Ricolaさんの映画レビュー・感想・評価

Ricola

Ricola

オールタイムベスト
1 アパートの鍵貸します
2 風と共に去りぬ
3 アメリ
4 雨に唄えば
5 ロシュフォールの恋人たち
6 早春
7 お熱いのがお好き
8 あなただけ今晩は
9 ロバと王女
10 シンプルシモン

ベストムービー設定は今年観たものの中の暫定ベストムービーです。

映画(621)
ドラマ(2)

リスボン物語(1995年製作の映画)

3.6

録音技師のフィリップ(リュデイガー・フォグラー)は、親友の映画監督のフリッツ(フリードリヒ・モンロー)に招かれリスボンの地を訪れるがフリッツは現れない。
彼が招かれたのは、映画に「音」が必要になったか
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.7

当時とても話題になったこの映画だが、今回初めて観た。
そもそも是枝監督の作品自体初鑑賞だった。


子役のもはや演技しているようにみえない演技が本当に素晴らしくて、より感情移入しやすく感動できたポイン
>>続きを読む

アマデウス ディレクターズ・カット(2002年製作の映画)

3.9

サリエリからみたモーツァルトの人生。
モーツァルトは天才ではあっても異端児でもあった…。
小さい頃よく読んでいたモーツァルトの伝記漫画から得た彼の印象とはちょっと違った。


豪華絢爛な装飾や音楽の使
>>続きを読む

ザ・テディ・ベアーズ(原題)(1907年製作の映画)

4.0

小さい頃読んでいた絵本、「三匹のくまの家」と設定がとても似ている。

だけど当時のアメリカ社会の闇を感じる。

現代の倫理観からしたら本当に信じられないほど恐ろしいが、この映画では全く悪いことと捉えら
>>続きを読む

スリ(掏摸)(1960年製作の映画)

3.5

ブレッソン監督作品初鑑賞。

スリの際の手元のクロースアップがとても印象的。
単純に、こんな手口があるのか…!と驚かされる。

ダメだと頭ではわかっていても止められない、彼の葛藤もよく感じ取れた。

ローバーによる救出(1905年製作の映画)

3.6

犬のローバー、名演技!

単純だけど起承転結があって面白い。

大列車強盗(1903年製作の映画)

3.0

ツッコミどころ満載だが、ストーリーがちゃんとあって見応えある。

そしてあのラストシーンは忘れられない。

我輩はカモである(1933年製作の映画)

4.0

前作「ご冗談でショ」よりパワーアップしていた…。
今回は主演のグルーチョ・マルクスはなんと一国の首相役!

サイレント映画でも通用しそうな笑いのネタもたくさんで、本当に鏡の中の自分かのような息の合った
>>続きを読む

メリー・ジェーンの災難(1903年製作の映画)

3.6

メリー・ジェーン役の女優さんの表情がいい笑

そして展開と演出がシュール過ぎておとぎ話みたい!

我等の生涯の最良の年(1946年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦から復員した同郷の3人の男を中心に、戦後の彼らの運命と現実が描かれている。
結婚して大きい子供もいる父親、新婚の男、戦争で両手を失った婚約者のいる若い男、この3人に待ち受けていた故郷での
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.6

ポートランドで男娼をするマイク(リバー・フェニックス)は、市長の息子で同じく男娼のスコット(キアヌ・リーブス)に出会い、惹かれていく。そして彼らはマイクの母親に会うために旅に出る…。


主演の2人の
>>続きを読む

私を野球につれてって(1949年製作の映画)

3.3

フランク・シナトラ×ジーン・ケリーのコメディミュージカル映画。

相変わらずシナトラかわいい!奥手な役が似合う。

当時のファッションはもちろん素敵だし、ダンスは素晴らしいんだけど……正直、全体的に微
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.5

15歳のウィリアムは、家出した姉の影響でロックが大好きだが、支配的な母の元で暮らしていた。
しかしある日、彼は「ローリングストーン誌」の記者に抜擢され、スティル・ウォーターというバンドのツアーに密着取
>>続きを読む

カラマリ・ユニオン(1985年製作の映画)

3.8

カラマリ・ユニオン(イカ墨同盟)の15人の男たちはみんな名をフランクという。彼らは理想郷を目指してそれぞれ旅立つ…。

かっこいい……のだけどなんだかおかしい笑 という感覚が終始ある。
彼らはみんなか
>>続きを読む

緑の丘のミステリー(2017年製作の映画)

4.0

主人公の少年、ココとその友人たちが夏のキャンプで訪れた穏やかな町で相次いで泥棒被害が出る。
ココの家では愛犬まで殺されてしまう。そこで子供たちはなんとか犯人を確定させ捕まえようと奮闘する…。


児童
>>続きを読む

キートンの恋愛三代記/滑稽恋愛三代記(1923年製作の映画)

3.5

先史時代、ローマ帝国時代、現代(1920年代のアメリカ)を舞台にそれぞれ恋愛劇が繰り広げられる。

三つとも主人公、ヒロイン、恋敵の役がそれぞれ同じ役者であるというのがわかりやすくていい。

恋愛にお
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

1983年の夏、北イタリアで高校生のエリオ(ティモシー・シャラメ)は大学院生のオリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。
最初は自信家のオリヴァーに反感を抱いてたエリオだったが、次第に惹かれていく…。
>>続きを読む

キートンの探偵学入門/忍術キートン(1924年製作の映画)

4.2

バスター・キートンに完全に魅せられた!!

ポーカーフェイスで全力コメディをする様は滑稽であると同時にかっこよくもある。
こんな上品で発想豊かなコメディなんて今の時代ではなかなか生まれないのではないか
>>続きを読む

アイ・ラブ・メルヴィン(1953年製作の映画)

4.7

あの「雨に唄えば」の大好きなドナルド・オコナーとデビー・レイノルズ主演のハッピーな明るいラブコメディ!

ジュディ・シュナイダー(デビー・レイノルズ)はハリウッドスターを夢見ているが、現実はショーで端
>>続きを読む

海の沈黙(1947年製作の映画)

4.5

ナチス占領下の1941年フランス。老人と姪の暮らす家にドイツ人将校が同居することになる。

この映画すごい…タイトルの「沈黙」や間、ナレーション、表情、映し方が全てを引き立て合っている。

最初の「沈
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

思春期あるある、な映画なのだが、母娘の物語でもあった。

シアーシャ・ローナン演じる高校生のクリスティンは、ちょっと変わっていて友達もそんなに多いわけではない。自分のことを「レディ・バード」と名乗る。
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

夢の国、フロリダ・ディズニー・ワールドの近くの安モーテルで若い母親のヘイリーと娘のムーニーはその日暮らしの生活を送っていた。
貧しくても充実した生活を送っていた彼女たちだが、ある転機が訪れる…。
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.6

前作は観てないのだが、それでも十分楽しめた!

10人の教授たちがそれぞれ自分の専門分野以外のことが本当にダメダメでポンコツ笑

だからこそ出来上がったドタバタコメディ、という感じだった。

特に後半
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

待望のウェス・アンダーソンの新作をやっと観れた!!

舞台は近未来の日本の架空の都市、メガ崎市。犬の感染症が充満しており、市長の小林が犬たちをゴミの島へ追放する。
そこで繰り広げられる人間の少年と犬た
>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

2.4

仮出所した兄との再会によって、主人公ジノス(アダム・ポウスドウコス)は人生のどん底だった状態から自身の店のソウル・キッチンを立て直していく物語。


全体的にごちゃごちゃしていて何が何だかと思うところ
>>続きを読む

音楽狂(1903年製作の映画)

3.0

現代までのアニメやマンガなどに参考にされていそう。

シンデレラ(1899年製作の映画)

3.2

時計のシーンが特にシュール。

メリエスが王子役はちょっときつい気がする笑

幾つもの頭を持つ男(1898年製作の映画)

3.4

発想がすごい笑

メリエスのこの頃の映画は本当にマジックショー。

80日間世界一周(1956年製作の映画)

4.2

「月世界旅行」の作者、ジュール・ヴェルヌの小説が原作。

19世紀後半を舞台に、賭けに勝利するために80日間で世界一周の旅に出る。


世界各地の風景がとても色鮮やかでリアルで、自分も旅行をしているか
>>続きを読む

恋のエチュード(1971年製作の映画)

3.9

1人のフランス人の青年と母の友人の娘であるというイギリス人姉妹との恋模様を描いた物語。


美しい自然、19世紀の印象派の絵画のような淡い色と光の画が綺麗な音楽と自然の音が相まってロマンチックだった…
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

1950年代、アイルランドからアメリカのNY、ブルックリンに移住する女性の物語。

当時のファッションが素敵で、アイルランドの自然も美しい。

故郷から離れて全く知らない土地で最初は不安だけど、だんだ
>>続きを読む

波止場(1954年製作の映画)

4.3

閉塞的な波止場という世界の中で蔓延る権力に立ち向かう男の物語。


ちゃんと教育を受けてきて常識のあるイディ(エヴァ・マリー・セイント)や信仰心と正義感の強い神父様の存在が暗い世界の中でまさに希望だ
>>続きを読む

>|