KEIKOさんの映画レビュー・感想・評価

KEIKO

KEIKO

スーパーサイズ・ミー: ホーリーチキン !(2017年製作の映画)

3.5

1作目は、未鑑賞。
ストーリーは、何となく知ってる。

テンポ良くコミカルに描いてはいるけど、内容はとても重い現実…
なかなかショッキング…
いろいろ考えさせられる…。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

原作未読のまま鑑賞。

普通に楽しかった!
クセが強めのキャストたちが豪華過ぎて、飽きずに観れた。
ただ、真犯人の動機が理不尽過ぎてちょっと…。

実際にここまでしてくれるとは思わないけど、長澤まさみ
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.7

私も大学受験したけど、こんなに本気で勉強頑張れなかったし、こんな先生にも出会えなかった。
学生の頃に出会う大人によって、人生って全然変わっちゃうのかもしれない。

親の夢を押し付けられて、期待ばかりさ
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.7

ずっと気になっていた作品。

『すばらしき映画音楽たち』同様、音楽や音響の重要性を改めて教えてくれる作品。

映画好きなら、楽しめる作品だと思う☆

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

白黒映画って、初めてちゃんと観たかも。
そして、こちらの名作も初めての鑑賞。

街に出たアン王女が無知過ぎて、ハラハラドキドキ…。
どんなラストなのか、全く知らなかったけど、そうだよね、そういう結末に
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.5

特にエヴァファンではない人間の呟きなので、悪しからず。

初めてのエヴァは、何かの授業でアニメ版の最終回だけを観せられたという記憶。まぁ、意味不明だよね笑。
そんなわけで、全くハマらなかったのだけど、
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.7

トム・ハンクスはやっぱりいいな。
深い言葉たちも彼が語りかけてくれたからこそ、スッと入ってくる感じがした。
こういう人が近くにいてくれたら、人生変わりそうな気がした!

ずっと怒りを持ち続けるって、と
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.7

過去鑑賞記録🎬

桐島が出てこないことが気になり過ぎて、いまいち集中できなかった記憶…笑。
残念ながら、私には響かなかった…。

今考えると、出演者が豪華だったなぁ☆

インストール(2004年製作の映画)

2.9

過去鑑賞記録🎬

上戸彩さんと神木隆之介くんが若すぎる!可愛すぎる!!
それにしても、不思議なストーリーだった記憶…。
私も家の中の物を全部捨てて空っぽにして、本当に必要な物だけを揃え直してみたいと思
>>続きを読む

夏目友人帳 石起こしと怪しき来訪者(2021年製作の映画)

3.8

公開初日!
『夏目友人帳』は、いつも優しい気持ちにさせてくれる。
石起こし役を担ったミツミかわええ♡
寝てる時のニャンコ先生もかわええ♡
夏目と田沼の関係性も好き♡

欲を言えば、もっと長編で観ていた
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

4.0

今年はいろいろありすぎて、久しぶりの投稿になってしまった。
年内最後の投稿になりそう。
皆さま、今年も大変お世話になりました!
来年もどうぞよろしくお願いします☆

漫画も読んでないし、アニメも観てな
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.9

ずっと気になっていた作品。
なんだこれ、面白いぞ!!
どんどん引き込まれていった。
久しぶりのフランス語も心地良かった。

私も少し、翻訳の勉強したことあるけど、全然無理だった笑。
仕事にできてる人、
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

せっかくたくさん書いたのに、全部消してしまった…もう一度頑張ります。

公開初日に、IMAXにて鑑賞。

理解しようと必死に観ていたけど、途中でわけがわからなくなって断念…笑。
それでも、『インセプシ
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.0

なんだか、すんごく疲れてしまった…。
心が不安定なときは、観ない方いいと思う。
ハッピーエンドなのに、誰にも共感出来ず、幸せな気持ちにもなれなかった。
お父さん、そんな大きな賭け事しないでよ…恐ろしい
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

ずっと気になっていた作品!
だいぶ早い段階で、いろんなことがわかってしまって、どう展開していくのかと思ったら、悲しい真実…そうだったのかぁ…。

マグカップの使い方が素晴らしい☆

幸せのちから(2006年製作の映画)

3.4

実話が元になっていることを知らずに鑑賞。
だから、もう少し『幸せ』を感じられる作品だと思っていたけど、全然違った。
必死に生きているのに、あまりにも踏んだり蹴ったりで、報われなさすぎて、辛すぎる…。
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.6

この作品の公開日に手術があり、今日、やっと観れた!
そして、Filmarksもだいぶサボってしまったので、また遡って書いていこうと思う笑。

吹替版鑑賞。
全体的に、予想通り的なところは否めないけど、
>>続きを読む

ハッピー・シェフ! 恋するライバル(2018年製作の映画)

3.0

2020年、自宅鑑賞61本目。

邦題がダサいなぁ…『Little Italy』でいいのに。
出だしのところで、字幕が上なのか下なのかはっきりしなくて、内容に集中できなかった。
面白くもない下ネタの連
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.4

2020年、自宅鑑賞60本目。

父親の浮気や無関心が妻や子供を苦しめ、母親の不満や無関心が子供を苦しめ、その子供は…というのがわかりやすく描かれている。確かに、自分が幸せじゃなければ、誰かに優しくし
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.7

2020年、自宅鑑賞59本目。

しっかりと、人種差別の問題も提起されている作品だとは知らず、1988年のリメイクだということも知らずに鑑賞。
ミュージカル映画が苦手な人でも、観やすいかもしれない。
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.9

2020年、自宅鑑賞58本目。

歌の力ってすごい!音楽の力ってすごい!!って思わせてくれる作品。
素敵なストーリーでした。

MISIAの歌唱力は、さすがとしか言いようがない☆
吹替えのキャストもな
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.9

2020年、自宅鑑賞57本目。

昔観たはずなんだけど、結構覚えていなかった。
歌の力って本当にすごい!
そして、歌が上手い人って羨ましい笑。
修道服を着ていると殺しにくいのね笑。

修道院長を演じた
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.5

2020年、自宅鑑賞56本目。

期待しないで観たら、意外と面白かった笑。
確かに『メン・イン・キャット』だけど、もう少し原題の『Nine Lives』を活かして欲しかったかな。

社長の娘・レベッカ
>>続きを読む

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年製作の映画)

3.8

2020年、自宅鑑賞55本目。

繋がりが分かると、すげー!ってなる。
のび太の動物への優しさが溢れてる!

ドラえもんにちゃんと耳を付けてあげたのは、芝山努監督の最後の『愛』だったのかな。
島谷ひと
>>続きを読む

ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003年製作の映画)

3.7

2020年、自宅鑑賞54本目。

卵から産まれて最初に見たのはスネ夫なのに、スネ夫には懐かない笑。
フー子が入ったぬいぐるみのもとになった漫画『ドラコッコ』が読んでみたい!
フー子が可愛いすぎる分、ラ
>>続きを読む

ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)(2002年製作の映画)

3.7

2020年、自宅鑑賞53本目。

これは意外と、母の日向けの映画なのかもしれない。
ラスト、自分の世界に戻ってからのドラえもんが可愛かった☆良かったね、ドラえもん!

ドラえもんが捨て身になるパターン
>>続きを読む

ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001年製作の映画)

3.6

2020年、自宅鑑賞52本目。

何も期待しないで観たら、なかなか面白かった笑。
タケコプターじゃなくて、自分の翼が欲しい!その気持ちは分からなくもない。そういう意味で、子供たちの夢が詰まってるよね。
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.9

2020年、自宅鑑賞51本目。

グッド・ライって、そういう嘘だったのか…言葉を失う。本当に優しすぎる嘘だった。
スーダンの厳しすぎる現実…見ていられない。
スーダンの人たちが、優しすぎる、真面目すぎ
>>続きを読む

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.5

2020年、自宅鑑賞50本目。

ちょっと予想外の展開があって、それはなんか違うよ…と思ったけど、それ以外はいいかな。ただ、亡くなった妻の視点で見ると、ちょっと複雑…。

ダイアン・キートンが美しい!
>>続きを読む

ドラえもん のび太の太陽王伝説(2000年製作の映画)

3.6

2020年、自宅鑑賞49本目。

突然のウィーン少年合唱団は、ちょっと違ったなぁ…。
なんとなく、ジブリ要素もディズニー要素も含まれていた印象。

ミニドラが7人の小人だなんて最強☆
可愛すぎた〜。
>>続きを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士(1987年製作の映画)

3.5

2020年、自宅鑑賞48本目。

津波のシーンがなかなか怖い。

地底人・バンホーさんの妹が可愛いのかはちょっと謎。そして、しずかちゃんがちゃんと嫉妬するのね笑。

スネ夫がすぐに地底湖ってわかるのも
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スター・ウォーズ)(1985年製作の映画)

3.6

2020年、自宅鑑賞47本目。

パピくん、なんか見たことある!
エンディングもなんか聴いたことある!
けど、詳しいことは覚えてないみたい。

パピくんがとってもかわいい☆
ドールハウスで過ごすの楽し
>>続きを読む

ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983年製作の映画)

3.5

2020年、自宅鑑賞46本目。

どうやら、芝山努監督が初めて手掛けたドラえもん映画らしい。

しずかちゃんがとても勇敢!そして、なかなかの天然小悪魔だった笑。

のび太、宿題頑張ればできるじゃん!!
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999年製作の映画)

3.6

2020年、自宅鑑賞45本目。

やっぱり、藤子・F・不二雄先生がいないと、雰囲気が違う。
なかなかの恐怖感があり、『のび太の南海大冒険』よりは面白かった。

ドラえもん「あ、ダメだぁ〜」
のび太「〇
>>続きを読む

ドラえもん のび太の創世日記(1995年製作の映画)

3.3

2020年、自宅鑑賞44本目。

なかなか難しい作品。
世の中の問題を全て詰め込み過ぎた感が否めない。
そして、この終わり方で良かったのか…。

昆虫が中心のストーリー…なんかザワザワする…笑。
途中
>>続きを読む

ドラえもん のび太の南海大冒険(1998年製作の映画)

3.5

2020年、自宅鑑賞43本目。

藤子・F・不二雄先生がいなくなったからなのか、雰囲気が変わった感じ。
面白かったけど、何か物足りないのはなぜだろう。

のび太を必死に助けようとするジャイアンが、カッ
>>続きを読む

>|