Heyさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Heyさんの鑑賞したドラマ
Hey

Hey

映画(185)
ドラマ(36)
  • List view
  • Grid view

竹内涼真の撮休(2020年製作のドラマ)

3.6

竹内涼真のことを好きになれるオムニバスドラマ。
有村架純のと比べるとやや落ちるかな。
役者としてのキャリアか力量か。


1話 小池栄子はおせっかいなおばさん役が似合うな。家族ゲーム的な食卓、よくわか
>>続きを読む

0

ヴィレヴァン!(2019年製作のドラマ)

3.0

店員はヴィレヴァンのことをヴィレッジと呼ぶ。

ヴィレヴァンの公式サイトには店員によるブログがあり、それを読むとドラマのノリが本物なんだということがわかります。

0

ダブルブッキング(2020年製作のドラマ)

4.2

リモートドラマという話題性先行のドラマだと高をくくっていたが、散りばめられた伏線と意外性のある脚本、千葉雄大の顔芸など面白かった。

0

有村架純の撮休(2020年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

毎話冒頭のプロデューサーとマネージャーの撮休コントがくせになる。二人ともいい味を出していたが、もっとくどいくらいに過剰にやってもよかったかも。

毎話は同じ導入だが、よく見ると違う画で使い回していても
>>続きを読む

0

映像研には手を出すな!(2020年製作のドラマ)

2.6

MBSドラマって生徒会が権力持ってる設定好きだよね。

0

ウエストワールド<ファースト・シーズン>(2016年製作のドラマ)

4.3

5話くらいまでは前ふり。かなり長かった。説明なしで時系列がめちゃくちゃになっており、設定の説明もなく物語を見ながら察して理解しないとけないシステムで、ついていくのが大変だった。

ストーリーラインは複
>>続きを読む

0

となりの関くんとるみちゃんの事象(2015年製作のドラマ)

3.1

千眼美子さんがかわいい。

フジファブリックの主題歌がいやに合っていた。

0

半沢直樹(2013年製作のドラマ)

4.4

続編開始ということで、ギャオの配信で見返しました。
伏線は多くあるものの複雑になりすぎずテンポもよく飽きずに最後まで見られる。
ストーリーのためのキャラクターになることなく、悪役も含め血の通った人間模
>>続きを読む

0

スイッチ(2020年製作のドラマ)

3.5

序盤の偽東京ラブストーリーはよかった。本人があんなパロディをするんですね。

病院で取り押さえたシーンは夢売る二人を思い出させた。

阿部サダヲに松たか子の相手役はそんなにハマってるようには思えない。

0

働かざる者たち(2020年製作のドラマ)

2.5

つくねを好きなだけ食べられる人生でよかった。
池田エライザがかわいい。

0

私たちはどうかしている(2020年製作のドラマ)

2.8

ターゲットは中高生なんだろう。
脚本の粗さが目立ったが浜辺美波と横浜流星が動いていれば視聴者は満足なのだろう。
最終話の怒涛の展開とテンポが、シリーズを通して求められる。

ナースのお仕事の観月ありさ
>>続きを読む

0

ビッグ・リトル・ライズ<シーズン1>(2017年製作のドラマ)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

とても面白かった!
富裕層が暮らす憧れの街や家々であるが、完璧な幸せなどはなく皆悩みを抱えている。
DVや子供のいじめ、シングルマザー、離婚後の親権など問題は様々であるが、「社会問題」ではなく劇の中の
>>続きを読む

0

ふろがーる!(2020年製作のドラマ)

3.3

岡山の奇跡桜井日奈子がこんなにブスになれるとは。お風呂好きなだけあってお肌がきれいなのも役作りのうちなのか。

コロナ禍のなか、出演者の人数を極力おさえ、ロケもほとんど行わないという制約のなかで生まれ
>>続きを読む

0

深夜のダメ恋図鑑(2018年製作のドラマ)

3.2

深夜のスカッとジャパン。

オープニングのダンスがけっこう好きだった。

さらば青春の光森田、永野やマツモトクラブなど意外性のあるキャスティングも楽しめた。

0

ぼくは麻理のなか(2017年製作のドラマ)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

タイトルがうまいミスリードになっていた。

0

つばめ刑事(2019年製作のドラマ)

2.3

つば九郎が筆談をするせいでながら観視聴ができないのが致命的。

0

イノセント(2012年製作のドラマ)

3.4

全体的に画面が暗い。輝度を最大にしてもまだ暗い。
音楽も暗いが、それは雰囲気に合っていた。

「隣の女」

「きんぎょの夢」
調理場に入るときには手を洗おう。
途中まで中越典子を永作博美だと思って見て
>>続きを読む

0

東京女子図鑑(2017年製作のドラマ)

3.8

鑑賞直後の後味はあまりよくなかったが、時間が経ってから印象的なシーンがよみがえってくる。
感情移入せずに俯瞰的に鑑賞をするのがいいのかも。

二十年分の人生をひとりで演じた水川あさみに脱帽。

0

アップロード~デジタルなあの世へようこそ~(2020年製作のドラマ)

3.6

死後に脳をアップロードし、仮想現実ので生き続ける世界を描く。理想の世界に旅立ったはずが、死後も続く複雑な人間関係、見栄や虚栄、格差社会など……。

コメディのほとんどは回線落ちや従量制、課金制などのイ
>>続きを読む

0

2020年 五月の恋(2020年製作のドラマ)

4.5

どこかにありそうな日常を切り取ったような、それでいて切り取る価値のある日常を映したドラマだった。

固定カメラと会話だけという厳しい制約の中二人の演技力には脱帽。見ているうちにいつしかこの男女の幸せを
>>続きを読む

0

東京ラブストーリー(2020年製作のドラマ)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

1991年版と違って、こちらのリカには感情移入ができなかった。

最終話。
ドアを開けた瞬間大人しくなり、黙って新婦を攫わせる親族一同と式場の従業員には感服しました。

お祭りで綿あめ買いに行ったまま
>>続きを読む

0

東京ラブストーリー(1991年製作のドラマ)

3.9

「8月31日の小学生みたい」「玉ねぎとハンカチみたいな関係」
ランチで入っていた店のBGMがKANの「愛は勝つ」だった。
それにしてもあのどエロい新作発表会はなんなんだ。
「電話帳253冊分喋っても説
>>続きを読む

0