ショータさんの映画レビュー・感想・評価

ショータ

ショータ

映画(447)
ドラマ(47)

めまい(1958年製作の映画)

3.7

途中まで世にも奇妙な物語観てるんかと思ったら、ラスト5分だけ急にサスペンスしてきたからびっくりした。
タネはよく見るミステリーのタネで、あ、これが元ネタなんだ。公開当時に見てたら度肝抜いてたんだろうな
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.0

久しぶりに見返して、ウッディって結構流される奴だったなって思い出して、すごく4を見返したくなった。
人間は前よりヌルってなって怖さがほんの少しだけ減ってる、それでも依然としてトラウマレベル笑
SWパロ
>>続きを読む

パヴァロッティ 太陽のテノール(2019年製作の映画)

4.3

パヴァロッティの歌声、人柄、何よりもその笑顔がもう本当に素晴らしい。
こんなに人を愛した人物を知らない。
そしてラスト30分が圧倒的に面白い、ドキュメンタリーなのに!ボノの台詞からちょっと泣きそうにな
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.2

世界初のフルCGアニメーションだからなのか、初めて見たとき人間が全員怖かったもんな〜。シドとか当時トラウマモンやぞ!
こんなに怒涛の展開だったっけ?久々に見ても相変わらず最高だった。
脚本にジョエルコ
>>続きを読む

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.7

ピクサーの本を読んだので、なんやかんな初めて見たかも。
ラセター、スタントン、ニューマンとお馴染みのメンツ。今のCG技術で同じ話作ったらビジュアルがえぐそう笑
コメディセンスは相変わらずエグいくらい才
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.2

一人で見て何してんの俺、ってなった。誰かと見たかったし語り合いたい最高のパーティームービー!
5年後、この映画が流れてる飲み屋は信頼できる、間違いない。

2020年 111作目

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.6

全男子に観て欲しい傑作。
スティーブが体験する数々の出来事、どこか一つでも少年時代を過ごしていたらかするエピソードあって、それを思い出して恥ずかしくなって、若いなぁって少しだけ振り返って、スティーブ最
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

4.1

友達でもないし恋人でもない、僕が好きな女の子。こういう映画で徳永えりさん出てくると、あっレジェンドって思う自分がおる。
今年の冬は普段使いに徹した茶色いダッフルコートが欲しいなぁ。

2020年 10
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.7

青くて痛くて脆い、ですわ。
秋好出てきたときの、お、お前ガァ!?!?感少年ジャンプ味あって好き。

2020年 105作目

猫の恩返し(2002年製作の映画)

4.2

猫が容赦なく投げ飛ばされるの辛辣すぎて笑える。
声優陣だけで2サス作れるよなーって見返すたびに思う笑
全部がちょうど良くて、そこがいいんよ。

2020年 104作目

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.1

地球屋に辿り着くまでの道のり、家々の並びホント好き。
小説読んだあと、「あなたは素敵です」っていうじいちゃん最高。
終わり方に時代を感じる笑

2020年 103作目

真夏の夜のジャズ 4K(1959年製作の映画)

4.2

斜め下からのアングル超良い、マリガンとチコハミルトンが超好き。
ポスター出てる割にセロニアスの出番少なすぎん?
夜になってからのほうが絵が好き。
ビルクロウすてきだね。

2020年 102作目

(2020年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

糸何回流すねん…と思いながら見てたらラストシーンで泣かされた。原曲が持つ圧倒的パワーとみゆきさんの歌声、最高でした。ファイトの歌詞と3.11の結びつけ方上手い。なによりも結が漣と葵を結びつけるのが素敵>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

4.2

これはあれですわ、良い恋愛映画見た時に起きる恋したい現象が発症しましたわ。
恋愛は付き合うまでが面白いし、夢は追いかけ始めるまでが楽しい。
途中まで2人ずつで話すシーンが多く、ラストシーンで4人揃った
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

4.1

完全に大人向けのドラえもん。ドラえもん映画というより恐竜映画。恐竜のCGがリアルになってて怖かった笑
一緒に冒険している目線のアングルが多くて没入感が凄まじかった。ドラえもん映画の進化を感じる。
あい
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.4

言うなればずっと会話シーンだからうとうとしてしまって話がよくわからなかった。勿体無いことしたな。
なのでノアジュプかルーカスヘッジを眺めてる映画だった。
それでも「稼がないと出てくだろ?」の後のお父さ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

先に(さらにいくつもの)を鑑賞していつか観ようと思い、今日しかないと思ってみた。
のんさんの語りのようなセリフの数々、後半になればなるほど心に響いて泣いてしまう。
やっぱり(さらにいくつもの)を先に見
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

1.0

近年見た映画の中でワーストワン間違いない。A24というブランド、一生に一度の傑作というコメントのせいで落差が凄い。
三部作の1と3作目を観た感じ。
プレイリスト映画と言われながら音楽そんなかかってなか
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.2

四畳半タイムマシーンブルース読んだら観たくなった。
声優陣がみんな大好き、世界観も大好き。
なんだかんだ先斗町でひたすら飲むシーンが一番好きかも。
あの奇天烈な文章からこの映像を生み出す湯浅監督ら製作
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.3

青春映画どストレートど真ん中!!
自分も端の方に居心地の良さを感じるタイプなので一緒に野球観戦していた気分。
久しぶりのミニシアターで鑑賞。祝日に一番前で見たのが悪かったのか、両隣の客のクセが強すぎた
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

4.0

夜のショッピングモールのシーンは全て好き、特に縁と業平が止まったエスカレータに並んで話すシーン。
ただ歌のシーンと縁と琴子の叫ぶシーンが煩すぎてそこだけすごく浮いて勿体ないなぁと思ってしまった。
こう
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

騙され慣れすぎて前作の方がコンゲームとしては出来が良かった、しかしパンフの古沢良太さんのインタビューを見てなるほど。コックリの成長物語と、ダー子さんの母性として見ると凄く良い映画。関水渚さん、町田くん>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.8

雨のニューヨークに翻弄される若者たちのお話、ウディアレンらしさ満点のおバカを置いてけぼりにする会話満載。
キャストがみんな好き、雨も好き、ロマンスも好きだから多分この映画も好き。

2020年 89作
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーなのかと疑ってしまうほど関係性にストーリーを感じてしまった。
字幕になる言葉とならないセリフがあって、そこは少し気になった。
隣の家族がもたらしたものが絶望だけじゃなくて希望もあり救い
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.6

音が少なく言葉も少ないので、なんてことない会話の一音一音が大切に聞こえる。
ただひたすら会話だけ続く今泉監督らしさ。この世界のどこかにあって決して映画にならないような出来事。
観るタイミング次第ではも
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

5.0

雑談こそ愛なんです、ずっと泣きそうだった。
松岡茉優の圧倒的演技力、そして山崎賢人の決して上手いとは言えないがそこがまたいい味を出しているセリフの言い回し、小説の行間を読み取り心模様を些細な音と共に描
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

「一度あったことは忘れない、覚えてないだけさ」
最初に観たのは何歳の頃か覚えてないけど多分同じシーンでで笑って怖がってたんだろうな。
あの夏へが流れると自動的に泣いてしまう季節が来ましたね。

202
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.2

7年前の映画なんですか…今思えば人の命の儚さ、美しさは菜穂子さんから教わった気がする。
他のアニメ映画を見るようになって改めて気がついたの久石譲さんのエグさ。台詞で語らず音楽で語る。この映画は他のジブ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.6

躍動感溢れる絵の力、中性的な顔立ちのシアーシャの魅力が溢れてた!!!
過去と現在を行ったり来たりする演出が凄く合ってた、登場人物と同じく喜怒哀楽の山に登って一緒に生きている感覚を味わえた。
原作を全く
>>続きを読む

コルトレーンを追いかけて(2016年製作の映画)

3.8

So whatでの長いソロを映像で見られるの、ちょっと感動した。
ソニーロリンズの格好がサンタクロースやん笑
コルトレーンの存在をイマイチ理解せずに観たので、またたくさん彼の音楽を聴いて愛を感じてから
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

4.0

なにか大切なシーンを見逃していたかのようなモヤモヤをずっと抱えて見終わった。
それが何かもわからなかったけど、多分サンフランシスコという街についてなのかな。
画面は赤茶っぽい色で統一されてらカメラワー
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.7

音楽が好き。
アントニオバンデラスみたいな歳の取り方したい。そして着ている服がめっちゃ好み!!
スペイン映画ということもあり赤や緑が映えていて、画面の絵作りがとても好き。
恐らくとてもとても個人的な映
>>続きを読む

マイルス・デイビス: クールの誕生(2019年製作の映画)

3.9

時代に応えて、ジャズの形を変え牽引してきた革命家のドキュメンタリー。
Qジョーンズとのセッションのシーンは俺ですら感動したから、あの場にいた人たちの感動は凄まじいものだったんだろうな…。
個人的には前
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.5

課長目当てで観賞!すごい細いけど、クレジットにゲス極だけじゃなくてDADAとichikoroも書いてくれてたのがすごく嬉しかった!
とにかく斬新なお話だった、?が沢山つきました。
それでもVFXは綺麗
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

4.0

個人的に好きな映画。
自分の中で永遠のヒロイン・志田未来さんの声が好き、愛知県で暮らしてるから舞台が常滑なのも嬉しい。夏をもっと愛おしくさせるヨルシカの楽曲が良い。あと犬より猫派。
岡田麿里さんが脚本
>>続きを読む

21世紀の資本(2017年製作の映画)

3.7

前半は世界史の講義で少し退屈だった。
後半からやっと見たいものが見れた!という感じ。おそらく本より圧倒的に中身が薄くなってる気がするけど、それでも自分には十分分かりやすいが、知識不足で?が続くこともあ
>>続きを読む

>|