かじやん

かじやん

最近は特に韓国映画、フランス映画にハマっています。観た映画を忘れてしまいがちなので、ここに残すことにしました。

  • List view
  • Grid view

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

20170820視聴。若い頃の仲代達矢、凄みがあったなぁ。世界のミフネは三十郎になりきってて。黒澤映画定番の俳優陣も脇を固めていた。スタッフのレバー操作ミスとかで、血しぶきブッシャーはやり過ぎ感があっ>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

20170819視聴。結構見応えがあった。街の車が軒並みハッキングされてしまう様は、実際に起こり得るから怖い。サイファー役のシャーリーズ・セロンが相変わらずお綺麗で、ジェイソン・ステイサムがいいとこ持>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.5

20170812視聴。米国軍側スナイパー逹がイラクのスナイパー1人に翻弄されていく様を描いた。狙撃戦というより心理戦ともいえる。元は学校だったレンガの壁1枚隔てた向こう側は、まさにイラクのスナイパーの>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

20170808Filmarks試写会(アキバシアター)にて鑑賞。昨年末に英語版でも鑑賞。実話シリーズ。ドイツに併合されたチェコでナチス高官ハイドリッヒを暗殺するレジスタンスの落下傘降下隊の悲劇。最後>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

20170806視聴。既に現実も監視社会であり、SNSを中心に似たようなことかそれ以上のことが行われていると思う。だからか、キャストはいいのだが、ストーリーにドキドキ感がなかった。エマのソバカスはあん>>続きを読む

HAZARD ハザード(2002年製作の映画)

3.4

20170806視聴。オダギリ演じる大学生・新一が勢いでNYに渡り、危ない2人、リーとタケダとつるんで、やんちゃなことをしまくる。ラスト20分からの特攻姿での新一の反撃から帰国に至るまでがいいね。女の>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.8

20170805視聴。トム・クルーズやラッセル・クロウのいいところを生かせていなかったかな。英国が舞台だからか、英国出身のアナベル・ウォーリスを考古学者として起用したのはよかったのだが。ストーリーにひ>>続きを読む

KARATE KILL/カラテ・キル(2016年製作の映画)

3.0

20170730視聴。エロ、グロ、スプラッターで空手。紗倉まな劇場かな。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.3

20170722視聴。ハリウッド的な解釈でこうなったと。バトーは雰囲気出てたかね。スカヨハ演じる少佐(素子)の駆る未来派のバイクにHONDAのロゴがいいね。大好きな桃井かおりに免じて加点。

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.3

20170717視聴。夏らしいディザスターものをチョイス。20年近く前の作品としては良い出来ではないだろうか。「バーニング・オーシャン」ばりに海中建造物がやられるが、それがサメが招いたモノというのが興>>続きを読む

夢二(1991年製作の映画)

3.5

20170715視聴。昭和の歌謡スターだった沢田研二が、人気が陰ってから出た作品かな。遊び人だった夢二を演じられるくらい、男の色気があったね。大正浪漫が窺えるし、大楠道代、毬谷友子、宮崎ますみ、広田レ>>続きを読む

バッド・ウェイブ(2017年製作の映画)

2.9

20170715視聴。アクション、カーチェイスらしきものはほぼなし。緩めの娯楽作品。あっと言う間の93分。LAのビーチサイドは楽しめる。頭出しでのブルースの全裸でスケボーが笑え、職質がダイハードを彷彿>>続きを読む

雨にゆれる女(2015年製作の映画)

2.8

20170711視聴。青木崇高の存在感ありありで、小さなエピソードを紡いでいて、これは観せてくれるのかなと思いきや、後半は韓国ドラマをダイジェストで観ているような感じになっていて、もったいなかった。タ>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.1

20170702視聴。内容の割に2時間超えは尺が長いかな。途中でダレ場があって眠気と戦った。ちょっと子供だましだったかな。ゾードンの召使いアンドロイドがウルトラQのカネゴンのようだった。Bootstr>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

20170701視聴。もともとハートフルな動物モノに涙腺が緩いのだが、これにも泣けた。犬のリプレイものときたもんだ。オムニバスではあるが、うまく話が繋がっている。劇中にかかるBee Gees「愛はきら>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

20170630視聴。カバにも見える、犬顔したスーパーピッグのオクジャが憎めない。あのキャラクターと韓国での里親の女の子、ミジャとの触れ合いで、視聴者の心を鷲掴み。前半のほのぼの路線から、後半は遺伝子>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

20170619劇場鑑賞。韓国版オリジナルを、数年前に観ていて本作を観た。よって大筋はわかってはいるものの、どう調理されたのかワクワクしながら堪能。「藁の盾」ばりに憎たらしいほどの悪人ぶりの藤原竜也は>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

20170618視聴。カンバーバッチがアクションでこんなに働くとはね。名外科医ストレンジっていう役柄設定もいい。冒頭のランボルギーニ・ウラカンがカッケーけど、魔術やタイムループの引き起こす描写は他で色>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

20170617視聴。最後まで一気に見せてくれて、なかなか面白い。パンドラの箱を開けちゃった感じかな。ヒトデ型の生命体にどこまでの知性があるのかは未知数だけれど、人類の知識なんぞで推し量るのは危険極ま>>続きを読む

モーガン プロトタイプ L-9(2016年製作の映画)

2.9

20170617視聴。音楽にMax Richterが加わっていたから観たのだが、中途半端なAIモノかな。何故にスーパーガールだからといって格闘技や殺人技、銃の操作や車のドリフト運転まで出来るのか不思議>>続きを読む

トリプルX: 再起動(2017年製作の映画)

3.5

20170611視聴。動きが機敏で、ストーリー展開も速く、スカッとする。ヴィン・ディーゼルが山をスキーで滑降、スケボーで急坂を激走、オフロードバイクで波のチューブをくぐるに至っては、もう笑うしかない。>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.3

20170610視聴。比較的静かなゾンビ映画。終始、物寂しい曲が流れていて、途中寝そうになったくらい。ロンドンを模した、近未来的で、廃れた街はどこの廃虚なんだろう。最後は少し希望を残した。まさしくパン>>続きを読む

A Cure for Wellness(原題)(2016年製作の映画)

3.7

20170610視聴。ホラーともサスペンスとも言える本作。音楽も、舞台となったスイス風の景色も美しい。主役のロックハート役のデイン・デハーンがいい働きをしていて、あれはあれでラストもいいかな。彼は若き>>続きを読む

ザ・ディスカバリー(原題)(2017年製作の映画)

3.4

20170604視聴。死後の世界が証明され、自殺者が400万人を超える世の話。死後の世界とパラレルワールドが絡み合っていた。でも「秘密 The Top Secret」なんかを観てると、脳の記憶は書き換>>続きを読む

風に濡れた女(2016年製作の映画)

3.2

20170604視聴。世捨て人、高介役の永岡佑が普通にうまい。黒髪の小悪魔、汐里役の間宮夕貴もエロさ爆発。弾ける若さがいい。あばら屋でのゴムボートを用いたベッドはなかなか秀逸。全体的に自主映画を思い出>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.9

20170603視聴。終始物悲しく、痛々しい映画だった。ローガン役のヒュー・ジャックマンが老体に鞭を打ち、ボケ始めた寝たきり老人のプロフェッサーXが最後の力を振り絞る。X-MENも世代交代の時期がきた>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.8

20170529視聴。鉄板のオムニバス。喪服姿の河井青葉がしっぽり。若い頃の范文雀に似てる。関西弁の谷村美月や蕎麦屋のダメ息子役の池松壮亮がいい。卓球女子役の小島聖の喫煙姿が堂に入ってたけど笑顔がいい>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

20170528視聴。ハリポタのダニエル・ラドクリフがオナラをする死体を演じてていいのか(笑)ドラえもんの「おならロケット」を地で行ってて噴飯もの。その他にも人間ポンプだったり、人間薪割りや人間ライタ>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

2.9

20170528視聴。ストーリーもちょいと無理があるが、ステージ4bのすい臓癌末期の役なら織田裕二はもっと痩せなきゃ。元々顔色や唇の色は悪いのでよいのだけれど。吉田羊の笑顔や泣き顔、喜怒哀楽がいいね。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

20170527視聴。分類は怪獣もの、ロボもの、コメディもの。何気に韓国人が大勢死んじゃうし、ソウルの街が破壊されちまう。相変わらず、アン・ハサウェイの目と口が大きい。日本語の布団が「Futon」と普>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

2.6

20170527視聴。ながら観ができる、ユルーイ感じ。可もなく不可もなく。松田龍平も真木よう子も、あまり演技に魂が入ってなさげ。ユキオ少年でもっている作品。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

20170527視聴。ジョン・ウィック第2章。ジョン役のキアヌ・リーブスは年齢の割にアクションも冴えていた。やはりこうでないとね。「ノック・ノック」では残念な人だった。ジョンの二代目の愛犬がお利口さん>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

20170520視聴。日本のアニメはスゴいね。実写以上に心に響くことが多過ぎるわ。心のひだ、人生の機微、ヒトの痛い所まで抉ってくる。ただ、小学生の頃の青い思い出を高校生まで引きずっているのも、何かなー>>続きを読む

時をかける少女(2010年製作の映画)

3.3

20170514視聴。大昔に原田知世のを観ていて、アニメ版のも観て、これを観た。なるほど、単純なリメイクではなく、そういうアレンジにしたんだね。見せる所は見せてくれた。ともあれ、石橋杏奈が清楚で可愛い>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

20170513視聴。「ジェーン・ドウ(身元不明死体)」と聞くと、どうしてもロス疑惑を思い出してしまう。解剖シーンが多くてかなりグロいが、解剖される女優さんが綺麗なので救われた。なるほど、レビ記に絡め>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.3

20170513視聴。青臭いのだけれども、最後に佐藤健と二階堂ふみが互いの検索履歴から本音のぶつかり合いに発展し、そのまま畳み掛けていった所は面白かった。しかし、先輩役の山田孝之が理系には見えなかった>>続きを読む

>|