(2019年製作の映画)

3.3

金言の満漢全席、本にして欲しい。
ブッシュに対する悪意を感じるのは気のせい?

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

家爆破は許せねえよ……!
NYは殺し屋関係の人しか居ないらしいです。アクションも世界観も拡張してくれてお腹いっぱいです。

007/オクトパシー(1983年製作の映画)

3.3

インドのボンドは情報量が多い。
悲劇の道化師、009の勇姿に涙……
本日のボンドガール:密輸!タコ娘

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

「おかしい」って漢字で書くと「可笑しい」になる。
ウォッチメンやデッドプールにも通じるテーマの1つが、余りにも酷で辛い現実に直面した時、人は悲しむ事でも怒る事でもなく、冗談だと笑い飛ばす事が最良の対処
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

犬殺しは許せねえよ……!
リロードまでもがカッコいい、美しいガンアクションと独特の殺し屋界隈が魅力的。

007/ユア・アイズ・オンリー(1981年製作の映画)

3.5

雪も崖も海もアクションがすごい。
男前なコロンボさん一味、熱い。
本日のボンドガール:清楚系ボウガン美女

クロニクル(2012年製作の映画)

3.7

超能力×思春期の組み合わせ、こんなに合うんですね。
キラキラしてて切ない、どこにでもある青春物語。

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.3

メアリー・エリザベス・ウィンステッドが好きすぎて本編に集中しきれない。
白眉は何と言っても日焼けサロン。

007/ムーンレイカー(1979年製作の映画)

3.6

ムーアボンド、宇宙進出大成功🚀
まさかの、感動、まさかの。
本日のボンドガール:自称宇宙研究員

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.1

作画がすごい。
画がリアルなだけに話のありえなさが気になった、まあそれを言っちゃお終いよね。
台詞無しで作ってみて欲しい。
以上、サントリーの提供でお送りしてました。

アス(2019年製作の映画)

3.9

ホラー演出が巧い。"ちゃんと"怖いしちょいグロのオマケも付いてきてる。
脚本の穴らしき所も深読みの素材に変わってしまう、ジョーダン・ピール作品にハズレ無し!!
ジョーズのTシャツで海行くなや。

007/私を愛したスパイ(1977年製作の映画)

3.3

アトランティスの超人、ジョーズ。
車の変形シーンは無条件にカッコいい。
本日のボンドガール:XXX

シュガーマン 奇跡に愛された男(2012年製作の映画)

3.4

不思議な実話、不思議なロドリゲス。
印税はどこへ消えていったのだろうか…

愛、アムール(2012年製作の映画)

3.8

不穏すぎる長回しと不穏すぎる省略。
個人的には感動<恐怖だった。
献身的な愛とエゴは紙一重。
ラスト、おじいさんが寝てた部屋をよく見てみましょう!現場からは以上です!!

007/黄金銃を持つ男(1974年製作の映画)

3.2

アジアンカンフーソーラービーム。
良い悪役を活かしきれてない……
本日のボンドガール:順番待ちの助手

アフターショック(2012年製作の映画)

3.4

意外と先の読めない展開。
CGにあまり頼ってないのが良い。
イーライ・ロスが関わる映画は基本信頼できる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.7

レオ&ブラピの最強コンビが作り出す面白可笑しく豪華な「虚構」と、マーゴット・ロビーがキュートに(だからこそより儚い)演じるシャロン・テートに起こる忌まわしい「現実」がシームレスに交わる不思議な感覚。>>続きを読む

007/死ぬのは奴らだ(1973年製作の映画)

3.4

ダイナマイト・ボートレース。
街中に敵がいる展開は怖い。オチも怖い。
本日のボンドガール:タロット巫女

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.8

最強の俳優陣のアンサンブル。
どんどん加速する展開。
タラ流会話劇の真骨頂。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.4

ディスカバリーチャンネル。
アニマルプラネット。
スカーはCGになってもカッコいい。

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

3.1

ラスベガスを、ぶっ壊す。
敵も味方もアホばっか、壮大なコント。
本日のボンドガール:アホな峰不二子

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

ルフィの描いた海賊旗を律儀に使い続けるフォクシー海賊団の心意気に泣いた。
原作読んでる人は絶対に観るべし!

女王陛下の007(1969年製作の映画)

3.6

ボンドのクリスマス休暇。
アルプス・ルームは男の夢。
本日のボンドガール:TRUE LOVE

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.9

綺麗な映像の良い話。
意味がわかると怖い話。
振り返るともっと怖くて良い話。

アウトロー(2012年製作の映画)

3.6

ジャック・リーチャーかっけぇ〜!
ジャック・リーチャー強ぇ〜!
ジャック・リーチャーハンパねぇ〜!

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.4

60年代ネオ東京、逆に違和感がない。
ショーン・コネリー渾身の日本人コスプレ。
本日のボンドガール:あまちゃん

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

お前…タイムリープしてね?
素晴らしい続編の作り方!!各キャラに愛着が湧いてしまう。
ホラーはほぼ無し、観終わった後にアレコレ考察したくなる青春SFの良作。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

お前…タイムリープしてね?
テンポの良さがクセになる。
ループ系ホラーの枠を超えた良作。

007/サンダーボール作戦(1965年製作の映画)

3.4

サメと戯れるダイビング祭。
身長伸ばしマシーンの恐怖。
本日のボンドガール:パパ活暮らしの妹

マスターズ・オブ・ホラー(2018年製作の映画)

3.7

外連味たっぷりのジャンル映画から気味の悪いパラノイア系SFまで、B級な魅力が詰まってる。B級ホラーのお中元セット。
映画館で観るとすごい居心地が悪くなる。良い意味で。

アルゴ(2012年製作の映画)

3.6

ハラハラ展開盛り盛り、サスペンスのお手本。勿論です、プロですから。

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.3

カッター帽子、良い。
レーザー光線、良い。
本日のボンドガール:武闘派パイロット

>|