JINさんの映画レビュー・感想・評価

JIN

JIN

邦画も洋画もジャンルを問わず幅広く観ます。気になった作品はなるべく映画館に足を運んで観るようにしています。ちなみに2017年は62本、2016年は64本、2015年は75本、2014年は66本、2013年は48本、2012年は30本、映画館で観ました。評価は完成度の客観的評価ではなく独断と偏見。自分がどれだけ面白がれるかということも大切にしてるので、全体的に評価は高めかもしれません。

映画(946)
ドラマ(0)

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.8

監督・脚本:大根仁×音楽:小室哲哉×企画:川村元気と聞いて観に行かないわけにはいかない。
しかも『namie amuro Final Space OSAKA』から続けて観るのにも実にタイムリーな作品だ
>>続きを読む

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

3.7

TSUTAYAでなんとなくパッケージを手にとってみて、スマホでクチコミ評価を検索。
地味そうなのに高評価。
しかも知ってる俳優は全く出ていない。
よほど作品に力があるのだろうと思い観てみた。

最初は
>>続きを読む

トラジディ・ガールズ(2017年製作の映画)

3.4

近年SNSで「いいね」欲しさにやる事がどんどんエスカレートしていくという作品が増えてる。
これは、いいねのためなら殺人鬼にだってなっちゃうよっていうJKコンビの青春スプラッタホラーってところか。
とり
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.2

地上波放送で鑑賞。
劇場に足を運ぶには一歩踏み出すまでに至らず、レンタルで見かけてパッケージに手を伸ばしてみるも、いつも手前でそそられず棚に戻していた作品。
ジブリアニメでは無くなったとはいえ、やはり
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

Filmarksでホラーでわりと評価高めのやつをってことでレンタル。
ホラーってハズレが多いからね。
この映画はホラーと言ってもその辺のやつとはひと味も二味も違っていた。
恐怖度はそんなに高くなかった
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.2

予告編だけ観てたらけっこうそそられたのにねえ。
観終わったら「ああ…」ってな感じ。
5年も一緒に住んでて相手の本当の素性に全く気付かなかったっていうのもスゴいし、バラさなかったっていうのもスゴい(笑)
>>続きを読む

ALL YOU NEED is PUNK and LOVE(2017年製作の映画)

3.1

BiSH密着ドキュメンタリー。
BiSHに関してはボロフェスタで三年連続観ていて、その進化は客観的に目撃してる。
新生クソアイドルとしてBiSの土台に乗っかった形でデビューした時は破天荒さでは物足りな
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.5

相変わらず原作マンガは全く知らないまま前作に引き続き劇場へ。
前作は大好評でマンガ実写化作品でここまでヒットしたのも珍しい。
今作もコスプレコント大会全開。
福田雄一監督は良くも悪くもどんなにスケール
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.9

ミニシアター上映開始から評価が高かったので、大阪での上映を心待ちにしてたらあれよあれよと言う間に人気大爆発!
これぞクチコミドリーム!
おかげで大阪での上映が早まったものの毎回連日満席ということで、珍
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.7

タイトルの「聖なる鹿殺し」って何やねん?ってところから始まり観てみたけど、鹿なんか全く出てこない。
とにかくずっと不穏な音楽が鳴り響き、終始不気味。
何かよくわからんけど怪しい。
特にマーティンって何
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

評判が良かったので気になってたものの結局劇場まで足を運ばなかった。
音楽が重要な鍵になってたから映画館の大音響の方が良かったこととは思う。
メキシコが舞台で、音楽も垢抜けていた。
そして死者の世界はや
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

3.5

松本花奈監督の存在は『情熱大陸』で知り、その中でこの作品が紹介されて気になってた。
確かに10代でこんな映画を撮ってしまうとは末恐ろしい才能だ。
彼女が子役として幼い頃から映画やドラマの現場にも親しん
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.7

現実と妄想、過去と夢が錯綜するこの混沌とした世界観は大好物。
押井守作品を音楽と映像でもっとスタイリッシュにして、エロティックな要素をブチ込んでアッパーに持って行ったような様相だった。
高橋一生目当て
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.4

赤ちゃんが実は中身はオッサンっていうことで、ビジネストークまでしてしまうような設定は実写ではなかなか難しいやろうし、赤ちゃんのアクションシーンということも含めてアニメならではの表現が活かしやすい材料だ>>続きを読む

縄文にハマる人々(2018年製作の映画)

4.2

♪縄文土器、弥生土器、どっちが好き?…とまあ映画では流れないけど、頭の中でレキシのこの曲がずっとグルグルまわってた(笑)
このドキュメンタリーには足軽先生…もとい、いとうせいこう氏も出てたんやけど、と
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

IMAX3D字幕で鑑賞。
『ジュラシック・パーク』シリーズ第5作目。
今回はほとんどシリアスな上に、ハラハラの連続であまり落ち着いて観てられなかった。
昔、幼少期の頃に野良犬に追いかけられたことはある
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

大好きな『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督による近未来の日本を舞台にしたストップモーションアニメということで、クチコミ評価も高く気になってた。
これはもうこの監督にしか出せない
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しながらも、けしからん的な批判もあったので、この目でちゃんと確かめたかった。
まあそうゆうことを言う人はちゃんとこの映画を観てなかったのか、あるいは社会の
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

『夜は短し歩けよ乙女』と同じく湯浅政明監督作品で、こちらは完全オリジナル作品。
実はこの作品の存在を知らなかったんやけど、クチコミ評価の高さといろんな大きな賞を受賞してることで目に留まった次第。
実際
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

森見登美彦の原作小説は未読やけど、アニメ『四畳半神話大系』の製作陣ということでそれは観てたから、独特のアニメーション表現や世界観みたいなので面食らうことはなかった。
とは言え、かなり荒唐無稽な変な作品
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.8

『グッド・ウィル・ハンティング』のように圧倒的な天才が出てくる作品は大好物。
自分の中にそうゆう憧れや羨望があるからだろうが、この作品に出てくるのは7歳の女の子。
育ててるのはこの娘の母親の弟で独身。
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

原作マンガは知らない。
一番最初に予告編を観た時は期待したのになあ〜。
映画上映直前深夜に前フリドラマをやってたのを観たら、これは逆に映画館で観なくてもいいかなと思ってしまったという(笑)
実際行かな
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

一言で言えば、無差別テロ阻止の再現映画。
ただ、それをクリント・イーストウッド監督が実際にその現場で阻止した本人達に演じさせてるのがスゴい。
最初は彼らを演じる俳優まで決まってたらしいんやけど、「いい
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

こちらもクチコミ評価が異常に高かったので気になって観てみた。
「人は見た目が9割」とか言うけれど、だとしたら主人公のオギーにとったらどれだけハンデある現実社会だろう。
それも子供の社会の方がどれだけ残
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.4

やたらとクチコミ評価が高いので気になって観てみた。
前情報はほとんど入れてなかったので、これは『ルーム』的な展開なのか?と思ってたら、何だかもっと今までに観たこともないような作品だった。
こうゆう形で
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.7

シリーズ3部作の完結編。
ハッキリ言って迷路は1作目だけで、2は砂漠、3は都市とほぼこじつけに等しい。
内容もこの人誰だっけ?状態で、けっこう忘れてもうてからの鑑賞(笑)
ひたすらハラハラ感のある映画
>>続きを読む

キル/オフ(2016年製作の映画)

3.1

ただただ不穏なムードで進行していく物語は基本的に好きだ。
何でこんなことに?っていう主人公と同じように理不尽な思いにかられるのが良いところ。
ただ、それをどうやって決着させるかで、その作品に対する印象
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.9

IMAX字幕で鑑賞。
最初からどんだけとばすねん!
そしてどこまでふざけるねん!っていうパワー全開ぶり。
前作よりも断然パワーアップ。
ブラックな笑いと映画ファンがニタニタする小ネタも満載でやりすぎ具
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.6

原作マンガは知らない。
教師と生徒の青春純愛ストーリー。
恋愛感情というものを自覚する瞬間っていつなんだろう?
もうそんな感覚久しく忘れてしまっていたが、いつの間にかその人のことを目で追っていると言う
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.6

三浦しをんの原作小説は未読。
気味の悪い作品だった。
「どうすれば良かったのか?」と後悔しようにも未だに何が正しかったのか、悪かったのか、その答えが出せない苦しみから逃れようとする時、何事も無かったか
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

売れてる芸人の裏で花開かずに、ずっとくすぶってる人達の葛藤や生き様にスポットを当てた作品。
ピース又吉直樹が芥川賞を獲ったことで、どんなもんなのか小説を読んでみたいと思いつつ結局この映画を先に観てしま
>>続きを読む

マリー 暗闇からのささやき(2017年製作の映画)

2.2

「『エスター』に続く衝撃作!」というキャッチコピーに釣られたが、それによってハードルの高さがとんでもなく上がってしまったもんやから、ハードルに正面衝突してそのハードルが全部ドミノ倒しになってブッ倒れて>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.6

劇場公開前に何度も予告編を観ていて、どうせまたいかにも泣かせてやろうっていう映画なんやろうと敬遠していた作品。
しかも末期の膵臓がんの夫が妻の次の夫を探してやるというメチャクチャな話。
しかしこれが意
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

音楽モノの青春ラブストーリーかなとか思ってたら、もっと荒唐無稽なブッ飛んだ話だった。
最初からやたらとヘドウィグ感を感じると思ったら、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督・脚本やったんやね。
パンクとい
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.8

朝倉あき演じるヒロインの初海が、序盤で高橋留美子の漫画『めぞん一刻』を読んでいたので、これってどうゆう意味があるのだろう?と考えた。
そうだ、めぞんは亡くなった旦那の惣一郎さんにずっと操を立てていた音
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

これは『万引き家族』ならぬ『殺人家族』のお話。
しかも2004年の「大牟田4人殺害事件」実話をベースにした鈴木智彦『我が一家全員死刑』が原作だとか。
これがもう死刑当然、反吐が出そうな程のカス家族。
>>続きを読む

>|