ユタさんの映画レビュー・感想・評価

ユタ

ユタ

映画(71)
ドラマ(0)

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

3.0

日本人としては複雑な感情になる映画。最後に旧日本海軍の橋本少佐とニコラス・ケイジ演じるマクベイ艦長が敬礼を交わすシーンはグッときた。

戦争映画というよりサメ映画ではありますが。

キング・ホステージ(2017年製作の映画)

2.0

カツラとつけ髭で変装させてまでニコラス・ケイジを使う意味があるのか?

兄弟の絆が強いのはいいけど何も解決してないと思う。

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.0

勧善懲悪もの。ニコラス・ケイジが強姦犯たちを次々に成敗していきます。なんか陰があって格好いい感じです。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.5

こんな人が実在するのか。友達じゃなくて良かった。わざわざ映画化しなくてもいいじゃん。しかも主演がニコラス・ケイジって!観なくてもいいけど、観ても損はしないと思う。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

ミシェル・ウィリアムズが好きなので観に行った。最近、母親を演じる事が多くなったミシェルだけど、本作もすごく良かった。

舞台は70年代の前半。街の雰囲気が本当に70年代前半で、特にクルマをよくあれだけ
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.0

何だかよく分かんないけど凄い映画だった。とにかく、スクリーンから目を離せない。こんな不条理があるのか?

主演のダコタ・ファニングとエミリア・ジョーンズが良かった。牧師役のガイ・ピアースがマジで怖かっ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

女神の見えざる手のジェシカ・シャステインが良かったので観に行った。クライム・サスペンス的な映画かと思っていたのだが、良い意味で裏切られた。

どんな事があっても自分を絶対に貫く強い女性の物語だ。強いと
>>続きを読む

ジギー・スターダスト(1973年製作の映画)

4.0

デヴィッド・ボウイで好きなアルバムはジギー・スターダストで、よく聴いたライヴ盤はモーション・ピクチャー。つまり、この頃のボウイが大好きだ。観ているとドキドキしてくる妖しい魅力に取りつかれそうになる。今>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

最後までハラハラさせられた。もう一度観たい。それにしても、ジェシカ・チャステインは綺麗です。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.0

まあまあかな。裁判が始まってからがあっさりし過ぎな感じ。判事が判決を下す前に微妙な空気を出していたが、それくらいないと面白くも何ともなくなる。デボラって何でそんなに喋りたがるの?

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

この映画は、小松菜奈を観るための映画です。小松菜奈の色んな表情を楽しむ映画です。小松菜奈が好きじゃなければ観なくてもいいと思います。僕は小松菜奈が好きなので観ました。とても良かったです。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

救いようのないストーリーだった。誰もが不幸になって終わった。こういうのは苦手だ。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。のっけからエグい描写で引き込まれた。また観たい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.5

イマイチだった。

色んな小ネタがあったり、80年代の音楽が使用されていたりで、自分の中では結構盛り上がったのに残念。

2Dで観たのがいけなかったか。やっぱりこういうのは、3Dだとかで観るべきなのか
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

4.0

ハッピーサッドな感じ。とても良かった。そして、とても美しい映画だった。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

作品の構成は面白かった。何で隣人のおっさんがナレーションなのか、ずっと不思議だった。最後には分かるけど。

それにしても、主人公のトーマスにイライラした。自分じゃ何も出来ないし、何も知らないくせに正義
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

最初のと続けて観た。面白かったけど、最初の比べると今ひとつだったかな。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

面白かった。新しい相棒にBoyを選んだのは正解だよ、ジョン。

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.0

ジャッキー・チェンの映画です。いつものようにカンフーがあります。なぜか美人しか出て来ません。そして、最後は大団円です。フツーに面白い。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.5

お父さんが凄すぎる(笑)決勝の前お父さんのアドバイスが胸を打った。「人々の心に残る試合をしろ。銀メダルでは忘れられる。金メダルなら永遠に名前が残る。お前の勝利は、この国で低い地位にいる何千万人という少>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

実はアンジーのトゥームレイダー2作は観ていない。なんだかんだで見逃した。アリシア・ヴィキャンデルの今作も観るつもりはなかったのだけど、なんとなく観に行った。卑弥呼の描き方とあの島は日本のどこにあるの?>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

1.5

物語があまりにも淡々と進むので拍子抜けした。一番ドキドキしたのはデヴィッド・ボウイのスペース・オディティかな。

泥の河(1981年製作の映画)

3.5

主人公の小学3年生の信雄の表情が何とも言えず良かった。父親役の田村高廣が本当に素晴らしい。明るく楽しい映画ではないが、色々と考えさせられる映画だった。

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

3.5

公開当時は観に行かなかった。その後、原作は読んだが、映画は観ないまま30年以上も時が流れた。キャストは渋い役者ばかり。特に高品格の出目徳には圧倒された。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

2.5

あまり恐怖を感じなかった。日本の電車事情と違い過ぎるのもそう感じた一因か。それにしてもニューヨークってまだ紙の切符なのか。ストーリーが今一つだったと思う。プリンが乗車するのが分かっているのであれば、電>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

面白かった。デヴィッド・ボウイが流れてきてアガって、そのあとはむちゃくちゃ綺麗な映像で何を喋っているか分からないモデル体型の種族が出てきて一気に引き込まれた。カーラ・デルヴィーニュがとても魅力的だった>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

2.5

ジェニファー・ローレンスってやっぱり綺麗なのね。ロシアのスパイの話なのにほぼ英語なのがちょっと違和感があった。うーん、アトミック・ブロンドの方が面白かったかな。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

トム・ハンクスとメリル・ストリープはさすがだった。時系列的にはペンタゴン・ペーパーズ観てからザ・シークレットマン観た方が良かったかも。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.0

とても静かで風景が美しい映画だった。モードとエベレットの不器用な振る舞いにイライラしながらも、二人が暮らしている家の周りの景色がとても美しいので、つい見とれてしまう。荒涼しているのに光がとても優しい感>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.0

キネマ最響上映(ZeppDiverCity)にて観賞。一応フィクションです。ミュージカルなのかな?ミュージカルが苦手なボクでも大丈夫でした。やっぱり昔のR&BとかSoulが好きだから?何よりもディーナ>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.0

面白かった。どうしようもない二人だけど、草太も楽人もどうしようもないくらいピュアだ。まさか楽人に泣かされるとはね。最後は笑っちゃったけど。井浦新と成田凌は二人とも良かった。

リンキング・ラブ(2017年製作の映画)

3.0

結構楽しめました。ちょっと時代考証が甘いところもあったけど、ご愛嬌。ただ、歌のシーンが長くてつらかった(笑)

東京ウィンドオーケストラ(2016年製作の映画)

3.0

何だかすごく平和で楽しい映画でした。中西美帆が良かった。

RE:BORN(2015年製作の映画)

3.5

TAKの演技は上手くないかもしれないが、アクションシーンは凄かった。有無を言わせずに引き込まれて行った。観て正解。

>|