いっくんさんの映画レビュー・感想・評価

いっくん

いっくん

ジムキャリーみたいな人になりたいです。

映画(763)
ドラマ(0)

アントマン(2015年製作の映画)

4.0

鑑賞前はあまり期待してなかったが、予想を上回る面白さだった。
頭を使わず、ストレスなく観れる映画。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

鑑賞後にamazonでDVD即購入。
音楽は心を揺さぶるコミュニケーション手段の1つであることをミュージカル映画から気づかされる。
最も崇高な芸術とは人を幸せにすることだ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

フォースの覚醒もそうだが、スターウォーズ全盛時代を支えた俳優に依存してる感が拭えない。
ネタバレにならないように詳細は控えるが、ある人物がルーク・スカイウォーカーを諭すシーンは人生の勉強になる。
次作
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.7

ジェネシスから鑑賞。
些細な近隣トラブルから、人間と猿の戦争に発展するとは。
不安や恐れが偏見に繋がる。
互いを理解する努力を忘れちゃいけない。
How can I help you?の姿勢で。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

冒頭から引き込むアクション。
洒落た戦い方にグロさは前作同様。
前作観ていた人には嬉しい展開もあり。
映画観終わった後には自然とカントリーロードを口ずさんでしまう。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

安定のピエール瀧。
想像以上の性描写。
親と観ると気まずくなるやつ。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

ビビリやから、反射的にパンチしてしまうほどにクオリティ高かった。
自分がZQNになったら、どんな行動するんかなって意味のないことを考えた。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

どうしても過去作と比べてしまって、この点数になりました。
次作でようやくこのスパイダーマンに慣れるかもしれません。
スパイダーマン側のキャストがアメリカのホームドラマに出てきそうな感が強くて、そこにも
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦初期、戦地となったダンケルクの街の空をドイツ軍が撒いた大量のチラシが舞います。そこには「連合軍は降伏せよ」の文字。トミー2等兵(フィン・ホワイドヘッド)は空を見上げ仲間と歩いています。す>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

「時効って何だよ!!!」
ホンマにその通りです。
最後のシーンでは不謹慎かもしれませんが、行けーと思ってしまいました。
殺人犯を曽根様とはしゃぐ描写に無理があると思ったけど、実際そんなことが起こり得た
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.5

弟が生まれたことで、女王の座を継承出来なくなった欲深いアマネットは、死の神セトと契約を結び、父親と弟を殺害。
家臣から生きたまま石棺に入れられる極刑を受ける。
5000年後、主人公らによってその封印が
>>続きを読む

ディバイナー 戦禍に光を求めて(2014年製作の映画)

3.8

戦死したと思われる3人の息子をオーストラリアからトルコまで探しに行く父親の物語。
戦争による憎しみの感情を露わにする人もいれば、戦争は終わったからと殺し合いではなく語り合える人間社会の対比がリアルだっ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

予備知識ないままに鑑賞。
最初はなぜ「へや」にいるのか要領を得なかったが、母親の告知でルームという題名に繋がった。
当初、子供の理解が進まないことにもどかしさを感じながらも、それがリアルなんだなと感じ
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

イーサン・ホーク男前。
最後に発言する言葉に「これが俺の望む人生だ」って意志が伝わってくる。
最低やけど、シビれた。
ブルーに生まれついて。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

The王道物語。
ジョンレジェンドみたいな歌い方したい。

コンカッション(2015年製作の映画)

3.8

コンカッション=脳震盪
事実発覚から認められるまでに13年要している。
嘘つき呼ばわりされたこの期間は本当に悔しかっただろうとご心中お察しします。
諦めない力というのは本当に大事。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5

誰かの幸せを心から喜べる。
人生で1番大事な事かもしれん。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

No more war!
極限の状態でも自分の信念を貫く生き様に脱帽です。
手をボロボロにしながら、あと1人救いたいと何度も繰り返し戻る姿に何も感じずにはいられない。

サウスポー(2015年製作の映画)

4.0

怒りは身を滅ぼす。
何が1番大事かを考えなくちゃ。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

アクションの進化が衰えない。
ジェイソンステイサムの登場でアクションの幅が広がったことは好印象。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.5

これで昭和は64年まであったことを忘れずに済む。
犯罪犯して、のうのうと生きてるやつに天罰あれ!

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

エイプリルフールは元カノの誕生日。
嘘をつこうと頭をひねるより、脳裏を駆け巡る想い出がたくさん。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

圧倒的攻撃範囲に羨望。
石原さとみの英語に対する現場の空気感が知りたい。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

人は繋がる為に生きている。
人を繋ぐものは愛、時間、死の3つ。
幸せのおまけを見逃すな。

愛に気づけって映画。

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

4.5

1、俺は尿酸値コントロールして、妻と長生きしよう。
2、悪口をどんどん言って、面白いに変換しよう。
3、飲み会も三次会まで絶対行こう。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

ハリポタとは少し異なる印象。
忘却の術、手に入れたら、人生の可能性が一気に広がりそう。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.9

スタートからハラハラ。
謎解きはワクワク。
ウィルス拡散ドキドキ。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.9

腕を折り、足を折り、首を折る。
そんな格闘技を私も習う予定です。
いつか今の会社を辞めて、何故辞めたのか?と聞かれたら、スーツが似合わなくなったからと言ってみたい。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.7

話題になったので、一応鑑賞。
出会い方より出会った後の方が大事。
それが1番大事。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.7

映画だとやはり原作の細かい描写や心の葛藤を描くには時間が足りない。
そんな印象を受けたので、映画だけでなく原作を是非読んでほしい。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

実話。
奥さんの涙にリアルを感じた。
2009年の出来事なのに記憶になかった。
40年以上の経験を持ちながら、乗客の安否を最後まで気遣う姿勢にリスペクト。

>|