ろびんさんの映画レビュー・感想・評価

ろびん

ろびん

ヒューマンドラマが好き(かも)

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.5

別物として観るのがよい。個人的にはアニメのエド、アルの声とのギャップが一番でかい。大佐の炎は実写だとなかなかエグいね。あと大泉洋が大泉洋すぎた

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(2016年製作の映画)

3.9

ナレーションで紡ぎ出される美しい言葉の数々。同じくラテンつながりの「biutiful」とか「夜になるまえに」が少し思い出された。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.8

モノクロの映像がパッと鮮やかに色づく瞬間がたまらなかった。嘘はつきつかれるものと言うけれど…真実を白状してしまった方が楽だ、嘘をつき通す強さ。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

いろんなジェイク見れて最高。トム・フォード分かっておる。。。対比される世界が交互に描写され、すごく引き込まれる。「シングルマン」ほどのあざとさはないように感じた。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

あんな風に思ってくれたら飼い主は幸せだよな~犬飼いたくなった!

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.9

奥田民生×妻夫木聡ってだけで最後まで観れる!ってか普通に笑える。「軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを」ってホントよく言ったもんだ。
序盤の撮影のときのカメラマン役が某ブランド関係者に見えたんだ
>>続きを読む

フィアー・インク(2016年製作の映画)

3.5

良くも悪くもB級ホラー笑
随所に出てくるホラーネタにニヤニヤ

静かなる復讐(2016年製作の映画)

4.0

一見優しそうで寡黙な男には要注意。

ホセ役はスペイン映画で何度か見たことある人。アナの旦那がスプリットのマカヴォイに見えた笑
スペインのラテンな雰囲気、スリルとシュールのバランスが個人的にとてもツボ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

心が壊れてしまった男の話。この前までジェイク・ギレンホールがあらゆる物を破壊しまくってたけれど、この人は心を開きたがらず、すぐに人を殴ってしまう。ケイシーのハスキーで弱々しい声が彼の心の奥底にある闇を>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

信じていればなんでもできるー!!のシャマラン節健在。マカヴォイは不気味すぎる~そして最後お前かいっ!!ってなったぞ。あ、でも今回は小ネタのお笑いポイントが少なかったのが残念!

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.7

役者とバルセロナの街並み観たさに。奔放で自由な恋愛は憧れるけど自分にはできないなー

夜になるまえに(2000年製作の映画)

3.8

病院からの帰路、タクシーの中での詩と映像が素敵

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.9

"それな"すぎてやばかったー!!クスクス笑えながら観れて最高だった!パパや先生みたいな気休めの天才が側にいてくれるとホッとするな…

レッスン!(2006年製作の映画)

3.6

ベタなストーリーだけど音楽ノリノリ!某映画のおかげでバンデラスが変態おじさんにしか見えなくなってしまったー!!

エル・スール(1982年製作の映画)

3.9

スペイン内戦という下敷きがあるわけだが、父娘という関係のなかでの普遍性のある物語としてだけでも素晴らしかった。
絶対的な存在に思えたものにもいつしか疑いの目を向ける日が来る。親子、もしくは師弟関係にお
>>続きを読む

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

3.6

下ネタ満載、突っ込みどころ満載!!たまにはくだらない映画も観ないと笑

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

3.8

男の男たる業と、女の逞しさ。ペネロペ美しい…お母さんもお茶目で好き。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

パリの街を堪能。いつだって隣の芝は青くて、違う場所、違う時代に憧れてしまう。

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

4.0

途中で「あっ…」ってなってそっからゾワゾワ~となったwとんでもない倒錯の世界なのに演者と映像が美しいから許せてしまうのがすごい

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.8

濃かったーー!!見てはいけない…と思いながらも覗きたくなってしまうような世界観、最後まで飽きさせない展開もなかなかでした。エンリケが純愛でいられたのは"変わってしまった"のを目の当たりにしていないから>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.8

メタファーの数々。蜂の巣の窓格子。陽光の撮り方がどこも秀逸。

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

3.8

家にあるMOVIE HITSを聴いて主題歌の「calling you」にハマり、その存在を知りながらずっと観てなかった映画。序盤のそのまま画面が止まってしまいそうなくらいゆっくりとした時間の流れ、砂埃>>続きを読む

アモーレス・ペロス(1999年製作の映画)

3.9

やっと観ましたイニャリトゥ長編デビュー作。物語の構成は"21g"や"バベル"、描かれる舞台は"biutiful"と近くてまさに彼の原点という印象。タイトルは"愛おしい犬"と誤解してたけど"犬のような愛>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.9

音楽って魔法だ。
アダム・レヴィーンが出てること知らなくてビックリ!!(MAROON5ファンw)街中でアルバム撮ってるシーンが最高に楽しそうでたまらない。もし音楽やってたらああいうことしてみたいなぁ。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.8

主人公は生きることを諦めない。最初は自分のためだったはずが、それが結果的に多くの人の命を救うことになる。実話だったんですね。
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を観てのこれでしたが、ヴァレの根底
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.8

エマかわいい。なんか敵が腰抜け。目玉すするシーンはちょっと…

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

スタイリッシュなスパイものかと思いきやホラーばりに死体がごろごろ転がってるシーンもあってビビったw

ハプニング(2008年製作の映画)

3.7

この映画を劇場で観たときはまだ"シャマラン"という存在を意識していなかったなぁ。植物に話しかける所とかおぼろげだけどあれもシャマランお得意の真面目なシーンで平然とギャグかますやつだったのか

ムーンライト・マイル(2002年製作の映画)

3.7

ジェイク・ギレンホール観たさに借りてみたらダスティン・ホフマンに"グレイズアナトミー"のエレン・ポンピオ(笑)好きな役者ばかりでハッピー!!
てなわけであまり有名ではないみたいだけど個人的には大満足。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

お互いが自分の夢を叶えること、二人が結ばれること、どちらが幸せだったなのか。二つを同時に叶えるなんて夢のまた夢なわけで…はっちゃけたダンスシーンも最高だけど、しっとり歌うシーンもツボ。本当に良質なミュ>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

深く歩み寄ってみないと、伝わらないこともある。誰かの言葉に耳を傾けてみないと、分からないこともある。傷つくことを怖れて表面的な人付き合いしかできない自分を省みる。

21グラム(2003年製作の映画)

3.8

運命の巡り合わせで結びつけられた3人がそれぞれの立場で"人間の死"と向き合う。周りの誰かが死のうが"それでも人生は続いていく"。メメント・モリ。

レック(2007年製作の映画)

3.7

夜中に観るとかなりのスリル!!みんな叫びまくってるしまさにパニック・ホラー。

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.0

人それぞれの生き方、人生。懸命に生きるその姿にせめて"BIUTIFUL"の賛辞を。