Trainさんの映画レビュー・感想・評価

Train

Train

映画(168)
ドラマ(12)

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

彼は笑う、世界が燃え尽きても。

予告編で分かる傑作。だが本編はそれ以上。今年ベスト一位は間違いなく、何度か見直せば自分のオールタイムベストに入るかもしれない。

原作コミックにはアランムーアが手掛け
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

4.6

メガネを忘れるという最悪のコンディションで鑑賞したがすぐそんなことを忘れるほど好みの映画だった。

これから見る方には派手さだけ切り取ったあの予告編を忘れていただきたい。物語はインターステラー、オデッ
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

5.0

届かなくていいものなんてない。

形のないものを言葉にし、思いを届けるのが彼ら郵便屋であり、形のないものを絵に起こし、作品を届けるのが京アニを始めとするアニメーター達だ。

物語の後半は「思いを届ける
>>続きを読む

グリーン・デスティニー(2000年製作の映画)

2.4

チョウ・ユンファ見るたび思うんだがBLACK LAGOON が実写化するする際はMr張は彼でお願いしたい。

おいおい、これが賞レース総ナメ作品かよというのが本音。テンポの悪さにクサすぎる台詞回し、ど
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.9

ラスト13分じゃねえよ。ラスト159分だよ!なんて広告見るたび言いたくなるけど、「奇跡が起こす」はあながち間違いじゃない。それはラストの話ではなく、自分の映画人生においてのこと。映画への愛が一層深まる>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.4

ボヘミアンラプソディは残念ながら劇場鑑賞を逃してしまい未だレンタルでの鑑賞もできていない為今作との違いは分からないが実話ベースの映画で今作のような新鮮味があり、こう事実を赤裸々に語れる映画を作ることは>>続きを読む

さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-(1981年製作の映画)

3.4

偉大なる前作からの2年後の物語だが…

内容はともかくとして久し振りにメーテル、エメラルダスという素晴らしき美女とハーロックの兄貴を拝めただけでも幸せもの。

TVシリーズにしろ映画版にしろ、メーテル
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.7

数ヶ月前にYahoo!ニュースで「過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない」とピクサーが言っていたけど…
もしかしてカーズ2のこと忘れてる?

前作を上回ったか、下回ったかと聞かれ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.5

真・君の名は。

新海誠の作品作りの姿勢に敬意を表したい。
大どころかメガヒットとなってしまった偉大な前作を普通の監督なら「前作に負けない」や「前作を超える」などと考えると思うが新海誠はそんなことは一
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

「許しがたい事はたくさんある。でも、見終わった方が、自分で自分のダメなところを、他人の嫌な部分を、少し許せるようになって、少し好きになってもらえたらなぁと思います」
吉田玲子さん パンフレットより
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.3

前作「バケモノの子」の後半パートからから自分の嫌いな作風になりつつある細田守作品だったけど、今回は全編それで参った。
懲役98分。

どの物語にも何かしらツカミがあるものだけど、今作はツカミを吹っ飛ば
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

4.4

吉田玲子脚本作品巡りの旅…

はい、タイトルから分かる通り”少女が戦車に乗って仁義なき殺し合い”をする(大袈裟)アニメ劇場版。

お話は「TV版は一体何だったのか」と問いたくなるし、新キャラの一部は必
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

湯浅政明の前作「夜明け告げるルーのうた」ほどの好評の声を聞かなかったからスルーしようと思ったけど、映画館のポイントが貯まってたから無料で見れるならいいやと思って鑑賞。

湯浅政明✖︎吉田玲子だから好き
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

-

野暮なツッコミ入れるようで申し訳ないけど、海に住んでた魚を水道水に入れてしまうのは非常にマズイ…

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.9

何回見ても頭が金魚鉢…(笑)

フェーズ4駆け出しのための作品。スパイダーマン映画初のヨーロッパが舞台。

サム・ライミ版、アメスパも含めてスパイダーマン映画は割と「成長モノ」としてはどれも秀逸な感じ
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.8

現在京アニマラソン中。けいおん!、響け!、CLANNAD。その次に選んだのが「たまこまーけっと」。
これにて山田尚子作品はコンプリート、そして山田尚子✖︎吉田玲子コンビ作品4作目。 やはりこのコンビに
>>続きを読む

南の島のデラちゃん(2014年製作の映画)

3.5

本編「たまこラブストーリー」にほぼ出番がないせいか申し訳程度に作られたと思われる、テレビシリーズのメインキャラ喋る鳥デラとその愉快な仲間達のある日の出来事のお話。約5分。

デラのナルシ感が相変わらず
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ヒースレジャーとジェイクギレンホールが出演してるだけで自分としてはもう高評価なのだが、一番はやはりラストシーンだろう。

イニスがジャックのシャツに包まれていた自分のシャツを自分のシャツでジャックのシ
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

-

アレはGodzilla ちゃう。ただのzillaや。神やないで。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

2.7

怪獣プロレスだけでOK
もはや映画とは言えないがあれで1時間は観れる。

あとPG-13の映画でサミュエル・L・ジャクソンにM〇〇…言わせるのはやめなさい。先が読めちゃうよ。

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.7

「少女椿」みたいなイカれ作品かと思いきや、社会風刺要素強めのの猿の惑星みたいなアニメだった。イカれてはないといっても見てて気分が良くなるようなものではない…

独特の世界観が一番の魅力で、ドラーグ
>>続きを読む

センコロール(2009年製作の映画)

3.5

怪獣を飼う2人の男の子のバトルに1人の女の子が巻き込まれる話。

個人制作アニメでは有名な作品らしい。
さほど盛り上がるような話でも可愛いキャラデザでもないけどコンセプト自体は面白かったし、「本当に個
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

2.9

あー 、コレは…3作目の失敗の典型的例なヤツだ。うん。

人間軍VSロボ軍の戦いにどんだけ尺使ってんだっていうほどネオが途中出てこない。(アバター×トランスフォーマー状態)よく知らんキャラの活躍するシ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.3

いやーさ、楽しいけど…なんか満たされない感じ、何だ?

主人公の魅力が消失しちゃって、無理に主人公達のピンチを招くために用意されたとしか思えない宿敵の帰還。そしてイキリト君並の主人公のチート能力の大量
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

昔TVでアクションシーンをちょっこり見てただけで実は初めて本編を見る…

個人的にアクション映画の良きお手本作品じゃないかと思ったり。それはアクションシーンに限らずストーリーとしても。

この作品
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.7

「人は何故堕ちる?這い上がるためだ。」 バットマンビギンズより

まさにそういう映画。
The Rise Of Avengers.

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

4.7

正直、響け!のあの余韻がぶち壊されるからこちらを先に見たかったが上映スケジュールが合わないので仕方なく後の鑑賞。案の定ちょいと頭が痛くなるダークな映画だった。

レビューはしてないがポールシュナイダー
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(2019年製作の映画)

4.3

もうね、このアニメ頭から離れないのよ…総集編劇場版「届けたいメロディ」で二期目を振り返り、4回目のリズ鳥を鑑賞… 身内からクラリネット借りるくらい影響は強い。 原作も読もうとも決めた。

一応、今作
>>続きを読む

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

4.2

生徒にA〇見せる先生…(笑)

さあ、これを理解してる人は果たして何人いるのか…?

知る人ぞ知る伝説的OVA「フリクリ」正統続編と言いたいところだけど、前作と繋がってたり繋がってなかったり… どっ
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

5.0

最初のアライグマの顔を僕は絶対忘れない…(笑)

「響け」じゃなくて「響く」んですよ、これ…

「響け!ユーフォニアム」は今作が見たくて最近全部見ました。
“部活で青春!”モノは「けいおん!」で満足し
>>続きを読む

サクリファイス(1986年製作の映画)

4.3

ブレードランナー2049 の劇中、Kが家を燃やすシーンの元ネタが今作だと知り鑑賞。

どのシーンを切り取っても「美しい」としか言えないほどの映像美。

素晴らしいのは間違いないのだけど理解するのはどう
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

2049と続けて見直してみた。
一番好きなSF映画であり、続編の2049はベスト10入りするぐらい素晴らしい作品。

オリジナルは続編と違って話が小規模でフィルムノワールぽい印象。そしてちょい荒い。
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.2

「ミスターガラス」で年老いたサミュエル・L・ジャクソン見て、今作で若返った彼を見て、「スパイダーマン ファーフロムホーム」で年相応の彼を見る…
もう訳分かんねぇな(笑)

予告編を観た時MCU作品で
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ブレードランナー、コンタクト、エターナル・サンシャイン…
自分はホントこういう哲学的なSFが好きなんだなとこの映画を見てつくづく思う。

今も頭に焼き付いて離れないのがあのラストシーン。
この先何が起
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.5

「戦争は人の内面を変えていく」

レビューはしてないけど、最近はイーストウッド映画を見てた。
ミスティックリバー、ハドソン川の奇跡… どれも素晴らしい作品だけど心にズシンと響いたのは今作だけ。