KIHOさんの映画レビュー・感想・評価

KIHO

KIHO

洋画を中心に何でも見る英語教師です。
心を揺さぶるストーリーとカタルシスを求めて!

レビューはほとんど3.5になってしまうと思いますが、4がついたら「お!」と思ってください。

コメントはどんどんください!喜びます!
気軽にどうぞ!

⒌0 人生の一本
⒋5 何度も見たい!DVD買う!
⒋0 いい映画!もう一度観る!
⒊5 普通
⒊0 微妙
⒉0 退屈

☆4以上がオススメ

映画(725)
ドラマ(0)

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

2年前の「純黒の悪夢」同様、大人も楽しめるサスペンスになっていました。面白かった!子供向けアニメのように見えて、国防という課題を抱えた現代の日本人のあり方を教科書的に提示したアニメ映画でした。

題材
>>続きを読む

ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト(2002年製作の映画)

3.0

エピソード0、ということで、ルパン、次元、不二子の3人の出会いを描いた作品です。バーで次元が「あの時は、、、」と語り出す演出で始まる、全てのテレビシリーズを映画シリーズの前日譚。

お話としては、、、
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

楽しかったー!

って言う青春コメディ映画に仕上がっていました!ジュマンジの続編!映画館でクスクスいっぱい笑いました。

ジュマンジといえば、子どもの頃日曜洋画劇場でよく見ましたよね。前作はファミリー
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

日本は怪獣大国。世界の大国を差し置いて、ゴジラもガメラも使徒もウルトラマンを苦しめた怪獣たちもみんな日本へやって来ました。この間までヒーローたちがいつも助けてくれるアメリカに憧れていましたが、

やっ
>>続きを読む

ルパン三世 お宝返却大作戦!!(2003年製作の映画)

3.5

後半がとってもいい話。サグラダファミリアというミステリアスノア魅力の世界遺産が題材なのもいいし、特にクライマックスの絶景はアニメながら息を飲む光景で、そこに隠されたガウディとルパンの旧友の人間ドラマと>>続きを読む

SHUT/OUT シャット/アウト (2014年製作の映画)

2.0

映画を撮ったこともない自分が言うのはなんなんですが、映画というものは「こんな映画を撮りたい!」もしくは「こんな映画を撮ってくれないか?」とかいうのがあって、それから、脚本を練ったり、演出の工夫をしたり>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

稀代の大泥棒ルパン三世が、命をかけて1人の女の子を助けようとするお話。ルパン映画の最高峰です。

何が最高峰かというと、「ルパン映画で見たいこと」を全てやってのけているところです。お調子者のように見え
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

何度見たかはわかりませんが、凄まじいアニメです。ジャパニメーションの基礎を築いた、スタジオジブリの名作アニメーション。その作り込まれた世界観と、書き込まれたダイナミックな作画は見る人を物語の世界にグイ>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

私たちが「いいね!」を稼ぐことに躍起になったり、後先を考えずに過剰にプライベートを公開したりしている現代のネット社会に警鐘を鳴らすような内容の映画です。しかし、この映画で描かれているのは、いわゆる「デ>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.5

とっても有名な作品であり、ティム・バートンとジョニー・デップの豪華コンビによる作品であるにも関わらず、今まで見たことがありませんでした。率直な感想は「なんじゃこの世界観は!?」

原作はアメリカの児童
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

すごい!何が高評価なのか、全く前知識を入れずに見たのですが、伏線張り巡らしのとんでもない大逆転劇でした!最後の最後に、やってくれましたね。逃げ場のない王将に王手を宣言した時のような、凄まじいカタルシス>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

前評判以上の衝撃作で、ポール・ヴァーホーヴェンらしい怪作でした。アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたイザベル・ユペールの体当たりの演技と64才とは思えない美貌にも衝撃を受けました。

さて、昨年度
>>続きを読む

蛍火の杜へ(2011年製作の映画)

3.5

脚本が上手くないと思いました。

40分という短い尺の短編アニメなので、登場人物と場面設定の説明が済んだら、すぐにクライマックス、というストーリー展開になっています。それは短編アニメなら仕方ないことな
>>続きを読む

ドミノ(2005年製作の映画)

3.0

「実話を基にした物語」と冒頭に表示されるように、実在の人物を題材にした作品ですが、バリバリのトニー・スコット節が炸裂するバイオレンスアクションムービーを見せられて、「一体どこまで本当なんだか、、、。」>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

日本で最も有名なSF小説。筒井康隆の「時をかける少女」のアニメ映画化作品です。と言っても、主人公は芳山和子ではなく、その姪っ子の女の子。ストーリーは原作とよく似た構造になっています。(公開当時、当然み>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.0

ウォーリーもイヴも可愛いのに、二人の掛け合いで可愛さ倍増なピクサーらしいロボット映画。

でもこれはただのロボット映画ではありません。いつもながら、ピクサーの「大人も楽しませてやろう!」という気概が感
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.0

岩井俊二が現代の中学生たちを主人公に描いた美しい神話です。神話とは時に残酷なもので、この作品もまた、美しくも危うい少年少女たちの物語です。

岩井俊二特有の白い光と透明感あふれる映像美とクラシカルでオ
>>続きを読む

カラフル(2010年製作の映画)

3.5

人生をやり直すファンタジー映画。日本アニメ版「素晴らしき哉、人生」です。

ファンタジー映画ですが、その本編のほとんどは痛くて切ない青春の物語でした。この主人公の少年が追体験する人生は、母親は不倫、好
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

4.0

また、リーアム・ニーソンがとんでもない事件に巻き込まれてしまったと聞いて、劇場に走りました!「96時間」では親バカなのに離婚してしまった元CIAのお父さん、「フライト・ゲーム」では過去の出来事を引きず>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

もう、「ピクサー、すげえなぁ。」と思いました。2Dのジャパニメーションや、イルミネーションのCGも楽しいですが、世界最高峰の老舗アニメーション制作スタジオが、本気を出せばこんな凄まじいアニメーション表>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

アナ雪の姉妹が仲良くしているとほっこりさせられます。アナ雪は好きではないのですが、「仲良しに戻れてよかったね!」って思わせてくれるファンサービス作品。

メインはオラフの物語ですが、姉妹の秘話も語られ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

楽しかったー!

っていう映画でした!映画館誰も見たことのない未知の世界に様変わりです!

ストーリーは中高生向けのわかりやすいスペースオペラですが、次々に主人公たちを襲うハプニングを、ユーモアと映像
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

この驚くべき事実をスピルバーグの映画として見られて良かったです!!

ちょっとお堅い内容ですが、物語の雰囲気を壊さない程度に挿入されるスピルバーグらしいユニークな演出が見る人を飽きさせません。レモネー
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

アトミックブロンドみたいな作品かと思っていましたが、意外と静かな作品でした。

最近何かとスパイ映画が流行っているような気がします。この作品は、不本意ながらスパイになってしまった儚くも美しい主人公を大
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん(2012年製作の映画)

4.0

「コワすぎ」シリーズ劇場版への長い旅 ④

第四弾は「トイレの花子さん」。
すごい!すごい!
とんでもない映画でした!(拍手!拍手!拍手!)
ただいま大興奮中です!

こんなに面白いホラー映画を今まで
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説(2013年製作の映画)

3.0

「コワすぎ」シリーズ劇場版への長い旅 ③

第三弾は「河童」が題材です。
そして、初めて人間ドラマがかいま見えるストーリー。

本作は、村の河童伝説!河童と鈴木さんの因縁の対決!そして衝撃のラストシー
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊(2012年製作の映画)

3.5

「コワすぎ」シリーズ劇場版への長い旅 ②

ストーリーの薄かった前回とは打って変わって!
今回は怒涛の展開でした!
謎をばらまかれて、続きを見ずにはいられないという感覚です!

今は、「コワすぎの1か
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦(2012年製作の映画)

3.0

「コワすぎ」シリーズ劇場版への長い旅

さぁ、今からコワすぎシリーズのレビューを書きます!
第一弾は、都市伝説のパイオニア「口裂け女」がモチーフ。

そもそも、「コワすぎ」シリーズとは、モキュメンタリ
>>続きを読む

恋するポルノ・グラフィティ(2008年製作の映画)

3.5

お金がないから自主制作のポルノ映画を作ろう!っていうお話。監督は「ファンボーイズ」や「コップアウト」などのおばか系良質コメディを作っているケヴィン・スミスです。

ヌードや下品なド下ネタはあるものの、
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.5

お手本のようなデートムービーでした。日本アカデミー賞のデートムービー部門があったら間違いなく昨年度は間違いなくこの映画でしょう!女の子に人気の生田斗真と男の子に人気の広瀬すずという人気俳優同士をキャス>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

「96時間」のファンは必見のリーアム・ニーソンが大活躍するアクションスリラー。高度な知識を持ち、喧嘩も強い、最強の男なんだけれど、なんだか情けなくてかわいそうなヒーローがお似合いのリーアム・ニーソン。>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まぎれもない、ダーレン・アロノフスキー最高傑作!

このお話は、ある一軒家をこの世に見立てて創作された聖書の物語です。そしてこの作品の最もユニークなところは、聖書の物語と私たちが住む現世を繋げて、「サ
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

3.5

大ヒットTVアニメシリーズの劇場版作品、全2作品はTV版を再編集した総集編でしたが、今回は全く新しい物語です。

前半はファンサービス半分、ナンセンス半分の不思議な世界観を堪能できるメインキャラ5人が
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一見するとお気楽萌えアニメのようで、実は重厚なシナリオを携えている「魔法少女まどかマギカ」のTVシリーズ総集編の後編です。この後編はとにかく、ジェットコースターのように次々と隠された真実が明らかになる>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

3.5

当時大ヒットした深夜アニメ、「魔法少女まどかマギカ」の総集編です。前編である本作は、テレビシリーズ第1話から、(ネタバレしないように書くと)さやかのお話が完結し、魔法少女と魔女にまつわる秘密の1部が解>>続きを読む

夜のピクニック(2006年製作の映画)

3.0

勤めている学校の校内放送でオススメされていたので初めて鑑賞(もちろんおすすめされていたのは小説の方ですが)。「夜のピクニック」とはなんて詩的なタイトルだろう!と思ったのですが、内容を見ると、それは比喩>>続きを読む

>|