かれんさんの映画レビュー・感想・評価

かれん

かれん

映画に求めるものは「気付き」です。
駄作もまた愛おしい。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

一大叙事詩のような作品だった。
このやたら羽振りの良いおじさんの仕事はなんなんだろう?この地味そうなお姉さんの謎の資金源はナニ的な。若い頃に会った違和感ありまくりな人々のことを思い出した。みんな混沌と
>>続きを読む

鬼畜(1978年製作の映画)

2.9

岩下志麻の視線の冷たいこと冷たいこと。。緒形拳がどーしよーもなく弱々しくてダメだこりゃ感が凄い。子供の口に無理やりご飯詰めるシーンとか今じゃ撮れないだろうなぁ。
しかしながら、哀しいことだけどもっと鬼
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

こんなこと言っては元も子もないのでしょうけども複製マシーンとか出てきたらもう何でもアリですやん…って思ってしまった。片方は双子という現実感のある設定で指まで詰める頑張り様。奥さんや愛人が双子に気づかな>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.0

佐藤浩市と夏川結衣の娘は絶対に美人さんでしょうに。整形したくて堪らない娘って設定どうなんかなwあれかな、醜形恐怖症とかかな…などの雑念多し。
総論としては警察もいろいろタイヘンねぇ。です。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

人生の機微が描かれていてとても素晴らしかった。その人が明日死ぬと知ってればありがとうと言えるけど、不意に死なれちゃうことも多いし。生も死も愛も憎しみも混沌とした日常がリアルだなぁと感じました。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

香川照之こんな役もばっちりこなせます、のプレゼンを見ているようだった。ところどころ安っぽい演出があって残念…

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

2.0

こんな方向性とは予想だにせず…途中から投げやり視聴。。初めからB級の認識を持って観ていたら楽しめたと思います。

真実の行方(1996年製作の映画)

3.5

主演の3人それぞれに演技が素晴らしい。

法廷バトル×男女のかけひき…ありがちなやつかなーなんて思ってたら…これはこれはw

リチャード・ギアは金にまみれた弁護士役がよくハマりますね。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

こういう友人に恵まれたら…こういう終わり方ができたら…幸せな人生なんだろうなぁと感じた。
死をドラマチックに演出しない点がとても良かった。

遺される友人2人の行為に関してはいきなりすぎて「え?え!温
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.4

実話ということで、こういう出来事があったことを知れたことに何よりも価値があると思いました。市民生活の細部まで行き渡る監視社会の窮屈さ、人々が心の余裕を失っていく様子が緊張感を持って描かれている。残酷な>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

オチが分かってからがやたら長いなーもはやもうなんでもアリってことだしまともに観る気も起きないわ…と緩んだところにラスト、かましてくれましたね。。
なんだか全体的に安っぽい感じで、映画というよりはTVド
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ハートフルで素敵なラブコメ。
しかしどうしても気になる点が!
彼はあの容姿で巨大プロジェクトを任される気鋭の建築デザイナーであるわけで、普通に考えたら有名人なはず。道行く人から向けられるのは差別や好奇
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

3.0

おかしな人たちのおかしな昂りがずっと続く。興味深いけどお口に合いませんでした…
そして個人的にはもう少し歳を重ねたニコラスケイジが好きです。

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

虐待されてる子どもが自ら被害を第三者に訴えて母親に復讐したいって⁉︎大人都合のファンタジーだと感じてしまう。軽々しく描かれていて嫌だった。
断片的にカッコいいシーンもあるし、良い役者さん揃いなんだけど
>>続きを読む

ゼロの焦点(1961年製作の映画)

3.4

数年前に広末さんのリメイク版を観たはずなのにすっかり結末を忘れていたおかげでまっさらな状態で愉しんだ。記憶力の不安はさておき、緊張感のある展開で見応えがある。モノクロで不鮮明な点も現代からすると不穏な>>続きを読む

安寿と厨子王丸(1961年製作の映画)

3.0

声優さんが豪華。
主人公は悪人どもに最後に一矢報いるものと思ってみたけどサラーっと終わった。。
悪人は許され、善人は泣き寝入り。こんな酷いことあるかーい!!なお話でした。
子供向けではないんだろうな。
>>続きを読む

白蛇伝(1958年製作の映画)

3.7

当然影響を受けているのだろうけど、昔のディズニーにとても似た雰囲気を感じる。キャラクターの動きやセリフ回しも可愛らしく、中国の音楽や服装で異国情緒も溢れている。アニメ創成期の良作を観たという満足感♡

の・ようなもの(1981年製作の映画)

3.5

不思議な映画だなぁ。棒みたいな演技の連続なんだけど、不思議とそれで正解な気がしてくる。若かりし頃の秋吉久美子のとっぽい感じもとても良い。

ペット(2016年製作の映画)

3.0

子供向けにしてはブラックだし、大人向けにしては物足りない。会議で企画が骨抜きにされていくシーンが思い浮かんでしまった。

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.8

園子温版ニューシネマパラダイス。これは映画への素晴らしき賛歌だと感じた。
しかし凄まじい血の量!鉄欠乏性貧血なので見てるだけでへなへなしてきます。
二階堂ふみさんの谷間が良好。

エスター(2009年製作の映画)

3.0

すっとこどっこいの両親に腹が立つ。初期段階で盗聴器と隠しカメラとかいくらでもあるやろがーい!
これ系の映画を見慣れていないので楽しみ方がよく分からない。
スカした感じのエンディングの選曲もよく分からな
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

こんなにも切ないとは。。
人は見た目の醜いものを忌まわしく恐ろしく感じてしまう生き物であるのと同時に心の眼で本質を見つめることもできる、ということをこの作品を観ることで体験させられたような気分。心を揺
>>続きを読む

白蛇抄(1983年製作の映画)

2.5

これを低予算でより具体的により簡潔に描いたものがAVの人妻モノなんだと思う。

おさな妻(1970年製作の映画)

2.7

昼ドラみたいな姿勢で楽しむべきだと思う。セリフとかいちいち笑える。ちゃんと向き合うにはとてもきもちわるーい話。

(1959年製作の映画)

3.7

まず京マチ子の眉毛が一切の迷いもない様子で一直線につり上がっていてすごい。
おとんは能動的な変態、おかんは受動的な変態、娘は破滅思想の変態、娘の婚約者は打算的な変態。
やはり谷崎はぶっ飛んでいてサイコ
>>続きを読む

卍 まんじ(1964年製作の映画)

3.8

面白すぎる。若尾文子に翻弄されて、気付けば地獄の三丁目。おそろしやおそろしや。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は皮肉の効いた内容でとても良かったと思う。特に妹家族との対比は、価値観を揺さぶられるようで痛快だった。
謎にリッチな祖父母(あの両親の娘が彼を夫に選ぶかね⁉︎選んだとして両親が認めるかね⁉︎という
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.8

ここ数年でファッションの映画が増えていますがその中でもとても良い出来だと思います。
メットガラはお祭り騒ぎ的にしか捉えていなかったけど、それを仕掛ける美術館側の知性溢れるアカデミックな戦略と、金集めな
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

2.0

事件の関係者が主人公の前で良心の呵責から次々と罪を告白していくわけなんですが、人ってそんな一様ですかねぇ?
主人公が他人との距離感の取り方がわからない感じが怖かった。事件への異様な執着もそんな性格ゆえ
>>続きを読む

セカンドバージン(2011年製作の映画)

2.0

ドラマ版の、激しい情熱に溺れながらも理性とキャリアを決して失わない、強かでたくましいルイの女性像が素敵だったのに。落ち目の男に寄り添い一緒に堕ちていくだけのつまらん女になりおって!!
思えば今よりもお
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

4.0

とにもかくにもチャイナドレスの魅力!いたるところがぴったりフィットしつつも窮屈さはなく、服の中で身体がなめらかに動いている。2キロ太ったら完全アウトなセンシティブな服が日常着とはイイ女だな。トニーレオ>>続きを読む

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.5

ベトナムの邸宅のオープンエアーな空間を吹き抜ける風を感じる。とても静かな中で繊細に揺れ動く人の心模様も見える。3作目にしてこの監督のファンになりました。
パパイヤの種びっしりのドアップはトライポフォビ
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.3

デヴィットリンチ強化月間。Don't think,but feel.の精神で観始めたので、こんなにしっかりしたストーリーがあるとは予想外。サスペンスとしてはまぁまぁ。それよりも「この世は不思議なところ>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

3.5

脳がぐんにゃりしてくるキモカワファンタジー。大好物です。
毎度ながら効果音や美術品が独特すぎてwアリスの子はかわいい。時計うさぎの歯の噛み合わせが悪くて気になっちゃう。

夏至(2000年製作の映画)

3.6

美しい映像に乗ってベトナムの湿度がそのまま伝わってくるよう。
特筆すべきは、ダイレクトな描写は無いのに諸所でめちゃくちゃエロスを感じる点。この監督、やり手である。
女性の湿り気を帯びた艶やかな黒髪と肌
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

3.5

ハリウッドリメイク版の方を先に観ていたのでストーリーはわかっていたものの、カメラワークからセットまで何から何まで原作とUSAまったくと言って良いほど同じでびっくりした。てか、なんでわざわざリメイクした>>続きを読む

>|