JINさんの映画レビュー・感想・評価

JIN

JIN

邦画も洋画もジャンルを問わず幅広く観ますが、近未来SFモノが特に好きです。気になった作品はなるべく映画館に足を運んで観るようにしています。ちなみに2017年は62本、2016年は64本、2015年は75本、2014年は66本、2013年は48本、2012年は30本、映画館で観ました。評価は映画の完成度や一般を意識した客観性よりも、自分の好みや満足度で表したいと思います。独断と偏見ってやつです。

映画(881)
ドラマ(0)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.2

あまり期待してなかったんやけど、『フィフス・エレメント』を作ったリュック・ベッソン監督のSF大作なら映画館で観る価値はあるだろうと。
実際、映像が素晴らしくて、没入感という意味でも大きなスクリーンで観
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

昔『ジュマンジ』はTVで観た記憶があるけど、内容はもう覚えていない。
映画館向きの娯楽映画だろうと思い、意外とクチコミ評価も高かったので観てみた。
ゲームの中の世界に吸い込まれてミッションをクリアして
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.2

原作漫画は知らない。
あまり情報を入れずに観てみたけど、胸がクソでいっぱいになって口からブリブリ溢れ出てきそうな勢いのえげつない作品だった…。
序盤のイジメから精神衛生上ずっとよろしくない。
ド田舎の
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.8

映画の完結編やけど、原作マンガはまだ続いとるよね?
だからどうゆうラストにするのか気になってた。
高校三年になり、部員も進学のことで悩んだり、後輩との関係に頭を使ったりしながら、うおお〜こいつらみんな
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.7

作り手側のなんとしてもこの話を後世まで伝えなければならないという熱量を感じた。
演じてる本人達も言ってたが、NASAの仕事にこうゆう黒人女性達の活躍があったことに驚いた。
なんせ50年も前となると人種
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.6

以前からオススメされていて、日本アカデミー賞にも色々ノミネートされてたこともあり観てみた。
東野圭吾原作でこうゆうヒューマンファンタジーみたいなのって『秘密』以来かも?
過去と未来とがどう繋がっていく
>>続きを読む

カーネルパニック(2016年製作の映画)

1.8

近未来SFが好きなんで観てみたが…。
ぶっちゃけめっちゃつまらんかった。
設定や世界観は嫌いじゃないし、これぐらいのエログロ描写ならそんなに抵抗も無いんやけど、いかんせん画的に安っぽいし惹き付けられる
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.5

AV女優の紗倉まなの原作小説らしいけど、どれぐらい忠実な表現で創られた作品なのかはわからない。
何かを変えたくてAVに出演する主婦、AVを天職とする専門学校生、母親が元AV女優ということで苦悩する女子
>>続きを読む

はらはらなのか。(2017年製作の映画)

3.2

ヒロインが原菜乃華演じる原ナノカという女子中学生で、子役から女優への成長を虚実入り混じった感じで描いている。
何か急にミュージカル調の演出があったり、最初はファンタジックな要素が強いのかと思いきや、終
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.4

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』でちょろっと出てきて気になってたヒーローの単体作品。
ワカンダはアフリカの秘境で表向きには農業主体の発展途上国、実際は超高度な科学技術を誇る超文明国というギャッ
>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

3.2

これ、サカナクションが主題歌を歌ってなかったら観てなかったかもしれない。
原作マンガは知らない。
予告編で同時代のヒーローとして銀魂とるろ剣を挙げてたけど、この映画に関してはそれらの作品のクオリティー
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

キャッチコピーで「観た人全員、ダマされる」と大きく出てるもんやから気になって観てみた。
結果から言うと、ダマされなかった。
最初から、コイツやたらと違和感があるなというところからもう疑って観てしまった
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

2.9

『ファイナル・デスティネーション』のシリーズ3作目やけど、1作目しか観てない。
突然不条理な運命に巻き込まれるサスペンスホラーで、自分の死ぬ順番が徐々に近づいてくる緊迫感と、それぞれどうゆう死に方が待
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ちょうどこの映画を鑑賞していた時に、アカデミー賞の作品賞、美術賞、作曲賞、監督賞の4冠を獲ったようだ。
怪獣好きのギレルモ・デル・トロ監督らしく、まるでウルトラマンに出てくる海底原人ラゴンのような半魚
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

アッと言う間だった。
どん底から始まる人生でも、愛し合える相手と巡り会えたらそれだけで世界は輝いていくもんだ。
ミュージカル映画なので、重くなりすぎず、歌とダンスによる高揚感があってショーは勿論、それ
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.1

画面のサイズ、ファッションの古臭さ、シブヤ系、緑の公衆電話…ああ、時代は90年代なのね。
岡崎京子の原作マンガは知らないけど『ヘルタースケルター』みたいなドロドロ系に興味があって観てみた。
監督は行定
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.5

リリー・フランキーとピエール瀧という『凶悪』のコンビが出てるなら、きっと何かやらかしてくれているだろうと思って劇場に足を運んでみたが…。
これって一応北原里英のアイドル映画ってことみたいやね。
とは言
>>続きを読む

あしたになれば。(2015年製作の映画)

2.9

大阪羽曳野市・藤井寺市・太子町のシネマプロジェクトで、映画製作への支援やロケ地の提供を行って製作された作品だそうな。
南河内のぶどう畑に始まり、地元の食材を使ったグルメコンテストを盛り込み、上手いこと
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

あるプロジェクトにより6人の元殺人犯達を極秘裏に迎え入れた魚深市が舞台。
おそらくたいていの人は元殺人犯と聞けば先入観を抱かずにはいられない。
だから、これから何か起こるんじゃないか?
こいつら何かや
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

これは好きかどうかは別としてとても見応えがあった。
一人一人の人間がよく描かれており、しかもどうゆう方向へ向かうのかが読めない。
自分の娘をレイプされて殺された母親が主人公。
この彼女がなかなかのクレ
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

5.0

我が人生で最も何度も観た作品であり、思い入れの強い作品でもある。
手元にあるのは昔買った海外からの輸入盤DVD。
どれだけぶりぐらいに観ただろうか?
思ってたよりも画質が悪かったので、これはブルーレイ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.4

今回も前作に勝るとも劣らない楽しい映画だった。
カワイイわあ〜、パディントン。
ほっこりするわあ〜。
あんなん近所におったらステキやん。
おっちょこちょいやけど、ピュアでみんなから愛されるキャラクター
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.3

綾瀬はるか&堤真一の『プリンセス トヨトミ』コンビが再び。
今度は織田ですか。
あんまり評判がよくなかったので期待してなかったせいもあり、意外と楽しめた。
もっとタイムスリップエンタメかと思いきや、ま
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.8

一作目が相当面白かったので、二作目はちょっと落ちるかもなあと思いきや、なんのなんの、続編もかなり面白かった。
のっけから飛ばしまくり。
ハチャメチャで斬新なスパイアクションとアイデア満載の小道具の数々
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.2

災害パニックアクションということで、この手のは映画館で観るのとそうでないのとではガラッと印象が変わるので劇場に足を運んだ。
地球の気象を甚大な自然災害から防衛する為に作られた巨大な衛星システム網ダッチ
>>続きを読む

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

1.3

つまらんかったわあ〜。
POV形式ってどうしても安っぽくなるから、よっぽどアイデアでカバーせんとあかんわけやけど、全然ドキドキハラハラしてこない。
スレンダーマンとやらもストッキングでもカブってんのか
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

ドラマでのW不倫の更にその先は?ってことで、観てみたけど、ずっと昼メロ見てるような感じやったね。
次から次へと不倫ネタが出てくるこの御時世だからこそ出てきた作品ってことになるのだろうか?
ある意味不倫
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.4

評判の良いダークファンタジーで期待してたんやけど、個人的にはあまりハマれなかった。
主人公の少年の環境を考えればしかたがないとはいえ、どうも見ていてこちらまでストレスがたまってきそうだった。
それでも
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

アクション、アクション、またアクション。
とにかく怒濤のアクション尽くし。
あらゆる物が武器になる。
特にガンフーと呼ばれるこの映画独特の洗練された動きから目が離せない。
この辺りは前作よりもパワーア
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.8

原作小説は未読。
あかん。
泣く。
こんなん泣いてまう。
浜辺美波演じるヒロインの笑顔がめちゃめちゃ可愛くて、そのせいでますます泣きそうになってしまう。
あの瑞々しいピュアな笑顔は自分の学生時代にグワ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

この作品が『ラ・ラ・ランド』をさしおいてなぜアカデミー賞最優秀作品賞を受賞したのか確認しておきたかった。
主人公のシャロンは寡黙で意思表示をあまりハッキリしないもんやから、見ていても何だかずっともどか
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

人の言うことは聞かずにベラベラ自分のことばっかりで、まるで自分が世界で一番悲劇のヒロインであるかのように衝動的な行動に走りまくるヒロインがイタくてイタくてたまらない。
これに振り回される周りの方はたま
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

どんなに悔やんでも過去を変えることはできない。
死にたくなる程辛い事があって、心がぐちゃぐちゃに壊れてしまっても生きていくのなら、そんな過去とどう向き合えばよいのか?
ケイシー・アフレック演じるそんな
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.3

高畑充希演じる亜紀子がめっちゃ可愛らしかった。
あんな嫁ほしい!(笑)
鎌倉を異世界が交錯している街として描かれてる世界観が面白かった。
鎌倉は前から行ってみたいと思いながらまだ訪れていない土地だった
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.1

マーティン・スコセッシ監督の銃撃バトルロイヤル映画。
悪の人間同士の取り引きはお互い信用しようにもしきれないことは多いんやろうなあ。
ブツが武器なら尚更。
誰か裏切ることだってあり得るだろうし、そんな
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.8

予想以上に凄絶な有様のホラーだった。
描写はさほど激しくないのが逆に不気味さを煽ってくる。
魔女のお伽話をリアルな物語として構築するとこうゆう作品になるのかもしれない。
監督自身は魔女の悪夢をよく見た
>>続きを読む

>|