さすらい農場さんの映画レビュー・感想・評価

さすらい農場

さすらい農場

映画(218)
ドラマ(0)

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.1

塩ファンタジー
病気の母と二人暮らしの孤独な少年
当然のように学校ではイジメの対象
叱言の多い祖母(シガニー・ウィー婆)とは気が合わない。ますます薄幸が加速していきます。
そして、夜ごと悪夢にうなされ
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.8

これは人類男子児童化計画か?
全米が下クチビルを噛むクオリティ‼︎
忍びの者バットマンvs第六天魔王JOKER
これ以上何を望むと云うのか。
とにかく[神風動画]のアートワークが凄い。JOJOのオープ
>>続きを読む

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

4.1

東ドイツ1979
[!]それは世界に放つ[感嘆符]だった。
寄せ集めの生地で縫製された熱気球はカラフルな万国旗のよう。
自由を求めて、西へ決死の逃避行!

[壁を越える者は、女子供に関わらず発砲せよ!
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

凸凹ファミリー珍道中
元気でぽっちゃりオリーヴ(ダンス大好き)
いつも明るいシェリルママ(疲れを隠しきれてない)
勝ち組にこだわるリチャードパパ
(いいかげん家族はウンザリ)
もう9ヶ月も喋ってないド
>>続きを読む

恐怖と戦慄の美女(1975年製作の映画)

3.3

原題 : Trilogy of Terror
東北風に訳すと〈3つのおっがねぇ話しコ〉
一人の女優がオムニバスで主演する珍映画
第1話 [ジュリー]
第2話[メリセントとテレーズ]
第3話[アメリア]
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

〈鎮魂〉
タイトルの[ゴースト]は幽霊とかオバQというより[魂]を意味する。
この作品はファンタジーではありません。

少女ルナは[夢を見る]
悲しい一途な初恋。
行方不明になった少年ジュゼッペの姿を
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.0

ナポレオン・ソロ
すごい名前です。
自己紹介の時クラスがざわつきそう。
60年代のスパイドラマが世紀の復活。
時代設定も当時のままに
60年代のファッション・街並み・車、そして魅力的な楽曲たちが、現代
>>続きを読む

デルス・ウザーラ(1975年製作の映画)

4.4

偉大なる[デルス・ウザーラ]の物語
黒澤 明 25作目、100%ソ連出資の大作

森林(タイガ)に生きる猟師デルスは驚異的な洞察力と過酷な自然を生き抜く知恵を備えた男。
太陽と月を敬い、火・水・風と語
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.8

団地犬連続失踪事件🐕🐩
なんだかテーマが地味な印象ですが
コメディのようで、シリアスドラマのようで、サイコサスペンスでもある。
つまりは私達の日常そのもの。
怪物的なサイコが出てくるわけでもなく、抑圧
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

5.0

天使か菩薩か
全人類が自分の家族だと思っている
煩悩ゼロの全力青年[ 町田くん ]

こんなイノセントな野郎が超人に見えてしまうのは、それほど世の中が建前と疑心暗鬼に満ちているから。
現実世界に彼のよ
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

3.9

暗黒神話のアップグレード
怪奇・恐怖小説の始祖H・P・ラヴクラフト原作のクレジットに恥じぬSFホラー
軸はクラシカルながら予想を超える展開
異次元の[色]が侵略してくる恐怖…
ドス黒いピンクダークが鮮
>>続きを読む

死霊の盆踊り(1965年製作の映画)

1.4

Let's 苦行 PART-1
親愛なるフォロワー様との神聖な約束を果たすために、ふるって鑑賞!
[サイテー映画の大逆襲]と称して、リバイバル上映。
[俺は何を見せられているんだ]の頂点に立つ映画。
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

1.7

Let's 苦行 PART-2
サイテー映画の神様エド・ウッドの最高傑作!って良いのか悪いのかよくわかりませんが、そのモノクロ作品が[ 総天然色 ]になって蘇るという誰も予期しない事態!
いや〜21世
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.7

ー 月出づる王国 ー
両親を亡くし孤児となった少年と
愛情薄い家庭に育った少女が
瞳があった瞬間、互いにシンパシーを感じあう。
そして、二人は逃避行の旅に出る。
二人だけの世界を求めて…

などという
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.1

路地裏生まれガリーボーイ!
格差社会はカースト世界
末はギャングか使用人
親の因果は子の因果
隠した魂を詞(ライム)に込めて
吐き出せ真実、抜け出せドロ沼
[好き]を[パワー]に変えて見せるぜ!

>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.7

獣じみた顔。( ◉益◉ )
その[異相の女]には人間の[感情]を嗅ぎ分ける能力が備わっているという…
顔面は呪われているし、能力は獣を通り越して魔物じみてます。(←言いすぎ)
キツネやヘラジカなど森の
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.4

[虚構を燃やせ]
貧しく家族とのしがらみに生きる男
奔放でつかみどころの無い女
裕福で自由を謳歌する男
対極の男と男をつなぐ女が姿を消した時
それぞれの人生が重なりはじめる。
まるで[境界線]が消えた
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.1

〈黙して語らず〉
すごい[日本]映画です。
鎖国の日本と、宣教師と隠れキリシタン達
宗教弾圧という暴力に屈し、転びゆく信徒は敗者なのか?
若き司祭と長崎奉行との対話は静かなる決闘。
異教を危険視し、抵
>>続きを読む

ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978年製作の映画)

5.0

ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロ監督の最高傑作。
中学生の頃に出会ってハマり、
[ボクはスプラッタ以外観ないんだヨ!]と豪語しては親を不安にさせていたイヤな子供でした。
いまだにホラーというジャンル
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.9

〈目を閉じてはならぬ〉
ある日突然、脳梗塞で全身麻痺になり、左目のまぶたと眼球しか動かせなくなったジャン=ドミニック・ボービーの自伝小説の映画化。
自分の体に閉じ込められてしまった主人公の目線で語られ
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.3

アップグレードしたシリーズ第2弾は雰囲気たっぷり。
ストーリーは繋がってないので前作未見でも問題無し👍
古代マヤ迷宮の番人は[盲目のサメ!](でもサメはもともと聴覚と嗅覚が発達した生物だからこの設定は
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.9

HA?
そのタイトルの秘密が知りたい一心で鑑賞。

マイペース女子のフランシスがノシノシ歩き、ドタドタ走る。
恋人よりも友情を選ぶ良い人。
どこまでも等身大で素直な[個性派]フランシス。

夢には妥協
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

2.9

見事なダンスは危険なディスタンス
熾烈なビートに下劣なトーク
誰の仕業か阿鼻叫喚
悪夢のサプライズでブッ壊れゆくダンサー達🤢
【全員発狂】=【共感無理】
酒(&薬)って怖えなぁ〜(~_~ ; )…
[
>>続きを読む

銃2020(2020年製作の映画)

3.3

ドアがあるなら、開けてもいい。
でもどこまで開けるのかは、
少し考えた方がいい。
(序文)

76分なのでサクッと開けばいい。

>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.8

〜命をリセットできる人〜
原作・アニメは未見ですが[死んでもすぐ再生する]くらいは存じあげております。
ウルヴァリンみたいな不死身とは違うんですね。(色々細かい設定がありそう)
捕獲されそうになったら
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.1

〜時間をリセットできる人〜
[我が家の男はタイムトラベルができるのだよ]
21歳の誕生日に打ち明けられた、家系にまつわる驚愕すぎる秘密…
清々しいほど安易な設定です(^_^)

[あの時こうしてたら
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.1

太平洋のど真ん中で虎とふたりぼっち。
絶対絶命のシチュエーション。
映像の説得力がスゴイです😳
ファンタスティックでありながら
グレートネイチャーの実在感。
ラッセンじゃないです。

人生を切り開く知
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.8

《豪華絢爛[近所の迷惑オバハン]人生絵巻》
とんでもなく悲惨なお話ですが
SFファンタジーのごとく華々しいビジュアルなので、悲壮感ゼロの摩訶不思議。
ストーリーの重さを感じません。

テンポよくトント
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.9

最強のふたり(異種協働編)
ストリートミュージシャンといっても、薬物中毒と戦うドン底のホームレス青年。
そんな[捨て猫のような男 : ジェームズ]の元に現れた[ボブ]は天使だったのかも。
それとも、種
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

映画の神童グザヴィエ・ドラン監督のデビュー作は永遠の思春期を刻む。
夫婦喧嘩は犬も食わないというが
親子喧嘩だって食わないだろう。
親子の反発は心を許しあっているからこそ。
子は[親の言うこと]を聞か
>>続きを読む

悪いことしましョ!(2000年製作の映画)

4.1

[←目立ちたがり屋]
[←仕事中毒]
[←覗き屋]
[←居眠り中]
[←すねかじり]…
【神の視点】か【悪魔の品定め】か?
人・動物の区別なく、淡々と無作為にタイプを分別するオープニングでハートをワ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

天才児童現る!
世界規模の天才ならば、もはや人類の宝!
子どもらしさだとか情操教育なんて[些細な事]より、
偉業を成し遂げるべく正しい道へと導いて
《あげなくては》!
偉業達成の害になるモノは全て取り
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.9

SAY YES!
怪しい自己啓発セミナーにハマった男の人生がホイホイと好転してゆく物語。
もし演じるのがリーアム・ニーソンとかマット・デイモンとかだったら、ヤバい教団にマインドコントロールされてるよう
>>続きを読む

おろち(2008年製作の映画)

4.0

一陣の風とともに舞い降りた少女[おろち]
楳図かずお原作の傑作恐怖漫画
人の営みを見守り続けて幾星霜という謎めいた存在。[ 家政婦は見た〈怪奇版〉]といった感じ。
本当に見守るだけです👁👁
控えめなが
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.2

闇より深い[透明]の恐怖
サイコ・サイエンス・スリラーの傑作
最も[見えない]透明人間が恐ろしい
さりげない描写で[気配]を見せる演出が不気味をにじませる
唐突に現れる[邪悪]の衝撃
[見えない恐怖]
>>続きを読む

老人と海(1958年製作の映画)

3.3

[人生は戦いだ]
美しいハバナの海流
老人を慕う少年との交流
老人とカジキマグロとの死闘
群がる鮫は不可避の運命

老人の追憶は人生の残火の様でいて
少年のまだ見ぬ希望とつながっている。

人生の戦い
>>続きを読む

>|