ジャッキーケンさんの映画レビュー・感想・評価

ジャッキーケン

ジャッキーケン

ジャッキーチェン、シルベスタースタローン、ドニーイェン、アーノルドシュワルツェネッガー、スコットアドキンス、トニージャー、ジェットリー、マイケルjホワイト、ジェイソンステイサム、スティーブンセガール、ウージン、ジェラルドバトラー

映画(1609)
ドラマ(83)

22 July(2018年製作の映画)

4.1

実際に7月22日にノルウェーで起きた爆破テロ&大量虐殺を描いた問題作
労働党の子供達がキャンプで遊ぶシーンと犯人が着々と計画に向けて進行していくシーンを交互に描き、犯行に至るまでが序盤なのが驚きだった
>>続きを読む

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.6

「デッドプール2」でのネタにされてたし敬愛せるヴァーホーベン監督作なので鑑賞

ヴァーホーベンは血みどろバイオレンスが最高!全編サスペンス仕立てでマイケルダグラスとシャロンストーンコンビの映画だからい
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.3

評判通りめっちゃアガる!
1作目は喧嘩アクションの領域でそれなりに見れる作品だったしレッドレインはあの坂口拓さんがアクションに携わっていることで実戦的なアクションで好きっちゃ好きだけどハイローの世界と
>>続きを読む

HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年製作の映画)

3.0

雨宮兄弟のスピンオフ
個人的に好きなキャラなので最後まで見れましたがスピンオフなだけに前作ほどの勢いがない。前作のエンドクレジットでかっこよく出てきた斎藤工演じる雨宮兄弟の長男のカリスマ的なかっこよさ
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.6

日本国内におけるアクション映画の規模としてはかなり巨大でLDHだからこそここまでできるアクション映画だと思います。
ジャニーズがやるアクションよりもダンサーのレベルが高かったり基本的な身体能力高めのエ
>>続きを読む

動物世界(2018年製作の映画)

4.4

カイジを原案にし中国映画独自のアレンジを加えた作品で借金まみれの屑たちがカードじゃんけんで凌ぎを削り弱者は容赦なく蹴落とされていく弱肉強食なギャンブルの世界をバイオレンス&アクション込みでオリジナルの>>続きを読む

ユニバーサル・ソルジャー(1992年製作の映画)

3.6

ジャンジャンジャジャンジャンクロード!
ヴァンヴァンヴァヴァンヴァンヴァヴァンダム!
スコットアドキンスの「殺戮の黙示録」は見ていたけどそもそも1作目を見てなかったのでやっと見られた!
ヴァンダム映画
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.1

タイ映画で真っ先に思いつくもの「トニージャー」「ムエタイ」「チョコレート」
アクション映画で一世を風靡したタイ映画のイメージを根本から覆すのがこの映画。
この映画によってタイ映画全体にスポットを当てら
>>続きを読む

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

5.0

めっちゃ好きな映画だ!!「マイティソーラグナロク」とかタイカワイティティはおれの好み全部知ってるんじゃないかってぐらいドンピシャな作品を作ってくれる。

養護施設からきたデブッチョ少年 AKA ファイ
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.4

あっという間の113分!些細な出来事から謝罪するしないの裁判沙汰から移民問題、内戦の過去を炙り出していき小さな出来事からどんどん内戦へと向かっていく積み重ねで緊張感がどんどん増していく。そこから双方の>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.8

古き良き名作。「素晴らしき哉人生」と同じ良い意味で普通な作品
「君の瞳に乾杯」という誰だって知ってるキザなセリフの元ネタであるこの映画は第二次世界大戦によって祖国を追われた人たちがアメリカへの移民を希
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.2

今となっては当たり前のように量産されてる恋人はゴースト系作品の先駆者
当時はこの設定とデミムーアカットが斬新だったんだろう
1990年製作のこの映画は思っていた以上に90年代で溢れている。90年代の名
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.5

記念すべきディズニーピクサー1作目
1作目にしてはレベル高すぎてこの時から3DCGアニメはピクサーの独壇場となっている。おもちゃが動き出すイメージは「チャイルドプレイ」のせいでホラーに分類されがちだが
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.6

ホラー界のブラックパンサーことヴァラクのスピンオフ。期待しすぎましたね。
でも駄作というほどでもない。
この前にみた「クワイエットプレイス」が凄すぎて霞んでしまった。

ヴァラクの誕生の秘密、「アナベ
>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.6

ジュラシックパーク全制覇!
1>ワールド>炎の王国>3>2
不完全燃焼だったロストワールドより面白かった。単純に島での救出劇から脱出までに見所がたくさんある。肉食恐竜同士の闘いが好き。最初は依頼夫婦に
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.0

流石に1はスピルバーグでさえ超えられないよね。ていうか結構劣化してる。
1でパークの門をくぐった所でのテーマ曲にワクワク
人類が始めて対面する恐竜のワクワク
人間側のキャラがそれぞれ魅力に溢れている。
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

4.1

1作目のジャングルから都会のジャングルへ舞台を移した2作目。
主演はシュワちゃんからダニーグローバーへと変わり前作から脳筋度数が少なめになっているのが寂しいですがクライマックスダニーグローバーvsプレ
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

4.0

「ザ・プレデター」はシェーンブラックが噛み砕いて噛み砕いて砕きまくった映画でありましたが本作は真面目に作られてる印象。軍人、ギャング、ヤクザで構成された人間部隊がプレデターが狩をするホームグラウンドな>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.6

大人になって忘れた頃に赤い風船を持ってやつは現れる。その名もプー

ディズニー実写作品でぶっちぎりに好きな映画でした!「美女と野獣」「シンデレラ」のプリンセス系はオリジナルをきっちり実写化していますが
>>続きを読む

ザ・ロード(2009年製作の映画)

3.8

限りなくリアルに近いポストアポカリプス映画。文明崩壊後を描いた映画って大抵ゾンビによって滅ぼされたり「マッドマックス」のように核戦争によって滅ぼされて人間性を失ったウォーボーイズがヒャッハー!してる印>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

5.0

音を立てたら即死という無理ゲーな世界観を舞台にエミリーブラントとジョンクランシスキーのリアル夫婦が主演を務める
音で怖がらせる原始的なホラー技法だからこそ一番怖いと思える
原始的に人間の五感を揺さぶり
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

人間狩りの季節がやってきた!
「プレデターズ」からしばらくのブランクを経て地球に帰ってきたプレデターは1作目のプレデターとは正反対のホラーテイスト?否!コメディとして帰ってきた!
キャスティングからし
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.5

真実vs嘘の全面戦争!
予告編から察するに弁護士のハ・ジョンウが政府の汚点を追求し闇を炙り出していく物かと思ったらハ・ジョンウの出番がそんなに多くなくてビックリしましたね。
弁護士であるハ・ジョンウは
>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

5.0

全人類が見るべきスタローンイズムに溢れた1本!4を除けばシリーズで一番好きな作品!1作目はベトナムから帰ってきたランボーが田舎町で警官とドンパチやってニューシネマライクな幕引きをしてるのでどちらかとい>>続きを読む

DOOM ドゥーム(2005年製作の映画)

3.8

クライマックスが100点満点
FPS視点でクリーチャーを殺しまくるシーンが最高!そこからのドウェインジョンソンvsカールアーバンのステゴロが最高!ホブスと2代目ジャッジドレッドの代理戦争だ!
そこに至
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.3

ステイサムvsメガロドン

今年はドウェインジョンソンが怪獣と生身で戦ったり時代は人vs怪獣へと突入した新時代、そんな中生まれた本作のステイサムvsメガロドン!サメ映画というジャンルは良くも悪くもB級
>>続きを読む

五毒拳(1978年製作の映画)

4.2

サソリ、蛇、ヤモリ、ムカデ、ガマそれぞれの長所が毒を持って制す最強のカンフー「五毒拳」は「拳精」の五獣の精を彷彿とさせる漫画チックなカンフー映画で序盤の仮面をつけた五毒の達人達がカンフーを披露するいつ>>続きを読む

2バッドガイズ(2018年製作の映画)

3.6

意外な良作!それもそのはず主演は安定した良作マーシャルアーツ映画を量産する信頼できる男スコットアドキンスなので本作も安心保証の良作です。
いつものスコットアドキンス映画と違うのは役柄でいつもなら3度の
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

2.0

「SPL狼よ静かに死ね」「ドラゴンマッハ」に続く殺法狼シリーズ3作目となる本作は1作目の鬱路線に原点回帰していながらもアクション、ストーリーに関しては「ドラゴンマッハ」に遠く及ばない出来で残念でした。>>続きを読む

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.7

すこぶる評判が良いNetflixオリジナル
届くはずのなかったラブレターのせいでフェイク彼氏ができてしまう羽目になってしまい見せかけの恋が本当の恋へと発展してしまう恋愛映画のプロットにしては新鮮味があ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.6

安定の前作越えの面白さ!
アイデア勝利と言える傑作!
「ブラックパンサー」→「インフィニティウォー」からの「アントマン&ワスプ」ということで今年公開の前2作が傑作すぎたたのと10年越しの集大成インフィ
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

2.8

サメ映画好き界隈からは名作と言われてるけど個人的にはイマイチでした。
人間よりも知能が高いサメが実験施設に残された人を襲うパニック度数は高めでどこかコミカルさを感じさせるのが良いですね。主人公達が頭の
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.9

ダーレンアロノフスキー監督、脚本で贈る本作は自然豊かな田舎町の新居に引っ越してきたであろうジェニファーローレンスとハビエルバルデムの年の差夫婦がとある夫婦を家に招き入れることでカルトな世界へといざなわ>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.6

前作よりは好きかな
続編であり前日譚であるから退屈する場面がそんなになかったですね。
前日譚ではメリルストリープ演じるドナが1作目に至るまでの冒険と恋を描いていましてドナの親友の二人から夫候補の3人組
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.0

全ての女性に贈る!のか?
何気ない単調な日々を送る人たちに贈る!に訂正すべき

「アトミックブロンド」「マッドマックス怒りのデスロード」での勇ましく最強のプロポーションを持ったあの体はどこ行ったってレ
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.2

いじめ撲滅映画!

元いじめられっ子の凄腕CIAエージェントとスーパースターだった高校時代とは打って変わって人生下降気味の元人気者とコンビを組むバディ映画

CIAエージェントを演じるのはドウェインジ
>>続きを読む

>|