ぴろぴろさんの映画レビュー・感想・評価

ぴろぴろ

ぴろぴろ

2017年劇場鑑賞マイベスト
☆ ララランド
☆女神の見えざる手
☆人生フルーツ
☆ノクターナル・アニマルズ
☆ドリーム
☆山の郵便配達
☆ヒトラーの忘れもの
☆新感染ファイナルエクスプレス
☆スターウォーズ 最後のジェダイ
☆ブランカとギター弾き

映画(1163)
ドラマ(1)

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.8

批判や言いたい事は多くあっても、その国に生まれ、国の為に尽くした、世代が違う4人が笑いながら話す下ネタと、旗のシーンが染みる。
友達と戦友は別物だと思うが、戦友は戦争が無かったら出会う事も無かったわけ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

誘拐や監禁は絶対あってはならない大きな大きな罪。 そこしか知らない者にとっては そここそが全世界で 何の違和感も持たない。 そこに愛情もあったら…
実の親の身になったら、たまったもんじゃな
>>続きを読む

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.1

フランスで観客23万人を動員した感動のドキュメンタリー。
難病を患いながらも懸命に生きる5人の子供たちのありのままの日常。
驚いたのは、しっかりと自分の病気、治療、薬を知っていたこと。 人に
>>続きを読む

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

3.4

移民が多いフランスが凝縮されている、ドキュメンタリーの様な映画。 どこの国も教育の現場は大変なのだと思う。
実際パリの20区は移民が多い地域のようで、出身国や母国語の違いによるトラブルも描かれて
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

4.0

サガンの小説のタイトルに似ているけど全然違った。 子役の表情がとても自然で、ある家族のひと夏が、瑞々しく丁寧に描かれた映画だった。
特に最後が素晴らしい。 「そう、それで良いんだ
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

メイズランナー見届けた。
長いようであっと言う間に感じた。 最終章らしく、ヒューマンドラマ色が強くてホロリ。
最後まで仲間を見捨てない、若者たちの絆に胸が熱くなる。 みんな少し大人っぽく
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

オーシャンズシリーズは大好き。 豪華スターの共演、分かりやすい演出、オーシャンと仲間たちが爽快に確実に犯罪の実行をやってのける清々しさが魅力だった。
今回もキャストが豪華で、しかもレッドカーペッ
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.7

その時代に流行った曲を聴くと、一瞬でその頃が蘇るから不思議。
戻りすぎて、「ロンバケ」「高校教師」を思い出したり考え事しながら観た。
「あり得ん」と思うところもあったけど、キラキラしていて笑え
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.9


暑い日とお酒が合うキューバ音楽。
前作は未見。
老いてなおパワフルに、最後まで音楽を全うしようとする彼らの生き様がカッコ良い。
キューバの歴史背景と、各々の人生の喜びや悲しみ、その全てが魂から
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

純粋に面白かった! アントマンには根底に愛が有るのがイイ。 面白いだけではなくて しっかり家族愛が描かれてる所が良かった。 家の中を工夫を凝らしてあんなに楽しませてくれるパパは最高>>続きを読む

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

4.2

『魂のピアニスト』フジコ・ヘミングを追ったドキュメンタリー。
同じピアノを弾いても、弾く人によって音が違う。 私は先生から「あなたは腕で弾こうとするから音が汚い」と手の甲をよく叩かれた。
今の時
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

「死ぬほど寒い」
キーンとした真冬の朝に思わず口から出たことがあったけど、ホントに死んでしまう寒さって どんなだ。
寡黙でシブい健さんみたいなジェレミー・レナーがその確かな演技で存在感を発揮。
差別の
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.2

若干「スウィートノベンバー」に似たような印象を受けながら、あざと可愛いという印象の美波ちゃん。
「そうなるんだろうなぁ」という予想を裏切るまさかの展開に驚いた。
あえて誰にも知らせない事で、みんなが知
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

映画館で鑑賞出来て良かった、間に合った。 やっぱり私は絶叫マシン系のこのシリーズ好きだわ。 だいたいの展開とオチは分かってるけど観たい。 特に序盤、大画面の迫力ある映像に「早>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

笑った笑った。 この映画は2度はじまる。 これ本当だった。 最初のエンドロールまでは映画研究会っぽいというか、あまり面白くもなかったけど、2度目が始まってからはガハハ系の面白さ。
ここま
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

ホントにワンダーだった。
純粋に優しく温かい気持ちになる映画。
泣いた〜 ここ最近では1番泣いた。
悪いものが全部出たんじゃないかと思えるくらい涙が出た。 だけど温かい涙で身も心も浄められた感
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

最高! やっぱりトムは裏切らない! 超、超楽しかった!
息するのを忘れてしまうくらいの緊張と大興奮! 手に汗握り、一緒に走り抜け、飛び移り、落ちて、平和を守る。
シリーズ最高傑作ではな
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

試写会で。
楽しい〜
若かりし頃のソフィの母ドナと3人の父との出会いが描かれる。 最初、私には若いサムもハリーもビルもパッとしなくて、コリン・ファース、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカ
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.8

松たか子が鏡を見ながら帯を結ぶシーンが実に色っぽい。 着物の所作が絵になるのは松たか子の育ちの影響もあるのでしょうか。
戦争に突入していく過程と、不穏な空気が漂いながらも戦争の影響が激化する前の
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4


「おんなじ」家、「おんなじ」食べ物、「おんなじ」場所にある傷、「おんなじ」縁側から見上げた花火。
寄り添いながら、上手く利用?しながら。 「おんなじ」を積み重ねたら距離が縮まる。
常識的に言っ
>>続きを読む

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

3.8

生か死か。 これ体力要るけど見入った。
踏み出すのか出さないのか、その一歩に運命の全てがかかる主人公。 砂漠の真ん中の地雷原。 目の前に爆死した仲間の遺体が転がってる。 水も尽
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.1

初めは、不快になるレベルのイタズラに全く面白く無かったが、冷酒の様に後からじわじわと効いてくる。 クールザギャングの"Celebration"で始まり終わる。 オープニングはウキウキだったけど>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.6

はい、称えます、絶賛です。
「伝説誕生」と続けて鑑賞しました。このセット売り、映画館ありがとう。
叙事詩の様な、壮大なスケールの超娯楽映画。
最高に面白かった!
赤ちゃんって、あんな風に指をし
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.4

クセになる面白さ!
各映画館で爆音上映や応援上映をやっていたけど、なるほど! コレはハマったら中毒になりそう。
インド女性のエキゾチックな美しさとグラマラスな肢体、高くて甘い独特な音階と旋律
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

これも愛なんですね。 怖いわ、狂ってるわ、凡人の私にはよく分かりませんが、不思議な魅力、高貴な雰囲気がある映画だった。 ヒロインが美人美人してなくて、やたらと音を立て過ぎ。 バター嫌>>続きを読む

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

3.4

うちは弟だし、息子しか産んでないから、姉妹の関係には憧れがあった。
私も若い頃は、靴をせっせと買っては眺めてるだけで癒されるタイプで、ローズに「分かるぅ」と言ってあげたい。 女兄弟はいないけどお
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.6

親子関係や、ちょっと悪いヤツに邪魔されたり、「どうなるの?」と手に汗握りハラハラさせられたり、教科書通りの展開なのに すっかりハマって熱くなって、涙も出て。 家族の物語、娘の成長物語としても>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

親との距離感が自分の高校時代を思い起こさせる。 女子は思うところが多い映画だと思う。 思春期特有の背伸びしたくて羽ばたきたくて、母親がウザくて反抗したくて。
ハッキリクッキリとし
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。 裏切りを知って生きて来た者には、信じ切るって簡単じゃない。 いっそ馬鹿なら良かったのに。 組織の中の立場も有り、人間だもの感情も有る。 切なさと悲哀に満ちた闇の中>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.0

同じシーンを時間や視点を変えて繰り返す演出。 段々と見えてくる校内の微妙な人間模様。 狭い世界だけど、当時者には その世界こそが全て。
桐島君は、どんな子なんだか妄想が膨らむ。
持っていれ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.4


下半身に本気で笑ってしまった。 場内は外人さんも多く、皆んな笑ってた。
とにかくライアン・レイノルズがガンガン喋る、マシンガントークも終始楽しい。 映画ネタがてんこ盛り、パロディ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

字幕版で鑑賞。
意外とミュージカル感もあって、鳥(雀?)が良い動きしてた。
イギリスに行った時、自分のお土産に「ピーターラビット」の絵本を買った。 絵が可愛くて眺めてるだけで満
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.7

「孤狼の血」同様、昭和の正しい使い方。 邦画の良さを再認識(←好きなのは洋画だけど)
安定のてんやわんや人情ドタバタ劇。 やや年齢層が高い場内は、そんなには面白くないでしょうという所
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

オリジナル版が好きなのと、月9の「コンフィデンスマンJP」で長澤まさみの魅力が私の中でますます上昇中なので楽しみにしていた。
事故の後遺症は悲しい現実だけど、ここまで愛されたら毎日が新鮮。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

面白いです! ヤクザ映画は映画館では観た事なかったけど、Filmarksの評価が高いので気になり観て来たら面白かった〜
まず、豚の鳴き声から始まるんです笑
「ん? これ豚?」 なんて思
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

4.0

シュワちゃんの息子が爽やか過ぎて心が清められた。 コーラのCMに出て来そうな正統派爽やかイケメン。
日本映画のハリウッドリメイクとの事だけど、オリジナルは未見。
病気モノですが重くなり過ぎず、主
>>続きを読む

>|