SHIVAさんの映画レビュー・感想・評価

SHIVA

SHIVA

映画(375)
ドラマ(0)

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.7

こういう感じかなというイメージ通りだったけど、やっぱりそうだよなと大事なことにまた気づかせてくれる良い作品だった。

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003年製作の映画)

3.8

ダニエルクレイグ主演「ディファイアンス」に似たあらすじで、少数の精鋭部隊による人命救出劇。
悪の組織に追われる緊迫感の演出はとても見応えあった。ストーリーがとても分かりやすいのも良い。
終盤の近距離す
>>続きを読む

ダーク・スティール(2002年製作の映画)

3.5

汚職警官の真相を突き止めていく筋書きで、淡々と話が進んでいく。
派手さはないが、デヴィッドエアーさんなので、映画としてしっかり作り込まれており、さすがに「見なきゃ良かった」とはならない良作。

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)

3.0

この手の映画には目がなく鑑賞。
求めてたのとは違った。

私物を持ち込めて、服装も多様で、TVのあるワンルーム。刑務所ってこんなにゆるいの...?💦
血の気が盛んなのはわかったけど、
マジでヤバそうな
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

-

冒頭10分。
「あっこれダメなやつだ」
面白くないとかではなくて、壮大すぎて難解すぎて、自分には到底理解できそうにないことをすぐに理解できた。

わかればとても面白いとのレビューも多く、いつか本気出し
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.0

起きたらクライマックスになってた。
また機会があれば観ようかな。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.6

たまにはいい。というか初めてだ。

著名人のオススメで鑑賞。
冒頭10分...いい歳して何を見てるんだろうと恥ずかしくなったが。。
後半はジンときてしまった。
家族愛って素敵だ。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

やっぱり期待を裏切らない!

わかりやすいストーリーに、音楽や展開・演出すべてがミッションインポッシブルな世界観で、安定の面白さ。
無駄がなく、途中で飽きさせない。
今回は主役クラスの共演者も揃って、
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.7

"幸せとはなにか"をテーマとして、それを探し求め旅に出る精神科医の物語。

幸せはすぐ身近にあって、人は皮肉にもそうでない環境に身を置かれてはじめて気づかされたりする。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.7

ラッセルクロウとライアンゴズリングの共演ということで、見ないわけにはいかず鑑賞。

時折クスッと、時折ゲラゲラ笑えるようなシーン満載で、コミカルな掛け合いでシーンが展開されていく。
テンポ良く進んでく
>>続きを読む

ゴモラ(2008年製作の映画)

1.5

シティオブゴッド並みの面白さをつい期待しちゃった

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

2.4

自分探しの旅というテーマに惹かれ、「INTO THE WILD」を彷彿とさせる作品として、期待膨らませ鑑賞。

現実と回想シーンを行ったり来たり。
振り回されてよく分かんなくなって途中で飽き飽きしてし
>>続きを読む

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

3.0

始まって10分。
思ってた以上に気持ちよく寝落ちできた。

"死が間近に迫るほど、生きていることを実感できる______"命を張ってまで危ない橋を渡る彼らの気持ちが少しだけわかった気がした。

映画な
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.7

余命宣告をされたことで、
"これまでの人生は夢で、やっと目を覚ましたような感覚_____。"

いつか終わりが来ることを知りながら、無駄な時間を過ごし、生きていることが当たり前と思いながら、死に近づい
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.7

人類初の月面着陸とそのプロセスを描いたヒューマンドラマ。

歴史的な出来事にはそんな背景があったんだなと、気づかされる事が多々あった。

生きて戻って来られるのか分からないミッションで、取り残される家
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

代わり映えしない2人のキャッチボール。

思い通りにいかない事や心のすれ違いがあれど、それを現実として受け入れ、ぶつかり合う姿はとてもリアルだった。

現実を叩きつけられる最終章だったけど、なんやかん
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.8

絵に描いたようなストーリー。
ロマンチックそのものだった。
キラキラしてて、なんだか見てるこっちが照れてしまう。
サンセットから遡った鑑賞になったが、それはそれで、また違った良さを味わえた。
"こうし
>>続きを読む

パピヨン(2017年製作の映画)

3.7

原作通り越して、脱獄映画ということで目に止まり、無条件で鑑賞。
最後の島からは、取って付けたような内容で全然入ってけなかったが、終盤までは引き込まれ満足。

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.9

つい一緒に息を潜めてしまった。
たかが潜水艦ストーリーと思ってたが、いい意味で裏切られて満足!
ふつうに面白かった。

Mr.&Ms.スティーラー(2019年製作の映画)

3.6

フォーカスを匂わせる作品で鑑賞。
音楽控えめ。女優がきれい。アクションがだいぶ少ない。兄貴が有能。終盤のハラハラが良かった。終わりがよくわからなかった。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.5

ワイスピシリーズからの、このキャストで観ないわけにはいかず鑑賞。

ワイスピとしての原形を留めてないような...
いかにもな王道アクションストーリー。
コメディタッチなやり取りは印象的だったが、サッパ
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.8

面白かったこと以外覚えておらず再鑑賞。
車の要素が強いが、手に汗握るクライマックスは見応えあった。
単に激しいアクションというだけに留まらず、絆というのかな?人との繋がりや心理的描写が組み込まれている
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.2

___そこで終わるの?!
思わず声が出そうになった。
逆にアリだなと思ったけど続編があった。
続編どころか前作もある。
「コレって真ん中だったの?」
エンドロールでアプリ開いて錯乱(汗)

派手さはな
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.0

豪華キャスト陣に惹かれ鑑賞。
序盤からこの後どうなっちゃうの〜!
とそそられない。捻りもインパクトもなく淡々と進んでいき、40分で辞退。
好きな俳優陣が出演していただけに、ちょっと残念でした

バッドタイム(2005年製作の映画)

3.4

監督つながりで鑑賞。
アクションコーナーで手に取ったコテコテのヒューマンドラマ。
退役軍人である主人公が、戦場での経験が尾を引いて、家族や友人を巻き込み堕落していく様を描いた本作品。
性根の腐った主人
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.7

派手さはないけど、試合のシーンも自然で、実話だから違和感なく楽しめました。
野球好きにはたらまん作品だろうなと。
野球よくわからんけど、表には出ない球界のまた違った側面を見れた。
ブラピがカッコ良すぎ
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.6

頭空っぽで割と楽しめました。アクション映画。

億男(2018年製作の映画)

3.6

メッセージ性が強烈。
映画でありながら、お金の本質も学べる作品でした

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

4.0

「えっこれエピソードゼロだったんか...!」
鑑賞後にレビュー見て気づき、成程!と妙に納得(笑)
リアルな世界との垣根を感じさせない設定...手の込んだマスク...癖の強い脇役。道中ヤバイ奴らにエンカ
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

良かった!
映画ならではの段取りだったけど、それがキラキラしていて、見ていて心地良かった。
思いきって手放した先に、素敵な出会いが待ってるのかなぁ...?
人とのつながりを改めて大切に思えて、温かい気
>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

4.3

尊敬する恩師の紹介で鑑賞。
自由奪還のために立ち上がった、実在する英雄の半生を描いたドラマ。

メルギブソンと共演者の迫真の演技に引き込まれて、まったく長さを感じなかった。
芯の通ったブレない強さがあ
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.8

作品通して、自分の知らない世界を味わえるのってなんかいいなって思った。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.9

一冊の辞書を作り上げるまでの奮闘を描く。
派手さはなく、落ち着いた作品。
"右"の語釈...意味は分かるのに、いざ説明しようとすると、言葉に詰まってしまう面白さ。
電話をきる、風をきる、トランプをきる
>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

3.9

役柄がハマってて見応えあった!
ロバートデニーロはやっぱり格好良かった。いい男だと派手なスーツも様になって見えちゃうのが不思議(笑)
作品も、マーティンスコセッシらしい雰囲気を味わえて満足!

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

良かった!
奏でる曲が、それっぽくなっていく過程が見ていて心地良かった。
青春、恋愛、友情、夢、兄弟愛など色んな要素が絡んで、それが音楽を通して1つの作品にまとめられていて素敵な作品でした。
兄貴いい
>>続きを読む

>|