リカチャンチンさんの映画レビュー・感想・評価

リカチャンチン

リカチャンチン

映画(573)
ドラマ(13)

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.0

ジョーカーがいて成り立つ映画だった。バットマンのあれこれよりもジョーカーが観たくなる。なぜかバットマンよりジョーカーかっこええな、と思ってしまう。この人死んじゃうか...ってとことか綺麗事だけじゃなく>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

共感できる部分があるし、圧巻の演技だった。ようやく観れたなぁ。こういう人ってピンピンに尖った針みたいな緊張感と泥臭い脆さがある印象。
2020/184

バレエボーイズ(2014年製作の映画)

3.8

3人の男の子バレエダンサーの将来を追ったドキュメンタリー。中でも絵になる整った少年は15歳を気に声変わりや身長180㎝の急成長。進路への悩みや3人の付き合いの変化は共感する部分が多かった。自分の子がこ>>続きを読む

デーモン・インサイド(2018年製作の映画)

2.0

アマプラで100円レンタルだったから観たけど、妥当な判断でした。爆音でロック流す件がとても寒いのでやめて欲しかったです。
2020/182

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.2

終始ノリでやりきった感ある。大事なイベントを考えてるならそもそも二人きりで行けよなって思う。スクーターばーちゃんかっこいいな。2020/181

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.2

複雑な家族関係の映画なんだろうけど、抽象的な含みが多すぎてあまりピンと来なかった。
2020/180

美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋(1995年製作の映画)

3.5

亜美ちゃんの顔写真入りのロケットペンダントを大事にしてたし、セーラームーンごっこでもっぱら亜美ちゃん役してたな。淡い...
2020/179

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.6

暑いな~って夏を感じる時期にこういうの観たくなる。ほんわかした。
2020/178

エージェント・ゾーハン(2008年製作の映画)

3.5

終始バトルの中にも平和があって、主人公の憎めないユーモア溢れる感じが良かった。考えすぎちゃった時の息抜きに良さそう。
2020/177

台湾、独り言(2016年製作の映画)

2.8

評価つけるのが難しい映画だなぁ。舐めた態度取る日本人は確かにムカつくしスペイン語教師の韓国人は自分から会いに行ってるのに失礼な態度ばかりで行き当たりばったり。みんな何がしたいの?て感じ。ジャケとタイト>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

3.5

貧富の差で悔しい思いをしている兄弟が報われてよかった。最後の兄弟の会話がいい。
2020/175

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

3.8

映画としては結構面白かった。
いい加減なバカなおっさんが若いねーちゃんによしよししてもらいながら金回しにヒーヒーいってる映画。バカは金持ちになってもいい事ないね。2020/174

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.5

あんなろくでもない男を切れずにろくに子育てしようとしてる女もやばいし、いい顔して実は虐待してた女もやばい。振り回された旦那もやばいけど可哀想。
2020/173

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

出産前に観れて良かった!リアルな妊婦系映画です!
2020/172

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

3.7

介護職の方や、介護に興味がある方、親の老後がふと気になった方、自分の老後が気になるという人におすすめ。
2020/171

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

3.6

大人は、ましてや教師は子供に寄り添わないとダメでしょ。利口な子に辛い思いさせて気持ち悪い野郎だった。純粋で清すぎる男の子たちの支え合いかわいい。最後にスタンリーの普段の暮らしが見えて心痛めた。
202
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.3

結構面白かった。才能ある人が報われるとほっと安心する。でも報われた先にもその実力を妬む哀れな人がいたりする。だけど素敵な父であり夫でありドライバーだと思う。汚い人間が撲滅しますように。
2020/16
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

確かに面白いんだけど「衝撃的!」とまでは行かなかったかな。めちゃくちゃ話題になっていたからハードル高かったと思う。器用貧乏さと人間身が物凄い泥臭さを生んでた。色んな場面での悔しさは結構共感できた。
2
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.6

イケイケのベビーシッターねーちゃんががちでイカれてたって話。スプラッター要素あり。
2020/167

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.8

面白かったけど、屑い奴はグズグズすぎてドン引きだった。余計な事すんなよーってアカンフラグ立ちまくりでした。
2020/166

最‘新’絶叫計画(2001年製作の映画)

3.0

食べた気にならないフワッフワのスフレみたいだった。めっちゃ軽い。「ハハン」て鼻笑いが止まらない系。
2020/165

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.5

色彩の感じるモノクロで違和感なく観れた。必然的にタイムリーな妊婦ものを選びがちなんだけど悲しかったな。
2020/164

ラブレス(2017年製作の映画)

3.2

夫婦仲が悪く、お互い相手がいるという家庭環境。そりゃ息子も曲がって育つだろうし家にいたくないでしょう。実際にこんな家族がいてもおかしくないのかもだけど、映画としては今一つ。2020/163

ボヴァリー夫人とパン屋(2014年製作の映画)

3.6

隣人のねーちゃんの私情が気になって気になって仕方がないおっちゃんの話。恋の酸い甘いの脇役に映るパンがめちゃくちゃ美味しそう。
2020/162

アス(2019年製作の映画)

1.2

つまらなかった。主人公夫婦がなんでお互いのトラウマを理解せずにここまで来たのか全く共感出来ないし、夫の楽観的な考えが理解出来ない。そんな全く共感出来ていない中また無茶苦茶な設定で、置いてきぼり感半端な>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.5

とてつもない映画だった。湿っぽい不快感がただ続くだけでもある意味ホラーの連続で、でもクライマックスに向かって凄い方向にぶっ壊しに行ったなって感じ。結構度肝抜かれたな。
2020/160

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.8

主人公が障がい者でも健常者でもあんなに過保護な親はいると思うし、どの道同じような道を辿っていたと思うが主人公が障がい者ということでより彼女の生きづらさが浮き彫りになっていたと思う。いくら子が可愛くても>>続きを読む

アクト・オブ・キリング オリジナル全長版(2012年製作の映画)

4.0

凄かった。尺がとても長く2日にかけて観てしまったけど最後まで観れてよかった。最後の方で今までの長さが府に落ちるし、より最後の生々しいシーンが生きてくる。怖すぎて笑ってしまってた。最後に期待して観る価値>>続きを読む

美術館を手玉にとった男(2014年製作の映画)

3.7

不思議と嫌味には思えないし本人が生活の中での楽しみにしている事が伝わった。複雑な目で彼の事を追ってしまう人はいるけれど、憎めない人柄であることは間違いない。
2020/157

THE COCKPIT(2014年製作の映画)

5.0

やっと観れたぁぁぁ......!!!!!!
めっちゃ好き!!!
2020/156

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

4.2

映像と観ている自分の物理的な距離感がとても近くに感じる不思議な時間だった。親近感と甘酸っぱさで喉がきゅっとなる。
2020/155

ふくろう(2003年製作の映画)

3.8

中々面白かった。大竹しのぶは流石。ショートコントのようなテンポから徐々に複雑になっていって笑いあり涙ありで良かった。ふくろうも一々可愛かった。
2020/154

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.8

主人公がきちんと報われてほしかったな。痛い思いしてばっかだ。大きな嘘をつくのはほんとやめてほしいな。えぐれるよ。
2020/153

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.8

後半までの、周りと少し浮いてるいわゆる大人になりきれてない行動と言動には身に覚えがあるなぁ...自分を振り返ってしまう辛さ、痛さがあった。後半からの周りがくれたチャンスを素直に受け取る正直さが強さにな>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

3.3

確かにキャストが豪華。何も知らない美人が酷い目に会うのツラ...もう少し盛り上がり所があっていいかも。
2020/151

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.7

中々良かった。ムサい奴から「ぴょるーん」て感じの人になって自信無さそうに銃を構えちゃう感じが、実際銃社会で生活してて事件に巻き込まれたらこんな普通そうな奴に殺られそうだな、と思った。銃オタクが一番いい>>続きを読む

>|