かれんさんの映画レビュー・感想・評価

かれん

かれん

映画に求めるものは「気付き」です。
駄作もまた愛おしい。

映画(391)
ドラマ(0)

ゴーストシップ(2002年製作の映画)

3.2

B級カモン!と観始めたけど非常に良い出来栄えで驚いた。

DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999年製作の映画)

1.0

無理。見所とやらのラストもナニコレ状態。久々に時間を返して欲しいと思った作品。

花宵道中(2014年製作の映画)

3.3

「花魁映画で吉原炎上に勝るものなし」派なのでまったく期待していなかった分、意外に良かった!安達祐実の身体のコンパクト感がバッチリとはまっている。可憐で危うげな表情は本家電球バリンの二宮さよ子に似ている>>続きを読む

二十日鼠と人間(1992年製作の映画)

3.0

あのビッチさえ居なければなぁぁぁ!!!の一言。ゲイリーシニーズは毎度のことながら堪らんかっこよさです。

キャビン(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まぁなんと痛快な!!途切れなく葉っぱでラリってるボーイだけが真実に気づいて一番まともで、最後もどん詰まりだけど吸って楽しげに逝こうや的な。
エレベーターチンからの色んな怪物一挙公開はほんと笑った。
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

あまりにも有名でインパクト大のカバーに恐れをなして今日まで避けてきたことを後悔しています。とにかく全体的にオシャレ。血の海はアートだし、妻のファッションもちょいダサでかわいい。やはりキューブリックは好>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.7

不完全な2人が不協和音鳴らしつつも、だんだんと2人ならではの関係性を獲得していく様が素敵だった。
自分だったらあんな夫も、あんなつましい暮らしも絶対に無理だけどw
主演の女優さんとイーサン・ホークの演
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

血が通った物語。面白くて、切なくて、暖かい。最高だ。

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.5

なかなかにマッド。完璧主義。究極の美の追求。でもアーティスト肌によく見られる不安定さは感じない。産業としてのファッションも弁えている。バランス感覚を兼ね揃えたかわいいおじさん。神秘的なブランドの内部が>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.8

実在の人の物語だけど、意図的にファンタジーとして作った作品なんですね。歌にダンスにアクロバットに派手なカメラワークに楽しませてもらえたけど、ストーリーは浅い…まぁでもエンターテイメントとしては十分なの>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.8

濃厚なウォンカーウァイ味でございました。どうしてこんな雰囲気が醸せるのかな!素晴らしかった。
物語は淡々としつつも微妙な心理が見える。
黒バックに漢字ばかりの赤明朝体のエンドロールがエヴァ風だなとか全
>>続きを読む

極道の妻たち(1986年製作の映画)

3.0

岩下志麻の着物の着こなしが素晴らしい。衿の合わせをあんなに浅くしてダイヤの一粒ネックレス!真似しても様になるもんじゃあございません。かたせ梨乃の土着的なエロスも全開です。五社監督作品らしい、抗えない運>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

B級ホラーかと思いきや、なかなか深かった。閉鎖的な村社会が陥る末路。しかもそれがこれからも続いていきますよっていう不穏なラストも◎

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

一大叙事詩のような作品だった。
このやたら羽振りの良いおじさんの仕事はなんなんだろう?この地味そうなお姉さんの謎の資金源はナニ的な。若い頃に会った違和感ありまくりな人々のことを思い出した。みんな混沌と
>>続きを読む

鬼畜(1978年製作の映画)

2.9

岩下志麻の視線の冷たいこと冷たいこと。。緒形拳がどーしよーもなく弱々しくてダメだこりゃ感が凄い。子供の口に無理やりご飯詰めるシーンとか今じゃ撮れないだろうなぁ。
しかしながら、哀しいことだけどもっと鬼
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

こんなこと言っては元も子もないのでしょうけども複製マシーンとか出てきたらもう何でもアリですやん…って思ってしまった。片方は双子という現実感のある設定で指まで詰める頑張り様。奥さんや愛人が双子に気づかな>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.0

佐藤浩市と夏川結衣の娘は絶対に美人さんでしょうに。整形したくて堪らない娘って設定どうなんかなwあれかな、醜形恐怖症とかかな…などの雑念多し。
総論としては警察もいろいろタイヘンねぇ。です。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

人生の機微が描かれていてとても素晴らしかった。その人が明日死ぬと知ってればありがとうと言えるけど、不意に死なれちゃうことも多いし。生も死も愛も憎しみも混沌とした日常がリアルだなぁと感じました。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

香川照之こんな役もばっちりこなせます、のプレゼンを見ているようだった。ところどころ安っぽい演出があって残念…

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

2.0

こんな方向性とは予想だにせず…途中から投げやり視聴。。初めからB級の認識を持って観ていたら楽しめたと思います。

真実の行方(1996年製作の映画)

3.5

主演の3人それぞれに演技が素晴らしい。

法廷バトル×男女のかけひき…ありがちなやつかなーなんて思ってたら…これはこれはw

リチャード・ギアは金にまみれた弁護士役がよくハマりますね。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

こういう友人に恵まれたら…こういう終わり方ができたら…幸せな人生なんだろうなぁと感じた。
死をドラマチックに演出しない点がとても良かった。

遺される友人2人の行為に関してはいきなりすぎて「え?え!温
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.4

実話ということで、こういう出来事があったことを知れたことに何よりも価値があると思いました。市民生活の細部まで行き渡る監視社会の窮屈さ、人々が心の余裕を失っていく様子が緊張感を持って描かれている。残酷な>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

オチが分かってからがやたら長いなーもはやもうなんでもアリってことだしまともに観る気も起きないわ…と緩んだところにラスト、かましてくれましたね。。
なんだか全体的に安っぽい感じで、映画というよりはTVド
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ハートフルで素敵なラブコメ。
しかしどうしても気になる点が!
彼はあの容姿で巨大プロジェクトを任される気鋭の建築デザイナーであるわけで、普通に考えたら有名人なはず。道行く人から向けられるのは差別や好奇
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

3.0

おかしな人たちのおかしな昂りがずっと続く。興味深いけどお口に合いませんでした…
そして個人的にはもう少し歳を重ねたニコラスケイジが好きです。

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

虐待されてる子どもが自ら被害を第三者に訴えて母親に復讐したいって⁉︎大人都合のファンタジーだと感じてしまう。軽々しく描かれていて嫌だった。
断片的にカッコいいシーンもあるし、良い役者さん揃いなんだけど
>>続きを読む

ゼロの焦点(1961年製作の映画)

3.4

数年前に広末さんのリメイク版を観たはずなのにすっかり結末を忘れていたおかげでまっさらな状態で愉しんだ。記憶力の不安はさておき、緊張感のある展開で見応えがある。モノクロで不鮮明な点も現代からすると不穏な>>続きを読む

安寿と厨子王丸(1961年製作の映画)

3.0

声優さんが豪華。
主人公は悪人どもに最後に一矢報いるものと思ってみたけどサラーっと終わった。。
悪人は許され、善人は泣き寝入り。こんな酷いことあるかーい!!なお話でした。
子供向けではないんだろうな。
>>続きを読む

白蛇伝(1958年製作の映画)

3.7

当然影響を受けているのだろうけど、昔のディズニーにとても似た雰囲気を感じる。キャラクターの動きやセリフ回しも可愛らしく、中国の音楽や服装で異国情緒も溢れている。アニメ創成期の良作を観たという満足感♡

の・ようなもの(1981年製作の映画)

3.5

不思議な映画だなぁ。棒みたいな演技の連続なんだけど、不思議とそれで正解な気がしてくる。若かりし頃の秋吉久美子のとっぽい感じもとても良い。

ペット(2016年製作の映画)

3.0

子供向けにしてはブラックだし、大人向けにしては物足りない。会議で企画が骨抜きにされていくシーンが思い浮かんでしまった。

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.8

園子温版ニューシネマパラダイス。これは映画への素晴らしき賛歌だと感じた。
しかし凄まじい血の量!鉄欠乏性貧血なので見てるだけでへなへなしてきます。
二階堂ふみさんの谷間が良好。

エスター(2009年製作の映画)

3.0

すっとこどっこいの両親に腹が立つ。初期段階で盗聴器と隠しカメラとかいくらでもあるやろがーい!
これ系の映画を見慣れていないので楽しみ方がよく分からない。
スカした感じのエンディングの選曲もよく分からな
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

こんなにも切ないとは。。
人は見た目の醜いものを忌まわしく恐ろしく感じてしまう生き物であるのと同時に心の眼で本質を見つめることもできる、ということをこの作品を観ることで体験させられたような気分。心を揺
>>続きを読む

白蛇抄(1983年製作の映画)

2.5

これを低予算でより具体的により簡潔に描いたものがAVの人妻モノなんだと思う。

>|