imurin4さんの映画レビュー・感想・評価

imurin4

imurin4

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.3

かなりエログロという前評判聞いてたので覚悟したが、確かにだった。エロ要素強目だったけど、でもストーリー要素の中に組み込まれてる感じしてたから、ありだと思う。
3部構成はわかりやすくて良かった。みてから
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

4.3

ゆるーくスタートしてどんどんシリアスになってく感じ、ソンガンホの熱演はさすがだし、これが実話ベースってんやから、恐ろしい。色んな映画で韓国の闇を見てきたけど、だいたいがマフィア、大企業絡みやったけど、>>続きを読む

世紀末救世主伝説 北斗の拳(1986年製作の映画)

4.2

てっきりテレビ版のダイジェストかと思ってたらかなりいじっててぐだらずにめちゃ楽しんで見てしまった。全く別物作品となってたなーこれはこれでとてもよかった。
シン推しとしてはストーリーいじってくれてたおか
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

4.3

ストーリー性のあるドキュメンタリー。でも作られたドキュメンタリーではなく、演出というより本人たちの熱がそうさせたような印象で、その手伝いに切り取るところ考えたという作品だったかな。
原画見ずに複製画を
>>続きを読む

カンフーハッスル(2004年製作の映画)

3.9

何も考えなくてみれるアクション要素のある映画という条件で、サッカーぶりに先延ばししてたこの作品鑑賞。条件通りの作品で、そこは満足。1番のシーンはサッカーやめたって言ってた序盤。懐かしの面々見れたので満>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.4

隙のないB級映画。理解できる人が楽しめるから客選ぶという意味では、むしろこれからの作品のある種のお手本的な感じする。
全シーンにおいて納得の演出で文句ほんまない。

俺たちニュースキャスター(2004年製作の映画)

4.0

今はこんな映画作れんだろうけど、こんな映画つくれてた時代があったということで。今とは異なる時代で作られたものを今見るのは、娯楽としてというより、社会、歴史、文化人類的な視点になる。教材みたいな扱い。>>続きを読む

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.9

カイジというか、タツヤっていう映画だったな。なんて言いつつ、最後は普通に楽しんで見てたけど。香川さんの顔芸に体当たり勝負できるのはタツヤくらいしかいないのかもしれん。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.5

中盤つら過ぎて見てられんかった。見たけど。
ドライ過ぎても感情的になり過ぎても伝わらないし、他人から見たらそんなことと思うことも、当人からしたら、そんなことも大きくしがちで、ゴールを見失うのよね、そう
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.5

ケイトブランシェットは美しすぎるし、ルーニーマーラは可愛すぎるしどーしようって思いながら見てた。どうしようもなくその瞬間というのはあると思う。
後半キャロルのとる行動も理解できるし、それを受けてのテレ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

爽快感あって面白かった。どんなふにお話回収するんだは気になってたけど、ほーってなった。人気の秘密知りたくて鑑賞。

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

4.2

言いたいことは10分あれば伝わると言うことですね。よかった。ただまあ、言いたいことって言っても話さんわけやから、言いたそげなことを感じ取るということなんやろうけど、やはり台詞なしの映画の方が細部まで読>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

こんな物悲しげなジムキャリー初めてみたな。いつもニコニコしてるキャラしか見たことなかったからそれだけで新鮮だった。
やっぱりみんな忘れたいと願っても心の底から無かったことにしてしまいたいとは思ってない
>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.9

ストーリーはまあまあだったけど、ジェイクこれまでにないキャラ見れたからよしとする。ここまでの現象は起こらんとしても、作品はとんでもないエネルギー込められて作られてるし、それを近いとこで見てるから全くフ>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

4.4

石岡瑛子の仕事目当てに鑑賞。めちゃくちゃ良かった。あんな世界観なかなか他の作品では見れんからな。映画見てると言うか、完全にアート鑑賞な気分で2時間過ごした。センスがほとばしってたな。内容は少しグロな部>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.3

役者みんな良かった。松岡茉優かなりよかったな。復刻版作ってんじゃねーよがすごくよかった。鈴木亮平もよかったし、あMEGUMIもよかったな。本人しか判断できない事柄で、選択も決定も自分だけど、何にしても>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.2

久しぶりに鑑賞。面白かった。大物たくさん出てたけど、中でもマークウォルバーグ、こーゆーやなやつキャラあってるんだよなあ。いい味出しとる。
やはり本家の方が好きだけど、これは別物として良き作品。

MEMORIES(1995年製作の映画)

4.2

三作ともとても良かった。全部世界観違ったけど、見終わったあと余韻に浸れる。イメージできるだけでもすごいのに形にしちゃうんやもんなあ。ほんますごい。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.2

現場にいない人間が現場を解ることはほぼ無理だろう。ただ、だからといって何もしないわけにもいかないし、現場の言うことを全て鵜呑みにするわけにもいかない。管理監督する役割にいる人たちは当然必要。でも現場並>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.4

2時間超えてるとは思えない鑑賞者わかってるなと思う作品だった、かなり面白かった。一方でこんな映画化できてしまうほどにあり得てはならない事実があったということに驚く。冤罪で闇に葬られてしまうケースもある>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.2

邦画で久しぶりに当たりな感じ。気楽に見えるけど飽きさせずに、スピード感とかゲームならではの表現入っててよかった。みんな見たらいい。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

スパイダーマン見てたから流れ鑑賞。
いいと思う。

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

4.1

見たのにレビューするの忘れてた。頭の中に何にも残ってないけど、アホないい作品だったなということは残ってるので、推していきたい。ダニートレホを堪能できる贅沢な作品ですね!!!

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.2

裁判映画だし2時間超えてるしだったけど、全然退屈しなかった。表に出てきたものは基本的に文脈無視して切り取られてるのはいつの時代もそうだし、大御所だけの話じゃない。情報は自分で見極めないとと思うけど、果>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

ジェイクのためにホームカミングからの本作。ジェイクと、マーベルが全く噛み合わなかったので、最初は違うストーリー二つ見てるのか、ジェイクこそホログラムなのかとか思ったけど、途中から嫌なやつになっててよか>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

ファーフロムのジェイク見たさで鑑賞。と思いきや、トムホランドの表情が某一作目の彼を思い出させる顔してて、スパイダーマンはかくありきなのかと思わされたし、悪役のおとんがそこくるかと、それはそれで悲惨にな>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.2

ジェイク見たさで鑑賞。彼は最高だった。声よ。
ストーリー知らずに見たけど、今っぽさすぎるのと、細やかな描写ありがたいけど、ちょっと怖くなった。ポールダノは普通に見えてキレてたからそれはよかった。もっと
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.2

面白かった。でもだいぶ疲れました。
シリアスな映画なのに若干コメディ要素入れてくるのね、しかも実話ベースなのにな、珍しい。でも作戦自体がぶっ飛んでるから、やぱり、コメディ感出してるくらいでもちょうどい
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.0

タランティーノぽさが随所に出てたけど、ぐいぐい引き込まれるというよりちょっと距離置いてみている感あった。自分的には少し星少なめだった。ブラピにもっと活躍してもらいたかっただけかもしれんな、今思えば。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.3

見ていて筋肉痛になるくらい体固まった。自然の厳しさと人間の醜い部分の集合体で、弱き者が食われてしまう、そしてそんな世界は今も変わらず。
彼のように蘇る精神と肉体は普通の人は持てないと思う。大切なものが
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

みるのが辛くなって一時中断したけど、日を変えてコンプリート。細田さんの作品あわんのかと思ったらこの作品は全体的に評価低そうですね。
タイムスリップ?して家族に会ったりするやつもいいやつあるのに、なんで
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

4.1

壮大なストーリー。で壮大な時間必要とする作品。そりゃ3時間必要だわ。輪廻転生的な物語だけど、それに当てはまる人、そうでない人が作中にいる。
作品を理解しようとすれば、本作は鑑賞者の許容範囲広げないとい
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.0

アニメーション気合い入ってるし声優陣が豪勢で、アニメ!っていう世界観でバットマン楽しむならありだと思う。これもバットマンというよりジョーカーの映画やったな。まあそもそもジョーカーの方が華あるしな。今回>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

かつてないほどに物質感ある幽霊だったな。人間目線で扱わない新しい幽霊像見た気がした。これループするんかなあ、悲しくて儚いけど透き通る静けさあったな。

>|