misatoさんの映画レビュー・感想・評価

misato

misato

映画(604)
ドラマ(0)

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

冷たい空気と息が詰まりそうな閉塞感、事態が残酷であればあるほどに、二人のキラキラとした夢見ていた頃の儚さと美しさが増す。君に宿題を教えて、君と二人で馬の背に乗って、君を追いかけたあの森で、君を乗せて走>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

これからの生き方を決めていかなければいけない時期って、悩むことが増えるし、焦りとか不安から面倒くさいことで振り回しちゃうよね。親には傷つけることも言えちゃうし、甘えちゃう。私はあまり両親とぶつかる事が>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.5

見えなくてもあなたを感じることができる。目を閉じればあなたを感じることができる。透明感のある美しい恋の物語。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

もう止めてくださいってくらいに笑ってしまった。でも笑うのって彼女をバカにしているからだよなって、自分の心の汚さに気がついてしまいちょっと落ち込んだ(そういう話ではない...)

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

5.0

わたしも冥界からのお迎えはハ・ジョンウとチュ・ジフンに来て欲しいと思いました!めちゃくちゃ泣けた〜〜

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.5

分かったようで分かってないような...ベンみたいなミステリアスで危険な感じに惹かれてしまうな

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

肌の色が白か黒か、どんな種類の血が流れているのか、私からしたらそんなこと大した問題ではない。その人そのものがもつ素晴らしさが評価されず、頭ごなしに差別される世界がいつになっても終わらないなんて息苦しい>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

これもっと違う人たちで見たらもっと面白かったんだろうなって...(身も蓋もない)

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.5

園子温ぽいこと全部詰めました感。椎名桔平が好きなので、良い人の印象が消せず、なんだか残念な気持ちのまま終わった。美しさのない映画。

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

-

「今日記念日だっけ?」「俺たちが出会って半年」に思わず何じゃそりゃと声が出てしまって笑った。ボブになってからの桜井さんのリップの色が素敵なので詳細が知りたいです。

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

5.0

妄想の世界で片思いの恋に浸っていたヒロイン。こっそりしたためていた5通のラブレターをきっかけに彼女の世界が動き出す。作中、ジョンヒューズのすてきな片思いの話が出てきて、トキメキが最高潮に達した。恋愛の>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.0

素直になるって大切だなと思うけど、すれ違った時間もそれはそれで二人には必要なものだったんだろうな。総括 : 時間は有限

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

リリーコリンズかわいい。結局そうなるんかい!という展開だけど、ちょくちょく伏線回収されるの楽しかった。

メアリーの総て(2017年製作の映画)

4.0

絶望と苦悩の淵で生み出された怪物フランケンシュタイン。エル・ファニング演じるメアリーは弱さと強さを併せ持っていて、魅力的な女性だったし、終始纏っている雰囲気が美しかった。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.5

冒頭のモノクロ映像から好きなやつだった。ヒロインのかわいいお顔と諸々のギャップが最高💘生まれ変わったら強い女の子になりたいので、今のところ彼女が理想的ですね 笑

ジュリアン(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人間て平気な顔して嘘つくから恐ろしい。子どもと会わせてくれと言う割に、妻のことしか見ていない。その間で押しつぶされそうなジュリアンの表情が切ない。変わりたいと願いながらも、変わることのできない父親も苦>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.5

頭脳とお金とモラルの歪なトライアングル。バッド・ジーニアスとは上手く言ったものだ。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.0

カミラの真っ赤なコスチュームに眉なしのビジュアルが好きすぎてたまらん

軍中楽園(2014年製作の映画)

3.0

軍中楽園なんて名前がついてるけど誰にとっての楽園なんだか...ニーニー役の女優さんが美しい。上品さとセクシーさのバランスが素晴らしい。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.5

あぁ....なんかいいなこの空気みたいな時間がずっと続く

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

小さい頃、家にあった数本のディズニー映画の中でよく見ていたアラジン。こんなにもキラキラとした作品として、現代に蘇ったことが幸せだった。ガイ・リッチーとの相性もよく、アラジンが錦戸くんに似ていたのも含め>>続きを読む

イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編(2016年製作の映画)

-

ラブコメ界のトンチキ代表って感じで好き。入江くん役の子がかっこいい。

(2005年製作の映画)

3.5

言葉ではなく表情が活きていた。老人と少女の海の上に在る二人だけの世界。

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.5

今まで見てきた映画の中で1番衝撃を受けたかもしれない。様々な身体的特徴を持った人々の生活がパステルカラーの世界で描かれる。見た目の特徴が強ければ強いほど、どうしても内面に目が行きにくくなる。色々思うこ>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

こういう会話劇って人間の嫌なところがドバーッと暴かれるから最高。最後の演出も憎い。娘との電話のシーンはなんか良かったな。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

目が覚める度に顔も性別も年齢も国籍も変わってしまう男性のラブストーリー。適材適所に俳優陣が使われていて物語を彩る。エンドロールでCitizensのRomanceが流れるところまで余りにも美しすぎた。

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.0

デトロイトにも出てたアルジー・スミスがこれまた素敵な演技してる。黙っていた方が楽だって諦めちゃったり、我慢しちゃうことって結構あるけど、戦うことの美学を学んだ気がする。

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

普通の人間が後天的にある能力を自分の中で生み出すっていう設定がとても好き。そして何と言ってもマカヴォイの変幻が素晴らしくって、いつのまにこんな怪物みたいな人になったのよ〜ってビックリした。是非ともペネ>>続きを読む

>|