Hiratekさんの映画レビュー・感想・評価

Hiratek

Hiratek

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

3.9

スクリーンに映し出される画が全て綺麗
部屋の中、納屋でのシーン、大地に佇む姿、彼らの営なむ生活がその環境に寄り添いながら流れて行く様が感じられる
だから抗えないものも見えてくる
彼女の選ぶ人生をそっと
>>続きを読む

復讐者たち(2020年製作の映画)

3.2

迫害されたもの達の復讐とは
肯定も否定も出来ない
戦争を起こす側も受ける側もどこにも悪い人はいない、その時の正義に従ってるだけだから

いつ気づくのか
他者と会話し理解することだけが残される道ってみん
>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

4.0

とても貴重なものを観た気がした
埋もれていた映像資料としてだけでなく、時代の背景、アーティストの輝き、そしてかつてそこで観客だった人たちの想い
確かにあった力強い渦のようなもの
でも、その前後にはやは
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.2

叶うものなら目の前で観てみたかった!

でも、映画という形で体感することが出来ただけでも良かったのですかね
音楽でこんなことが表現出来るんだと感動する
メッセージは明確でシンプル
ステージも見た目シン
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.8

パウラ・ベーア好きで鑑賞
フランソワ・オゾン監督の『婚約者の友人』で凛としつつも相手に信頼を寄せる時に時折り見せる柔らかい表情に魅了させられましたが、今作品でも良い雰囲気出してます。
神話が元のようだ
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.5

正しい人が正しく生きられない、そんな状況はこの世の中にたくさんあるのかも
ただ、主人公である女性は自分の娘たちを守りたい、その気持ちだけで生きている
一見無謀じゃないかと思われることも、その気持ちあれ
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

3.8

善と悪、その境目は非常に曖昧なのでしょう。人にはそれぞれの善があって素直に生きたいだけなのに、立場が違うとやはりそれは理解されることは難しい。またはシステムが別け隔てをつくる。それが対立や争いを生む。>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

4.0

ほぼ事前情報なしに劇場予告とポスターの雰囲気だけに誘われて鑑賞。
とにかくこの作品はスクリーンに切り取られるひとつひとつのシーンの画がなんとも素敵。ヴェンダース作品を観ているみたいな、それを観ているだ
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.9

A24作品でこのテーマなら、っていうミーハーな選択動機で鑑賞。(当たりでした)

ここには家族の愛が溢れてます。
括ってしまえば同じファミリーなのに生きてきた背景も考え方も違う。でも願うことは一緒。葛
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

4.0

モータウン
そこから発せられた音楽たちをいくつも聴いてきたが、その精神性まではよく知らずに上辺だけなぞってきたんだと、これまでの自分を反省する(まあ音楽を聴くってことはそれでもいいと思うんだけど)
>>続きを読む

風の電話(2020年製作の映画)

3.4

災害で突然失った家族への想い
どうやってそれと折り合いをつけて生きていけるのか
それは災害だけではないだろうが、似たようなことは世界のどこにでもあるテーマなのでしょう

途中の長回しでこれはドキュメン
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.1

90年代アメリカのカルチャーを背景に、映し出される映像はセンス良く、当時の音楽も含めて子気味良い素敵な作品です

平凡的で兄ちゃんには絶対に追いつけないと思っている少年。弟の立場ってたいていそうなんだ
>>続きを読む

六月燈の三姉妹(2013年製作の映画)

3.1

佐々部監督の追悼上映としてご出身である下関の映画館で鑑賞
ゆかりの人を偲ぶってのは大事です
初めて佐々部作品を観ましたが、家族のことを丁寧に綴ろうとしていることが伝わるものでした。
その他の作品もタイ
>>続きを読む

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(2018年製作の映画)

3.0

あれだけの建造物を独学で作り上げたのは確かに素晴らしいのだけど、それをただ見守り、待ち続けている家族は寂しかったろうなぁと思ってしまいました。
完成するまで待ってくれた奥さんにも賛辞を送りましょう

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

3.3

今後、自分が老いたときの参考に
いつだって新しい刺激さえあれば、生きることが少しだけ豊かになるってこと
さて、その一歩ってのがなかなか大変なんだけど、このお爺さんは上手いことやったなって感じですね
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.2

衝撃的。
終始、息が詰まりそうな緊張感
しんどいけど観るべき作品

日本にいると遠い話になるけど、今は世界中どの国でも宗教、人種、移民、格差の問題はすぐそこに何重にも重なって渦巻いていることを改めて認
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

実は初の韓国作品。
上質な作品です。
少女の瞳の奥から、その行き場のない思いが伝わってきます。
大人でも子供でもなく、でも家族の枠から外の世界には飛び出せない10代の子供たち。
今の気持ちを聞いて欲し
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.9

どんなに大人びた子供でも、だからこそ、ただただ手を繋いで欲しかっただけ、抱きしめられたかっただけなのでしょう。
側から見たらひどい父親も、彼自身が愛し方が分からなくて苦しんでいるように見えます。そばに
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

サスペンスものはあまり観ないけど雰囲気で観賞。
少し不都合な部分もありますが、観せ方は面白いかなぁと。
翻訳家の実情って実際にもほんとは自分の作品出したかったり、作品にのめり込み方過ぎてたりするんだろ
>>続きを読む

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を込めて(2019年製作の映画)

3.8

実話のサクセスものなので何となく先が見えちゃうかなと思って、観るリストには入れてなかったんだけど、ふと会社休みたくなってふらり映画館へ…

そんな気持ちを吹き飛ばしてくれる爽快な作品でした。
笑顔にな
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.7

アマンダの涙にやられました。
普段はきっと堪えてるからこその、その切ない思いに触れてしまう。

悲劇は唐突過ぎるけど、そういうものなのか。
穏やかな日常が急に変わってしまい戸惑うまだ若い叔父と7歳の姪
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.0

これこそが映画の映像美と言うのでしょう。
Netflixとカンヌの関係でめんどくさい話題になったけど、この作品は映画館のスクリーンで観られて素直に良かったと思う。

ごく小さな存在の市井の人々。
それ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

故郷。幸せであったはずの地で負った深い心の傷。
硬く閉ざしてしまった心も、人と関わることで、誰かのためを思うことで、少しだけ紐を緩める事が出来る。

海辺の町、曇り空だけど美しい港の様子が静かな語り口
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2

これは鮮烈な青春映画。
他の爽やかな青春ものとは乗り越えようとした壁がちょっと違っただけ。ちょっとだけ。

新鋭監督らしく観せ方に今までにないセンスを感じます。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.7

観終わって少し経つけど、まだ自分の中であんまり解釈(整理)しきれてない…別に解釈しなくても良いんだけど、それだけ余韻があるってことは良いことなのでまあいいか。

管理され閉ざされた世界だったけど皆で寄
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.4

自分の子供について小さい時からから見てきて分かってるつもりでいるけど、知らないことや思いの方が多いのだろうし、分からない事があることを前提に愛すべきなのでしょう。
家族って難しいけど、最後の拠り所もま
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.2

ハリー・ディーン・スタントン。
大学生の時に友達に勧められてレンタルで観た『パリ・テキサス』が私の映画の世界を開いてくれたとするなら、ハリー・ディーン・スタントンは何か映画を観たいなって思う時に常に頭
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

この映画好きすぎ。
やっぱりジャームッシュ作品はいつもクール。静かな何とはない日常をこんなにも素敵に、かっこよく観せてくれる。

冒頭、何気ない日々のことや目に入るモノから浮かんだ言葉を詩としてノート
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.2

アメリカ社会(どの国もか)に根深く潜む人種差別の問題を扱いながら、その恐ろしさと滑稽さをとてもバランスよく軽快に伝えてくれる。展開も飽きさせない。さすがスパイク・リー監督ってところでしょうか。
でもや
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.3

女子ではないので本当のところの気持ちは分からないのだろうけど、こんな男いるの?ってくらいなかなかの“悪いやつ”なのに困ったもんですね。もっといい人いるよぉ〜って教えたくなるし。
まあそう言うことじゃな
>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.7

世界の至る所で、この時代に向き合わざるを得ない問題。
宗教だけでも、小さな組織の啓蒙活動だけでも力はひ弱で何も変えられない。
例えば辺野古の海だって必死に抗っても土入れちゃったらもう元には戻せない。
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.8

深く、不条理な人種差別問題を題材にしているにも関わらず、この作品にあるのは愛とそこから導かれる人としての希望。誰もまだ幸せにならない、何も問題は解決しないけど、その先に光を見たいと思わせる。
差別問題
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.6

長い人生の中で想い続ける友。
今の自分にあるのかしらと考える。もしそんな友や知人がいたらのならば、それはかけがえのないことなのでしょう。
一見頑固そうなおじいさんにも語り尽くせない想いがあり、それらは
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

自分にも当てはまる。そんな思いに終始する映画。ある意味、怖い作品。
自分だけよければなんて大抵の人はそんなことは思ってないのだけど、どこかで線引きしてる自分がいたりするわけで、人間の嫌な部分を見せられ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

監督の映画愛が詰まってる。
すべてが計算されたB級感が清々しい。
話題になり過ぎちゃって観に行くの控えてたけど、やられました。

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.3

穏やかな映画。
大人でも子供でもない悩ましい時期の静かな成長を感じることが出来ます。
遠い昔の自分にはなかったかな。

一緒に旅してくれる女の子がどんどん可愛くなってきます。
こんな素敵な子は離したく
>>続きを読む

>|