hosejackさんの映画レビュー・感想・評価

hosejack

hosejack

DVDより映画館派。映画館で観たものを感想書きます。
レビュー評価基準
5点台ー年間ベスト候補
4点台ー人に勧めたいほど大好き。
年間トップ10候補
3点台ー個人的には好きなほう 基準
2点台ー好みではない
1点台ー好きじゃない
0点台ー理解出来ないので採点不可

  • List view
  • Grid view

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

評判は聞いていたものの予想以上に最高だった。バットマンVSスーパーマンの登場時は、流石に衣装含めて無理あるだろ…と思っていたけど今後はワンダーウーマンを心待ちにするはず。
ヒーロー誕生談にディズニー要
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8

侵略者と人間の交流を通して愛とは何かを問う映画だった。題材もまさにだけど、外から人の価値観は何かを問うという意味ではやはり寄生獣を連想した。
終盤のシーンで何故か涙が少し出た。それは観客も侵略者と同じ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.4

女性のしたたかさを描いている映画に思えた。
ミシェルはどこまでも俯瞰して物事を捉えている。社会における女性の立場の弱さを理解した上で、抵抗して戦うのではなく利用して機を待つしたたかさを持つ。時が来たら
>>続きを読む

此の岸のこと(2010年製作の映画)

3.4

セリフは一切ないけど、老夫婦の現実と主人公のじいさんのばあさんへの愛と苦しみの気持ちが痛いほど伝わる。カールじいさんの冒頭シーンを想起させる、綺麗事だけではないが作品の中に散り際の美しさが内在していた

春なれや(2016年製作の映画)

2.8

わさびが個人的に素晴らしくハマった影響を受けて、決してつまらないわけではないけどそこそこという印象だった。

わさび(2016年製作の映画)

4.0

高山の情緒あふれながら冷たい空気感を感じる雰囲気、芳根京子の圧倒的な演技と佇まい、短編を活かした狭く小さなストーリーであることが絡み合っていて素晴らしい。少女が周りの環境に抗えない人生への諦めから覚悟>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.2

消化しきれない部分を自分自身で感じている。事実を並べて判断を下す弁護士が、殺人犯に向き合うことで共鳴し始めて信念が揺らいでいく様はカポーティを思い出した。
劇中の目の見えない人達が触った象の話が端的に
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

ノーラン印の映像の重厚さは健在だけど、銃撃戦の凄まじさではなく、一発の銃弾、空爆で死んでしまう命が約束された空間がない緊迫感に向けられている。プライベートライアンとかハクソーリッジのような平然と兵士達>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

素晴らしかった。設定と伏線がほんと見事。ゾンビ映画お約束のゾンビに囲まれたデパートの状況をより密室、より絶望的にしている。極限状況の中でも主人公の人としての成長をしっかり描いているのがすごい。
各キャ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。むしろ他の映画観た時に予告編として冒頭6分を見た時はそこまで好みではなかったけど、後半の話のスイング感は想像を超えていて素晴らしい。段々と自分では止められない大きな事件に巻き込まれるモノの>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

映画的な起承転結はほとんど起こらない日常を切り抜いただけの七草粥みたいな映画だった。
劇中で暗示的に使われているように思えた◯模様は日常の繰り返される毎日を意味していたり、頻繁に出てくる双子の描写や最
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

2.8

アクションは相変わらず素晴らしい迫力。でもちょっと登場人物多すぎる。キャラの深堀が出来ないし記号的にしか見れない。ただ記号だからこその対戦時のワクワク感があるのも事実。ワンピースに近い。
体使ったアク
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

典道は現実ではない繰り返される1日に居続けることを選んだ話なのか?はたまた戻れなくなったのかもしれないけど、どちらにせよ不思議な話でイメージと全然違っていた。
あそこに出てくる世界の人たちは「主人公典
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.5

シンプルに退屈だった。
コマ割りしていて読者が行間を読んでくれるマンガと違って、実写では実際に時間の間が存在するから違和感がより目立つし、セリフが説明くさい。
山崎賢人は肉体的な凄みと悪さがないから不
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

ノリの軽さと良い意味でニューヨークという都市のご当地ヒーロー感のあるこじんまりさがスパイダーマンの良さだと思うし、その要素が絶妙だったからこそ前リブート作のアメイジングスパイダーマンが好きだった。のだ>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

ポスターと予告編のチープさに良い意味で裏切られた良作。以外、核心には触れてないがストーリーをややネタバレ。
.
予告編で観た「犯人の告白」からどのような展開になるだろうと思っていたけど、面白い方向に転
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

【ややネタバレ】
誰にも肩入れしないフラットな作りに思えて好みだった。
販売営業マンから世界一の会社の社長になるレイクロックの人間性は、実は最初から最後まで変わっていないと思う。一貫して盲目的なまでに
>>続きを読む