だくろさんの映画レビュー・感想・評価

だくろ

だくろ

名作からZ級まで
Twitter:@KK_ma2pagne

映画(622)
ドラマ(12)

天使たちのビッチ・ナイト(2017年製作の映画)

3.5

いろいろ狂っている。シスターが罵りまくりカブを投げる。内容は一つの教会を舞台に小さくまとまったものだったけど、そこから少しづついろんな人間の本性が剥き出しになっていくのが面白かった。
最後は個人的には
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.0

まさか戦争映画とは。いつも穏やかで人に気を配るイップマンが、残虐な日本兵に静かに闘志を燃やすところは圧巻だった。

拳法を自分を守るものではなく民を守るものとして描かれていたのが、誇り高さに繋がってい
>>続きを読む

Rakka(原題)(2017年製作の映画)

3.6

クラウドファンディング的な映画なのかな?シガニーウィーバーがトカゲ的なエイリアンと戦いまくる。

既に地球がエイリアンの支配下に置かれ、目を合わせることによって人間は奴隷にされてしまう。
残酷は表現が
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

3.1

メンヘラ束縛女の象徴みたいな彼女と別れようとしたところ、彼女が死んで別の女と付き合い始める。でも彼女がゾンビとして復活する話。
まさかすぎる展開にひたすら笑っていた。

海月姫(2014年製作の映画)

2.9

菅田将暉の女装サイコーだなおい!!!!!!!!!!!!
もこみちのキャラ際立ってた。
ストーリーよりもキャスト重視感がある。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.4

しまった!!!うっかり2から観てしまった!!!
スパイ映画というかアクション映画みたいだった。鳩映画。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.5

プロジェクションマッピングすごい!

「友情・努力・勝利」が二重でかかってるから、少しくどく感じた。
漫画の工程を見ると自分も描きたくなっちゃうんだけど、今回もそうなりました。

冒頭で山田孝之がタミ
>>続きを読む

トロル2/悪魔の森(1995年製作の映画)

3.5

死んだじいちゃんの霊から聞いた「人間に毒を盛り半植人にしてからモリモリ食べるトロル」の話は本当だった!少年とその家族がやってきた村はトロルの村!人間に化けたトロルたちが植物にしようと食ハラをしてくるぞ>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

プロパガンダの話。前半は国民がどんどん取り込まれていくところに引き込まれたけど、後半がダラッとしてた。
「テレビが面白くない」って日本にも通じることだし、フィールドが似ている時点で恐怖を感じる。

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.0

倍速とは!!!!!
現代にも、内藤みたいな人がいたらいいのにね!

14の夜(2016年製作の映画)

3.9

小さな街のレンタルビデオショップにAV女優「よくしまる今日子」がサイン会に来る!という噂から始まる少年の一夜の話。

朝に外の牛乳入れから取り出して飲む牛乳、夜中のプール、独特な雰囲気のレンタルビデオ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1回目と2回目で、または人によって見方がガラッと変わる映画。対極へ。
宗教信仰に関して、信仰者と異端者を描いている。國村隼遠じる謎の男を「悪魔」から「キリスト」に置き換えるだけで、だいぶストーリーが変
>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.6

「こういうのが好きなんでしょう!」と言わんばかりにバンバン変身するし宝もバンバン出てきてテンションがあがった。
ストーリーというよりキャラのかっこよさが全面に出ている。
盗賊めっちゃ身体能力高いやん!

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.9

最初から最後までワクワクしっぱなしだった。やってみたい冒険ってまさにこれ。
アトラクションを体験しているようなスリルがあったし、実際にこんなのがあったらめちゃめちゃ売れると思う(ひたすら課金する)
>>続きを読む

L♡DK(2014年製作の映画)

2.3

藤井隆の壁ドン!!!!!
主人公だけじゃなく登場人物がやたらめったらドンドンする。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.1

ハッピーをひたすら振り撒いた映画。自分も島で暮らしたくなる。
推しおじ二人が父親候補として出てきて震えまくってた。

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.4

若者たちが銀行強盗を終えて外に出たら街にはゾンビが溢れていた!老人ホームに住むじいちゃんたちが危ない!若者たちが助けに行くが、元軍人のじいちゃんはじいちゃんたちで闘っていた。

ゾンビがおっそいので、
>>続きを読む

シークレット・オブ・ハロウィン(2016年製作の映画)

3.1

てっきりピエロ系ハロウィンホラーかと思っていたら、青春映画でした!!!ホラーというかファンタジー。TSUTAYA!!!なぜホラーの棚にした!!!

いじめっ子グループのうちの一人といじめられっ子のハロ
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.6

脳筋最高!!!!!
海を守るためにライフセーバーがいろいろ頑張る。
悪役の女優さん、めちゃ美人だけど『クリッシュ』にも出てたね(超いい役)
NG集の最後もいいね。
ザックエフロンの女装が観れます。

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.5

観れば観るほど、オダギリジョー演じる少し変な警察官が好きになっていく……。

確かに喪服って、少し惹かれてしまう部分があるかもしれない。

マッドライダー(1983年製作の映画)

3.1

マッド・マックス2かな?そうなのかな???
主人公がしょーもなく悪いやつなんだけど、その環境じゃ性格も捻くれると思うしある意味リアル。

主人公のしょーもなさよりも少年の謎設定に首を傾げつつ妙にソワソ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.6

「もし自分だったら」を親にも子にも当てはめて観ていた。親目線ももちろんそうなんだけど、子目線で見ると圧迫感が増した。

二つの家は対照的な雰囲気だったけど、片方の家には料理描写がなかった気がする。やは
>>続きを読む

逆噴射家族(1984年製作の映画)

4.0

地獄ここに極まれり……。家庭内戦争、まさにそれ。このまま観ていたら人間でなくなるかと思った。不気味でハードでパンクで……。でも、最後の10分間のためにこの映画を見た気がする。鳥肌が立った。
家ってなん
>>続きを読む

ザ・ビッグ・シェイブ(原題)(1968年製作の映画)

3.3

マーティン・スコセッシが学生時代に撮ったショートフィルム。男性がひたすら髭を剃る。

血が苦手な人は見ない方が良い。情景は日常的なのにスプラッター。男性に髭剃りについていろいろ聞きたくなる。これが日常
>>続きを読む

ヴァリデーション(原題)(2007年製作の映画)

4.1

褒めよう、笑おう。褒めるだけで人はすごい幸せになるし笑顔になる。今のご時世、こんな主人公みたいな人がもっと増えたらいいのにね。

こんなに幸せな映画、フィクションだけど実現してほしい。

フミコの告白(2009年製作の映画)

3.0

男の子に告白して失恋するところから始まる疾走系映画(物理)。千と千尋の階段ひたすら駆け下りるシーンをひたすらっていう感じで、失恋が全然苦ではない。「なんだなんだ!?」となっているうちにエンドロールだっ>>続きを読む

スキン・コレクター(2017年製作の映画)

2.7

自分の肌が白くなってボロボロと剥がれ落ちてしまう病気にかかった主人公が、他の女性を殺して肌を自分のものにしていく話。

皮を剥いて血が滲むシーンが、地味に痛い、地味に痛くて変な気持ちになる。小林製薬の
>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

2.3

この映画を観て、改めて漫画を実写の数時間に収めることがいかに難しいかを理解した。
突然の「愛唄」とか話の展開とかが、映画というよりWEBムービーみたいな印象だった。内容よりもキャストを見せているような
>>続きを読む

blue(2001年製作の映画)

3.1

小西真奈美の魅力をこの作品で初めて知った。

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.3

完成披露試写会にて鑑賞。舞台挨拶がなんとも豪華。

宇宙砕けたねえ!!!!!!綾野剛や國村隼が言っていた通り、これは宣伝不可能!ただ、ひたすら脳汁ドバドバ出てアドレナリン満開!!!そして深い!深すぎる
>>続きを読む

夢のチョコレート工場(1971年製作の映画)

3.4

映画も2つ比較すると面白い。CGじゃなくてセットなんだけど、それがまた狂気を感じるし、キャラクターもなんだか恐ろしい。
改めてなんだけど食べ方の汚さがすごい。

トゥー・アンド・トゥー(原題)(2011年製作の映画)

3.7

「2+2=5」
ある日突然先生が黒板にこの数式を書く。
どう考えても4なのに。そこから先生の恐怖政治が始まる。

その数式の意味はよくフィクションとかである「必ずしも答えは一つではなく可能性はたくさん
>>続きを読む

Wrapped(原題)(2015年製作の映画)

3.4

一匹のネズミの死体の中から植物が成長して、NYを覆う。
映画というよりかは何かのPVみたいな感じだった。高田馬場のロータリーが心配になる映画。

カステロ・カヴァルカンティ(2013年製作の映画)

3.3

字幕がないのでなんとな〜くの理解だけど、偶然は実は必然であるみたいな話。追突して良かったね。

色合いがやっぱり綺麗。

クリッシュ(2013年製作の映画)

3.8

インドのとあるニートがどうしても毎回仕事に遅刻してクビになる理由は、正義のヒーロークリッシュという裏の顔があるからだった。

最初の5分で突然ダイジェストみたいなのが始まってびっくりしたけど、どうやら
>>続きを読む

だれかのまなざし(2013年製作の映画)

3.1

設定がなぜ近未来なのかに引きずられてしまった。ストーリーは結構リアル。

>|