たまさんの映画レビュー・感想・評価

たま

たま

映画のお仕事に片脚つっこんでた人。エドガー・ライトとドニー・イェンが神。好みの顔はデヴィッド・ボウイとかキリアン・マーフィー。

九龍猟奇殺人事件(2015年製作の映画)

-

アーロンの姿に驚愕...。まあ最近猿役でしか観てなかったので、年齢を考えるとそうなのかーと思ったら昨年末にバリバリ唱这歌を歌って踊ってらっしゃる!てことはこれは役作りだったわけ?

人の闇をクリストフ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

hyde似のジャックの存在感が鮮烈。どうやってこんな子見つけてきたんだ。

こんな環境であんなに無垢で強い子供が育つのかと思うけど、これはある意味純粋培養なのかな。お母さんにとっては子供が唯一の希望で
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.0

ゾンビvsボーイスカウトって聞いて観たくならない人いる? そして期待を裏切りません!「スカウト・フォーエバー!」

エヴェレスト 神々の山嶺(2016年製作の映画)

-

原作小説、漫画版ともに既読。


なので、臨場感あふれるロケーションで(現地撮影の力)、申し分ない演技力の主演お二人で、ダイジェスト版を観せてくれてありがとうって感じ。

山の超越的自然に打ちひしがれ
>>続きを読む

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

4.0

文学的スクリプトとモダンアート、スイスの自然。でもすごく変。笑っていいのか真摯なのか。マイケル・ケインの飄々とした佇まいが一層切ない。


ミスユニバースとジェーン・フォンダの存在感が虚構とリアルの狭
>>続きを読む

青空エール(2016年製作の映画)

3.0

これ以上ないほど清々しい青春モノ。恋愛より部活優先のストーリーなのが「優良」とか「健全」とかのデッカイ判子をばーーーんと押される勢いです。高校生いいなあ。身長差すごいなあ。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

The fabulous, most groovy movie in the world!! てのは冒頭曲を文字ったフレーズなので。

画と音とストーリーのシンクロ感がとんでもない。後半実はスリラー
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

-

中学生の時に初めて観てさっぱりわけわかんなかったのは子どもだったからだと思っていて、十分すぎる大人になって見返してみたらやっぱりまったく頭に入ってこなかった....。

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

-

全BBAの夢がここに.......ただし中山美穂クラスだからこそ成り立つ展開😨

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

「ありがとう、トニ・エルドマン」なんて観終わったから言えることで、観てる間は「f●ckin' トニ・エルドマン」だよ!故に人に薦めたいかって聞かれると「うーん」なのですが、むちゃくちゃ刺さりました。観>>続きを読む

魔性の夏 四谷怪談より(1981年製作の映画)

-

高橋恵子さん美しい。そしてなにこの子すげーかわいいじゃん、と思ったら夏目雅子だった....

>|