ともきさんの映画レビュー・感想・評価

ともき

ともき

映画(479)
ドラマ(11)

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.5

ティムバードンっぽいな
ディカプリオほんま格好いい
初登場シーンは惚れる

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.6

世界でインスタ映えが流行る前よりもメディアは映えを意識してた。いわんや日本をや。

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.0

運命に翻弄されまくり
最後の観光地として紹介されてるとき、なにか虚しかった

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.8

人間の強さを表すためのこの世界観やばい
アリに理性があったらこうなるってことやん

プラトーン(1986年製作の映画)

3.6

目的や信念があいまいな状態でも人間でいられるか動物に成り下がるか。どっちを選んでも意味はなかったんか。

情婦(1957年製作の映画)

3.9

今見ても面白さや凄さが保たれてんのほんと凄い

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.6

血縁関係の愛と他人関係の愛のパラドックス。被写体が常にフレームの端に写る撮り方好き

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.1

タイトルと内容が逆の作品に感じるのは浅はかなのか、、、

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.3

後半から部屋のエアコンの音と憎悪と悲嘆が残って終わった。女の子は泣かなかったし生きようとしてた。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.4

科学進歩しすぎてハリーポッター感出てる
スピルバーグの未来創造の方が強い

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

3.5

アルマゲドンのパチモンやと思って見始めですみませんでした。
パイロットの女性の娘激かわやった

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

麻薬カルテルの話かと思いきやヒューマンドラマ

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作と監督違うのにほぼ変わらん緊迫感
続編出るだろあの終わり方

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.5

そもそもなんでメキシコはここまで麻薬で栄えてるのか勉強不足でした。

バーレスク(2010年製作の映画)

3.7

テスのボス感半端ない
あと受付の人の滝藤賢一感も

酒飲みながら生でこのショーを見たい

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.7

世界の問題を理解するのも大事
国内のいじめの問題を理解するのはもっと大事

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.8

どっかで見たことあるようなシーンを寄せ集めてるみたいやな

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.4

事実には理由があって、良い事実でも悪い理由があって、悪い事実でも良い理由があって。
terrific

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.0

この背景を勉強してなかったから映画としてはあまり楽しめなかった。
けど、今度もう一回見たときに違う見方が出来たらいいなと思った。

>|