ヒナタカ

ヒナタカ

映画レビューブログ「カゲヒナタのレビュー」の管理人。
映画にツッコミを入れることが大好き。都内在住。

http://kagehinata64.blog71.fc2.com/

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.2

災害映画を、
とことん実直に、
ただただ最高の素材と、
ただただ最高の技術で作り上げた!
というド直球な内容!

昨今は『オデッセイ』や『ザ・ブリザード』などいい意味で変化球気味の災害映画が多かったけ
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

5.0

『レゴバットマン ザ・ムービー』字幕版を鑑賞。

『LEGO ムービー』に大感動してから3年、その前作と同等かそれ以上の前評判の高さ、これほどまでに公開を楽しみにしていた映画はほかになかった!

そし
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.2

大好き!前作が「俺たち刹那的に生きてやるぜウェーイwwwwなんとかしようと思ったけどやっぱりダメ人生だぜチクショーwwww」な作品なら、今回は「俺たち中年になっても何やってんだろ……」なのでこっちのほ>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.3

歴史的大事件を描いているのに極めてパーソナルな作風。価値観や哲学的な「理由」を求める作品であり、今のアメリカ社会にも通ずる。単純なエンタメ作品ではないけど、製作のダーレン・アロノフスキー監督作品が好き>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.5

はっきり言ってめちゃくちゃクセの強い作品!だけど「ここはこうなんだ!」「いやこうだ!」と議論のしがいがある内容で、もう一度観たくなる。監督の強い作家性と「俺はこの展開がやりたいんだ!」という熱が伝わる>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.3

あのねー!『きんぐこんぐ どくろとうのきょしん』っていうえいがをししゃかいでみたんだけど、めっちゃくちゃこわくてこんぐがでかくてつよくてさいきょうでさいこうだったの!
みんなもみるとしょうがくせいにも
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.5

これは傑作!そしてネタバレ厳禁案件である!試写終了後に「これはネタバレしないでください」旨の用紙が配られたんだけどそりゃそうだ!『貞子VS伽倻子』レベルの超弩級のヤツが待ってたよ!
他の方のレビューを
>>続きを読む

ハルチカ(2017年製作の映画)

5.0

とっても控えめに言って、100点満点で8000億点、大傑作中の大傑作、2016年豊作揃いだった邦画のさらにその上をいく存在、音楽映画としても青春映画としても完璧。「素晴らしい映画を観た」と高揚感でいっ>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

4.0

はっ腹が笑いすぎて痛え!「死んだCIAエージェントの脳を囚人に移植する」と聞いて、もしかして、私たち、入れ替わってる~!?的な話かと思いきやケビン・コスナーがドクズに扮して暴走の限りを尽くす!でもその>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

4.0

これはめっちゃおもしろかった!『キングスマン』で若きスパイを演じたタロン・エガートンが遠視用眼鏡をかけた純朴な青年を、我らがヒュー・ジャックマン様がツンデレなコーチを演じているのがたまらん。ビデオスル>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

あの『セッション』の監督が一転して楽しいミュージカル映画を手がけた!と思ったらやっぱり『セッション』の監督らしさが出まくっている!
それでいて「みんな俺がジャズ嫌いとか思っているかもしれないけど、違う
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

いい意味で地味ながらとてもいい映画ですねえ。年をとったのか、こういう大きな事件が何も起きないけど、登場人物の内面が変化していくことがわかるという内容にとても弱い。
ジェイク・ギレンホールが3回鏡の前に
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.6

まず言っておくと、本作に「ジョブズの一生を追う」という「伝記もの」を期待すると確実に裏切られます。
本作で描かれるのは、ジョブズの人生のほんの一側面、それもほぼ友情と家族の問題のみなのですから。

>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.6

「火星でひとり鉄腕DASH」という意見が多かったけど、個人的には「ゴージャスすぎる『アポロ13』」という印象。誰しもがたったひとりの命のために尽力する、それがいかに感動的なことか。生きる力が湧きます。>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.7

ジョニデ様が過去最高に怖い。「ジョニデの脅し3連コンボ」は下手なホラー映画よりも怖いでしょう! 主人公の神経質な性格をしっかりと見せる脚本も秀逸。役者のファンは必見です。
また、クズの香りを漂わせるジ
>>続きを読む

ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!(2016年製作の映画)

4.7


いや〜こいつぁ最高ですね。
何がって4DX専用の映画であり、その機能を完全に使い切っていることです。

<4DXの効果>
(1)座席が動く
(2)雨が降る
(3)ミストがブシャッ
(4)エアーがプシ
>>続きを読む

きみといた2日間(2014年製作の映画)

4.0

これはおもしろかった!マイルズ・テーラーは『セッション』のドクズから一変、普通にダサい(笑)。そして第一印象が最低の相手と無理やり過ごすことになるプロットがいい。クスクス笑えるちょっと「痛め」の良質ラ>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

4.0

すげえ!「観客を強制収容所に放り込む」という作品で、没入感は『バードマン』にも似ている。ゲームの『バイオハザード4』みたいにカメラが主人公の後方に回り込んむのも効果的。リアルな地獄を体験できる極上の作>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

4.5

『白鯨との闘い』実話を『白鯨』の作者が聞き、なぜ小説にしようかと思ったのか?という謎がミステリーになっている。監督の過去作『ラッシュ』も彷彿とさせ、同じく漂流映画『ライフ・オブ・パイ』にも匹敵する深さ>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.7

お前ら!ロッキー観たことないとかボクシングに興味ないとか言っている場合じゃないぞ!『マッドマックス4』に並ぶ伝説映画だぞ!ていうか『マッドマックス4』っぽいシーンがあったぞ!音楽も最高!観ろよ!

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.1

本作の監督はグザヴィエ・ドランという、まだ26歳の超・俊英です。
自分は監督の過去作(『マイ・マザー』『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』)を観ておらず、今回が初ドランだったわけですが、
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.4

食人族がダイレクトにもしゃもしゃと人間(生)を食らうゴージャス☆なホラー・コメディでした。

食人族を演じているのは、実際に現地で生活している少数民族“カラナヤク族”の方々。本作の撮影前にみんなが『食
>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

3.9

前知識まったくなかったけどすげーおもしろかった!はじめにちょっとだけアクション→最低限の人物描写→後の1時間以上ずっとアクション!ヒャッハー!は『マッドマックス4』にも通ずる。
「敵にも負けられない理
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

3.1

落とし所は大納得できる完結編でした。独裁政権を落とすだけで平和が訪れるか?というところに切り込んでいるのがおもしろい。革命にはどうしても犠牲がともなうよね・・・。ただクライマックスに至るまでは突っ込み>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」(2015年製作の映画)

2.5

戦いに否定的な主人公にしたのは冒険だったと思うけど、葛藤の描きかたがうまくないうえに、熱い展開につながっていかないのは残念。ファンであるほど納得いかないかも。日常の描写はよかった。

劇場霊(2015年製作の映画)

2.4

島崎遥香の演技が素晴らしい。前田敦子もそうだけど、アイドルだと思っていた人が女優になっているのを観ると感動する。あ、本編は最近の中田監督作『クロユリ団地』『MONSTERZ』と変わらないスットコドッ>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.5

今年ベスト級。不器用でダメな人たちの日常をなんとなく描いているだけなのにおもしろくて仕方がない。2時間20分の上映時間が1時間くらいに感じた。Akeboshiの音楽も素晴らしい。エンドロール後までしっ>>続きを読む

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)

3.0

おもしろい。ただいい意味でのキリキリ監督の個性がなくちゃったかも(演説大会もないし)。個人的には忠臣蔵よりも『ベルセルク』の黄金時代編っぽさを感じた。あとなっちの字幕は武家語と標準語がごっちゃな気が。

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.2

ガイ・リッチー監督の「俺の映画格好いいだろう!」(ドヤァ)な演出と皮肉が炸裂した快作。『スナッチ』『シャーロック・ホームズ』どちらのファンにもオススメできます。

ムーン・ウォーカーズ(2015年製作の映画)

3.4

人類の未来を見据えたアポロ計画を、「その日暮らしが幸せなんだ!」というヒッピーに捏造させるというのが最高ですね(笑)。R15+の理由のだいたいがクスリでのラリラリ描写です(グロもあり)。あと、こんなに>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

4.0

伊藤計劃という作家のすさまじさをこれでもかと知れる傑作ディストピア(ある意味でユートピア)SFでした。セリフで埋め尽くされるうえ、『ミリオンダラー・ベイビー』並に死にたくなりそうな内容なのでオトナ推奨>>続きを読む

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

3.8

「独裁者のおじいちゃんが政権がひっくり返ったので孫と一緒に逃げる」というシンプルな話なのだけど、独裁者がいなくても地獄が続くことをこれでもかと見せつける。精神的に疲弊するけど、今年いちばんガツンと来た>>続きを読む

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

4.3

『リトルプリンス 星の王子さまと私』。ファミリー向けの映画で管理社会と社畜を思いっきり否定的に描いている(笑)! 大人に「こんな会社やめてやる!」、子どもに「ママの言いつけなんか守りたくない!」なメッ>>続きを読む

>|