KNYさんの映画レビュー・感想・評価

KNY

KNY

映画(406)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

初日に鑑賞
喪った悲しみはフィクションを超え、現実のものとして我々に迫ってくる。肩の力を抜いて観る事を許さぬような緊張感と、悲しみを乗り越えるエンパワーメントに満たされた極上の映画作品。MCU世界であ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

ミーム化してるほど印象的なシークエンスは多々あると思うけど全体で見るとかなり粗雑さも覚える。綾野剛にインパルス板倉っぽさを見出してしまうのだが…何故だろう…

君の名は。(2016年製作の映画)

4.1

面白すぎてびっくりした
奇跡への真っ直ぐな祈り。素晴らしい映画

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.9

凄い。これは和製スーパーヒーローものの一つのマスターピースと言って差し支えなし。

原作は見ていないのでストーリー面はあまり触れないでおこう

本郷奏多のこういう役どころも悪く無いな
映像が本当にカッ
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

傑作。
マイケル・ダグラス主演にもかかわらず、少しばかり影の薄い作品に思われているかもしれません。
デヴィッド・フィンチャー監督作品には、サブカル/オタク界隈でよく取り沙汰される、鬱展開の「セブン」と
>>続きを読む

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003年製作の映画)

3.7

平成産ゴジラって自衛隊とかGフォースとか官僚とか、圧倒的に力を持っている人や権力サイドの主人公が多いんですけど、
ミレニアム以降はGMKの新山千春を始め、昭和シリーズにあったような等身大のキャラクター
>>続きを読む

モスラ(1996年製作の映画)

3.1

これ当時も本当に面白かったのかな?と思ってしまいます。フェアリーとガルーラの食卓バトルが妙に尺を取ってて、もういいよーっていう所で引いてくれない。
特撮パートは中々面白くて、モスラの敗北・死、新モスラ
>>続きを読む

モスラ2 海底の大決戦(1997年製作の映画)

3.2

子どもにわかりやすく環境問題への問いかけがなされていて、しかも悪役も改心するのもあってめちゃくちゃ安心して見られますよね。あとダガーラというキャラ自体も海洋汚染に対する逆説的なアンサーのような立ち位置>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.1

面白い!個人的には大好きこういう真面目なふざけ方は。
明らかに小倉優子と小島よしおに失礼ではあるんだけど…笑

永遠に「あるある」を聞かされてしんどくもなってくるが、この映画で根本に描いているのは無用
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

4.9

容疑者Xもそうでしたが気合が違う。
そして前作よりも好き!
名作でしょうこれは。

前作同様にガリレオらしく種明かしは爽快なのですが
こっちはこっちで心にジトっと残る、日差しが肌に焼き付けるようなヘビ
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.6

日本エンタメ映画屈指の完成度じゃないでしょうか。本当に全ての演技と、シナリオと伏線、イースターエッグ、どれもが要素として完璧なんですよね。
この映画以降”ガリレオ”感が漂白されているのを見て、ドラマに
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.9

色々古くせえ~~~~と思うけど面白かった!「キムタクはこういうキャラで爽快な一撃を食らわす」みたいなキムタク観とは若干違う視点があると思った。長澤まさみも時代錯誤も良いところな激務ホテルマンの役柄に現>>続きを読む

ゼイラム(1991年製作の映画)

4.0

こういう質感の映画を求めていた!という感じの
90年代前半感抜群な特撮映画です。
ゼイラムのグロテスクな感じとか妙に凝った造形、まさに特撮黄金期を象徴する出来です。

舞台小物がお粗末だったりシッチャ
>>続きを読む

ガンヘッド(1989年製作の映画)

3.4

釈然としない映画だ。所々の特撮は未来SF感が強く未だに強い素材感あって好きなのだが(ゴジラVSメカゴジラの特報で使われているのもあってテンションあがる)
人間パートの部分に理解出来ない演出が多すぎて頭
>>続きを読む

デイ・シフト(2022年製作の映画)

4.0

おもれー
ジェイミー・フォックスの年齢相応な やつれたオジサン感、『ノーウェイホーム』あたりから開花してきてるな
ストーリーがありきたりなんだけど、見てる側をおちょくっているのか
都合良く生き返るキャ
>>続きを読む

ミー・タイム(2022年製作の映画)

3.9

これはいい映画。気楽に見れるマーク・ウォールバーグとケヴィン・ハートのぶっ飛んだバディ・コメディ。いや殆どバディじゃないけど ちょっとやっぱりジェンダーロールが噛む場面があるから見てる側からするとピリ>>続きを読む

マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ウェアウルフ・バイ・ナイト(2022年製作の映画)

4.1

MCUの中でも割りと好きというか、単純に作品の出来が良いなと思う。
古い映画スタイルと近年の見せ方と上手くマッシュアップしてたのと
あっという間の1時間に思わせる詰め込み式の展開。本当に退屈しなくて良
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.0

前作と比較してもアクション面や俳優の演技で全く衰えないどころかぎょっとするような絵面が増えて最高。

一つ不満というか、不安な点を上げると
正直なところ平手友梨奈さんは演技の経験が少ないという面に加え
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.0

岡田准一はアクション俳優日本代表といっていいだろう。漫画原作だからどうとかそういった偏見は持つべきでは無いのだ。ちょっと木村文乃の演技が浮いているのが気になるが…

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

原作どうこうは置いておいて、映画「シャイニング」はキューブリックらしい生理的に独特なテンポ感が魅力だったのに対し
こちらはドラマ映画としてじっくり見せてくるので、純粋に作品を楽しみたい現代の映画ファン
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

実はワンピースは殆ど見た事なくて、劇場で何故かストロングワールドとオマツリ男爵だけ観ている。

そんなワンピースニワカと言われても返せないほどに観ていない自分でも、かなり楽しめた。
音楽映画が好きなの
>>続きを読む

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

2.8

クロエさんを拝みに、観ました。切れ切れのアクションに興奮するシークエンスあり。

ディザスターよりも市井の方にフォーカスされた作品なので
そういう視点は面白くて好きだが途中で終わった感じがどうしてもあ
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.1

割と好きな映画。やりたい放題やる姿勢が良い!未来のダイハード。ここでもゲイリーオールドマンは美味しい役。

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

1.8

何がつまらないか書くのも億劫になるほどつまらない映画だと思った。アーロンエッカートの映画、今んとこファールが多い。可哀想だけどさ…
マイケルペーニャ、ここでも犠牲フライ。

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

5.0

IMAXレーザーGTで鑑賞。
今年観た映画だとトップレベルな映画体験であった。
これは映画オタクによるオタク映画だ。

今年公開された作品では、トップガン/マーヴェリック、ドクターストレンジ /MoM
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.7

ゲットアウトと同じく非常に社会派で、他人事のように思えなくなってくるストーリーと心情描写が素晴らしい。自分に刺さる映画というのはコレだ。
ラストシーンの展開は読めてるのですっ飛ばしたくもなるけど、逆に
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

5.0

完璧に社会派かつ映画オタクによるホラー映画という印象。エンタメに振り切らず、良い意味でのインディー感に溢れて、ゾクゾクする。そしてちゃんと一矢報いる展開が大好き!ダニエルカルーヤは本当に“居心地悪そう>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.8

初日に鑑賞。
感動ポイントが沢山あるが、割としっちゃかめっちゃかなストーリーで気分が重くなった。クリスチャンベールやラッセルクロウのずば抜けた演技と存在感に支えられている感じは否めない。
ユーモアに関
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.3

めちゃくちゃ肩の力抜いて見るべき、いわゆるポップコーンムービーという奴だ。
ポールWSアンダーソンが愛する奥方と再びタッグを組み
映画バイオハザードでやった通りの道筋をなぞっていく
新鮮味は無いけど、
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

取り急ぎ記録程度に書いておくとする…

個人的には好きだが、シリーズ最終章として身構えて観ると正直腑に落ちない部分が多い。

公開日翌日の朝、仕事の休みを取って…当日に観れなかった悔しさを噛み締めなが
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

3.8

全体的に大味なアクション映画だと思った。日曜か木曜洋画劇場あたりで観れそうな…この既視感は…そうだコマンドーだ!
クリエヴァのヤバアクションを期待して観ると肩透かしを食らう。
どちらかと言うとライアン
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

4.3

かなり好きなタイプの庵野作品だった。

ウルトラマンの演出についてはかなり斬新だなと思っていたが、どうやら初期イメージや原作、無印を参考にしているらしくなるほどと。
他、こういう感じでいいんだよ特撮は
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2022/05/08加筆

スパイダーマンNWHを置き去りにする加速度と情報量。なんだこれは…キャラクターシリーズで言うと“ウィンターソルジャー”以来の感動。あらゆるサプライズも含めて今年のベストだと
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.1

これを最悪の実写化と呼ばずして何と…

ホムンクルスの配役が素晴らしいのだが他の役者はベテラン勢含めて棒。持ち前の演技に振り切りすぎてキャラクターの“らしさ”が一切損なわれているという…
全体的なミス
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.5

なんで評価低いのか分からない、2010年代のマスターピース。
全員の演技が神がかっているが、その中でもマイケルキートンのそれは群を抜いて素晴らしい。
ガッチガチの長回しカメラワークがやばい。ストーリー
>>続きを読む

>|