ジャッキーケンさんの映画レビュー・感想・評価

ジャッキーケン

ジャッキーケン

Netflixを拠点に主に洋画を観漁る映画ジャンキー

映画(1641)
ドラマ(88)

来る(2018年製作の映画)

3.0

予告編以上のものがないコクソンの二番煎じ。コクソンのようにジャンル付かずの映画というよりはホラーに徹した映画であった。エキセントリックなOPはデヴィッドフィンチャー映画っぽい

現代社会とお祓いのミス
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.2

インド人女性のために生理用ナプキンを開発した英雄を描いた伝記映画でインド映画は伝記映画であっても過剰な演出のパワーに圧倒されフィクションラインがグチャッとなってしまう嬉しい欠点を持っているのだけど本作>>続きを読む

カムガール(2018年製作の映画)

3.0

そこそこ面白いブラムハウス製作のエロ配信スリラー。突如現れたもう一人の自分が配信を乗っ取る。地味に怖いのがファンが密かに近所に越してきて監視しているSNSとかでよくあるストーカー的怖さ
歯止めが効かな
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.4

今年のベストホラーは「クワイエットプレイス」で決まりなのですが本作の怖さは別のホラー映画に例えようとしても型にはまらず比較しようにもできない怖さ。
予告編を見るからに「キャリー」とかそういう類のホラー
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.2

日本最大の汚職事件を白石和彌が映画化した本作は韓国映画の汚職映画気質のある日本映画で日本が代表するクライム映画と言っても過言ではない。

点数稼ぎのためになんでもやる綾野剛が柔道日本一の腕っ節だけでヤ
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.2

フィンチャー版「トータルリコール」
大富豪マイケルダグラスが弟のショーンペンからとあるゲームの招待状を誕生日に受け取り興味本位でゲームに参加していく、次第にどんどん過激になっていくゲームに疑問を抱き、
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.2

ファンタスティックビーストとしては2作目でありながら雰囲気は死の秘宝part1のような絶望に満ちたストーリー展開で最後まで飽きずに見れる。美術、映像面のクオリティが特に素晴らしく、芸術の都パリを舞台に>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.6

ジャッキー映画初のSF映画!
今までのジャッキー映画にはないSF要素とシリーズとは無関係だけど警官ジャッキーの活躍と「ポリスストーリーレジェンド」から続くパパ泣き映画です。

序盤から警官隊と人造人間
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

4.2

今年見た映画で一番ぶっ飛んでるロバートゼメキス監督作。美貌のピークを過ぎたメリルストリープがゴールディホーンの彼氏ブルースウィリスを奪う女同士の生々しい憎悪劇のお手本と言えるオープニングでスタートする>>続きを読む

ドラゴン怒りの鉄拳(1971年製作の映画)

4.3

ただでさえ最強のブルースリーなんですが本作のブルースリーは主演映画の中でも特に最強に位置する強さなのではないだろうか

わかりやすすぎる復讐劇でブルースリー映画を見たことない人に入門編としてうってつけ
>>続きを読む

バトルクリーク・ブロー(1980年製作の映画)

2.0

全盛期ジャッキー映画の中で1番の駄作。
ブルースリーの亡霊に囚われたロバートクローズがジャッキーを主演にブルースリー映画を撮ろうとしたところでそれはもう時代遅れでしかない。

アクションに至っては悪い
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.4

これまた凄まじい映画。脚本家のテイラーシェリダンの先の読めなさが本作でも光ってる!見る前と見たあとでは180度作品のイメージがここまで変わるのはなかなか無い。「ウインドリバー」も見る前と見たあとの作品>>続きを読む

少林少女(2008年製作の映画)

-

マイナス5000兆点
107分間ひたすらレイプされてる気分を味わえる映画!

めまい(1958年製作の映画)

3.0

イマイチ乗れず。僕が想像した「めまい」は高いところに登るとめまいがしてしまう主人公が犯人からあらゆるめまいを引き起こすトラップを掻い潜りながら逮捕へと奮闘する刑事映画かと思ってたらまさかのラブロマンス>>続きを読む

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

2.7

最後までなんだかよく分からないホラー映画。ただのスプラッター映画かと思ってみたら教会の地下にある悪趣味な大量死体、常軌を逸した怪物スキル、明らかに人間ではない「何か」がひたすら不気味。
何故死体を縫い
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

4.5

舐めてた爺さんが実はNBAスーパースターでした映画!元々はペプシのCMで老人メイクしたカイリーアービングがストリートバスケでドッキリを仕掛ける1発ネタからまさかの長編映画化!
長編となった本作では種明
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

今年ベスト級!魂に刻まれて行くビートでアドレナリンが終始出っ放し!見ていていてもたってもいられなくなるし座って見るのが窮屈に感じてしまう最高の音楽伝記映画!
規格外のバンド「クイーン」を描いたもので普
>>続きを読む

Happy Death Day(原題)(2017年製作の映画)

4.3

誕生日に何者かに殺され目覚めたら誕生日の朝に逆戻り解決するまで終わらないエブリデス!ブラムハウス製タイムループ映画。軽いノリの映画ではあるし新鮮だって思える展開はないんだけどループを繰り返すことによっ>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.1

MCU単体と比べると底の浅い作品ではあるけど見たかったヴェノム映画ではあったから好きな作品

ダークなテイストではなくコメディなのがMCU映画のようでユニバース作品第一弾ということだから窓口の広い感じ
>>続きを読む

ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン(2003年製作の映画)

3.7

ピーターバーグファンは見るべき良作
中身は100%ロック様印のジャングル映画
銃を使わない主義のロック様が徹底して英雄度の高い戦闘スキルを発揮して行くがクライマックスでショットガン二丁をぶんぶん振り回
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

そんなに期待してなかったけど普通に面白かったです。ツッコミ所満載で「メグザモンスター」のステイサムがインタビューで言ってたみたいに真面目に捉えすぎないで見てほしい
死亡フラグが効かない男ジェラルドバト
>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.9

顔面の圧がジェラルドバトラー史上最強
「ヒート」を受け継ぐ正統派クライムアクション
アルパチーノとデニーロに比べると誰一人頭良さそうなキャラが一人もいないルーニーズ系キャラたちが最高
刑事側はジェラル
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.8

クライマックスでフランクグリロ、イコウワイス、ヤヤンルヒヤン三人が揃うシーンのためだけにある映画。そのシーンだけで元が取れる。前作はよく分からないインベージョン映画だったけど今回はまともに出来てる。何>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

全編PC画面で展開される捜索スリラー
「アンフレンデッド」の100億倍面白かった!

オープニングが100点満点
スリラー映画だと思って舐めてたら「カールじいさんの空飛ぶ家」のオープニング級に大号泣し
>>続きを読む

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

4.3

服役中の罪人3人が奉仕活動中に脱走!
逃亡劇を描いたコメディアドベンチャー
今まで見てきたコーエン兄弟の作品の中でもベストに面白い作品でした。
逃亡中に出会う輩がクセものすぎるのがコーエン兄弟らしいし
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.6

難解な映画だ。ジェイクギレンホール演じるドニーダーコは精神病を抱えたティーンだ。その青年の目の前に銀色のウサギが現れ「世界の終わりまであと28日と6時間と42分と12秒しかない」と告げられ映画はスター>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

これといって凄い話でもなんでもなく「パルプフィクション」などのタランティーノ映画のように無駄話で構成されているがその無駄話を繋げるのがすごく上手い

ラシードがポールを事故から救い、お礼に2、3日家に
>>続きを読む

人狼(2018年製作の映画)

4.5

ただ単純に人狼のコスチュームがカッコいい。血の金曜日事件のトラウマを抱える主人公が特機隊の汚名を被らされ組織から反逆し追われる立場へと追い込まれていく展開はいつもの韓国映画におけるポリティカルアクショ>>続きを読む

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.3

アジアの密輸地域を守る精鋭部隊トライアッドに所属するジョータスリムが少女の命を救うことによって組織に命を追われる身になる。大体のあらすじは「ヘッドショット」と同じで違うところは今回はイコウワイスが悪役>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.1

イコライザーvsイコライザー
前作と同じくらい好きな作品でした。
前作であれだけホームセンターで暴れたら転職せざるを得ないマッコールの次の職はタクシードライバー、同じビジランテ映画でまず先に連想するの
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.7

1から始めるビジランテ入門編
ある程度のナーメテーター映画を見てるとこの映画は王道中の王道な展開で凡作になってしまいそうだがそこはマクレーンに次ぐ新たなアイコンに辿り着くウィリスとイーライロスの唯一無
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

2.8

荒野を彷徨う姿が世界一似合う男メルギブソン主演だが普通で話に膨らみがない
メルギブソンのトレーラーに車が突っ込んでくるカットはすごい。バイカー相手に水平二連ショットガンで撃退するシーンで2人目のバイカ
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.1

実際に7月22日にノルウェーで起きた爆破テロ&大量虐殺を描いた問題作
労働党の子供達がキャンプで遊ぶシーンと犯人が着々と計画に向けて進行していくシーンを交互に描き、犯行に至るまでが序盤なのが驚きだった
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.6

「デッドプール2」でのネタにされてたし敬愛せるヴァーホーベン監督作なので鑑賞

ヴァーホーベンは血みどろバイオレンスが最高!全編サスペンス仕立てでマイケルダグラスとシャロンストーンコンビの映画だからい
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.3

評判通りめっちゃアガる!
1作目は喧嘩アクションの領域でそれなりに見れる作品だったしレッドレインはあの坂口拓さんがアクションに携わっていることで実戦的なアクションで好きっちゃ好きだけどハイローの世界と
>>続きを読む

HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年製作の映画)

3.0

雨宮兄弟のスピンオフ
個人的に好きなキャラなので最後まで見れましたがスピンオフなだけに前作ほどの勢いがない。前作のエンドクレジットでかっこよく出てきた斎藤工演じる雨宮兄弟の長男のカリスマ的なかっこよさ
>>続きを読む

>|