JINさんの映画レビュー・感想・評価

JIN

JIN

邦画も洋画もジャンルを問わず幅広く観ますが、近未来SFモノが特に好きです。気になった作品はなるべく映画館に足を運んで観るようにしています。ちなみに2017年は62本、2016年は64本、2015年は75本、2014年は66本、2013年は48本、2012年は30本、映画館で観ました。評価は映画の完成度や一般を意識した客観性よりも、自分の好みや満足度で表したいと思います。独断と偏見ってやつです。

映画(923)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

こちらもクチコミ評価が異常に高かったので気になって観てみた。
「人は見た目が9割」とか言うけれど、だとしたら主人公のオギーにとったらどれだけハンデある現実社会だろう。
それも子供の社会の方がどれだけ残
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.4

やたらとクチコミ評価が高いので気になって観てみた。
前情報はほとんど入れてなかったので、これは『ルーム』的な展開なのか?と思ってたら、何だかもっと今までに観たこともないような作品だった。
こうゆう形で
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.7

シリーズ3部作の完結編。
ハッキリ言って迷路は1作目だけで、2は砂漠、3は都市とほぼこじつけに等しい。
内容もこの人誰だっけ?状態で、けっこう忘れてもうてからの鑑賞(笑)
ひたすらハラハラ感のある映画
>>続きを読む

キル/オフ(2016年製作の映画)

3.1

ただただ不穏なムードで進行していく物語は基本的に好きだ。
何でこんなことに?っていう主人公と同じように理不尽な思いにかられるのが良いところ。
ただ、それをどうやって決着させるかで、その作品に対する印象
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.9

IMAX字幕で鑑賞。
最初からどんだけとばすねん!
そしてどこまでふざけるねん!っていうパワー全開ぶり。
前作よりも断然パワーアップ。
ブラックな笑いと映画ファンがニタニタする小ネタも満載でやりすぎ具
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.6

原作マンガは知らない。
教師と生徒の青春純愛ストーリー。
恋愛感情というものを自覚する瞬間っていつなんだろう?
もうそんな感覚久しく忘れてしまっていたが、いつの間にかその人のことを目で追っていると言う
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.6

三浦しをんの原作小説は未読。
気味の悪い作品だった。
「どうすれば良かったのか?」と後悔しようにも未だに何が正しかったのか、悪かったのか、その答えが出せない苦しみから逃れようとする時、何事も無かったか
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

売れてる芸人の裏で花開かずに、ずっとくすぶってる人達の葛藤や生き様にスポットを当てた作品。
ピース又吉直樹が芥川賞を獲ったことで、どんなもんなのか小説を読んでみたいと思いつつ結局この映画を先に観てしま
>>続きを読む

マリー 暗闇からのささやき(2017年製作の映画)

2.2

「『エスター』に続く衝撃作!」というキャッチコピーに釣られたが、それによってハードルの高さがとんでもなく上がってしまったもんやから、ハードルに正面衝突してそのハードルが全部ドミノ倒しになってブッ倒れて>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.6

劇場公開前に何度も予告編を観ていて、どうせまたいかにも泣かせてやろうっていう映画なんやろうと敬遠していた作品。
しかも末期の膵臓がんの夫が妻の次の夫を探してやるというメチャクチャな話。
しかしこれが意
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

音楽モノの青春ラブストーリーかなとか思ってたら、もっと荒唐無稽なブッ飛んだ話だった。
最初からやたらとヘドウィグ感を感じると思ったら、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督・脚本やったんやね。
パンクとい
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.8

朝倉あき演じるヒロインの初海が、序盤で高橋留美子の漫画『めぞん一刻』を読んでいたので、これってどうゆう意味があるのだろう?と考えた。
そうだ、めぞんは亡くなった旦那の惣一郎さんにずっと操を立てていた音
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

これは『万引き家族』ならぬ『殺人家族』のお話。
しかも2004年の「大牟田4人殺害事件」実話をベースにした鈴木智彦『我が一家全員死刑』が原作だとか。
これがもう死刑当然、反吐が出そうな程のカス家族。
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

バンドマンとその女よくあるある話。
共依存関係からだらだらと流れ流されやがては地盤沈下、さてこれからどうすんの?っていう。
音楽人間の自分が言うのも何やけど、バンドマンとの恋愛や結婚で上手く行ってない
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.6

誰かに救われることもあれば、誰かを救うことで自分が救われることもある。
恋愛においてハッキリとした決着をつけずにいると、その人のことがいつまでも忘れられず、前へ踏み出せなくなることもある。
失恋を癒す
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

とてもストップモーションアニメとは思えない滑らかさ。
そして何とも美しい映像表現。
特に折り紙は日本の創造性の象徴的な美である気さえした。
物語はファンタジックで舞台は和風でも内容は洋風に感じた。
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

三部作の第二部にあたる。
ゴジラをわざわざアニメにする意味があるのか?と思いながらも劇場に足を運んだ一作目では、その硬派なSFストーリーとアニメならではのアクション、そして史上最強最大のゴジラの描写に
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

IMAX3Dで鑑賞。
特撮怪獣好きとしてはとりあえず劇場に足を運んでおかないとなっていうぐらいの気持ちで観たんやけど、意外とストーリーもしっかりしていて面白かった。
シカゴの都市部でゴリラ、オオカミ、
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

冒頭からギラッててドギツいシーンから始まる。
暴対法成立前の時代。
今にも組同士の戦争がおっ始まるぞって時に、役所広司演じる破天荒な警察官の大上と、彼と組むことになった松坂桃李演じる若手の日岡がどう立
>>続きを読む

なっちゃんはまだ新宿(2016年製作の映画)

3.3

何かコワイ。
これが最初の印象。
ここまでよくも知らない人の妄想を自分の中に作り出して、執着し、暴走できるものなのか?と。
まあその相手も結局は自分自身なわけで。
自分との対話をしてるにすぎない。
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.8

忍者映画をこうゆう視点で描くと新鮮。
と言うのも、忍者というものがいかに雇われ仕事で、伊賀という国ではそのために人でなしの殺し屋集団を育成してるっていう様相が面白かった。
ただでさえ「死」というものが
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.9

IMAX3D字幕で鑑賞。
これは今まで一作一作積み立ててきて、ここで一気に貯金を使いまくってやれ〜!っていう勢いで、アベンジャーズ達とガーディアンズ・オブ・ギャラクシーがクロスオーバー。
よくまあこれ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

IMAX3D字幕で鑑賞。
これ程までにIMAX3D向けの映画が今まであっただろうか?
最高に面白かった!
ワクワクしすぎて鳥肌が立ったぐらい。
VRの世界がこのまま進化すれば、いつか仮想現実空間の方が
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.6

この作品はたぶん昔映画館で観たと思うんやけど、それすらもおぼろげで、ただ漠然と面白かったという記憶が残ってるだけだった。
ああ、でもそういえば『ファイト・クラブ』の小っこい石鹸を貰ったような気がするか
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

4.9

遠い昔にTVでやってたのを観たのを、すっげえ変な話やなあと漠然と覚えてて、もう一度観たくなってだいぶ前にBDを買っておきながら観てなかった。
さすがブルーレイ、昔観た映像より画質が格段に良い。
そして
>>続きを読む

うる星やつら 完結篇(1988年製作の映画)

5.0

知名度の高いアニメながら真の最終回を知ってる人は案外少ないのではないだろうか?
TVシリーズの最終回にはただのドタバタと取って付けた様なあたるとラムのキスシーンで憤慨したもの。
原作の最終巻をそのまま
>>続きを読む

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年製作の映画)

3.7

石井輝男監督のカルト映画。
内容が内容で名画座やミニシアターの特集上映しかされず、長年ソフト化もされていなかったものが去年10月ようやく発売され、今ではレンタルも開始。
実は自分はこれをどうしても観た
>>続きを読む

ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年製作の映画)

3.2

白石和彌監督の長編デビュー作品ということで観てみた。
マンション販売の営業マンの弟と知的障害者の兄、そして自称地下アイドルFala、またはデリヘル嬢のマリンちゃんという3人の奇妙な関係。
生き辛い現実
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.2

門脇麦がスゲエ。
引きこもりだったコミュ障の女性を見事に演じている。
彼女が出演してる作品は既にかなりの数を観てるけども、若いのに役によってここまで変われるとは。
この作品ではやたらとひょこひょことし
>>続きを読む

ザ・リング/リバース(2016年製作の映画)

2.4

原作者の鈴木光司氏がけっこう褒めてたもんやから観てみたけど、何だろう、この『ドント・ブリーズ』感は?
確かに呪いのビデオの映像なんかの件はオリジナルに近い雰囲気はあったし、貞子ならぬサマラも頑張っては
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.7

何の予備知識も無しに観たら、長編の『世にも奇妙な物語』でも観てるかのようの話だった。
『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督作品なので一筋縄ではいかないとは思っていたが、これ程までとは。
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.3

元々原作マンガが好きで全巻読んでたし、アニメも全部観てた。
なので内容は知ってるので、果してどこまで実写であのスケールの大きさが出せるのかということに注目。
どうせ約2時間にまとめるとなると無理が出て
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.0

IMAX3D字幕で鑑賞。
なんせこの作品はIMAXの大画面大音響で観ないことには、あのド迫力なロボットvs怪獣アクションを満喫した気分にはならない。
さすがに2作目となるとあまり驚きは無かったけど、特
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

ヒロインの女スパイを演じるシャーリーズ・セロンのキャラ立ちとアクションがスゴかった。
ストーリーよりもなんせそれらが際立って記憶に残る。
それと映像がスタイリッシュで、全編で使用される80's音楽がま
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

是枝裕和監督作品としては異質な法廷サスペンス。
この作品も数々の賞を受賞していたので気になってた。
これはなかなか深い。
しかもスッキリはさせてくれなくて、後々まであれこれと考えこんでしまう作品だった
>>続きを読む

恋と嘘(2017年製作の映画)

3.0

原作マンガは知らないけど、アニメは観てたので、この映画を観た時に、え?何コレ?違う!こんなん違う!と愕然。
政府通知という設定だけ残して話は全くの別モノ。
主人公も女性になってるし…。
どうもアナザー
>>続きを読む

>|