杉浦印字さんの映画レビュー・感想・評価

杉浦印字

杉浦印字

Twitter→ @inji

  • List view
  • Grid view

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

出し惜しみなくもはや安直なまでに「いかにも」な画、見たい画を見せる監督、間違いなく才能。群像劇的なせいか誰にどう感情移入し、いつコングに惚れればいいか気持ちの持ってき所が見極めにくかった気はする。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years(2016年製作の映画)

4.5

R.ハワード監督、流石だった! 抜群にテンポ良く興味深いドキュメンタリーでいて、若者のきらめきの日々とその美しい終焉を描いた青春映画。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

メルギブ監督復活! 人間の限界を超える男を描きつつヒューマンドラマの側面も強いので感動&観やすい傑作。人が変わる瞬間、人が人を尊敬する瞬間が泣かせる。キャストもまさかのV.ヴォーン、H.ウィービングが>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.0

何が目的か・何を喋ってるか(特に初見では)分かりづらい場面が多すぎて、雰囲気作りにも限度がある。実際雰囲気は良く、史劇・SFとも美術が素晴らしい。しかし雰囲気と面白さ・分かりやすさは両立できるはずだし>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

ハッピーな原色世界観とごきげんな音楽、バカなギャグ。後半そのテンションが下降し昇りきらないまま終わった感もあるが、前作の“彼ら”にスポットを当てた物語には監督の善性を感じる。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.0

思ってた以上にコンパクトで計算された脚本で、W.スミスの抑えた熱演もあって泣かされた。答え合わせをドヤらない演出の慎ましさも好ましい。イヤミな悪役みたいに登場したE.ノートンがいい役。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

迫真の緊急事態と、それに抗うプロ達の戦いが静かに熱い。群像劇的な機微も短く分かりやすく上手い。シンプルでドキュメンタリックなとこが面白いのに時々必要以上にウェットな気はしたが、いい場面なのでOKです。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

1秒も目を離させない確信に満ちた風景美。娯楽に徹した青春ファンタジーも抜群に楽しく、ご都合を忘れさせるパワーがある。監督のビターな特性でもあろうけど最後の方で主人公達の××を××させる必要が本当にあっ>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

5.0

(原作未読)信仰、仁愛、生き方と言うと陳腐になってしまうがとても真摯で苦しく美しい映画。静かで長い映画なのに1分も退屈しない、正直ワクワクする引き込み力とハッとするようなカットの力。監督と役者に隙無し>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.5

原作の「よくわからんがスゴイらしい」を圧倒的説得力と驚きで魅せる映像、これぞ正しいCGの使い道。話の筋道こそ基本に忠実ながら、胸に迫る心情と時に吹き出す可笑しさがあって高クオリティ。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

5.0

極限状態とジレンマ、クライシスサスペンスまで全部ハラハラ。説得力と魅力ある未来ホテル像にC.プラットの立派な追い詰められ演技、しっかり機能する伏線。あの決断がアリかナシかを勝手に結論する点大胆な作品で>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

4.0

明るく愉快でバカバカしい冒険活劇。というIQ低い内容にオッシャレーな会話は正直上滑り感が否めないが、大ボラをてらわぬアクションに意外な前作との関連でお釣りのくる楽しい作品。R.ローズの女スナイパーも魅>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.0

人の顔憶えるの苦手だとメッチャわかりづらい〜!けどギリわかる〜!(演出が上手いのでは) ハングオーバー・シチュエーションを巧みに取り入れたミステリーと、キツい人生を納得させる演者陣の熱演で釘付け。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.5

1の衝撃・2の洗練には及ばないが、壮大な卒業式映画であり良い区切りなはず。脚本やカット割りの雑さは画竜点睛を欠く気もするが、新作がないはずもなし、今より腰を据えた強力な作品に期待。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.5

丁寧なアクション映画ながら、続編としては人との関わりが増えた分リーチャーの堅茹でコミュ障キルマシーンな魅力減のきらいも。ただコミュ障ゆえの不器用な人柄はT.クルーズが好演。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

再見。最高の映画だ。全編興奮の圧倒的世界観と衝撃映像、シンプルで力強い物語、愛すべきキャラクター。バカすれすれの抜群に格好良いアクション娯楽作であり言葉少ない中に確かな愛がある成長譚、青春物語。

悪党に粛清を(2014年製作の映画)

3.5

M.ミケルセンの静かな演技、アメリカ西部劇にない風景の映像感覚が見所。そういう映画でないのはわかるが5億回死んでほしい悪党の憎らしさと爽快感のリターンが釣り合ってない気はした。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

5.0

戦場の道徳的ジレンマを通して観客に訴える内容の重さ。一方リアルタイム1作戦という実験的手法も面白く興奮。いい子的結論もバカや悪人も出さない品の良さ、決断と緊張の中に笑える人間の情けなさの描写。傑作。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

へ、変なバランス配分の映画〜!でもまさにその突き抜けた部分がオコナー監督らしい熱でバカにできたものではない。言葉によらず多くを語る手際も巧く、シリアスな病理を扱いつつも痛快でユーモラス、マシーン系殺人>>続きを読む

バレー・オブ・バイオレンス(2015年製作の映画)

3.5

真面目な殺伐と独特のユーモア/愛嬌が妙な形で次々入れ替わって素直にバランスはおかしいと思うが、そこがこの映画を唯一無二の楽しい作品にしてもいる。開き直ったようにケレン味のある音楽も気持ちいい。

サウスポー(2015年製作の映画)

4.0

ダメ男の再生×ボクシングという言っても紋切り型の話が、監督独特の暗さあるいは登場人物いじめ力、J.ギレンホールの堂に入った自然さでタフでしびれる映画に。一般的な娯楽作/感動作の範疇から微妙にズレる辺り>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

3.5

シチュエーションや俳優に新味もあるにせよもろ『恋はデジャ・ブ』ではある。因果関係やタイムテーブルが雑に見えるのはこの手の話にマイナスでは。既視感ありありとは言えやっぱりちょっと泣かされ気持ち良く終って>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.0

バカバカしい展開に笑って2人のハチャメチャに爆笑、最後は気分良くスッキリ。これ程の圧倒的アクションをスタンダードで軽快なバディ・コメディに使い捨ててしまうハリウッドの余裕、資本力に脱帽。

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.5

アクションがバカすごい。美術すごい。いい場面で燃えるようにできている。さらに最高なキャラ立ち。でいて意外に繊細なところもある造り。観て良かった!次作も絶対観たい!

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

4.0

映画の大半が「すごい映像」。つまりバランスや細やかさこそ厳しいがそこは無効化して全編気持ちいい快楽的作品。好感を持たずにおれない立ちまくったキャラの圧倒的集結シーン・スーパー大乱闘は燃えなきゃ嘘でしょ>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.0

過去作との差別化か、シリーズ最大の魅力ボーンのテキパキ仕事術が控え目で評価めちゃマイナス。緊迫感あるようで特にない場面の連続は退屈で、流されるままの活躍も残念。V.カッセルのスーパーバカ役はある意味見>>続きを読む

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

4.5

楽しいこだわりにこんなに凝りまくってくれると嬉しくなっちゃう。映画的娯楽は少ないしぶっちゃけ怖くすらないんだけど「次はどうなる」だけで面白く最後まで観られるテンポと作り込み。Macユーザーならさらに倍>>続きを読む

HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年製作の映画)

3.0

演者の動きにとにかくキレのあるスピーディーなアクションは眼福だがスピーディーすぎてすぐ終わってしまうという欠点も。ベタというか極端に驚きの少ない物語を2時間見続けるのは厳しい。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

明るく楽しくも等身大ヒーローの苦闘と成長を見事に描き、最後はずっと「ピーターがんばれ!」と涙。原作の「あの場面」の再現、一方原作にない周囲のバックアップも納得の暖かみ。主役・悪役共に名演技。

ワイルドガン(2015年製作の映画)

3.0

コテコテのキャスティングだが物語の要求にきっちり応えた俳優陣。予算の都合か伝統的といえばそうかもだが、いまどきTV映画かという映像とアクションは西部劇には残念。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.5

CG動物、特にイヌ科ネコ科の姿にうっとり。そういう見方とキャラクター劇は相性があんま良くないのも確かで、子供も安心なシンプルめな話にはのめり込みづらいとこはあった。

ジェーン(2014年製作の映画)

3.5

3分の2終わってもこれ大丈夫?ダメじゃないこの映画?と思ってた所から一気に心を掴まれるのはさすが観客をイスに縛り付ける映画というメディア。クライマックスは狙ってそう撮ってるにしても暗すぎてわかりづらい>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.5

人間性を問われる人々のドラマとしてもハラハラの実録としても窮地と逆転の娯楽作としても、全てを高水準に撮ってしまうイーストウッド監督の完璧さ。声高に観客を揺すらない上品な作風、リアルな機内描写も素晴らし>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.5

宙ぶらりんな不安定さを煽る撮り方、R.マーラの〈30秒後に何をしてるかわからない表情〉がスリリング。ジュード・ロウもこの人大丈夫なのか心配になる顔(わりといつも)が着地点の読めない話に一役買っている。

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.0

完結したリメイク作に続編〜?とはいえステイサム節の大味観光アクションに事故偽装知略のひと味は楽しい。あまりにもそのまんま「そういう映画」すぎて驚きがない気はするがT.L.ジョーンズはいい役。

復活(2016年製作の映画)

4.0

ローマ人という第三者の視点から、実録ドキュメントの手法で描くイエス処刑! 犯罪捜査ミステリの手法で描くイエス復活! 何もかも思った段取り通りにいかない現場という斬新な再解釈をたたみかけて滅法面白い前半>>続きを読む

>|