富小路公子さんの映画レビュー・感想・評価

富小路公子

富小路公子

映画(26)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.7

ネイルサロンでDVD鑑賞して思わず号泣。
『最強のふたり』も好きすぎて、上映当時映画館で2回鑑賞したのを思い出した。

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

3.3

一瞬『ごめん、愛してる』のような設定かなと思うが、似て非なるものだった。
「家族」って、血の繋がりって時に残酷で、非情で、観ているこちらが苦しくなるほどに客観性に欠けて 近すぎて、切羽詰まっていて、愛
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

4.2

クリスマスにもってこいな本作。
予定調和ではあるが、外さない1本。
作中の幼い女の子が可愛くて可愛くて、
また母親との掛け合いもたまらない。
観ているだけでワクワクしちゃうようなクリスマスの世界観がよ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.3

クリスマスと言えばディズニー映画。
映像美は映画館で味わう価値ありかなと思う。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.8

レディー・ガガ初主演映画。
彼女自身の半生とも重なる部分のある本作。
こうやって自分の人生のステージを引き上げてくれる人との出会いや、ターニングポイントになる出来事ってあるよなぁ、としみじみ。
互いが
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.5

ほっこりする映画。
國村隼さんが方言を巧みに操っていたのが印象的。

旅するダンボール(2018年製作の映画)

4.2

段ボールアーティスト 島津冬樹さんのドキュメンタリー映画。
リサイクルの次元ではなく、不要なものを「大切なもの」に昇華させる「アップサイクル」についてかなり取っつきやすい形で軽妙にまとめられていて、1
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

鳥肌ものだった。人生をクリエイトするフレディ・マーキュリーの生き様そのものに惹かれた。
自分の使命を自覚し、そこに対して覚悟を決めた人間の潔さと強さを見た。

私は、マリア・カラス(2017年製作の映画)

4.1

マリア・カラス本人の映像のみで構成されている本作。
画面越しでもこれだけ引き込まれてしまうのだから、当時彼女の生歌を聴くためにチケットを求め徹夜で並ぶ聴衆が後をたたなかったのにも頷ける。

「天才」と
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭上映作品。

「誰にもバカにされず稼いだのはこれが初めてだ」と泣き出すサイケの涙に、
彼らが生まれてからこれまでずっと否応無しに晒され続けてきた社会の不公平、矛盾、
誰も助けてくれない、
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.9

大好きな占星術師の石井ゆかりさんが、
「嘘をつくという行為の裏には、そうまでして隠さなければならない本音、強固な意図がある、ある意味で本心の露呈という側面がある」というようなことを仰っていたのを、不意
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

3.7

東京国際映画祭2018の観客賞受賞作。

田舎風景と、田舎ながらの行き場のなさ、逃れられなさ、それは人間関係や家業も含めた親子関係だったりする中で、
唯一その田舎を出たエイスケが
「お前たちは世間は知
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.8

パディントンなめていた。
パディントンの映像美は是非映画館の大スクリーンでご堪能あれ!
本当に侮れない。
ストーリー性も抜群に高くて、示唆に富んでいるため大人が観ても十分すぎるくらいに楽しめる。
大変
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.6

ギリギリの精神状態、危うさ、脆さが画面越しに伝わってきて、ジリジリと迫ってくる。
「あなたは私と別れられていいな。私は私とは別れられない」という言葉が印象的。

「自分のこと」に他人を巻き込むのは違う
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.5

なんだか騒がしい映画だなと思うのに、
結局泣かされている。
それぞれがそれぞれを思いやっていて
自分のことより優先し大切にしている。
負い目を感じているからこそ、それを全面に伝えられず、すれ違う。
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.3

変装であることも、キャラ設定があることもうっかり忘れてしまうくらいに、出来上がった世界観、個々のキャラクターが際立っている。

億男(2018年製作の映画)

4.1

SUNNYに続き、川村元気さんが手掛けられた作品。(こちらは原作者として!)
「お金が人を変えてしまう」とはよく囁かれる言説だが、最後に出てくる「お金を変えるのは人間だ。人間がお金を重くも軽くもする」
>>続きを読む

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

3.1

なんてことない家族の日常を描いた先に、
死に向かいそれを受け入れる人々の姿が描き出されている。
ゴタゴタした喧騒の先にある解脱の家の存在が、まさに死は日常の延長上にあることを教えてくれている気がする。

ウスケボーイズ(2018年製作の映画)

3.0

あまりフィーチャーされにくい、日本ワイン、かつその作り手である醸造家たちのワインづくりを追った作品。

ワインづくりの巨匠 宇助さんが、「たかがワイン。だが、この「たかが」のために奔走する人間がいるこ
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.0

主人公ルイスの吹き替えをコナンの声優さんが担当されており、最初はどうしてもコナン感がつきまとうものの、
どこかいびつでデコボコな叔父、隣人、主人公の3人の組み合わせがおもしろく、
3人の世界観に引き込
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.2

最初は思春期ならではの、矛先の分からぬ怒りや焦り、どうしようもない孤独感ややるせなさと葛藤しているのかと思いきや、
主人公にとっての「敵」である巨人は、
彼女にとって大切なものを根こそぎ奪い去るそれだ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.9

東南アジアを舞台に繰り広げられるバブリー映画って珍しい気がするが、
またニューヨーク舞台とは違う、他を寄せ付けない排他的な豪華絢爛な世界を垣間見ることができ、おもしろかった。

生粋の中国人とアメリカ
>>続きを読む

アジア三面鏡2016 リフレクションズ(2016年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭で特別上映される作品、
世界の著名な3人の監督によるオムニバス作品。
リフレクション=反射、反映の意だが、
過去と現在、未来はその反映だというようなメッセージが3作の根底に通貫している。
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

4.3

大好きな本シリーズも遂に最終章。
「どうしても幸せになってほしい、物語の中の2人」ってのが誰にとってもいると思うのだけど、私にとってはそれがアナとグレイ。
原作者がファンのために書き下ろしたというだけ
>>続きを読む

赤毛のアン 初恋(2016年製作の映画)

3.2

不朽の名作らしい期待の裏切らなさはあるが、予定調和感もある。
おてんばなアンのドジっぷりもまた期待を裏切らないのだが、やはりどこか憎めず
クスッと笑ってしまうのはご愛嬌。
お菓子作りのシーンが頻出で、
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.8

平和に穏やかーに観られる映画。
一緒に行く相手を選ばない作品。