かじやんさんの映画レビュー・感想・評価

かじやん

かじやん

最近は特に韓国映画、フランス映画にハマっています。観た映画を忘れてしまいがちなので、ここに残すことにしました。

  • List view
  • Grid view

ブレイブ ワン(2007年製作の映画)

3.4

20171022視聴。勇敢でお綺麗なジョディ・フォスターを拝められたので加点。見事だがやり過ぎ感のあるリベンジだが、やはりあちらは銃社会だなぁと思う。刑事役のテレンス・ハワードにいいとこ持っていかれた>>続きを読む

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

2.1

20171021視聴。珍しく行定勲監督のR+18作品。正直、板尾創路をお笑いで見るより、映画のバイプレーヤーで見る方が多かったが、今回は主役だ。裸は随所に出てきて、濡れ場のオムニバスの体だが、なんか安>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

2.5

28171021視聴。ドイツで、テリーサ演じる豪州の旅行者が性的倒錯(パラフィリア)者に監禁される話。サスペンス感はあまりない。逃げるのなら逃げられそう。テリーサは終始不幸をまとったような風貌だったが>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

20171020 TOHOシネマズ新宿にてIMAX版で鑑賞。地響きや爆撃の轟音、振動が劇場の椅子から伝わり臨場感が半端ない。陸、海、空の三軸が交互に現れ、これでもかと悲劇が追い重なり、安堵をつく暇もな>>続きを読む

Sleepwalker(原題)(2017年製作の映画)

2.2

20171018視聴。夢かうつつか、うつつか夢か。ストーリーにあまり幅や深さがない。火曜サスペンス劇場並みかそれ以下。制作費もさほどかかってなさそう。主演のサラ役のアーナ・オライリーも三十路を越えてき>>続きを読む

タクシー運転手(2016年製作の映画)

4.3

20171016視聴。実話がベース。光州民主化運動をスクープしようとしたドイツ人記者を決死の覚悟で現地に届けたソン・ガンホ演じるタクシー運転手、再びソウルに戻れるのか。運転手ガンホやユ・ヘンジンらの現>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.0

20171016シネマート新宿にて。よみがえりモノとしてはなかなか凝っている。普段はむさ苦しい役が多いキム・ユンソクがいい味出していた。エンディングのキム・ユンソクとピョン・ヨハンが交互に歌うテーマ曲>>続きを読む

ウーナ 13歳の欲動(2016年製作の映画)

2.9

20171015視聴。欲動は年齢を問わず男女ともに。邦題はいまいち。相変わらずお綺麗なルーニーだが、背中はそうでもない(笑。13歳の女の子に、駆け落ちしようとか、観覧車に永遠に乗っていよう、などと普通>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.2

20171009視聴。「クローバーフィールド」の続編ではかったのね。UMAという意味では「ミスト」や「宇宙戦争」を、拉致監禁という意味では「ルーム」や「ドント・ブリーズ」を彷彿とさせた。ミッシェル役の>>続きを読む

ア・ゴースト・ストーリー(原題)(2017年製作の映画)

2.8

20171009視聴。ルーニーはお美しいし、音楽はよかったんだけれどもね。4:3の昔のテレビ風で期待してたんだが、これでゴーストか。後半、1人で5分位語るハゲたおっさんの与太話が意外と面白かったかな。>>続きを読む

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

3.5

20171008視聴。一流ホテル崩れでラブホ店長役の染谷将太を始めとして、オムニバスの話が並行して進み、時に交差する、それぞれの歌舞伎町。出逢いあれば別れもあり。田口トモロヲに語らせる、ジューシーフル>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

3.7

20171008視聴。南北朝鮮間の哀しい性。人権よりも国家が優先される。北の漁師ナム・チョルは船のエンジンが壊れ南に流され、捕まり、尋問、拷問され、、、。政治解決の末、北へ帰されるも、尋問が待つ。一度>>続きを読む

軍艦島(原題)(2016年製作の映画)

3.5

20171007英語版で鑑賞。どこまで史実かはこの際置いておくとして、途中で色々?な場面もあるが、よく撮ったと思う。流石に感情移入こそできなかったが。ファン・ジョンミンはいつもの調子だが、日本語がうま>>続きを読む

ねこあつめの家(2016年製作の映画)

2.8

20171007視聴。猫に癒やされる90分ワイドドラマってとこですかね。ありきたりのストーリーラインで。加えるなら、忽那汐里が大人になってて驚いた。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

20171006視聴。MI6エージェント、ローレン役のシャーリーズ・セロン劇場だった。細い鍛え上げられた体でのアクションが素晴らしい。今見ると、80年代の東ベルリンを走るクルマがなかなかファニーで非力>>続きを読む

フクシマ、モナムール(2016年製作の映画)

3.3

20171004視聴。被災地福島を扱った作品は色々あるが、洋画は珍しい。しかも独語でモノクロときた。結婚の失敗で傷心のマリを演じるロザリー・トマスと、福島最後の芸者サトコを演じる桃井かおりの母娘のよう>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.4

20171001視聴。池松壮亮、中村映里子、駒木根隆介とくれば「愛の渦」を思い出す。タイトル通りの"裏切り"ばかりな人達がうごめく。まぁ、実世界も似たり寄ったりだけれど。エンドロールの後の1コマがいい>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.8

20171001視聴。全篇に亘り、POVというか、FPSというか、一人称目線で撮影。特製のGoProを用いたらしい。主人公はヘンリー、事故か何かでサイボーグにされ、奪われた彼女エステルを助けるため、謎>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.4

20170930視聴。とある事情で世界的に電子機器が止まってしまうという、都市伝説のような話で、ある家族を中心にサバイバル仕立てにしたもの。東京から南の果てまでを、自転車、徒歩、、、でゆく。そこまで酷>>続きを読む

コンフィデンシャル 共助(2017年製作の映画)

3.4

20170929視聴。ストイックな北の刑事役のヒョンビン、さえない南の刑事役のユ・ヘジンが偽ドルプレートを追ってタッグ。ヒョンビンのアクションが冴えていた。さながら「アジョシ」のウォンビンのよう。カー>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.7

20170918視聴。銭湯で転倒して記憶喪失となり、ひょんな事で俳優となり、スターにのし上がるヒョヌク役のユ・ヘジンがいい。ほのぼのした中にも、ホロリとくる場面もあったり。内田けんじの原作もいいのだろ>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.4

20170917視聴。殺人はともかくも、愚行の数々は現実の世界でもありがちであり、知らず知らずのうちに愚行を犯しているもの。満島ひかりは不幸を背負いこんだ女が似合う。内に秘めたものを持つ雑誌記者役の妻>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

20170910TOHOシネマズにて。観ていて、黒澤明の「羅生門」や西川美和の「ゆれる」を想い出した。真実とは何かと。ともあれ、主人公の殺人容疑者を演じる役所広司劇場であり、そこに被害者娘役の広瀬すず>>続きを読む

パンドラ(2015年製作の映画)

3.6

20170909視聴。誇張されてはいるが、3.11の福島第一の事故を相当参考にされたと見た。刻々と変わる炉やベントの状況、民衆のパニックなどが日本人ならわかる。相変わらず政府・青瓦台の動きが悪いが、高>>続きを読む

Temple(原題)(2017年製作の映画)

2.7

20170909試聴。途中までは何となく良さげだったのに、先細り感がある。栃木県は小山の山中にある枯れ寺で繰り広げられる米国人男性2人と女性の悲劇。外国人によるジャパニーズホラー。小山の呑み屋街は船橋>>続きを読む

Inconceivable(原題)(2017年製作の映画)

3.0

20170902視聴。ニッキー・ウィーラン演じるケイティが恐ろしい。自分の卵子から生まれた子供、自分が代理母となって生まれた子供を我がものにするためなら殺人も厭わない。さながらカッコウのようだ。相変わ>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

2.8

20170831視聴。ライト、ルークはいいとしても、エルがアレではね、知性や冷静沈着さがうかがえない。続編に繋がるのか。それにしても、「オクジャ」にしろ、Netflixは頑張ってるね。

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.2

20170829視聴。映画「釜山行き」のアニメ版での前哨戦。絵の動きはぎこちなかったりするが、アメコミ風な所もあり、ハングルの独特な響きも手伝って、日本の良質なアニメを見慣れている側からすると興味深い>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.4

20170827視聴。いつもはお綺麗なエミリー・ブラントが、アル中で目に隈のあるメンヘラなレイチェル役を見事に演じていた。殺害された女の亭主役が「美女と野獣」のガストン役のルーク・エヴァンスなので、な>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

20170827視聴。冒頭、アンセル・エルゴート演じる、逃がし屋Babyの真っ赤なスバルインプレッサWRXでのドリフトやスピンターンが素晴らしい。音楽がないと調子が出ないBabyにはiPod clas>>続きを読む

情愛中毒(2014年製作の映画)

2.4

20170826視聴。韓国映画にしてはストーリーにひねりも深さもなかったかな。教育隊長役のソン・スンホンの立派なカラダと、部下の妻で不倫相手役のイム・ジヨンの脱ぎっぷりに免じて加点。軍部の妻達のコミュ>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

20170820英字訳で鑑賞。ミシェル役のイザベル・ユペールの、還暦を優に超えてのあの色気、迫力に女優魂をみた。136分間、色んな人間模様、駆け引き、愛憎劇を見せてくれた。しかも会話の奥が深い。フラン>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.1

20170820視聴。若い頃の仲代達矢、凄みがあったなぁ。世界のミフネは三十郎になりきってて。黒澤映画定番の俳優陣も脇を固めていた。スタッフのレバー操作ミスとかで、血しぶきブッシャーはやり過ぎ感があっ>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.9

20170819視聴。結構見応えがあった。街の車が軒並みハッキングされてしまう様は、実際に起こり得るから怖い。サイファー役のシャーリーズ・セロンが相変わらずお綺麗で、ジェイソン・ステイサムがいいとこ持>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.6

20170812視聴。米国軍側スナイパー逹がイラクのスナイパー1人に翻弄されていく様を描いた。狙撃戦というより心理戦ともいえる。元は学校だったレンガの壁1枚隔てた向こう側は、まさにイラクのスナイパーの>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

20170808Filmarks試写会(アキバシアター)にて鑑賞。昨年末に英語版でも鑑賞。実話シリーズ。ドイツに併合されたチェコでナチス高官ハイドリッヒを暗殺するレジスタンスの落下傘降下隊の悲劇。最後>>続きを読む

>|