和田はる菜さんの映画レビュー・感想・評価

和田はる菜

和田はる菜

実験映画的なものを作ったり、音楽を作ったり…http://harunaruworld415.wix.com/shi-ti-kandari

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

大きなスクリーンで観て良かった!
テンション上がるタイミングずるい。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

ほんっと楽しい〜〜!
ハッピーがいっぱい詰まった映画。

子豚たち合いの手うますぎた。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

最高か!!

アクセルの音、ブレーキの音、銃声の音、全てがリズムになる。
愛着のもてる登場人物たちみんなで一つの音楽を作っているみたいで、音楽は素晴らしい!世界が楽しい!!ワンダフォーー!!ひゅーー!
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

運命を信じるか信じないかは自分次第だなぁ〜。恋は自分で見つけるから良いの。その時が楽しければ良いんじゃないかしら?って、私はサマーの思考に少し似てる?でも、サマーは本当に自分勝手で可愛くない。でも可愛>>続きを読む

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.4

宇宙って壮大。
でも狭い。人間関係が割と。
みんな友達仲良くして〜

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

4.2

リンチらしい狂気的な部分が映画の中にスッとなじんでた。この映画をみた人たちがレビューで、シュールだ とかあのシーンは意味不明だ とか書いてるのを見たことあるけど、私には、え?なんで?と思う部分は一つも>>続きを読む

渇き(2009年製作の映画)

4.0

人間が怖い。真顔が怖い。笑顔が怖い…。ゾッとするシーンがたくさんあって、目を塞ぎたくなることはあったけど、続きが気になってしょうがない。

人を傷つけることを許されない神父がバンパイヤになってしまい、
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.5

偶然が重なったんじゃなくて、これを運命だと思いたいですね。植物好き良いなぁ〜私にもいろいろ教えて欲しい。何にせよオタク男子は好きです。

原作を読んだ時に想像していた樹のイメージと 岩ちゃんはちょっと
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.3

束縛から放たれた後の自由奔放なアレハンドロの詩や思考は、どこか詩人な自分に酔っている?感じがしてたけれど、、
会いたい人に会いに行き、守りたい人を守ろうとする、詩を作る姿は凄く純粋で、彼の詩は身体の奥
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.3

鈍臭い男の才能を確かめることで愛を繋いでる主人公。なのに家で何もせずにゴロゴロ。早く捨てちゃえばいいのにこんな男〜って思ってたけど…。優しいんだな。怖いんだな。別れるって事が…。
20代後半、人生の選
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

-

はっぴーだなぁ。
クリスマスの魔法。

キャストが素晴らしい。ぜひ、もう一度映画で続編やってほしい。絶対観に行く。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.4

ルイーズの母性&温もりが、人類の未来を照らすヒントになる。悲しくて美しい思い出は大きな敵にも挑める位に強くて、地球を飛び出す。
この映画が伝えたいメッセージってもしかして、地球人への警告じゃなくて、人
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.1

男の子って一途なんだね。大人になってもこのままでいてくれよ。ひねくれマンたち初心に おかえり。世界は平和になるだろう。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

主人公が決まっていない映画。だからこそ物語的でなく、戦場にいる人たち一人一人に意識を分散することができた気がする。

水に飲まれるシーンが最強に怖かった。水没死は本当に嫌だ。苦しむ時間が長いから。鉄砲
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.3

まさにファイナル。武の仁義つよい。みんなが色々模索して、次はどう出ようかとか考えてる間にバンバーン!
直感で行動する武が、ONE PIECEのルフィと重なり、見てて清々しかった。今回はグロシーンはほぼ
>>続きを読む

ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993年製作の映画)

3.4

童話的。可愛らしい短編集。
途中からロッタちゃんの歯が抜けてスカスカになってるのも可愛かった

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.6

テンションが上がる映画。
日本政府ってトロいなぁ。。

四つ足ゴジラが一番気持ち悪い。

野火(2014年製作の映画)

-

あれが現実だったら、。戦争は地獄です。平和な時代に生まれて良かった。。

凄く凄く怖かったです。心が休まる瞬間がない。常に怖い。。

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

-

すごく近くにいた人が自殺をしてしまったら、どうなるんだろう。
感情的になることのできない漣は、走るしかないんだな。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.5

優しい映画だった。
でもちょっとCGしてた。
突然だったもんで、びっくりした、、。

少女(2016年製作の映画)

3.1

因果応報。悪い事は自分に返ってくる…。
無垢な少女が知らないうちに、悪い事をした誰かの不幸を加速させ、その誰かにしっぺ返しがくらわされる。上手くできた物語。原作はもっと複雑でエンドに圧倒されるかも。映
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

4.6

物語がどんどん核心に近づき、事件の解決を期待する。昭和64年に取り残された雨宮(永瀬正敏)に光を見させてあげてって、強く願う。
妻と子を失った彼の言動は、事件のあの日から14年の月日が経っても、狂気に
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

4.5

変わり者だけど、凄く愛してあげたい。隣にいて欲しいな。世之介さん

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.2

豪華キャストのB級映画。めっちゃCGしてた。それがキモくて気持ちよかった。火星人の頭破裂するときのビジュアル最高に気持ちい。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

-

心がずっと和やかぁ〜な状態で鑑賞。ターシャの生き方が素晴らし過ぎて、理想過ぎて…あぁステキ〜。心踊る。
こんなお庭を作るなら、私のお家のあの場所を開拓して、元気でかわいい犬を飼って、四季の行事を楽しん
>>続きを読む

花に嵐(2015年製作の映画)

-

昨年PFFで鑑賞。勢いが凄い。
監督の原動力はなんだろう?
若いって強い。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.8

面白かった!!TSUKEMENの三人が出てきたのびっくり。芹沢ブラザーズって…笑。たいりくさん転がってた…。

二重生活(2016年製作の映画)

2.6

麦ちゃんの行動にすごくハラハラした。でも、ハラハラさせられても仕方ないなって思わせるほどの理由が麦ちゃんにはなかったから、ちょっと納得いかなかった。大学の論文を書くために?まぁ、わかなくもないけれど…>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.3

「目が見えない人の生活って、真っ暗で怖いだろうな。」と、今まで客観的に思ってました。目の見えない人が「視覚」以外の五感を使って「視覚」を補うために働かせるのは「想像力」。当たり前のことなのに今まで気が>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

すごくたくさん笑わせてもらいました。宇宙人に覚醒してしまった家族。周りから非難されるような行動を起こし、ドタバタと物語が進んでく。
観た後は思わず「あぁ〜面白かった〜」と、言ってしまうような、そんな達
>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

4.0

ふしぶしで目頭を熱くさせられる。言葉で伝えるって家族間だと照れ臭くて難しいな。

>|