きちまつさんの映画レビュー・感想・評価

きちまつ

きちまつ

ザ・映画みたいなやつが多分好きです

映画(395)
ドラマ(0)

ウィルコ・フィルム(2002年製作の映画)

4.0

なんせジョンスティラットが格好いい。息子とのシーン、現在も踏まえて良すぎるな〜。夢やん。

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

3.8

まぁ〜わからんけど伝え方はストレートだ。本物も裏表もわからんから悩みになんないな。苦しさだけは本物かい。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.0

佳作と呼びたい。結局後付けでもなんでもないのか。参考にします。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

4.0

おっもしれ〜。カバー出来過ぎ。久しぶりにあらすじ見て、名探偵コナンってすごいなと思いました。

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.3

やばいぐらい良い。ずっとニヤニヤしてたけど最後はちょっと泣いちゃった。可愛い子多すぎ。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.7

まぁ〜繊細だ。音すごく心地いい。ちょっと後半落とし所がな〜。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.4

良い〜〜〜〜な〜〜〜。良いわ映画カナダ景色人。医者が帰ったあとの2人の会話が愛だったらいいな。

わが母の記(2011年製作の映画)

3.8

役者さんすごい。いろいろ見逃してしまってそう。もっかい観ないと。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

そういえばハリポタ好きでした。急にいろいろと繋がり出して嬉しい。次も観に行くよ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.2

とにかく丁寧すごく丁寧。だいたいいつも己の浅さにふんわり目が向いて、今回もそうで。だからどうってわけじゃないんですけどね。

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.8

こだまさん、、、。ふらふらしててなかなか良い。バックでS字はすごい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

別に考えなくてもいいけど、演技だと考えると本当に凄い。あとブライアンメイがブライアンメイ。とても良い映画です。

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.1

とても良かった。声、話し方、すごい誰かに似てて、めちゃめちゃ好き。徹底してる、部屋とか、周りとか、全部。

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

4.2

超怖い。あと笑っちゃって静かにみれない。怪演だと思いました。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

へーんな映画。初めてみる日本観。タイトル良いよね。

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.9

なんでネトフリにあるんだ。そんな感じ。空飛びたいってのだけは本当ってことにしとこう。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

良い方のバカ映画。ヴェノムに免じて。おしゃべり同士合流してくれ〜お願い〜。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。ブワッとくるトコもあったし。完全に画面固定しちゃったら見にくいんかな。

東京物語(1953年製作の映画)

3.9

古いね〜。「なんやかんやでこんなもん」観はやり過ぎなくてとても好き。まあでも、おかげさまということで。

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.2

ちゃんと魂こもってるぞ。生きてける。ちっさい自分には難しかったんかなー。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.7

のんびりしてる。で、ほんのちょっとだけちらつくファンタジー。すき焼き食べたいな〜。

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

4.2

油断していたおれはバカでした。ボロクソに泣いちゃった。しかし、エンドロールでイラコさんだと気付いてしまったせいで今はごちゃごちゃだ、、。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

くるりは偉大だ〜。若干の乗り切れなさも吹き飛んだ。でもずっとちょっと冷えるね。

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

4.5

うーーーー!!。音楽だ音楽。パーカッション役でお願いします。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.0

仁義ね〜〜。こんなん観て育ったらいかんよ。梅宮辰夫しか信じられん。

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

3.5

満を持して。面白くはないけど、残る場面はある。以上です。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

わけわからん!。感覚としてはマルホランド〜思い出したけど、説明あるとこはあって無いとこは無すぎる。結果面白かったです。

まともな男(2015年製作の映画)

4.2

おっもしれ〜〜絶妙。もし自分だったら、全く同じ道たどる可能性が、無くはない。こいつどうしようもないな〜とは言えない。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.4

筋を掴めず。何と戦ってたんだろ。理解不足だと思うけど、まぁいいや。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

シティー(函館)。どうやったらそんな小慣れた仕草できるんだ。読みエモトタスク。

>|