ジャッキーケンさんの映画レビュー・感想・評価

ジャッキーケン

ジャッキーケン

Netflixを拠点に主に洋画を観漁る映画ジャンキー

映画(1739)
ドラマ(106)

阿羅漢(あらはん)(1986年製作の映画)

3.0

話のテンポよりもジェットリーことリーリンチェイの動きが早すぎて目が付いていけない!
内容そのものはリンチェイが開拓した「少林寺」ジャンルの型にハマっていて物語の新鮮味や衝撃度はないが少林寺出身者や武術
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.8

「俺たちに明日はない」で有名な犯罪者コンビ、ボニーとクライドを追う側の視点で描いた作品。個人的にこういう視点を変えた作品って大好物で、元の映画ではボニーとクライドを応援していたのにこの映画では極悪非道>>続きを読む

シー・ユー・イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

凡作

警官の不当な銃殺によって命を落とした兄を救うためにタイムスリップ!

やってる事は単純極まっててマイケルjフォックスがチョロっと出てくるのでBTTFの青春ジュブナイルを少しだけ絡ませ、プロデュ
>>続きを読む

ザ・ディザスター・アーティスト(2017年製作の映画)

4.5

元の映画は最低らしいけどこの映画は最高だった!伝説的カルトクソ映画「ザ・ルーム」の製作を描いた作品
メガホンを取るのはなんとジェームズフランコ!主演もジェームズフランコ、さらに親友を弟のデイヴフランコ
>>続きを読む

ハルク(2003年製作の映画)

2.5

この中身の無さでの138分は流石に長い!
「インクレディブルハルク」の方が数十倍面白い。2003年当時の最先端CGで描かれるハルクはMCU世代の僕から見ると違和感しかない
これあってこそのMCUハルク
>>続きを読む

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

3.7

ゾンビ!戦争!ナチ !
ロジャーコーマンがいかにもやりそうなB級感満載な映画を大金かけて作りましたよ
映画秘宝ファンにオススメしたい良作

冒頭の輸送機から戦場に飛び降りざるを得ない状況になってしまう
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

2度見るとさらに美味しくなる映画
1回目でも面白いけど2周目したくなるくらい終盤のどんでん返しがすごい

ロビイストという単語自体聴き慣れてないから状況を掴むのに少し苦労したけど銃規制反対派vs銃で儲
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.5

リーアムニーソンでメチャクチャかっこいいシーンを撮りたいがために1本の映画を作っちゃったいつものジャウムコレットセラ作品

よくあるワンナイト逃亡劇で息子からいないもの扱いされてるリーアムのどん底っぷ
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

4.3

爆破テロによって愛する娘を亡くしたジャッキーが復讐のドラゴンと化す復讐劇!

結論から言わせてもらうと「ライジングドラゴン」以降公開したジャッキー映画で一番面白いのは間違いない!
監督は007を2度復
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.9

「知らなすぎた男」みたいな勘違いコメディ映画の良作!
冒頭、毎週末友人夫婦たちと楽しくワイワイやってるゲームナイトが本当楽しそうだしやってるゲームがどっかの映画で見たことあるようなのばっかりで面白い
>>続きを読む

フライトナイト(1985年製作の映画)

3.7

監督、脚本は MCUでスパイダーマンとして活躍中のトムホランド!!!!

っていう冗談を言ってみたかった

良作のヴァンパイアホラー
全体的にコメディなんだけど主人公の少年がヴァンパイアのお隣さんを目
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.8

あのポケモンがついにハリウッド実写化した本作は「ポケモン」という膨大なフランチャイズにおける氷山の一角を実写化したというものでこの映画の興行収入次第では MCUのようにユニバース化するかもしれない!>>続きを読む

流転の地球/さまよえる地球(2019年製作の映画)

4.0

中国国内外で10億ドルの大ヒットを叩き出し現在2019年公開映画興行収入第3位に位置している中国映画初のブロックバスター映画!

膨張する太陽が100年後には地球を飲み込んでしまう絶望的な未来を前に人
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

3000回愛してる
3000回興奮する
3000回では見足りない最高の映画

↓ネタバレ感想













MCUファンのみならず映画好きには長い長い1年間だったろうね。1年間待たされ予告
>>続きを読む

ブルー・ストリーク(1999年製作の映画)

4.1

殿堂入り映画「最凶女装計画」と同じ道を歩く作品だと思う。ダイヤを隠した場所に警察署が建っちまってさあ大変。犯罪者が刑事になりすましてダイヤを取り返そうとするなりすましコメディ。
こういうジャンルの作品
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

4.4

まさかの人喰いミュージカルSFコメディ!
初っ端から熱いコーラスのOPで始まったかと思えば全編ミュージカル仕立て!
怪しい鉢植え生物の大好物が人の生き血!?チュパチュパ吸うだけならまだしも日に日に大き
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.2

中々の良作アニメ
劇場公開時に観に行く気が起きなかったのはバットマンと時代劇の融合が肌に合わなかったからだと思っていて怖いもの見たさで見たけど劇場で見れば良かったと後悔した。

設定そのものよりもテン
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

田舎町の少年が巨大な鉄のロボット「アイアンジャイアント」と出会うポストターミネーター2映画

冷戦真っ只中の時代背景で授業で見せられてる「核爆弾は伏せれば身を守れる!」なんてなんちゃって訓練ビデオを見
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

4.5

フルアーマー化したローリーvsマイケルマイヤーズ40年越しの死闘!

1作目から40年後を舞台にし40年間精神病棟に隔離されたマイケルが再びあのマスクと対面し周りの患者のボルテージが上がりついにあの1
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

5.0

おかえり!80sアメコミ!
帰ってきて!ヘンリーカヴィル!

リアルでダークでMCUとは180度違う路線を歩んでいたDCEUは「ワンダーウーマン」を皮切りに徐々にコメディ色を帯びついに本作では完全にD
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

口が利けないパキスタン人の少女と正直すぎる大柄なインド人青年のロードムービー!
事前情報を全く頭に入れずに鑑賞したのもあってか泣きに泣きまくった!
「クリード2」「マスターZ」に並ぶ涙腺崩壊映画!
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.7

潜水艦物としては良作
ジェラルドバトラー主演映画としては物足りない

「300」「エンドオブ」シリーズなど肉体を酷使し残虐非道な人殺し描写に絶対的な信頼を置く男バトラー、本作では潜水艦の艦長なので直接
>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.3

ジョージルーカスがSWのイメージしかない僕にとってはこういうのも撮ってたんだっていう驚きが大きい。もちろん今日まで青春映画の傑作として言われてるだけあってかなり好きな青春映画

1960年代のカリフォ
>>続きを読む

チャイニーズ・オデッセイ Part2 永遠の恋(1995年製作の映画)

4.3

前作のドタバタ喜劇は前半に留まり後半からは重厚に練り上げたラブロマンスや正統派チャウシンチー的ヒーロー像のカタルシスで見終わった後の切なさはここ最近見た作品の中でかなり込み上げてくるものがあった。>>続きを読む

チャイニーズ・オデッセイ Part1 月光の恋(1995年製作の映画)

4.1

世代的に「少林サッカー」「カンフーハッスル」ドストライクなのでこの辺のチャウシンチーをほぼ見たことない僕にとってはこの作品を通じて当時のチャウシンチーは日本漫画的なドタバタ喜劇と特撮を絡めた「デスプル>>続きを読む

オーマイゴッド 〜神への訴状〜(2012年製作の映画)

4.3

無心論者の主人公が神と名乗るペテン師を相手に法廷劇を繰り広げる本作はインドにおける宗教タブーを真っ向から切り込む「PK」と同路線でさらに現実味を帯びた内容となっている。天災によって経営していた店を全壊>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

3.7

冒頭、新宿のプラットホームで50人の女子高生が手を繋ぎ、一斉に線路に飛び込むところのインパクトが強すぎる
ここの見方で評価が変わってきそう
個人的に序盤の集団自殺描写は面白おかしくて好きですよ。学生連
>>続きを読む

ホステル2(2007年製作の映画)

3.0

名作「ホステル」の続編
監督はイーライロスの続投

旅行前に見るべきじゃない映画なのは確かで本作もスロバキアを舞台に物語が展開していくけどこれスロバキア絶対風評被害出てるに違いない

ヤリチン野郎ども
>>続きを読む

武器人間(2013年製作の映画)

3.5

ナチスのフランケンシュタインによって生み出された武器人間に襲われるファウンドフッテージ

公開当時は「ムカデ人間」に続けと言わんばかりの宣伝に発明絡みでドラえもんの声優を予告でも本編にもガッツリ起用す
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.8

「マネーショート」に続き実録を持てるコメディセンスで面白おかしく描きそして最後に戦慄させるブラック度数高めの実話

元の面影を一切感じない驚異の役作りで挑むクリスチャンベール演じるチェイニー
前半は呑
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

エイリアンを踏襲したSFスリラー
スピルバーグで例えるなら序盤はET、未知との遭遇のようにポジティブなものに見えるがカルビンがセガール化したことで映画は一気にホラー色を帯びていく

中身はありがちなS
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.8

ティムバートン版バットマン好きなら見るべきディズニー映画
ダンボの姿をしたバットマン映画

ダンボという数あるディズニー作品の中でも一際飛べる像という限りなくバットマンに近く、親から引き離され、満月の
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

4.2

全てが最高だった前作と比べるとトーンダウンは否めないがレゴムービーファンは笑っていつも通りホロっとさせられてしまう!

まさかのシスターインベージョンのラストから直後から始まる辺りは年月を感じさせない
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.5

新人黒人警官がKKKに潜入する嘘のような本当の話をスパイクリーが映画化した本作はエキサイティングに満ちた傑作潜入映画!

あのデンゼルワシントンの長男ジョンデヴィッドワシントンが主人公である黒人警官を
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.5

80s万歳!
マイケルベイ版とは全く異なる優秀すぎるトランスフォーマー映画!

マイケルベイ版ももちろん大好きですよ
特にダークサイドムーンなんかはオールタイムベスト級に好きなんで決してマイケルベイが
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.4

園子温のパワーに圧倒される4時間
長尺の映画で言えば「七人の侍」もそうですが飽きるどころか面白さを加速していくジェットコースター映画!

タイトルが出るまで脅威の1時間
この1時間はユウが母親から言わ
>>続きを読む

>|