hitomiさんの映画レビュー・感想・評価

hitomi

hitomi

映画(59)
ドラマ(0)

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

世界中に敵がいる人なんてそうそういないよね。
ジョンウィックのすごいところは休まず戦い続けるところかな。
そして色々あってもちゃんとルールと約束を信じるところはこの世界の人だな。
怪我治らないし、おも
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.7

この2人の共演を観れるとは思ってなかった!
タランティーノは正直、グロいイメージで苦手意識があったので、あんまり観て来なかったのだけど、これはおもしろい。
無駄に脱いでるブラピも、結局飲んじゃうレオも
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.8

アップリンク渋谷にて鑑賞。
もう銭湯行けなくなるんじゃないかという心配をいだきながら。。
そんなヤクザ映画の残酷な感じとか、そういう心配をよそに、ちゃんとあたたかみがある映画だった。
そしてなによりテ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.1

気になることがたくさんでモヤモヤしたままです、是枝さん、、!
善良でありたいと思うけどそれだけでは世の中も法律も世論も。。
善良とは善意とは、、そもそもそんなキレイに説明出来ない人に対する、ちゃんとし
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

よかった!
表現も新しく、ユーモアある。日本人が共感したくなるダメなところも。
かっこよさも。
クスリと笑えるところも。

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.0

久しぶりに失敗したかな。
期待していただけに、こんなに内容ないとは。

キングダム・オブ・ヘブン(2005年製作の映画)

4.7

ディレクターズカット版を、映画部メンバーの熱意による映画館上映によりさいたまにて鑑賞。
こんなにかっこいいオーランドブルームを観たことないといったら、一般的な彼の認知からみたら深みのない感想に思われる
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

相変わらずのトムのアクション。
バイク、カーに屋上疾走。に今回はヘリ。
誰を信じればいいのか感もありつつ。

ただ1個、プルトニウムの持ち主の入れ替わりがについていけないとこがあってモヤモヤ。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

ドナ役のリリージェームズが魅力的すぎる

そしてなんか共感できる。
はたから見たらハチャメチャかもしれないけど。
恋愛あるあるなストーリーなのに思わず憧れるような舞台と魅力的な主人公と、それをとりまく
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

青山くんは変な小学生です。
青山くんは多忙です。
でも青山くんは真っ直ぐです。
将来に向けて日々ちゃんと考えてちゃんと行動する姿は、多忙にしているのを言い訳にして新しい発見と研究に向かっていない自分を
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

小さい時はきっとくんちゃんみたいな体験をみんなするんじゃないかな。
昔は夢と現実の間で色々な体験してたのを思い出した。
あの庭には行きたいな。

くんちゃんとくんちゃんファミリーの日常がリアルで、自分
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

ゾンビ映画はニガテ。
前情報入れずにいくとこんな感じでのスタートに。
だけど、映画の作りがわかると改めて映画ってすごー!と思う。
カメラワークとかスタッフとか情熱とか。映画には色々なものが必要だな。
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

振り回される天真爛漫な可愛さ。
明るさの裏の本音。
もどかしくてピュアな感じ。
素直になれないからの真実か挑戦ゲーム。
憧れたりこうなりたいと思う、自分にないものを持っている人に惹かれる感じ。
きっと
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

辻さんの特殊メイクが気になっての鑑賞。
メイクとは思えないくらい表情豊かなチャーチル。
ゲイリーオールドマンが演じてるから尚更なんだろうな。
終始チャーチルが話してる。
場面は変わるけどずっと話してい
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

シャレにならない事件が、実は痴話喧嘩でイヤイヤないでしょってことばかりだけど、そーゆうのを繰り返してるなかの、ほんとに1言1言が、少しずつ少しずつ影響を与えていく。

派手な事件と、どんどん色々なこと
>>続きを読む

おと・な・り(2009年製作の映画)

3.2

事前に少し情報が入ってしまっていたのだけど、やっぱり期待はしてしまい、会うのか、会えるのか!ともどかしかった。
茜も氷室も残念な感じのキャラだったけどそれによって思うところもあり聡と七緒2人にとっては
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.5

出会ったくらいが一番良かった。そこで少し期待値があがった分後半が残念。
このシーンいるのかなっていう場面もあったけど、あとで会話してて裏ストーリーがあったんじゃっていうシーンがチラホラで、モヤモヤポイ
>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.1

にんげんくさい、にんげんの嫌な部分を見させられて、なんでこうなんだろっていう心の痛さを感じたと思ったら、それと対照的ににんげんぽさの欠けた姿を見させられる。
最初はどういう世界でこの人たちは生きている
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

凛としているようだけど、歯を食いしばって前を向いてるんだと思うと心がギュッとなる。
でも誰に対しても強く優しいから説得力があって魅力的。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

大人になると、こんな経験あったなっていう共感とかもどかしさとかいろいろ、感じることがあるとおもう。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

カッコよくてスマートで強いけど人間らしさもちゃんとある英国紳士◎

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

エルファニングが可愛い!
ヘドウィグアンドアングリーインチ以来のジョンキャメロンミッチェル作品。
何にも前情報なしでいったので最初何がおこっているのかわからないとこからスタート。チョットせつないところ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

どんな言語を知っているかできっと色々なことが変わるのだろうなと。
あとわかるには時間がかかるのと、分かろう思って努力したら相手と通じ会えるのかなーとか。
地球外生命体の見方もかわるかも。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.9

みんなあのまま大人になって、
チョットまるくなってて、
街が近代化してて、
カッコイイけどカッコつかないリアルさというか。
面白かった!

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.5

なんかきっと高校生のときってこんなだったなって思った。
ドキドキとか夢とか、あとモヤっとしてる感じとか。
大人になってから観て良かったと思う。

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

よかった!
マンガで観てた世界観を壊すことなく色がついた感じ。
いろんなことがあって、時間をかけて、やっとちゃんと家族になっていくのとか。丘の上で叫ぶのとか。いいなと。

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

主観的に観るとヘビーすぎるけど、表現とか演技とか、客観的に観るとすごいところがたくさんある。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.5

もっとアートやパリに詳しくなってからもう一度観たい。
音楽が素敵で、なんだか素敵な世界に迷い込んでしまいそうな余韻が残る。
ゆめの世界に行って夢から冷める感じも。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.6

そこまでそっかあ!ってはならなかった。けど、普通に恋愛映画なかんじで観ていました◎
観ててひっかかった箇所がキーポイントでした。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

むかしこんなこと考えてたなって思う懐かしくてワクワクする映画。
時間はあるけどお金がない。じゃあ作ればいいじゃん!てとても共感◎

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

3.3

初めての4DX!
この映画で体験すべきシステムだなと!
1に近いところはあったけどおもしろかった。

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

呼んだ!
おもしろかった!
ヒーロー物詳しかったらもっと面白いんだろうなと思った。

ニキータ(1990年製作の映画)

3.8

リュックベッソンの世界観がすき。もう1ヒネリあるのかなってドキドキもあったりした。

裏窓(1954年製作の映画)

3.5

グレイスケリーの可愛さが、チャーミングという言葉があうかんじ。
ここから見えるのが全て。
視点がおもしろい。

>|