ジェイDさんの映画レビュー・感想・評価

ジェイD

ジェイD

最後にして最初の人類(2020年製作の映画)

3.7

聞こえるのは未来からの叙事詩とSOS
視えるのは巨大で奇妙な共産主義の夢の跡たち
聴こえるのは亡霊のうめきの様な暗鬱な響き
感じるのは未来の宇宙と畏怖

2018年に逝去した音楽家ヨハン・ヨハンソンが
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.5

映画って素晴らしいよね映画がまた日本から爆誕。しかも今回は高校生×映画制作×恋愛×時代劇×タイムトラベルと詰めに詰め込んだジャンル幕の内映画である。これらが絡み合って生まれた映画の「ラストシーン」に戸>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.1

5年後は未知の世界、ただ今を生きている!まさかすったもんだの末に最後にこんなにも生きることを肯定される映画だとは…。そして緊急事態宣言がまだ出されているこの時代に、やっぱりお酒が呑みたい、けど飲んでも>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

4.4

うわぁ…!尊いッ!!来たよ来たよ胸騒ぎってやつがッ!!爽やかな高校生の青春物語と、生き別れた実の父と過ごす中で少しずつ戻っていく親子の形。夏休みに訪れたほのぼのとしたキラキラとした面白おかしい日々。>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

冴えない平凡(になりたかった)兄ちゃんが親との確執に向き合い戦うマーベル発中華アクションお伽話!(ぼうや〜♫)🌸🐉💍🐯💧 元ネタというかいろんな要素のミックスに心躍るMCUの新時代。

悪に染まり"テ
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.5

下ネタ…不謹慎…過激なゴアをいっぱい…全部混ぜるとムッチャしょうもないZ級映画ができる! …はずだった。だけどDCEUはとんでもないものを入れちゃった、それは…「ジェームズ・ガン」
そして生まれた超強
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0

不朽の名作にして傑作。でありながら今回初鑑賞でして…。笑えてキュンして切なくて、な2時間。

過密なスケジュールに嫌気がさして訪問国イタリアの城から脱走する某国の王女アン。城で接種した睡眠薬により朦朧
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

ハリウッド版 君の膵臓をたべたい(物理)。もっとヴェノムが見たいのよ!なんか、焦らすだけ焦らしてやっと出てメッチャ好きになったところで終わるから、なんか…もう、あぁ!!ってなる笑

敏腕記者のエディは
>>続きを読む

家族ゲーム(1983年製作の映画)

4.0

シュールで不穏で奇妙。普通な人が1人もいない、それでいて淡々としたテンポの良さで進む面白さ。話はわかるけど常に頭に「???」が浮かび続ける受験劇。

学歴に厳しく陰で子供っぽい父、過保護な専業主婦の母
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.8

今この時代にこういうのが欲しかったんですよ〜!! きっとこれからもサントラを聴くたびに勇気を出せる、自分の生き方とか在り方に自信が持てるようになるかも。

故国に帰りたい者、夢を追う者、差別や学歴に葛
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.4

手放しに傑作とは言えないし賛否分かれるのもわかるけど、俺は凄い好きです!SNSという匿名の世界、心無い誹謗中傷に傷つくこともあれば、誰かを現実で救うことができる奇跡もある、そんな場所で描かれる「現代の>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

負け犬で弱い主人公が「大切な人を救う」「自分の人生やり直す」ためにボロボロになりながら過去に立ち向かうなんて熱いに決まってんじゃん!!

ドン底フリーターのタケミチは電車の事故により、不幸の始まりでも
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.6

爽やかで観やすい!古典SFを原作とした気持ちいい伏線回収と邦画らしい瑞々しさのある演技がナイスですねぇ〜。

猫のピートが相棒という若き天才発明家の高倉宗一郎は、仲間と恋人の裏切りによりコールドスリー
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

さすが期待を裏切らないMCU!!アクション、家族愛、さらには女性のエンパワーメントをしっかり詰め込んだ、最後までのめり込んで楽しめるスパイ・アクションでした!エンドゲームを見返したくなる、ナターシャと>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.5

大迫力の巨神たちによる殴り合いアクション大作!!怪獣版「クローズZERO」とでも言いましょうか「うおぉお!!やんのかゴルァアア!!!」の連続。景気が良いね〜。

コングを連れ出して怪獣(タイタン)達の
>>続きを読む

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

4.5

繊細で、奇抜で、特別な才を持って世界中の人々を魅了する若い女の子。そんな彼女を支える家族がすごい。ビリーアイリッシュ改め、「チーム・ビリー・アイリッシュ」なのだと思います。

アルバム「WHEN WE
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

エゲツない害獣戦争映画ですね…。イタズラ好きとかいうレベルじゃない、「戦争映画」「シマ争い」とか言われてる理由がよくわかる笑

動物嫌いのマクレガーさんを追い出してお家と優しいビアさんと平和に暮らす(
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.3

こういうさ、人がわんさか撃たれる映画に言う感想じゃないとは思うけど、超スッキリした!! ストレス社会に向けてダンディなお父ちゃんが代わりに発散してくれるような爽快な作品です!!

毎週ゴミ出しには間に
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

Netflixに来たので久しぶりに鑑賞。去年10月に池袋のグラシネIMAX/GTレーザーにて初めてのフルサイズのIMAX画角を体験し、その迫力にひっくり返るかと思った思い出が印象的。内臓が揺れるような>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.5

足しか蘇らなかった父ちゃんを全身取り戻すために奮闘する兄弟のドタバタRPGアドベンチャー。足だけの父ちゃんとかハガ○ンよりエグいで。

正直途中までなかなかハマらなくって大丈夫かな?と思ってたけど最後
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.7

なかなか攻めた日本発ダークサスペンスエンタメだなと感じました!うわぁ…となるような描写もあり嫌な予感がずっと続く、終わった時にドッと疲れる作品です。

サイコキラーによる事件の目撃者となった漫画家がそ
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.5

凄まじい狂気の快作!映画制作を描いた作品は多くあるが、編集の大切さについてここまでフォーカスしたのは珍しいのでは?

目に光がない監督志望の青年ジーンと内容はB級ながらもその手腕が評価されるプロデュー
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.3

シリーズで一番好きです。シリアスでダークかつ静かで美しい。

前半は幕末アクション、後半は抜刀斎と雪代巴の儚く愛憎が混じるラブストーリーといった構成。全体の色味も黒→青→白と展開していくのも素晴らしい
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

フレディの半生と共にライブエイドまでのQueenを描く。フレディのゲイとしての葛藤やQueenのメンバーとのすれ違いなどが見ていて辛くなるが、それを経てのラストのライブエイドが文字通り心を揺さぶる。>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.9

言い方はすこぶる悪いが気の迷いのように観に行ったのがこれがなかなか面白かったのです。バカリズムさん脚本ちゃんと観るの初めてでしたが好みです、楽しかったです!

舞台や設定をとある会社のOLにしたヤンキ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

久しぶりの再鑑賞。宗教映画です(キリッ はい、これはドハティ派ゴジラ教映画です。

人間は蚊帳の外!しかも映る人というのは環境サ○ス母にゴジラブ猪四郎博士と狂人ばかり!だが!それでいい!!

冷静に
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.6

お、おもろ〜笑 最高かよ〜!!
1人の天才少女が過激にのし上がって一つしかない玉座につく物語。そこにいるのが宿命の相手でも、自分の実力で正々堂々(?)と自分の勝利を見せつけ、引きずり下ろして、悪賢く"
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

気まずさや可笑しさからフフフと笑ってしまうコント系恋愛群像劇。

下北沢のサブカル・アングラ感漂うバーや古着屋、ライブハウスに行ってみたい、ここに"いてみたい"と思える描写がなかなか良い。このコロナ禍
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

実写化っていう意味では大好きな作品です!適度なアレンジながら大事なところは残す、同じストーリーなのに違う後味!キャラクター達の現代的アップデート!新要素も好きになれる大好きな映画です!

例えば、アニ
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.8

観ている間の美しさと苦しさ。エンドロールが流れ終わった後の余韻。滑り込みで観ることができたのだが、、、一つ一つのシーンで心が揺さぶられ、それらを思い返してしまう。

草彅剛さんの姿がもはや見えない。た
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

何度目かの久しぶりのタイタニックを金ローにて。個人的な「どうしても最後のシーンで泣いてしまう映画」の1つである。

恋愛映画、パニック映画など様々な側面を持った本作だが、劇中ジャックが何度もローズに告
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.6

紳士(ジェントルマン)が1人もいない映画「ジェントルメン」

ジャンル:ガイ・リッチーと言ってもいいくらい銃とタバコとワル達がクセの強い編集によってスタイリッシュに暴れる一本。ちょっとした時系列の捻り
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.4

BSで放送してたので改めて視聴。ミャンマーで軍事クーデターや紛争が起こる中この時期に放映することに驚き。でも意味がある、とても。

まずご存知の通り、本作は予告ポスター詐欺も良いところな衝撃的なノンフ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.3

IMAXにて。今回含めて3回鑑賞し、改めてufotableもとい日本のアニメってすげぇと思わせてくれる作品でした。作画や音楽、SE、声優さんの演技、こだわりと熱意が無いと出来上がることのない作品なのだ>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.9

頑張れば人は壁を走れるんか?と本気で思ってしまう程リアルで迫力があるアクションの応酬に腹一杯。本当に鬼気迫るバトルにはサントラもいらないということもまた証明してしまう常時ハラハラなクライマックスも最高>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アメリカン・ドリーム、宗教的など色々な見方があるだろうが、自分には「お婆ちゃん」の存在により家族がみんな少しずつ変わっていく話でもあったと強く思えた。

身勝手な父は最後に義母のおかげでミナリを採り感
>>続きを読む

>|